「検討委員会」とは?

関連ニュース

【秘伝のタレ】京都市、基幹系システムの刷新に失敗で訴訟合戦 システムズは2億円を求め、京都市は8億円を求める COBOLのシステム刷新 - 12月15日(金)18:59  newsplus

 京都市が2014年から81億円を投じて進めていた基幹系システム刷新プロジェクトが失敗した事案が、ついに訴訟合戦に突入する。2017年12月8日、京都市議会(京都市会)は門川大作市長名義で提出された訴えの提起を全会一致で可決した。刷新が遅延した原因となったバッチ処理のマイグレーション(開発言語と業務ロジックを引き継ぐ移行)を受託したITベンダーのシステムズ(東京・品川)に対する訴えである。 システムズは2億円を求め、京都市は8億円を求める  京都市の情報システム部門に当たる総合企画局情報化推進室の担当者は日経...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】J3秋田スタジアム「改修費は理解得てから」市長、慎重姿勢[17/12/14] - 12月14日(木)22:11  mnewsplus

J3秋田スタジアム「改修費は理解得てから」市長、慎重姿勢 2017年12月14日木曜日 河北新報 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171214_41001.html サッカーJ2昇格に向けたJ3秋田の新スタジアム建設問題で、スタジアム完成までの暫定策として秋田市八橋運動公園陸上競技場を改修する場合の費用に関し、穂積志市長は13日、「関係競技団体などの理解を得た上でなければ、議会に予算を提案するという判断は今の時点ではできない」と述べ、早期の予算計上に慎重な姿勢を示した。 11月市議会定例会の一般質問で答え...
»続きを読む
カテゴリー:

都立高入試、英語にスピーキング導入へ 19年度以降に - 12月14日(木)11:54 

 東京都立高校の入試で英語を話す能力を測る独自のスピーキングテストを実施するよう、都教育委員会の検討委員会が提言をまとめた。都教委は、2019年度以降の試行に向け、具体化のための検討を進める。 教育内…
カテゴリー:

【正論】慰安婦像めぐる姉妹都市の解消は相手の思うツボか したたかにパワーゲーム戦え 同志社大学教授・村田晃嗣 - 12月13日(水)14:53  seijinewsplus

http://www.sankei.com/politics/news/171213/plt1712130011-n1.html 2017.12.13 10:00更新 北朝鮮が大陸間弾道弾の開発をますます本格化させ、アメリカと韓国は大規模な軍事演習でこれに応じている。だが、そのアメリカの内政はきわめて不安定である。さらに、中国の膨張主義や日本の弱体化につながる深刻な少子高齢化が進行している。日本をとりまく安全保障環境は実に厳しい。  だが、果たしてわれわれは当事者意識をもって外交や安全保障を考えているだろうか。2つの例を挙げよう。大学と地方自治についてである。 ≪「軍事...
»続きを読む
カテゴリー:

NHK、貧乏人限定で受信料を値下げへ - 12月12日(火)22:30  news

 NHKは12日の経営委員会で、受信料の負担軽減策を検討する方針を固めた。 一律値下げではなく、経済的に支払いが困難な視聴者が対象になるもようだ。 2018年度からの次期3カ年計画に盛り込む。  経営委終了後、石原進委員長(JR九州相談役)が明らかにした。経営委は同日、 負担軽減の具体策検討を外部の有識者で構成する受信料制度等検討委員会に諮問した。 答申をふまえて、今年度中に負担軽減策を決める。  NHKは現在、生活保護受給者や社会福祉施設入所者、重度の障害者らを対象に 受信料の全額または半...
»続きを読む
カテゴリー:

地方創生幸福度調査検討委員会 PB地方創生幸福度調査結果に基づくレポート第四弾「住民の「幸福度」と「社会人の学び直し・生涯学習」に関する分析」を会員限定で公開 - 12月15日(金)11:30 

[株式会社パイプドビッツ] ■ 調査結果概要  本レポートは、「幸福度に関する実感」を10段階評価で調査した「PB地方創生幸福度調査」の第四弾レポートとなります。  社会人が再学習・再教育を行う「社会人の学び直し」は、現政権の看板政...
カテゴリー:

【東京】都立高入試、19年度以降から英語にスピーキング導入へ - 12月14日(木)13:43  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASKDG3K15KDGUTIL00K.html  東京都立高校の入試で英語を話す能力を測る独自のスピーキングテストを実施するよう、都教育委員会の検討委員会が提言をまとめた。都教委は、2019年度以降の試行に向け、具体化のための検討を進める。  教育内容を定めた国の学習指導要領は、中学英語で「読む・書く・聞く・話す」の4技能の基礎を育むとしている、しかし、現行の都立高入試に「話す」を測る試験がなく、学校で話す力の指導に影響しているという指摘があった。  このため、英語教育に関する有識者...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京】都立高入試 話す英語、公立高入試でのスピーキングテストの義務化は全国で初 - 12月14日(木)10:08  newsplus

東京都教育委員会は、都立高入試の受験生全員に英語のスピーキングテストを課す方針を固めた。資格・検定試験を実施している民間団体と協力し、学習指導要領に沿った独自のテストを作って実施することを想定している。公立高入試でのスピーキングテストの義務化は全国で初。都教委は14日に公表後、導入時期などを検討する。 学習指導要領は中学で英語の「聞く・読む・話す・書く」の4技能の基礎を育むと定めており、都内の公立中は授業の改善をしてきた。しかし、高校入試で話す力が評価されないため、学年が進むにつれて「話す」指...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】NHK、受信料の負担減検討 ※支払い困難の視聴者だけ対象 - 12月13日(水)09:03  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171212-00000129-jij-bus_all  NHKは12日の経営委員会で、受信料の負担軽減策を検討する方針を固めた。一律値下げではなく、経済的に支払いが困難な視聴者が対象になるもようだ。2018年度からの次期3カ年計画に盛り込む。  経営委終了後、石原進委員長(JR九州相談役)が明らかにした。経営委は同日、負担軽減の具体策検討を外部の有識者で構成する受信料制度等検討委員会に諮問した。答申をふまえて、今年度中に負担軽減策を決める。  NHKは現在、生活保護受給者や社会福祉施設入所者、...
»続きを読む
カテゴリー:

【IT】京都市がシステム刷新失敗、「悲劇を繰り返すな」とご意見番 - 12月12日(火)18:57  bizplus

京都市が2014年から81億円を投じて進めていた基幹系システム刷新プロジェクトが失敗した事案が、ついに訴訟合戦に突入する。2017年12月8日、京都市議会(京都市会)は門川大作市長名義で提出された訴えの提起を全会一致で可決した。刷新が遅延した原因となったバッチ処理のマイグレーション(開発言語と業務ロジックを引き継ぐ移行)を受託したITベンダーのシステムズ(東京・品川)に対する訴えである。 システムズは2億円を求め、京都市は8億円を求める  京都市の情報システム部門に当たる総合企画局情報化推進室の担当者は日経コ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「検討委員会」の画像

もっと見る

「検討委員会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる