「検討委員会」とは?

関連ニュース

アーケード撤去も 那覇・平和通り 老朽化、維持困難 - 05月18日(金)05:00 

 那覇市と平和通り商店街振興組合でつくる「アーケード検討委員会」が17日までに、平和通りのアーケードの撤去も含めた代替案を示す報告書をまとめた。29日の同組合総会に提案する。総会で合意されれば、老朽化するアーケードの代替案や、平和通りの新たなまちづくりのビジョンについて組合全体で協議を始める。  検討...
カテゴリー:

長崎新幹線、フリーゲージ断念 フルかミニか2案に絞る 佐賀県はフルに猛反対 - 05月12日(土)14:19  news

長崎新幹線フリーゲージ「無理」、与党検討委断念へ http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20180512-OYS1T50007.html ルート 九州新幹線長崎(西九州)ルート・新鳥栖―武雄温泉間(約50キロ)の 整備方法を巡り、与党検討委員会の山本幸三委員長は11日、 車輪の間隔を変えて新幹線と在来線を走る「フリーゲージトレイン(FGT)」の 導入を断念する方針を示した。 一般の新幹線と同じ「フル規格」と既存の在来線を活用する 「ミニ新幹線」の2案に絞り込み、今夏をめどに結論を出す。 検討委の協議結果は政府の決...
»続きを読む
カテゴリー:

【鉄道】佐賀県知事、九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)フル規格化に反対 ミニ新幹線方式も検討 JR九州、長崎県と意見分かれる - 05月11日(金)10:29  newsplus

 九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)を巡り、佐賀県の山口祥義知事は11日の与党検討委員会に出席し、全線フル規格での整備に反対する意向を伝えた。長崎県や、運行主体となるJR九州はフル規格を要望しており、意見が分かれた。  山口知事は検討委で、フル規格は佐賀県の財政負担が多額に上るとして「受け入れられない」と表明。終了後、「県民の負担感を考えるとフル規格は現実的ではない。県民が納得する計画であるかどうかが重要だ」と強調した。  与党はフル規格のほか、在来線を改良するミニ新幹線方式も検討。国と佐賀、長崎...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】甲府の新スタジアム 80億円以上の建設費 山梨県民の負担軽減が課題 有識者「日常的に利用できる機能やイベント活用を」 - 05月09日(水)15:25  mnewsplus

 山梨県が建設を検討している総合球技場をめぐり、県民の負担軽減につながる施設のあり方について 有識者が意見交換しました。県は甲府市の小瀬スポーツ公園の周辺に新たに2万人規模の総合球技場の建設を 検討していますが、80億円以上の建設費用が想定されていて、県民の負担軽減が課題となっています。  7日は有識者による検討委員会が県庁で開かれ、収益の確保につながる施設のあり方について意見交換しました。 委員からは「一般の人が日常的に利用できる機能とイベント会場としての活用を両立し、 多くの県民が関われ...
»続きを読む
カテゴリー:

再発防止検討委が中間報告=聴取で暴力事案確認-相撲協会 - 05月08日(火)19:38 

 元横綱日馬富士が起こした傷害事件を受けて日本相撲協会が設置した第三者機関の暴力問題再発防止検討委員会は8日、力士ら約900人の協会員への聞き取り調査をほぼ終え、暴力事案が確認されたことを公表した。 元検事総長で弁護士の但木敬一委員長は、東京・両国国技館で開いた第1回中間報告の記者会見で暴力の具体例や件数などは「まだ集約できていない」ことを理由に明らかにしなかったが、「誰もが口を閉ざしているわけではない。(暴力が)全然ないということでは全然ない」と述べた。 2007年に起きた時津風部屋の力士死亡事件から10年ほどの期間に協会に在籍したOBら約1000人を対象にしたアンケート調査も7月末までに実施する。 委員会は元日馬富士問題の原因考察や、過去にさかのぼっての暴力の実情把握、再発防止策の提言などを行うために設けられた。9月に第2回の中間報告を行い、10月をめどに最終報告書をまとめて発表する予定。 [時事通信社]
カテゴリー:

【鉄道】佐賀県知事、九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)フル規格化に反対 ミニ新幹線方式も検討 JR九州、長崎県と意見分かれる ★2 - 05月13日(日)12:58  newsplus

 九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)を巡り、佐賀県の山口祥義知事は11日の与党検討委員会に出席し、全線フル規格での整備に反対する意向を伝えた。長崎県や、運行主体となるJR九州はフル規格を要望しており、意見が分かれた。  山口知事は検討委で、フル規格は佐賀県の財政負担が多額に上るとして「受け入れられない」と表明。終了後、「県民の負担感を考えるとフル規格は現実的ではない。県民が納得する計画であるかどうかが重要だ」と強調した。  与党はフル規格のほか、在来線を改良するミニ新幹線方式も検討。国と佐賀、長崎...
»続きを読む
カテゴリー:

長崎新幹線フリーゲージ「事実上無理」 与党検討委員長 - 05月11日(金)22:38 

 九州新幹線長崎ルート(長崎新幹線)の整備方法を話し合う与党検討委員会の山本幸三委員長は11日、武雄温泉―新鳥栖間について、新型車両フリーゲージトレイン(FGT)での整備を「事実上、無理だとみんな理解…
カテゴリー:

佐賀県、新幹線フル規格化に反対 与党検討委 - 05月11日(金)10:18 

九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)を巡り、佐賀県の山口祥義知事は11日の与党検討委員会に出席し、全線フル規格での整備...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

相撲:聞き取り調査で暴力事案を確認 再発防止検討委 - 05月08日(火)22:31 

 大相撲の元横綱・日馬富士の傷害事件を受け、日本相撲協会が設置した第三者機関の再発防止検討委員会は8日、東京・両国国技館で会合を開いた。中間報告として記者会見した但木敬一委員長(元検事総長)は、過去の暴力に関する力士ら約900人の協会員への聞き取り調査をほぼ終え「他に暴力が全くなかったわけではない。
カテゴリー:

【北海道】町内会加入率アップを! 札幌市は過去最低70.8% 「人との繋がりはこれまで以上に重要」 条例制定に向け提言書まとまる - 05月08日(火)10:48  newsplus

 町内会の加入率をアップし、地域コミュニティを活性化させることを目指し、札幌市の新たな町内会条例制定に向けて検討委員会が提言書をまとめ秋元市長に手渡しました。    20年前には9割ほどだった札幌市の町内会加入率は、2018年1月現在で70.8%と過去最低となっています。秋元市長は、加入率アップを目指す新条例の制定を選挙公約として掲げて検討してきました。 札幌市 秋元克広市長:「地域での人とのつながりはこれまで以上に重要になる」 提言書は、町内会の役割を明確化し、地域住民の交流促進を促しています。条例案は...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「検討委員会」の画像

もっと見る

「検討委員会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる