「森川葵」とは?

関連ニュース

【ドラマ】森川葵、ピース又吉の脚本ドラマに主演し「新作小説を読ませていただいたよう」…NHK「許さないという暴力について考えろ」 - 12月18日(月)15:31  mnewsplus

森川葵、ピース又吉の脚本ドラマに主演し「新作小説を読ませていただいたよう」 2017.12.18. 女優の森川葵(22)が18日、都内で行われたNHK総合の主演ドラマ 「許さないという暴力について考えろ」(26日、後10・00)の会見に登場した。 芥川賞作家でお笑いコンビ・ピースの又吉直樹(37)が初めて ドラマ脚本を手がけたオリジナル作品。 「許さない・不寛容」をテーマに、又吉が下積み時代を過ごした東京・渋谷の人間模様を描いていく。 上京してきた専門学生・チエを演じた森川は「新作小説を読ませていただ...
»続きを読む
カテゴリー:

森川葵、脚本・又吉直樹のNHKドラマで気づいた渋谷の本質とは - 12月18日(月)14:32 

 お笑いコンビ「ピース」又吉直樹がドラマ脚本に初挑戦した「許さないという暴力について考えろ」の試写会が12月18日、東京・渋谷の同局で行われ、出演者の森川葵、森岡龍、宮本信子が会見に臨んだ。  本作は、上京したばかりの又吉にとって東京の象徴といえる街・渋谷が舞台。「許さない・不寛容」をテーマに、同所を舞台にした2つの物語がカットバックで進む構成だ。「渋谷」という街の本質は何かを取材するテレビディレクター中村(森岡龍)がおっさん(でんでん)や老婆(宮本)と出会って不思議な体験をするエピソードと、服飾デザイン専門学校に通うチエ(森川)と漫画家の姉(柴田聡子)にフォーカスを当てたストーリーが紡がれる。  スケジュールの都合で又吉は欠席となったが、コメントが代読された。ひとりで渋谷を歩くなか、同所にまつわるあらゆる人々、そして“街”自体も主人公にした物語を考案し、一風変わったタイトルは「自分に対しても言っているようです」と告白。「完成した映像を見ていたら、渋谷を歩きたくなりました。そして、よっぽど気分の良い時にしか、そんな発想にならないのですが、このドラマの登場人物や渋谷にいる一人一人に幸せが訪れますようにと思いました」と作品に込めた思いが明かされた。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」終了後にオファーを受けた宮本は「台本がものすごいカラフルなんですよ。タイトルもとても気に入ってます」と話...more
カテゴリー:

森川葵:ピース又吉脚本のドラマ出演 「自分をもっと許してあげようと思… - 12月18日(月)14:21 

 女優の森川葵さんが18日、東京都内で行われたNHKのドラマ「許さないという暴力について考えろ」の会見に登場した。同ドラマは、小説「火花」で芥川賞を受賞したお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが初め…
カテゴリー:

又吉直樹の脚本、出演者が絶賛 森川葵「自分を許せるようになろうと思った」 - 12月18日(月)13:28 

 お笑い芸人の又吉直樹が脚本をてがけ、NHK総合で放送されるドラマ『許さないという暴力について考えろ』(26日 後10:00)の試写会が18日、東京・渋谷の同局で行われ、出演する森川葵、森岡龍、宮本信子が出席し、見どころなどをアピールした。 又吉が大阪から上京して10年ほど住んでいた街・渋谷を舞台に、「許さない・不寛容」をテーマにした2つの物語を、大規模再開発で変わりゆく渋谷の“いま”を切り取るべく、オールロケで映像化。「渋谷」という街の本質は何かを取材するテレビディレクター中村(森岡)の物語と、服飾デザイン専門学校に通うチエ(森川)と漫画家の姉(柴田聡子)の物語がカットバックで進んでいく。  森岡は「まずタイトルがすごいな、と思って。面白い作品になりそうな予感が漂っていたし、台本のページをめくるたびにクスっと笑えて、これはドラマの台本なのか、コントの台本なのか、やっぱりドラマだよな、と思うような構成で、印象的なエピソードやせりふが並んでいました」と、又吉脚本を絶賛。  森川も「又吉さんがゼロから書いてくれた作品なので、見たことがないストーリーが広がっていて、台本を読むのがすごく楽しくて、又吉さんの新作を読ませてていただいたような感覚でした」という幸福感に満たされたという。その一方で、「許さない・不寛容」というテーマが胸に刺さったとも。  「私が演じたチエは、自分を許すこと...more
カテゴリー:

ロバート秋山一人十役、「孤独のグルメ」は瀬戸内出張! すべてのドラマファンに贈る年末SPドラマ4選 - 12月18日(月)12:28 

2017年も残りわずか。ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の大門未知子(米倉涼子)は生きるため手術室へ向かい、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合)のおとわ(柴咲コウ)は大往生を遂げた。大好きだったあのドラマももう最終回…と“ロス状態”に陥るドラマファンにお勧めしたいのが、年末SPドラマ。人気ドラマ「孤独のグルメ」の出張編やロバート秋山の“一人十役”、又吉直樹のドラマ脚本初挑戦など、注目作を「ザテレビジョン」がピックアップしてご紹介! 【写真を見る】藤原紀香が17歳年下イケメンと恋に落ちる!/©日本テレビ ■ 藤原紀香が17歳年下の青年と禁断の恋! 日本テレビ系では、2週連続でSBドラマ「眠れぬ真珠~まだ恋してもいいですか?~」(1週目は12/21木夜11:59-0:54)を放送する。藤原紀香が17歳年下の青年との“時間の限られた恋”を描くラブミステリー。相手役には、‘17年ドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS系)でも注目を集め、映画「リベンジgirl」(12月23日公開)でヒロイン・桐谷美玲の相手役を務めるなど人気急上昇中の劇団EXILE・鈴木伸之。 銅版画家の咲世子(藤原)は、行きつけのカフェでウエーターの素樹(鈴木)と出会う。かつて映像作家として活動していた素樹は、咲世子を主役にしたドキュメンタリーを撮りたいと提案。協力する咲世子だったが、1...more
カテゴリー:

中井貴一と佐々木蔵之介W主演映画『嘘八百』舞台挨拶に12人が登壇! - 12月18日(月)15:00 

中井貴一と佐々木蔵之介のW主演で贈る映画『嘘八百』の完成披露試写会が12月17日にイイノホールで行われ、中井貴一、佐々木蔵之介、友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、芦屋小雁、近藤正臣、武正晴監督が登壇した。 本作は千利休を生んだ茶の湯の聖地・大阪は堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が“幻”の利休の茶器という“真っ赤なウソ”で仕掛ける一発逆転の大勝負を描いた開運エンターテインメント。この日は映画のタイトル『嘘八百』にちなみ、真っ赤に染まったステージに監督・キャスト総勢12名が登壇する中、立ち位置を間違えた坂田利夫の初っぱなの「すんまてん&〜(すみません)」のギャグに一同大笑いしながらイベントはスタート。 まずはW主演をつとめた中井と佐々木に、本作が初の本格的なタッグとなったことに関する質問が。古物商・則夫役を演じた中井は「こんなに人が多い舞台挨拶は初めてです。自分で来たいと言って、来た人もいるようです。1人2分話しても20何分かかるけど、それを切っても面白くないので、みなさん覚悟して舞台挨拶に臨んでください。あれ、なんの話だっけ? まあ、いいです」と挨拶。 陶芸家・佐輔役を演じた佐々木は「この映画は堺で1回、難波で1回イベントをしているのですが、関東のお客様に見ていただくのはドキドキしているんですが、こんだけ大勢仲間がいるので、ち...more
カテゴリー:

森川葵、脚本・又吉直樹のNHKドラマで気づいた渋谷の本質とは - 12月18日(月)14:32 

お笑いコンビ「ピース」又吉直樹がドラマ脚本に初挑戦した「許さないという暴力について考えろ」の試写会が12月18日、東京・渋谷の同局で行われ、出演者の森川葵、森岡龍、宮本信子が会見に臨んだ。本作は...
カテゴリー:

中井貴一、佐々木蔵之介ら『嘘八百』舞台挨拶に12人登壇「この舞台挨拶は正解?」 - 12月18日(月)13:37 

 俳優の中井貴一と佐々木蔵之介が、17日に都内で実施されたダブル主演映画『嘘八百』の完成披露試写会に、共演の森川葵、前野朋哉、友近、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、芦屋小雁、近藤正臣、武正晴監督と出席。ストーリーにちなみ、来年に仕掛けたい勝負について聞かれた中井は、自身のことより「坂田師匠と木下ほうかは、結婚やと思います」と答え、共演者同士の和気あいあいとした雰囲気を披露し、会場を和ませた。【関連】『嘘八百』完成披露試写会フォトギャラリー 本作は、大阪・堺を舞台に、古物商の則夫(中井)と、陶芸家の佐輔(佐々木)が、“幻”の利休の茶器という真っ赤なウソを利用して、一獲千金を狙うべく一発逆転の大勝負を仕掛けるコメディ。 中井は、木下や坂田、塚地らが繰り広げる軽快な掛け合いに楽しそうに参加しつつも、「この舞台挨拶は正解なんでしょうかね? お客さんがどんどんあっけにとられていく感が満載なんですけど」と苦笑い。そして「やっぱり、舞台挨拶は5人までだな」と口にすると、佐々木が「監督、よくこれまとめましたね!」と武監督に投げかけ、監督は「舞台挨拶は楽しかったけど、映画は…と言われるとつらい」と笑いながら回答。12人の大所帯ながら、全員が息のあった連携を見せた。 来年の抱負を問われた佐々木は、「来年、何したいかって言われて、言ってみても、2月頭には忘れてますから。目標を全然、忘れてますか...more
カテゴリー:

森川葵「自分を許すこと大切」又吉直樹の初脚本主演 - 12月18日(月)12:37 

 女優森川葵(22)が18日、都内で、主演するNHK「許さないという暴力について考えろ」(26日午後10時)の会見に一緒に主演を務めた森岡龍(29)と共演の宮本信子(72)と出席した。お笑いタレントで芥川賞作家の又吉直樹の初脚本作品。不…
カテゴリー:

中井貴一&佐々木蔵之介、12人舞台挨拶にタジタジ「舞台挨拶は5人まで」 - 12月17日(日)20:30 

 中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務めた「嘘八百」の完成披露試写会が12月17日、東京・イイノホールで開催された。2人をはじめ、共演の友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、芦屋小雁、近藤正臣、メガホンをとった武正晴監督が出席した。  第39回日本アカデミー賞で最優秀脚本賞と最優秀主演女優賞に輝いた「百円の恋」の武監督と、脚本・足立紳が再タッグを組み、NHK連続テレビ小説などを手がける脚本家・今井雅子も参加したコメディ。冴えない古物商・小池則夫(中井)と落ちぶれた陶芸家の野田佐輔(佐々木)が、「千利休の幻の茶器」という真っ赤な嘘を仕立て上げ、一攫千金を狙うさまを描く。  12人という大所帯での舞台挨拶となったため、中井は開口一番「舞台挨拶にこんなに俳優が登場するのは初めて。1人2分しゃべっても、これだけいると20分以上かかります。それを縮めて話そうと思うと舞台挨拶が面白くなくなります。だから皆さん覚悟して臨んでいただきたいと思います」とぶっちゃける。続く佐々木は、「実はこの作品、堺と難波で完成披露試写会をやっています。今日は関東のお客様に見ていただけるということでドキドキしていますが、これだけ大勢いるので、既に楽屋でも……」と話し始めるも、さっそく共演陣から「(話が)長い長い!」というツッコミが入り、慌てて「楽しんでね~!」と話をまとめていた。 ...more
カテゴリー:

もっと見る

「森川葵」の画像

もっと見る

「森川葵」の動画

Wikipedia

森川 葵(もりかわ あおい、1995年6月17日 - )は、日本の女優、元女性ファッションモデル

愛知県出身。スターダストプロモーション芸能1部所属。

来歴

2010年、ファッション雑誌Seventeenの専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」に応募者5,575人の中から阿部菜渚美西野実見三吉彩花北山詩織と共にグランプリに選ばれた。同年8月18日に東京都両国国技館で開催された読者招待イベント「セブンティーン夏の学園祭」で、読者にお披露目された

2015年2月28日発売のSeventeen2015年4月号をもって、同誌の専属モデルを卒業。同年10月、フジテレビ系ドラマテディ・ゴー!で連続ドラマ初主演。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる