「業務計画」とは?

関連ニュース

【国際】国政マヒでも眠らない韓国軍 平壌への侵入企てる「金正恩暗殺部隊」 - 01月22日(日)11:38 

 トランプ米政権発足で米韓同盟関係の再確認を迫られている韓国だが、弾劾政局で外交が空転している。そんななかで韓国国防部は年始早々、北朝鮮の金正恩氏(キム・ジョンウン、33)をはじめ軍指導部の除去の任務を担う特殊任務旅団を今年中に作る計画を発表した。南北とも「除去」という言葉をしばしば使うが、これは暗殺、殺害を意味している。今回、国防部が大統領代行の黄教安首相(ファン・ギョアン、59)に報告した内容では、「暗殺部隊」は朝鮮半島有事に平壌に侵入、指導者と軍幹部を除去、戦争指揮体系をマヒさせる任務を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【韓国】キムヨナのスケート靴が文化財に指定へ ネットは賛否 - 01月10日(火)13:04 

Record china 配信日時:2017年1月10日(火) 11時30分 2017年1月9日、韓国・ニュース1などによると、韓国文化財庁が、製作や建設から50年以上たたなければ文化財に登録できないとの規定を緩和する方針を盛り込んだ今年の重要業務計画を発表した。緩和により新たに文化財に登録可能となるものの一例として同庁が挙げたのが、10年のバンクーバー五輪、女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したキム・ヨナのスケート靴だ。 同庁関係者は業務計画について「製作から50年未満ながら国民が大きな関心を持ちかつ画期的な事物については、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

キャリア官僚を自殺未遂に導いた「凡ミス」とは - 01月15日(日)23:30 

あなたはメンタルが強い方だろうか、それとも弱い方だろうか。強いと思っている人は、自分がこの先メンタルのバランスを大きく崩すことなど想像できないかもしれない。しかし、メンタルは小さなズレが積み重なって、表面化するころには大きなズレになってしまっているもの。『自分の「異常性」に気づかない人たち』(西多昌規著、草思社刊)には、精神科医としての仕事を通して出会った、そんな例の数々が挙げられている。■たった一つの凡ミスから自殺未遂へ本書に登場する恵一郎さん(仮名)は、省庁に勤めて12年のキャリア官僚とあって、多忙な毎日を送っているが、彼が自殺未遂へと至ったきっかけは、たった一つの凡ミスだった。仕事が長引いて終電を逃し、タクシーで帰ることも多いという彼だったが、そんな多忙な折、自分が担当している事業の中間報告書で、彼は数字の入力ミスをしてしまう。学生時代を含めても、その手の凡ミスをほとんどしたことがなかったという恵一郎さんは、課長に指摘されてはじめてミスに気づいたことがかなりショックだったようだ。ミス自体はほんのささいなもので、そのせいで怒られたりということはなかったが、ミスの事実よりも、ミスをした自分に対する信頼が揺らいだことに、本人は大きな衝撃を受けたという。この一件があってから、ふとした際に「もしかして、ミスをするかも」という不安がよぎるようになった。それにつれて、これまではモチベーショ...more
in English
カテゴリー:

韓国軍が「金正恩暗殺部隊」を年内に創設 - 01月05日(木)10:47 

韓国国防省は、有事において北朝鮮の戦争指導部を「除去」する作戦を遂行する「特殊任務旅団」を年内に創設する。 4日、黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行(首相)に提出した2017年度業務計画の中で報告した。 それによると、特殊任務旅団の創設は当初、2019年に予定されていたという。2年前倒しされたのは、北朝鮮の核兵器・弾道ミサイルの脅威度が急速に増しているためだ。 実際、同業務計画では、プルトニウムや高濃縮ウラン(HEU)の保有量を増やしながら、核・ミサイル能力の高度化に血眼になっていると指摘している...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「業務計画」の画像

もっと見る

「業務計画」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる