「業務提携」とは?

関連ニュース

うず潮の旬は…春 鳴門海峡へ行こう! - 02月25日(日)07:00 

 世界的にも稀有な自然現象である「鳴門海峡のうずしお」。年間を通じて、最も迫力を増す時期が「春の大潮」だ。それに合わせ、兵庫県淡路島にある福良(ふくら)港発着の「うずしおクルーズ」(ジョイポート南淡路・兵庫県南あわじ市)で、3月17日~4月8日まで、全国の小学生以下の子供たちが無料で招待される。【写真】関連情報を含む記事はこちら  大阪湾側から進んだ潮波が鳴門海峡に達し満潮になったとき、鳴門海峡方面へ進んだ潮は満潮を過ぎ、干潮になる。この時の播磨灘側(満潮)と、紀伊水道側(干潮)で海面の落差ができ、高い播磨灘から低い紀伊水道へ一気に海水が流れ込む。海底の地形などの条件がそろって発生するうず潮、海面の落差は、大潮の時では約2mにも達するのだそうだ。鳴門海峡は、潮流時速20km、渦の大きさが30mに達することから、「世界一のうず潮」といわれている。 さまざまな条件が重なって自然が創り出す奇跡の自然現象。子供たちが自然の素晴らしさや迫力、船旅や海の魅力などを知る絶好の機会だ。参加は期間中、「うずしおクルーズ」乗船券売場で、小学生以下の子供の人数を伝えればOK。もちろん保護者同伴で乗船を。【関連記事】 ・日体大が共同通信社と業務提携 人材、ノウハウ提供で社会貢献目指す
カテゴリー:

クリプタクト、税理士向けに機能を強化した仮想通貨税金計算サービス「taxpro@cryptact」 - 02月23日(金)20:10 

仮想通貨税金計算サービスを提供するクリプタクトは、2018年2月23日から税理士向けの有料サービス「taxpro@cryptact」の提供を開始した。複雑で煩雑な仮想通貨の損益計算を自動化する。税理士が業務で利用することを想定したサービスで、個人向けの無償サービス「tax@cryptact」のプロ版との位置づけである。 サービスの背景には、仮想通貨先進国となった日本特有の事情がある。日本では2017年4月、世界に先駆けて改正資金決済法(いわゆる仮想通貨法)で仮想通貨を法的に定義した。そして2017年9月、国税庁は仮想通貨による利益が雑所得に分類されることを公表。2017年12月には仮想通貨に関する課税のルールを定めた文書「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」を公表した。 国税庁が公表したルールを見た個人投資家からは、一種の悲鳴にも似た反響があった。ひとつの理由は、株式の売却益などで用いられる分離課税が適用されないこと。仮想通貨の売買で得た利益は雑所得として総合課税の対象となり、税率は最大55%(所得税と地方税の合計)と高い。もうひとつの理由は、発表された損益の計算方法が非常に複雑で、取引量が多い投資家にとって計算が困難を極めることだ。2017年は、ビットコインが年初から最大約20倍の高騰を示すなど仮想通貨全般で活発な取引があり、その数十パーセントは日本円での取引だった。201...more
カテゴリー:

【極左&極左】神奈川新聞と沖縄タイムスが提携に合意 - 02月23日(金)17:23  news

【東京】沖縄タイムス社(豊平良孝社長)と神奈川新聞社(並木裕之社長)は22日、定期購読者向けの電子版相互乗り入れに関する基本合意書に調印した。 両紙いずれかの定期購読者は、3月1日からもう一方の新聞の電子版を月額1080円で全て閲覧することができる。 同様の仕組みは、地方紙同士では初めて。 双方の電子版新聞の販路拡大のために業務提携した。沖縄タイムスを県外読者に発送する場合、通常2日程度かかっているが、電子版は発行日の午前5時から見ることができる。 両社は同日、川崎市の川崎沖縄県人会館で調...
»続きを読む
カテゴリー:

国分グループ本社/沖縄の低温食品物流企業の株式66.6%取得 - 02月22日(木)16:29 

国分グループ本社(国分)とりゅうせきは2月22日、沖縄県の食品流通ビジネスでの新たな価値創造を目的として、国分によるりゅうせきが保有するりゅうせき低温流通の株式取得を含む資本・業務提携契約を締結したと発表した。 国分が、 […]
カテゴリー:

AI、IoTで自立支援介護のプラットフォーム構築へ--パナソニックら実証実験 - 02月22日(木)11:58 

パナソニックは2月21日、2月15日にポラリスと自立支援介護プラットフォームの共同開発に向けた業務提携契約を締結したと発表した。
カテゴリー:

大学ベンチャー 10社に1社が東大発 - 02月24日(土)17:45 

大学発ベンチャー企業(VB)の10社に1社が、東京大学が創出した企業だったことがわかった。帝国データバンクが「大学発ベンチャー企業の経営実態調査を、2018年2月23日に発表した。 大学発VBは1002社(18年2月時点)となり、13年の調査開始以降で初めて1000社を突破した。このうち、東京大学発のVBは108社で最多だった。 最多はロボットやAU、ソフトウェア開発 大学発VBが増加する背景には、2016年春に出された「産業界から大学などへの投資を3倍に」という官民合意の目標のもと、17年は大学発VBに投資、支援するベンチャーキャピタルや投資ファンドの設立や、企業でも技術開発や事業化への後押しを目的に共同開発や業務提携などが相次いだことがある。 17年8月には、文部科学省が国立大学の大学発VBの株式の長期保有を認める通知を発表。これにより大学側も、大学発VBを新たな収入源として期待。本格的に注力する大学が増えるなどの動きが活発化している。 大学VBを業種別にみると、最も多かったのはロボットや人工知能(AI)、ソフトウェアの開発や、医療・ヘルスケアなどの分野を含む「サービス業」で508社だった。全体の50.7%を占めた。次いで「製造業」が319 社、「卸売業」が132 社と続き、上位 3 業種で全体の 9 割以上を占めた。 大学発VBの2016年(1月期~12 月期決算)の売上高は...more
カテゴリー:

【経済】沖縄タイムスと神奈川新聞、電子版相互乗り入れ 「さらに交流が深められれば」 - 02月23日(金)18:10  newsplus

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/213589 基本合意書を交わす沖縄タイムスの具志堅毅東京支社長(左)と神奈川新聞の青木晋デジタルビジネス局長=22日、川崎市・川崎沖縄県人会館  【東京】沖縄タイムス社(豊平良孝社長)と神奈川新聞社(並木裕之社長)は22日、定期購読者向けの電子版相互乗り入れに関する基本合意書に調印した。両紙いずれかの定期購読者は、3月1日からもう一方の新聞の電子版を月額1080円で全て閲覧することができる。同様の仕組みは、地方紙同士では初めて。  双方の電子版新聞の販...
»続きを読む
カテゴリー:

J・J・エイブラムス、『クローバーフィールド』の自由さはやめられない!? - 02月23日(金)14:00 

 事前告知なしでいきなり映像配信サービス「Netflix」で世界同時配信を開始した映画『クローバーフィールド・パラドックス』のプロデューサー、J・J・エイブラムスが、日本向けのインタビューで、「クローバーフィールド」シリーズを作り続ける理由、その魅力に言及した。 【動画】『クローバーフィールド・パラドックス』新予告編  『クローバーフィールド・パラドックス』はJ・Jと、彼の製作会社バッド・ロボット・プロダクションによる「クローバーフィールド」シリーズとしては3作目。シリーズの1作目『クローバーフィールド/HAKAISHA』が公開されたのは、2008年。トム・クルーズ主演の『ミッション:インポッシブル3』(06年)の監督にJ・Jが大抜てきされ、一躍注目を浴びた2年後だ。それから10年、彼は『スター・トレック』のリブートシリーズや、『スター・ウォーズ』シリーズの監督・製作総指揮を務めるなど、ハリウッドの超売れっ子監督・プロデューサーになった。その彼が『クローバーフィールド』を作り続ける理由は何か?  J・Jは「ぼくはあらゆる規模、あらゆるジャンル、そしてあらゆるスタイルの映画やテレビドラマを作るのが大好きなんだ。『クローバーフィールド』には常に変化があり、さまざまな可能性を秘めているんだ。心をわしづかみにするようなアイデアやストーリーがあるんだよ!」と語り、型にハマらなくていいと...more
カテゴリー:

「コインブック」を提供するアジャストアドバイザリー株式会社がブリッジコンサルティンググループ株式会社と業務提携 - 02月22日(木)15:04 

[アジャストアドバイザリー株式会社] 「コインブック」(https://www.crypto-coinbook.com/)を提供しているアジャストアドバイザリー株式会社は、ブリッジコンサルティンググループ株式会社と業務提携を開始したことをお知らせいたします。 [画像: htt...
カテゴリー:

ユニー・ファミマとドンキホーテ、共同新業態1号店あす開店 - 02月22日(木)05:51 

資本・業務提携したユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスは21日、共同開発した新業態の1号店「MEGAドン・キホーテUNY大口店…
カテゴリー:

もっと見る

「業務提携」の画像

もっと見る

「業務提携」の動画

Wikipedia

業務提携(ぎょうむていけい)とは、特定の分野に限定をして複数の企業が業務上の協力関係を持つことデジタル大辞泉「ぎょうむ‐ていけい〔ゲフム‐〕【業務提携】」日本総研 - 業務提携で未来を拓く 河野 賢一。またはその契約をいうVol.18 ダスキン・モスフードから資本・業務提携を学ぶ 金井高志。

概要

技術開発・供与、生産資材調達物流、人材交流、販売促進など、さまざまな提携方法がある。相互の企業が経営的には独立性を保ちながら協力し合うというところを特徴とし、合併買収といったM&Aとは一線を画する。企業の経営的独立性が保て、提携の解消が可能であるメリットがある反面、継続性の保証や金融面での支援などが期待できない。 異なる業種による製品・サービス、販売チャネルが組み合わさることによって、新たな顧客価値を生み出す現象をオープンイノベーションという。

種類 生産提携

生産、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる