「業務停止」とは?

関連ニュース

化血研:ワクチン生産など主要事業の譲渡先決まる - 12月12日(火)21:53 

明治グループと地場7法人、熊本県出資の新会社に  国の承認と異なる方法で血液製剤を製造し業務停止命令を受け、国から事業譲渡を求められていた「化学及(および)血清療法研究所」(化血研、熊本市)は12日、ワクチン生産などの事業を、食品や薬品製造の明治グループと地場7法人、熊本県が出資する新会社に譲渡することを決めた。同日の理事会で譲渡案が承認された。
カテゴリー:

【社会】ミステリ作家としても活動していた保坂晃一弁護士を懲戒処分。福岡県弁護士会 - 12月12日(火)20:18  newsplus

https://this.kiji.is/313267083238458465 福岡県弁護士会は12日、依頼者との間で契約書を作成せず、預かり金も返還 しなかったとして、同会の保坂晃一弁護士(44)を業務停止1カ月の懲戒処分とした。 保坂弁護士は「法坂一広」のペンネームで作家としても活動。小説「懲戒弁護士」 (刊行時「弁護士探偵物語 天使の分け前」)で、2011年に宝島社主催の 「このミステリーがすごい!」大賞を受賞したこともある。 弁護士会によると、遺産相続を巡る相談を依頼者の男性から受け、 13年に預かり金名目で500万円を受け取った。10~...
»続きを読む
カテゴリー:

作家兼弁護士を懲戒処分=11年に「このミス」大賞-福岡 - 12月12日(火)20:08 

 福岡県弁護士会は12日、遺産相続で依頼者から預かった金の管理がずさんだったなどとして、同会所属の保坂晃一弁護士(44)を業務停止1カ月の懲戒処分にしたと発表した。保坂弁護士は「法坂一広」のペンネームで推理小説家として活動。2011年に「懲戒弁護士」(『弁護士探偵物語・天使の分け前』に改題)で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞している。 同弁護士会によると、保坂弁護士は遺産相続などの預かり金として、13年に依頼人の男性から500万円を受け取った。その後、依頼を解消した男性が返還を求めたが、返還や精算を行わなかった。委任契約書も作成しておらず、弁護士職務基本規程に違反したという。処分は12日付。 弁護士会の調査に対し、保坂弁護士は契約書を作成しなかったことを認めた上で、正当な報酬だと主張したという。 【時事通信社】
カテゴリー:

過払い金広告で業務停止処分になってたアディーレ法律事務所が業務再開 - 12月11日(月)12:44  news

景品表示法違反の広告で東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が11日、停止期間の終了に伴い業務を再開した。 弁護士の退職などで、再開は全国86の本店・支店のうち78カ所。同事務所は「全店での再開を目指す。今まで通りの規模を維持したい」としている。 同事務所は今年10月11日、実際には着手金を継続して値引きしていたのに、広告で期間限定とうたっていたのが景品表示法違反(有利誤認)にあたるとして処分を受けた。 直後から各地の弁護士会に問い合わせが殺到...
»続きを読む
カテゴリー:

東京弁護士会から業務停止処分受けていた「アディーレ法律事務所」が業務再開 - 12月11日(月)12:09 

 弁護士法人「アディーレ法律事務所」の広告が景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして東京弁護士会(東弁)が法人と元代表の石丸幸人弁護士を業務停止とした問題で、法人が11日、業務を再開した。
カテゴリー:

小説家の弁護士に業務停止処分 依頼者との契約書作らず - 12月12日(火)20:19 

 福岡県弁護士会は12日、依頼者との契約書を作成しなかったなどとして、福岡市に事務所がある保坂晃一弁護士(44)を業務停止1カ月の懲戒処分にした。 県弁護士会によると、保坂弁護士は2010~15年、依…
カテゴリー:

福岡県弁護士会:ペンネーム法坂一広の弁護士を懲戒処分 - 12月12日(火)20:09 

 福岡県弁護士会は12日、遺産トラブルに関する法手続きについて委任を受けた際、依頼者との間で契約書を作らなかったなどとして、保坂晃一弁護士を業務停止1カ月の懲戒処分としたと発表した。
カテゴリー:

無料低額宿泊所に法規制 「貧困ビジネス」を排除へ - 12月12日(火)06:29 

 厚生労働省は、生活が苦しい人が無料や低額で暮らせる「無料低額宿泊所」を法律で規制する方針を決めた。施設基準を満たさない業者に業務停止命令を出せるようにする。劣悪な施設に生活保護の受給者を集め、多額の…
カテゴリー:

アディーレが業務再開 弁護士退職、一部は開けず - 12月11日(月)12:09 

 景品表示法違反の広告で東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が11日、停止期間の終了に伴い業務を再開した。弁護士の退職などで、再開は全国86の本店・支…
カテゴリー:

「アディーレ」業務再開=契約解除、9万件以上 - 12月11日(月)12:04 

 過払い金返還請求の着手金をめぐり、事実と異なる広告を行ったとして、東京弁護士会から2カ月間の業務停止処分を受けた弁護士法人「アディーレ法律事務所」(東京都豊島区)が11日、停止期間終了に伴い業務を再開した。 同事務所によると、処分を受けて解除した委任契約は9万件以上で、大半は各地の弁護士会を通じて別の弁護士に引き継ぐなどした。期間中に所属弁護士約20人が退所したという。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「業務停止」の画像

もっと見る

「業務停止」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる