「森喜朗」とは?

関連ニュース

経費削減策をIOCに提示=組織委、新基準踏まえ-東京五輪 - 04月24日(火)20:14 

 2020年東京五輪の準備状況を国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会が確認する事務折衝「プロジェクトレビュー」が24日、2日間の日程を終了した。組織委は大会経費のさらなる削減に向けた方策をIOCに提示した。 IOCは経費削減に向けて、競技会場や選手村といった大会運営の要件など118項目からなる新たな指針「ニューノーム(新基準)」を2月に公表した。ジョン・コーツ調整委員長は記者会見で「東京は既にかなりの部分を反映している。さまざまな分野で提案があった。IOCは効率的に大会が行われることを望んでいる」と述べた。 IOCのクリストフ・デュビ五輪統括部長によると、仮設の観客席や照明、運営用のテントやプレハブ活用、レンタルでの調達、テクノロジー費の見直しなどの分野で経費削減策が示された。 新基準でIOCは、夏季大会で約10億ドル(約1090億円)の経費削減を目指している。組織委の森喜朗会長は「運営に適用できる方策があれば、コストの削減を引き続きしっかりやっていく」と話した。 [時事通信社]
カテゴリー:

IOC「効率的な運営を」=東京五輪準備で折衝 - 04月23日(月)10:33 

 2020年東京五輪へ向け、国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会が準備状況を確認する事務折衝「プロジェクトレビュー」が23日、東京都内で2日間の日程で始まった。 IOCの東京五輪調整委員長を務めるジョン・コーツ氏は、IOCが経費削減へ向けて118項目で示した五輪運営の指針「ニューノーム(新基準)」に会議冒頭で触れ、「ただ単にお金を節約するという観点だけではなく、効率的に大会を運営するという考え方をしてほしい」と述べた。 現在の大会経費は総額1兆3500億円(予備費除く)。組織委の森喜朗会長は「予算削減は引き続き最優先課題。今後もコストの削減に努めていく」と話した。 [時事通信社]
カテゴリー:

東京五輪が利権争いで大ピンチ? 新国立競技場「完成しない可能性」 - 04月24日(火)06:00 

“ザハ案”廃止に端を発し、のっけからドタバタ続きの五輪会場。悪巧みする奴らのせいでニッポンが大恥をかく!?  2020年の開催まであと2年に迫った東京五輪に、暗雲が垂れ込めている。「メインスタジアムとなる新国立競技場を中心とした明治神宮外苑地区は、現在も利権争いの巣窟となっています。ヘタをすると、工事が遅れる可能性も否定できません」  こう語るのは、都政担当のベテラン記者だ。「新国立競技場自体は、来年11月30日の完成に向け、着々と工事が進められています。問題は“サブトラック”です」(前同)  オリンピックを開催するには、新国立競技場に設置される400メートルトラック8レーンとは別に、まったく同じ広さのサブトラックを設けなければならない。「2010年の規約改正により、世界選手権や日本選手権が行えるのは、サブトラックを持つ競技場のみと定められました」(同)  なぜ、そうした決まりができたのかというと、「五輪開催中、メインの競技場は、絶えず様々な陸上競技に使用されています。そこで、選手がウォーミングアップするための場所として、競技場から徒歩圏内の場所に、本番と同規模のトラックを設置する決まりになったんです」(同) ■サブトラックは神宮外苑の軟式野球場設置が決まったが  だが、その設置場所を巡り、深刻な問題が噴出しているというのだ――。「当初は、神宮第二球場に“常...more
カテゴリー:

「森喜朗」の画像

もっと見る

「森喜朗」の動画

Wikipedia

森 喜朗(もり よしろう、1937年(昭和12年)7月14日 ‐ )は、日本政治家東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長。 衆議院議員、文部大臣(第105代)、通商産業大臣(第56代)、建設大臣(第62代)、内閣総理大臣(第85・86代)、自由民主党政務調査会長自由民主党幹事長自由民主党総務会長自由民主党総裁(第19代)などを歴任した。

経歴 政界入りまで

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる