「椎名桔平」とは?

関連ニュース

「コード・ブルー―」、はるかの悲劇に視聴者からはショックの声が多数!目が離せない展開に今週も首位を獲得【視聴熱】 - 08月15日(火)21:08 

「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(毎週月曜夜9:00-9:54放送)の第5話が8月14日に放送され、デイリーランキングで30847pt(ポイント)を獲得。ドラマ部門で第1位を記録した。 【写真を見る】新垣結衣の切ない表情に視聴者もクギ付けに/(C)フジテレビ 第5話の内容は、藍沢(山下智久)は、緊急オペと急変への対応でぐったりとしてしまう。そこに藤川(浅利陽介)が、妊娠中のはるか(比嘉愛未)が唯一食べることのできるトマトを持ってくる。幸せそうなはるかだったが、治療中に倒れ込んでしまい…。仕事を優先して結局流産してしまったはるかに、視聴者からは驚きと憐憫の声が多数。そんなはるかのそばにいながら「力になってやれない」と自分を責める藤川にも同情の声が集まったという内容。 第6話(8月21日放送)は、翔北病院で17歳の男子高校生が脳死判定を受ける。それは重い心臓病を患う橘(椎名桔平)の息子・優輔(歸山竜成)に移植可能な心臓が提供される可能性を示唆していたといった内容。 【関連記事】 ・二階堂高嗣が実家に写真を飾るほど憧れた先輩とは…!? 【視聴熱】8/14デイリーランキング ・馬場ふみか、“クールな新人ナース”を好演も「何度やっても難しいと感じます」 ・「過保護のカホコ」がドラマ部門で週間1位を獲得!【視聴熱】8/7-13ウィークリーランキング ...more
カテゴリー:

『下北沢ダイハード』 超ド級の深夜コメディが描く「シモキタの光と影」 - 08月11日(金)07:00 

(C)テレビ東京「最悪の一日」を描くというコンセプトで、気鋭の劇作家11名が脚本を担当し話題のドラマ『下北沢ダイハード』(テレビ東京系)。第一話「裸で誘拐された男」、第二話「違法風俗店の男」、第三話「夫が女装する女」……と各話のタイトルを見るだけで「なんじゃそれ!」と叫びたくなる切れ味の本作は、ネット上でも大きな話題に。この記事では今夜に放送が迫った第四話のあらすじと、超ド急の深夜コメディドラマに込めた制作陣の思いを紹介したい。■第四話は「夜逃げ」がテーマ(C)テレビ東京公式サイトのあらすじを確認すると……20年間下北沢に住み続ける須田類(緒川たまき)と椎名照美(酒井若菜)は、2人で下北沢の小さな古着屋を共同経営している。ある日、類の元に照美の恋人である原田利夫(山西惇)が現れ、300万円の返済を迫った。原田に対し音信不通の状態であった照美は、店の奥に隠れていた。なぜなら、その300万円は店の経営のために使ってしまったのであった。金が返せないなら結婚する、と言う原田。耐えかねた照美が姿を現すが、結婚して照美を下北沢から連れ出そうとする原田に、照美は下北沢を離れる気はないと突っぱねる。それでもしつこく結婚を迫る原田に、類は後ろからビンテージのブーツを何度も何度も振り下ろす。原田は頭から血を流し、動かなくなり…。(C)テレビ東...more
カテゴリー:

「居酒屋ふじ」4話。大森南朋の金の哲学にシビれる「金なんか持ってる奴が払えばいい」(言ってみたい) - 08月05日(土)10:00 

過激でもなく、新しくもない、ゆるさが魅力の深夜ドラマ『居酒屋ふじ』。舞台は中目黒にある実在の居酒屋で、実際に店の常連だった有名俳優たちが実名で登場する。先週放送の第4話は、大森南朋役の大森南朋以外は実名ゲストなしの回。昭和の風情を残した居酒屋を舞台にしたドラマらしく、どことなく昭和な感じのお話だった。『居酒屋ふじ』はダメは人に優しいドラマ売れない役者・西尾(永山絢斗)のバイト先で3万円が盗まれた。社長(阿南健治)に真っ先に疑われて困惑する西尾は居酒屋「ふじ」でグチをこぼすが、常連たちは刑事ドラマ風の取り調べごっこに興じる。玲子さん役の平田敦子がさりげなく平泉成のモノマネをしているのがおかしい(その後、『寺内貫太郎一家』の樹木希林のモノマネもしていた)。その後も社長に疑われ続ける西尾。いじけて空き缶を蹴飛ばすのが昭和しぐさ。最近、空き缶蹴っ飛ばしてないなぁ。「このままじゃバイト先にいられなくなっちゃいますよ」と不安がる西尾に、大森南朋が3万円を差し出す。これをそっと返しておけば、たとえ盗んだのが西尾のバイト仲間であっても、事態は丸く収まるというのだ。なぜ関係のない人間が3万ものお金を払ってくれるのかといぶかしむ西尾に、大森南朋はこう答える。「いいんだよ、金なんか持ってる奴が払えば」何それカッコいい! そんなこと言ってみたい。お金を盗んだのは西尾のバイトの先輩、工藤(村上淳)だった。し...more
カテゴリー:

「コード・ブルー」4話。山Pに「大丈夫」って言われてみたい - 08月14日(月)10:00 

「いつからだろうな、医者が患者に大丈夫だって言ってやれなくなったのは」新海(安藤政信)は、藍沢(山下智久)の言動に少し揺さぶられていた。「後で嘘つきと罵られようと、代償を払わされようと構わない。彼女が生きている方がいい」人命第一と教えられてきた藍沢らしい覚悟の決め方だった。「コード・ブルー」第4話。山Pのやさしい表情が見られた「コード・ブルー」4話拡張型心筋症で移植を待つ橘(椎名桔平)と三井(りょう)の息子、優輔(歸山竜成)の容体が急変。フライトを藍沢に任せて治療に当たった橘。一命を取り留めたが、臓器移植まで平均1000日も待つのが実態と、綱渡りの状況が続く。先の見えない長い戦いは、たとえ医師であっても堪えるようで、三井はヘリに乗っていた頃とは別人のよう。敏腕フライトドクターの面影はなく、辛くて苦しそうな表情が増えた。心拍数が上がってしまうことを避けるため、泣くことすらセーブしなければならない優輔は、久しぶりに見た母の笑顔に癒され、反対に橘と三井も優輔の笑顔に勇気づけられる。。藍沢先生に言われたい「大丈夫」「君はすごいな。そこまで体調が悪かったら一刻も早く手術をしてくれというのが普通だ…それだけピアノが好きなんだな」ゆっくりとした口調で、冷静だけど感心を隠せない様子で語りかけた藍沢。相手は14才の天才ピアニスト。天野奏(田鍋梨々花)の脳腫瘍は肥大し、容体は悪化の一途をたどる。それで...more
カテゴリー:

『コード・ブルー』第4話、「涙無しで見れない」ファンの涙腺崩壊 - 08月08日(火)11:05 

 『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第4話が7日に放送。橘(椎名桔平)、三井(りょう)の重病の息子を扱ったエピソードに涙したという声が多く上がる一方で、藍沢(山下智久)が不意に見せた笑顔に“やられた”というコメントが多く寄せられた。【関連】『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』記者発表フォトギャラリー 藍沢たちを育てたフライトドクターの橘と三井は、元夫婦。難病の息子・優輔(歸山竜成)との時間を大切にするため、三井は現場を一度去り、緋山(戸田恵梨香)に託していた。ある日、優輔の容体が急変し、ICU(集中治療室)に入ることに。隣のベッドには、優輔と同じ病で年も近い患者・暁人がいた。 移植手術のドナーを数年待ち続ける優輔と暁人は、外に遊びに行くことも出来ない中、いつか迎える手術の日のためにお互いを励まし合っていた。しかし、暁人の容態が急変し、心破裂をおこし、緊急オペを行うが亡くなってしまう。橘から友人の死を聞くも平然を装っていた優輔だったが、かつて暁人と思いを巡らせた花火大会の夜、優輔は花火を見上げながら思わず涙する。そんな息子の姿に、衝突を繰り返していた橘と三井は、仲の良かったかつての家族関係を、束の間、取り戻していた。 第4話放送終了後、「今回の話は涙無しじゃ見れんやつよね?...more
カテゴリー:

「椎名桔平」の画像

もっと見る

「椎名桔平」の動画

Wikipedia

椎名 桔平現在の芸名は、かつての芸能事務所、ユマニテで名付けられた。(しいな きっぺい、1964年7月14日 - )は、日本俳優映画プロデューサーである。本名・旧芸名は、岩城 正剛映画の総指揮・プロデューサーを務める際の名義としても用いられる。。かつては、株式会社ユマニテに所属、現在は、株式会社スターダストプロモーション所属。

来歴

三重県上野市(現在の伊賀市)出身。三重県立上野高等学校青山学院大学経営学部卒業。身長180cm、血液型はB型。

小学校3年生よりサッカーに親しみ、高校時代には三重県代表として国体に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる