「極東証券」とは?

関連ニュース

ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認 - 11月14日(火)05:20 

東京証券取引所は、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)のマザーズへの上場を承認した。上場日は12月15日。 証券コードは6561、公募で100万株、引受人の買取引受により155万株、オーバーアロットメントで382,500株を売り出す。売り出し株の大半は韓国の大手旅行会社である親会社のHANATOUR SERVICEが放出する。 HANATOUR JAPANは2005年9月1日に設立。訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなどの施設の運営を手がける。社員数は8月現在で170名。 仮条件決定日は11月27日、ブック・ビルディング期間は11月29日から12月5日まで、公開価格決定日は12月6日、申込期間は12月7日から12日まで。みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、岩井コスモ証券、エース証券、岡三証券、極東証券が元引受取引参加者となる。
カテゴリー:

【金融】極東証券の菊池会長、日経平均16連騰「全然盛り上がりない」 - 10月27日(金)13:21  bizplus

 極東証券(8706)の菊池広之会長は27日、2017年4~9月期の連結決算会見で、10月に日経平均株価が過去最長となる16日続伸を記録したことについて「(昔と比べると)株高の周りの景色が全然違うのであまり参考にならない。全然盛り上がりはない」と述べた。  菊池会長は具体的に「委託手数料と言うくらいだから昔は積極的に証券会社が勧めていたが、今は個人はご存じの通りインターネットでやるのがほとんど」と指摘。「安い手数料で短期的な商いで1円、2円を取るわけですから、特別な人以外は株でもうかった人はいない」との見解...
»続きを読む
カテゴリー:

ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認 - 11月14日(火)05:20 

東京証券取引所は、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)のマザーズへの上場を承認した。上場日は12月15日。 証券コードは6561、公募で100万株、引受人の買取引受により155万株、オーバーアロットメントで382,500株を売り出す。売り出し株の大半は韓国の大手旅行会社である親会社のHANATOUR SERVICEが放出する。 HANATOUR JAPANは2005年9月1日に設立。訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなどの施設の運営を手がける。社員数は8月現在で170名。 仮条件決定日は11月27日、ブック・ビルディング期間は11月29日から12月5日まで、公開価格決定日は12月6日、申込期間は12月7日から12日まで。みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、岩井コスモ証券、エース証券、岡三証券、極東証券が元引受取引参加者となる。
カテゴリー:

「極東証券」の画像

もっと見る

「極東証券」の動画

Wikipedia

極東証券株式会社(きょくとうしょうけん、''Kyokuto Securities Co., Ltd.'')は、東京都中央区に本社をおく、日本証券会社藍澤證券いちよし証券岩井コスモ証券丸三証券水戸証券東洋証券と並ぶ、中堅証券会社に位置づけられる。

概要

店頭、営業マンによる保守的富裕層向けの対面営業に特化した営業形態を取る。東京都神奈川県大阪府愛知県に8店舗を展開している。

外国債券・不動産投資関連の商品に特色を持つ。投資銀行業務の専門部署として投資銀行本部を持つ。

沿革
  • 1947年(昭和22年)3月 冨士証券株式会社として設立。
  • 1949年(昭和24年)12月 冨士証...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる