「楽曲」とは?

関連ニュース

岡村靖幸×小出祐介安定してる天才奥田民生を語る - 10月22日(日)18:00 

シンガーソングライターの岡村靖幸と小出祐介(Base Ball Bear)が、毎回テーマに沿った選曲をそれぞれが持ち寄ってお届けする、新放送サービスi-dioのチャンネル「TS ONE」で放送の番組「PREMIUM ONE」。10月2週目放送分(初回放送:月曜日12:00)では、“極上スカソング”として、東京スカパラダイスオーケストラの「美しく燃える森」をオンエア。その後のトークでは、この楽曲の歌唱を担当した奥田民生さんのすごさについて語っていました。 ◇◇◇ 岡村:東京スカパラダイスオーケストラで「美しく燃える森」でした。 小出:民生さんの歌が良すぎるんですよね。民生さんって、日本で一番歌が上手い人の1人じゃないですか?(笑)。 岡村:その……チャートがわからないですね。ベストテンが選べないので。でも忌野清志郎さんのトリビュートで歌っているのを聴いたときに、「すっごい上手いな」と思いましたね。実際、清志郎さんの歌を歌うのって難しいんでしょうね。 小出:あの味を出すのがね。 岡村:そうそう。でも“元に全く負けてないな”って思ったのは民生さんでしたね。 小出:井上陽水さんも「一番上手いのは奥田民生なんじゃないか」って。 岡村:井上陽水さんがそういってるの? 小出:「本当に歌が上手い人というのは、奥田民生みたいな人のことをいうんだよね」みたいな(笑)。 岡村:なる...more
カテゴリー:

山下達郎がアレンジ依頼で「ひとつだけお願いすること」 - 10月22日(日)17:00 

日本を代表する音楽家をゲストに招き、名曲が生まれた秘話やその魅力をひも解くTOKYO FMの番組「五線譜の解体新書」。10月15日(日)の放送には、音楽家の服部克久さんと、シンガーソングライターの山下達郎さんが登場しました。 音楽家の服部克久さん(左)と、シンガーソングライターの山下達郎さん ラジオで共演するのは今回が初めてという服部さんと山下さん。しかし、ふたりの出会いは約30年前で、竹内まりやさんの曲のストリングス・アレンジを服部さんが担当したことがきっかけだったようです。 この日は、これまで山下さんのさまざまな楽曲のオーケストレーションを手がけてきた服部さんが、ふたりにとってゆかりのある曲を紹介しました。 1曲目は、山下さんが1993年にリリースしたアルバム『SEASON'S GREETINGS』から「SMOKE GETS IN YOUR EYES(煙が目にしみる)」。アレンジャーとしてこの曲に参加した服部さんは「イントロにビオラを使ったんです。普通はないと今でも思っているんだけど、毎回聴くたびに『いいのができた』と、いばってしまう出来栄え」と、選曲の理由を述べました。 『SEASON'S GREETINGS』は、クリスマス・ソングと、アメリカン・スタンダード・ナンバーのカバーによる構成ですが、服部さんは「あのとき39歳だよね? 若造が、っていっちゃ申し訳ないけど、...more
カテゴリー:

【芸能】 NMB48卒業者続出の裏にある “残酷すぎる2年縛り” 「深刻なメンバー不足はこの “縛り” のせい」 - 10月22日(日)12:56  mnewsplus

横浜アリーナ、大阪城ホールなどアリーナツアーを成功させたNMB48。 グループは、吉本興業系列の子会社に所属しており、いわゆる吉本系アイドルともいえる。 だからであろう、ただのアイドル活動だけではなく、お笑いありのその特殊なスタイルが支持され、女性人気も高めている。 「メンバーの吉田朱里は、ユーチューバーとして活躍し登録ユーザーが30万人を超え、広告業界からも注目を集めています。 その他にも主力の山本彩はソロで全国ツアーを展開、他のメンバーも地元大阪でのレギュラーが多く、 現在のAKB48グループの中で...
»続きを読む
カテゴリー:

VAMPS、凱旋アリーナ公演でHYDEがプチハロウィン仮装を披露 - 10月22日(日)12:30 

10月21日、神戸ワールド記念ホールにてアメリカ・南米でのツアーから帰国したVAMPSが『VAMPS LIVE 2017 UNDERWORLD』凱旋アリーナ公演を行った。 アリーナ公演初日のこの日、事前に告知されたとおり、神戸限定のHYDEの仮装が披露されるとあって、会場に集まったファンの中にも仮装をしている姿がちらほら。毎年ハロウィンイベントを実施している同会場だけに、アリーナの演出に加えてハロウィンの雰囲気も味わえるようにとのHYDEの心意気を感じる。「ようこそUNDERWORLDへ!覚悟はできてんのか神戸!(HYDE)」『UNDERWORLD』の本質を表現するヘヴィなサウンドとダークな演出にステージ上のメンバーのプレイがマッチして、世界を渡り歩いてきた力強さを感じさせる。それに加えて、この日のHYDEの仮装はHUNTER×HUNTERのクロロ。モニターに映し出されるその姿に、会場が歓喜に溢れたどよめきを起こす。「額に十字架を書いただけで、普段のハロウィンはこれじゃ怒られちゃうけど(笑)今日は特別!VAMPSだけのハロウィンを楽しんでいって!今日はスペシャルだから!(HYDE)」「セミファイナルのプチハロウィンにようこそ。海外ツアーを終えて帰ってきたよ(K.A.Z)」「VAMPIERE'S LOVE」では、観客にスマホのライトを点けてもらい、会場とステージが一体となる演出が登...more
カテゴリー:

【いくつ知ってる?】オアシスからYESまで洋楽アニソンのオススメ曲8選 - 10月22日(日)10:00 

これまでに、数多くの名曲、良曲を生み出してきたアニソンの世界。その中でも、洋楽アーティストによる楽曲が、その長い歴史に刻まれていることをご存知でしょうか? 【アニソン】あの名曲が生まれ変わる!J-POP&歌謡曲の「名カバー」なアニソン10選 決してその数は多くないものの、印象的な楽曲が多い"洋楽アニソン"の楽曲たち。超大物バンドの代表曲を引用したものから、実力派アーティストによる書き下ろし曲まで、特にオススメの楽曲をご紹介いたします。 ジャン=ジャック・バーネル『You won't see me coming』(『巌窟王』ED) アレクサンドル・デュマの文学作品『モンテ・クリスト伯』をべースに、GONZOが新たな解釈を加えて映像化したアニメ作品『巌窟王』。 古典文学にSF設定を持ち込んだ斬新な世界観や、当時としては画期的だったテキスタイル的な切り貼りを用いた色彩表現など、その独特な作風とデザインは、コアなアニメファンの間でも話題となりました。 英国のパンクロック、ニューウェーヴシーンにおけるパイオニアの一人であり、The Stranglersのメンバーであるジャン=ジャック・バーネルが主題歌や劇伴に書き下ろしの楽曲を提供するなど、音楽面にも、その特異な作風は現れており、意外性のある大物アーティストの起用とそこから生み出された音楽の数々は、この作品の存在感をより一層印象深...more
カテゴリー:

【SWEET LOVE SHOWER 2017】トークの方が長い!? レキシが爆笑必至のライブを展開! - 10月22日(日)17:51 

8月25日~27日の3日間、山梨・山中湖交流プラザ きららにて開催された野外ロックフェスティバル「SWEET LOVE SHOWER 2017」。8月27日に行われた三日目前半のライブの模様をリポートする。 【写真を見る】SHISHAMOのライブでは、観客が一斉にタオルを回す圧巻の光景が!(Photo by 上山陽介)/(C)SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017 ■ SHISHAMO この日のLAKESIDE STAGE、トップバッターはSHISHAMO。まずはダッシュで現れた吉川美冴貴(Dr)がバンドのタオルを掲げる中、松岡彩(Ba)、宮崎朝子(Vo/Gt)の順でステージに登場。 そして、宮崎の「ラブシャ! ラブシャ女! ラブシャ男! ラブシャ全員! LAKESIDE STAGE一発目やらせていただきます! 最後までよろしくお願いします!」という言葉から「好き好き!」で幕開け。続く「量産型彼氏」では、スクリーンを3分割して、メンバーそれぞれの表情が同時に映し出されるという演出も。 MCでは、観客からの「朝子~!」という歓声に、宮崎が「朝子ちゃん、な?」と冷静にツッコみ笑わせる。さらに、「スイートラブ?」という唐突なフリに観客が「シャワー!」と返すと、宮崎は「みんな臨機応変にやってくれるんだな」と、観客の対応力に驚く場面も。 その後も宮崎は、サング...more
カテゴリー:

【芸能】NMB48卒業者続出の裏にある“残酷すぎる2年縛り”とは? 「深刻なメンバー不足はこの“縛り”のせい」 - 10月22日(日)16:55  mnewsplus

横浜アリーナ、大阪城ホールなどアリーナツアーを成功させたNMB48。グループは、吉本興業系列の子会社に所属しており、いわゆる吉本系アイドルともいえる。 だからであろう、ただのアイドル活動だけではなく、お笑いありのその特殊なスタイルが支持され、女性人気も高めている。 「メンバーの吉田朱里は、ユーチューバーとして活躍し登録ユーザーが30万人を超え、広告業界からも注目を集めています。 その他にも主力の山本彩はソロで全国ツアーを展開、他のメンバーも地元大阪でのレギュラーが多く、現在のAKB48グループの中では最も...
»続きを読む
カテゴリー:

color-code、ソールドアウトのワンマンライブで300人を魅了 - 10月22日(日)12:45 

Queen of J-POPを目指す三人組ダンスボーカルユニット“color-code”。結成4年目に突入した彼女たちの4度目のワンマンライブが、10月20日渋谷Gladで開催された。見た目も、性格も、好きなものも、声質も、何もかもがバラバラなのに、それら反発しあうのではなく、各々の個性が織り交ざり、一つのエンターテインメントとして完成されている…、そんな不思議なユニット。普段のライブでは衣装すらもそれぞれが自分らしくいられるファッションで登場する彼女たち、ワンマンライブという特別な場所で一体どんな個性の引き出しを見せてくれるのだろうか…、そんな期待を大きく上回る圧巻のライブがそこにはあった。 SOLD OUT公演で大入りの300人の期待と熱気が開演前から会場を包んでいた。彼女たちのスタートの歴史を振り返るオープニング映像から、スモークがステージを埋め尽くした。そこから、異世界へといざなわれるように「parallel world」で彼女たちの“声”という個性の違いを見せつけられた。三人の衣装も黒で統一されているが、衣装のシルエットは三者三様。(のちのMCで衣装が手作りだったことが明かされた。)そこから次の曲へと進み、観客はさらにワンマンライブという異世界の深淵に落とし込まれていく。疾走感のある4曲目「Re start」まで息つく暇もないほどの濃縮されたパフォーマンスが繰り広げられ...more
カテゴリー:

Xマス映画の定番「ラブ・アクチュアリー」も初登場!シネマ・コンサートが高価なのに大人気の理由 - 10月22日(日)12:00 

 映画をフルオーケストラの演奏で上映する「シネマ・コンサート」という新たな映画鑑賞スタイルが人気を集めている。入場料金は9800円(S席)と高額ながら、松本清張原作のサスペンス人間ドラマ「砂の器」(1974)、今年のアカデミー賞で話題になった「ラ・ラ・ランド」(2016)は前売りの時点で完売。今後も、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(10月13~15日に大阪、名古屋、東京)、クリスマスの定番ラブストーリー「ラブ・アクチュアリー」(12月22日大阪、25日東京)が控えている。いま、なぜ、シネマ・コンサートなのか。その人気の秘密に迫る。(取材・文/平辻哲也)  ちょっと贅沢な時間である。シネコンではお目にかかれない巨大なスクリーン。正装の交響楽団員が登場し、指揮者がタクトを振るうと、生演奏。音楽を楽しもうか、映像を見ようか。最初はちょっとした戸惑いもあるかもしれない。  時間の流れ方も違う。シネマ・コンサートは、約15分のインターミッションを挟む2部構成。まるで、舞台か歌舞伎を見るような感覚なのだ。通常の映画上映のエンドクレジットでは立ち去る人も多いが、シネマ・コンサートは、ここがヤマ場。観客は映画の余韻、最後の演奏を堪能し、交響楽団へ惜しみない拍手を贈る。時にはスタンディングオベーションとなり、「ブラボー!」との声も。指揮者は舞台中央と袖を何度も往復することになる。  これ...more
カテゴリー:

中島健人&知念侑李『未成年だけどコドモじゃない』予告編、主題歌はHey! Say! JUMP - 10月22日(日)09:00 

 Sexy Zoneの中島健人とHey! Say! JUMPの知念侑李、平祐奈による映画『未成年だけどコドモじゃない』の“胸キュン”な予告編映像が解禁。併せて、本作の主題歌がHey! Say! JUMPによる「White Love」に決まったことが発表された。【関連】『未成年だけどコドモじゃない』フォトギャラリー 本作は、結婚から恋愛をスタートさせるという、これまでの少女漫画とは異なる展開が人気の水波風南原作による青春恋愛ストーリー。何不自由なく育てられたお嬢様・香琳(平)は、16歳の誕生日に両親から初恋の相手で学校イチのモテ男・尚(中島)との結婚をプレゼントされる。しかしその後、幼なじみの五十鈴(知念)から“離婚”するように迫られ、尚の元カノ(山本舞香)も登場し…? 待望の予告編は、教会で“誓いのキス”を迫られる香琳と尚の結婚式から展開。しかし、尚から「オレたち結婚したけど、夫婦じゃないから」と衝撃的な一言を告げられてあたふたする香琳や、「ずっとずっと好きだった」と五十鈴が彼女へ告白するシーンなどが描かれ、3人を中心とした“波乱万丈”な恋愛模様が垣間見える。 また、予告編の後半からはこのたび発表された主題歌「White Love」も流れ、たった一人に向けた誓いを歌ったという楽曲が、本作への期待をさらに高める。 映画『未成年だけどコドモじゃない』は、12月23日より公開。 ■関...more
カテゴリー:

もっと見る

「楽曲」の画像

もっと見る

「楽曲」の動画

Wikipedia

楽曲(がっきょく)とは、音楽において続けて演奏されるひとまとまりのこと。

概説

音楽作品はいくつかの楽章に分かれることがある。この場合、楽章と楽章の間で完全に音楽が停止することがあるが、それらの楽章と楽章が相前後して演奏されるから、全体でひとつの楽曲である。

個々の楽曲には名前が付けられるが、必ずしも個性的な名前でないこともあり、交響曲のように、楽曲の種別名がそのまま付けられることがある。この場合は作曲者名を添えて楽曲を区別したり、同じ作曲者の同じ種別の曲が複数ある場合には番号が付けられることがある。またこのような場合、作曲者自身、または後人によって愛称が付けられる場合もある。

J-POP等の楽曲は、(特にシングル盤として扱われた場合)ナンバーとも呼ばれる。

関連項目
  • (曖昧さ回避)
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる