「森本レオ」とは?

関連ニュース

中村蒼が美女と次々と… 『命売ります』ラブシーン3話分先行公開 - 01月10日(水)23:49 

 BSジャパンの連続ドラマJ第2弾、三島由紀夫『命売ります』(1月13日スタート、毎週土曜 後9:00、全10話)では、主人公・山田羽仁男を演じる中村蒼が、毎話、ゲストの女優たちとそれぞれのキャラに合ったラブシーンを繰り広げる。その場面写真が3話分が先行公開された。 【場面写真】第2話、第3話の女性ゲストと  このまま生きていても…と突然自殺を図るも失敗し、自分の命を売る商売を始めることにした羽仁男。命を売りに出すと不思議な魅力を発散して金と女が寄ってくるように。命を買いに来る依頼人や、そのターゲットとなる人物も、登場する女性は皆、美人で手強く、何か心に“黒いもの”を持っている。そんな女性たちが、羽仁男の色っぽさや危うさにひかれていく…。  第1話では、依頼者の妻で愛人のいる女性・るり子(橋本マナミ)、第2話では、人の生き血をすって生きている依頼人の母・八重子(酒井若菜)、第3話では、依頼人の病院に勤めていて皆のせん望の的となっている女医・愛理(壇蜜)、そして依頼人の看護師・由紀(谷村美月)とも…。  撮影現場では、男性スタッフから、「中村蒼さんうらやましい」という声が上がっていたという。森田昇プロデューサーは「三島由紀夫原作で“命”を扱う作品ということで、そもそもが刺激的なドラマです。出演する毎回のゲストにも、強力な役者さんに出てもらおうとブッキングしました。テレビドラ...more
カテゴリー:

「森本レオ」の画像

もっと見る

「森本レオ」の動画

Wikipedia

森本 レオ(もりもと レオ、1943年2月13日 - )は、日本俳優ナレータータレント声優である。

愛知県出身。、、、日本大学藝術学部卒業読売年鑑 2016年版(読売新聞東京本社、2016年)p.561。

来歴・人物

浪人時代に中部日本放送(CBC)でエキストラのアルバイトをしたことで演技に関心を持つが、大学在学中はコピーライターを志望していた。しかし、コピーライターという職業が認知されていなかった時代であったことや、父親の病気などもあり断念。卒業後は名古屋に帰り、NHK名古屋制作のドラマ高校生時代(1967年)(後の中学生日記)で俳優デビュー。俳優の伊武雅刀とは、この時から親交がある。翌1968年から東海ラジオの深夜番組ミッドナイト東海のパーソナリティを務める。

1972年に再び東京に移り、俳優活動を本格化。1974年、永島慎二の...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる