「業務上過失致死傷罪」とは?

関連ニュース

東電旧経営陣公判:東電社員「炉の停止の切迫性なかった」 - 04月17日(火)20:52 

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第7回公判が17日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。事故前に想定津波の試算を担当していた東電の男性社員が第5、6回公判に続いて出廷し、国の調査機関が2002年に「福島沖を含む日本海溝沿いで巨大津波が発生しうる」
カテゴリー:

事故前に原発停止の恐れ認識 津波試算の東電社員が公判で証言 - 04月17日(火)19:05 

福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の旧経営陣3人の公判は、17日午後も東京地裁(永...
カテゴリー:

15.7m前提の津波対策、元副社長が見送り指示 東電 - 04月12日(木)05:41 

 福島第一原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力旧経営陣3人の第5回公判が10日、東京地裁であった。事故前に津波対策を担った東電社員が出廷し、15・7メートルの予想津波高を前提に対…
カテゴリー:

東電旧経営陣公判:「先送り」後も対策提案 津波試算社員 - 04月11日(水)22:09 

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第6回公判が11日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。事故前に想定津波の試算を担当していた男性社員が10日に続いて出廷し、元副社長の武藤栄被告(67)が2008年に津波対策を「先送り」する方針を示した後も、対策会
カテゴリー:

【福島第1原発事故】震災前に津波対策を進言するも副社長が保留に 東京電力社員が証言、強制起訴公判 - 04月11日(水)13:29  newsplus

 福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力旧経営陣3人の公判は10日午後も、東京地裁(永渕健一裁判長)で検察官役の指定弁護士による東電社員の証人尋問が続いた。 被告の武藤栄元副社長(67)が2008年に津波対策を保留したことについて、社員は「検討を進める方向だと思っていたので、力が抜けた」と証言した。  この社員は08年6月、国の地震調査研究推進本部の長期評価を基に、最大15.7メートルの津波が原発の敷地を襲うとした試算を武藤元副社長に報告。 元副社長は防波堤建設な...
»続きを読む
カテゴリー:

東電試算担当者「対策しても浸水防げなかった」 東電強制起訴公判、東京地裁 - 04月17日(火)19:40 

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された同社元会長、勝俣恒久被告(78)ら旧経営陣3被告の第7回公判が17日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれた。津波の試算を担当した東電社員が前2回の公判に続いて出廷し、事故前の試算に基づき対策していたとしても「敷地内への浸水は防げなかった」と述べた。
カテゴリー:

「大津波切迫性なし」と東電社員 福島第1原発事故を巡る公判で - 04月17日(火)12:49 

福島第1原発事故を巡り業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(78)ら旧経営陣3人の第7回公判...
カテゴリー:

東電に「津波対策不可避」 試算担当者が証言 強制起訴公判 - 04月11日(水)22:15 

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された同社元会長、勝俣恒久被告(78)ら旧経営陣3被告の第6回公判が11日、東京地裁(永渕健一裁判長で開かれた。10日の公判に続いて出廷した津波の試算を担当した東電社員が、「津波対策は不可避」とする資料を平成20年9月の社内説明会向けに作成したと証言した。
カテゴリー:

巨大津波試算に「驚き」=震災4日前、保安院-原発事故公判で東電社員・東京地裁 - 04月11日(水)21:10 

 東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の公判が11日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。津波対策に携わった東電社員が10日に続き出廷。東日本大震災の4日前、原子力安全・保安院(当時)が、東電が試算で出した15.7メートルの津波高に「驚いていた」と証言した。 証言によると、2011年3月7日、社員は保安院の耐震安全審査室長らと面会。08年に東電が算出した「最高15.7メートル」の津波の襲来予測を説明したところ、室長らは驚き、厳しい口調で「(対策について)指示を出すこともある」と発言した。 この後、社内で上層部を交えた津波対策に関する会議を開くことが決まったが、開催される前に大地震が起きたという。実際の津波について、社員は「試算より大きかった」などと振り返った。 【時事通信社】
カテゴリー:

「津波対策は不可避」資料作成 試算の東電社員が証言 - 04月11日(水)12:39 

福島第1原発事故を防げなかったとして、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(78)ら旧経営陣...
カテゴリー:

もっと見る

「業務上過失致死傷罪」の画像

もっと見る

「業務上過失致死傷罪」の動画

Wikipedia

業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。

刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型(ただし、構成要件上業務上であることが不要となったので、厳密には過失致死傷罪の特別類型ではあっても、業務上過失致死傷罪の特別類型ではない)として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前平成25年11月27日法律第86号の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(交通事犯の特則

刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。

犯罪類型

業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を<...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる