「椿鬼奴」とは?

関連ニュース

土屋太鳳&片寄涼太の爽やか笑顔に沖縄・国際通りが熱狂 - 04月23日(日)17:55 

 「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」のレッドカーペットイベントが4月23日、沖縄・那覇の国際通りを封鎖して行われ、約1100人のゲストがファンからの大声援を浴びながら練り歩いた。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  快晴のこの日、沿道には延べ9万1000人のファンが駆けつけたが、最も熱狂的な歓迎を受けたのは「兄に愛されすぎて困ってます」に主演の土屋太鳳と片寄涼太。怒号に近い歓声を浴びたふたりは、爽やかな笑顔を浮かべたままファンサービスに努めた。  土屋は、「沖縄の方々が本当にすごく温かくて、気持ちいい。皆さんの懐の広さを感じましたし、パワーがあふれていますね!」とニッコリ。片寄も、「すごい歓迎をいただきました。刺激になりますし、興奮しています」と表情を緩める。  「カーラヌカン」に主演のGACKTは、同県出身ということもあり「沖縄の美しさが詰め込まれた映画になった。沖縄に何か貢献したいと思っていたので、本当に良かった」と目を細めた。昨年の同映画祭で行われた公開オーディションを勝ち抜いた木村涼香は、1年ぶりの“凱旋”となったが、「撮影はすべて緊張しました。皆さんに支えていただけたおかげで、楽しく過ごすことができた」と振り返っていた。 この日の主なゲストは以下の通り(順不同) IMALU、渡辺直美、間宮祥太朗、吉村界人、馬場ふみか、椿鬼奴、土屋太鳳、...more
in English
カテゴリー:

間宮祥太朗、沖縄で群馬トーク 反響の大きさに「恐るべし」 - 04月22日(土)14:59 

 俳優の間宮祥太朗が22日、沖縄・那覇を中心に開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』で行われた『劇場版 お前はまだグンマを知らない』(7月22日公開)の舞台あいさつに出席。共演者たちと撮影を振り返りながら、沖縄で群馬トークを繰り広げた。 【写真】『劇場版 お前はまだグンマを知らない』舞台あいさつの模様  同作は、群馬県のあるあるを描いた井田ヒロト氏の漫画を実写化。3月に日本テレビ系でドラマ化され、謎多き土地に転校してきたとある高校生・神月(間宮)が、独自性の強い文化や、異常なほどグンマ愛が強いクラスメイトたちに困惑し、翻弄される姿を描く。間宮のほか、吉村界人、ロバートの山本博、椿鬼奴らが出演し、水野格監督がメガホンをとった。  間宮は「見どころばかりの沖縄にいるのに、群馬の映画を観に来ていただいてありがとうございます」とあいさつ。劇中ではさまざまな表情を見せており、「顔のストレッチは毎朝。監督とは、どの顔がいいかという打ち合わせをしました」と振り返り、水野監督も「打ち合わせの9割が顔についてでしたよね」と笑った。  群馬出身の山本から「皆さんが群馬に来たらヒーローですよ」と、原作やドラマの反響の大きさを伝えられると、「ドラマも放送時間の枠で一番高い視聴率をとったみたいです。群馬人どれだけ見ているんだと。群馬人のパワー恐るべしですよ」と驚き。間宮自身は横...more
in English
カテゴリー:

羽田圭介「沖縄国際映画祭」特別上映作品舞台あいさつに緊急参戦 - 04月20日(木)11:31 

4月20日(木)から4月23日(日)まで開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で、“特別上映作品”として上映される「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。」の舞台あいさつに、芥川賞受賞作家の羽田圭介が登壇することが決定した。 【写真を見る】「バス旅」では蛭子&太川の後を継いだ羽田圭介 「ワレワレハワラワレタイ―」は、木村祐一が笑福亭仁鶴から気鋭の若手まで107組の芸人にインタビューするドキュメンタリー作品。 人気芸人たちが、普段はほとんど明かすことのない、“芸人という人生”に対する葛藤やプライドをありのままに語っている。 2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐべくスタートさせたプロジェクトの第一弾だ。 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。笑福亭仁鶴/ガレッジセール/スリムクラブ編」4月21日(金)夜7時40分:沖縄花月…登壇者=ペナルティ、野性爆弾、たかし(トレンディエンジェル)、横澤夏子、木村祐一 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。今田耕司/東野幸治/ピース/オリエンタルラジオ編」4月22日(土)夜6時40分:沖縄花月…登壇者=板尾創路、レイザーラモンRG、椿鬼奴、NON STYLE、木村祐一、羽田圭介 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。ザ・...more
in English
カテゴリー:

【フジテレビ】西内まりやの月9がダメダメな「10の理由」 - 03月20日(月)07:37 

 低視聴率で苦戦する「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系 月曜21:00~)。漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、月9凋落の理由を分析する。 *  *  *  第6話の視聴率が5%で、ついに月9ワーストを更新した本作。何がどうして、こうなった。今の月9がダメな10の理由を考える。 【1】主役が誰? ヒロインの西内まりやはともかく、相手役のflumpoolのボーカル・山村隆太が誰?状態。  星野源だって、「ゲゲゲの女房」の弟役とか、コツコツ脇で河原の石積み上げてきたのに、いきなりか。 【2】今さ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

RG、そっくりと話題の羽田圭介氏と2ショット 木村祐一びっくり「似すぎや」 - 04月22日(土)21:20 

 レイザーラモンRGが22日、沖縄・那覇を中心に開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』で行われた『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。今田耕司/東野幸治/ピース/オリエンタルラジオ編』の舞台あいさつに出席。特別ゲストとして登場した芥川賞作家・羽田圭介氏の物まねをしながら本人と一緒に入場し、会場を沸かせた。 【別アングルも】羽田圭介氏にヘアスタイルも寄せたレイザーラモンRG  これまでにも羽田氏の物まねを披露してきたRGだが、本人の真横に立つと、同席した木村祐一が「似すぎや。楽屋に入った瞬間びっくりした」と言うほどそっくり。人気芸人たちの葛藤やプライドに迫る同作を鑑賞した羽田氏が「人間関係のなかで成長していくということが、小説家には全くないことなので憧れました」と感想を伝えると、羽田氏の書籍『成功者K』(河出書房新社)を持ったRGだけは「芸人が共感できる内容」と宣伝トークを展開して笑わせた。  同作は、2012年に創業100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐべくスタートさせたドキュメンタリー・プロジェクトの第1弾。木村がインタビュアーとして芸人107組にインタビューを敢行し、その模様を公開している。 【関連記事】 レイザーラモンRG、トランプ新大統領モノマネで「あるある」披露 (16年11月10日) 椿鬼奴、夫の借金額...more
in English
カテゴリー:

映画版「お前はまだグンマを知らない」間宮祥太朗は山中でパンツを下ろす!? - 04月22日(土)14:40 

 間宮祥太朗が主演したドラマの映画版「お前はまだグンマを知らない」が4月22日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」のTV DIRECTOR'S MOVIE部門で上映された。間宮は共演の吉村界人、「ロバート」の山本博、椿鬼奴、水野格監督とともに、那覇・桜坂劇場での舞台挨拶に臨んだ。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  同作は、井田ヒロト氏が「月刊コミック@バンチ」(新潮社刊)のウェブコミック配信サイト「くらげバンチ」で、2013年10月から配信中の漫画が原作。井田氏が、中学校1年生時に群馬県高崎市に引っ越してきた際の体験がベースとなっている。  間宮は、開口一番「見どころばかりの沖縄でグンマの映画を見ていただいて、ありがとうございます」とニッコリ。群馬出身の山本は、「皆さんが群馬に来たらヒーローですよ。群馬では原作が『ワンピース』よりも売れていますから」と明かした。  群馬での撮影を聞かれた間宮は、「山の上の方でパンツを下ろしたら寒いんですよ。雪もとけ切っていないし、ずっとその状態で待っていましたよ」と振り返り、場内を驚かせた。そして、自らの着用したシャツを見て「完全に沖縄にかぶれた格好ですよねえ」と、照れ笑いを浮かべていた。  「ニッポン最後の秘境」「古代グンマー帝国」などと言われているが、その実態を知る者はいない謎多きグンマに転校...more
in English
カテゴリー:

ジーニー堤 芸能界に多い同窓生、RAD野田洋二郎とは「中高同期」 - 04月17日(月)15:11 

お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(34)のソックリさんとして知られるお笑いタレントのジーニー堤(31)が、番組収録時の「楽屋挨拶」のエピソードを自身のブログでつづっている。 ジーニーによれば、テレビ収録に臨む芸能人は、楽屋を回って先輩方に挨拶をする習慣がある。とはいっても共演者全員に挨拶にいくわけではなく、「大体はお会いしたことある方、お世話になった方のところにご挨拶へ伺うのが一般的」だそうだ。 ところが、「お会いしたことなくても挨拶出来ちゃう方が居ます」と、ジーニーには例外があるようで、それは「同じ学校を卒業している方」とのこと。ジーニーは、神奈川県横浜市にある桐蔭高校の出身で、同窓生には挨拶に出向くようにしているそうだ。 桐蔭高校は、多くの生徒が東京大学をはじめとした難関大学に合格する進学校である一方、野球やサッカー、ラグビーでも全国屈指の強豪校という文武両道の学校。ジーニーは、 「有名なところですと、 デーモン小暮さん やくみつるさん 織田裕二さん 高橋由伸監督」 らの名前をあげている。 桐蔭高校は、「1学年1500人くらい」というマンモス校で、ジーニーは、「RADWIMPS野田洋二郎は中高6年同期」とのこと。同窓生でお笑い芸人の椿鬼奴(45)と会った際には、 「はじめまして!!桐蔭の38期卒業生でものまねやってますジーニー堤です」 「私○○期!担任は?」 ...more
in English
カテゴリー:

「椿鬼奴」の画像

もっと見る

「椿鬼奴」の動画

Wikipedia

椿 鬼奴(つばき おにやっこ、1972年4月15日 - )は、日本タレント、お笑い芸人。本名 佐藤 雅代(さとう まさよ)(旧姓:宮崎)。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属(東京吉本)。東京NSC4期生(夜クラス)として卒業。

来歴 生い立ちからデビューまで

東京都渋谷区生まれ。代官山町の裕福な家庭で育つ。英会話やピアノを習っていた。

桐蔭学園中学校・高等学校に入学。弓道部に所属し、高校1年のときは神奈川県大会で優勝など各種大会で優秀な成績を収めている。同校卒業後、清泉女子大学に進学。学生時代アメリカ・ロサンゼルスに<...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる