「森口博子」とは?

関連ニュース

石垣佑磨、『宇宙刑事ギャバン』大葉健二との思い出語る「皆様の勇気が大葉さんに届いてほしい」 - 05月19日(土)17:30 

特撮テレビ番組『宇宙刑事ギャバン』(テレビ朝日系)で一条寺烈(ギャバン)役を演じた俳優の大葉健二が倒れ入院。そんな中、2012年に公開された『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』で主役の十文字撃(ギャバンtypeG)を演じた石垣佑磨が、大葉との思い出と感謝を19日更新のアメブロで述べた。 大葉の所属事務所は5月14日に「先日自宅にて倒れ、現在入院し療養中です。ご心配をおかけしておりますが、現在は快方に向かっておりますので、回復まで静かに見守っていただけますと幸いでございます」との声明を発表していた。 『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』で大葉は50歳になった一乗寺烈として出演。石垣と共演していたが、その後も石垣は大葉と芝居やイベントで一緒になることが多かったという。 「特にスペーススクワッドという新しいブランドを立ち上げ、東映ビデオのスタッフの皆様と新作を作るに当たりシリーズ化ということで、大葉さんの出演や台詞など僕なりの思いで、言葉を作らせていただきました。」(原文ママ)「大葉さんとの芝居がやりたくて、ぶれない大葉さんのギャバンと芝居がしたくてスペーススクワッドがあったといっても過言ではありません」 さらには昨年、一緒にインドネシアへ行ったそうだが、これは石垣にとってはギャバンとして初の海外遠征だった。「大葉さんとの出会いで本当に色々な素晴らしい人たちと出会うことが...more
カテゴリー:

森口博子、西城秀樹さんとの2ショットを公開「淋しくて、悲しくて、悔しい」 - 05月19日(土)13:57 

歌手でタレントの森口博子が、16日に急性心不全のため63歳で亡くなった西城秀樹さんとの思い出を18日に更新したアメブロでつづっている。 森口は1985年、TVアニメ『機動戦士Zガンダム』(テレビ朝日系)のオープニング曲「水の星へ愛をこめて」でアイドル歌手として芸能界デビューを果たしている。西城さんは1999年~2000年放送の『∀ガンダム』の前期オープニング曲となった「ターンAターン」を歌っており、森口は「振り返ると…秀樹さんとはガンダムファミリーでもあったんですね」と『ガンダム』が2人の共通項であったことを明かした。 自身がMCを務めるラジオ番組で曲を流したようで「今日、bay fm『KISS&SMILE』で秀樹さんの素晴らしい楽曲かけさせて頂きました。99年のターンエーガンダムのテーマソング『ターンAターン』 タイトルを連呼するエネルギッシュなアニソン。秀樹さんの表現力と歌唱力に改めて感動しました」(原文ママ)と感想を述べた。 続けて、西城さんに対して「なんで、もう会えないんだろう。淋しくて、悲しくて、悔しいです」と思いを馳せ、「何事にも誠実で、その世界をしっかりと理解しようとする秀樹さん。常に全力でした。アイドルの枠を超えた 日本一熱い、エンターテイナーだと思います」と西城の人柄をつづり2ショットを掲載。 そして「本当に本当に お疲れ様でした。どうぞ安らかに。永遠のハ...more
カテゴリー:

森口博子、81歳の母がステーキをペロリ「健康でいてくれることが何より」 - 05月14日(月)19:40 

歌手でタレントの森口博子が、13日にアメブロを更新。冒頭で「母の日ですね」とコメントし、母親に対する感謝の気持ちをつづった。 森口は「以前、ファミレス行った時に改めて、感動した事が」と母親がピースサインで微笑む写真を公開し、「81歳の母、ステーキを1人でペロリ」とまず報告。続けて「健康でいてくれることが何よりです」とつづり、「女手一つで四人姉妹を育ててくれた母には、感謝しても感謝しきれません。愛情いっぱい」とハートマークを添えて母親への思いを語った。 さらに、母親が80歳となり傘寿のお祝いをした際には事務所の社長から「博子のママは、話すテンポも早くて驚くよね」と指摘されたようで、「いつも一緒にいるとそれが普通だと思って気付かないけど、確かに、好奇心旺盛でハキハキ!」と母親の若々しさに改めて驚いた様子。また、お茶目な一面として「ラスベガスの事をベガスと言わずラスベと言ったり」「東急ハンズで武田鉄矢さんのタラコ唇買ってきて、モノマネ」「妹達と体力診断テストで盛り上がっている時に「そんなん簡単!」って負けず嫌い出して勝手に張り合う」とさまざまなエピソードを告白。 そんな母親に向けて「どんな時も諦めないパワフルな玉ちゃんは自慢の母です」とつづった上で、「いつも本当にありがとう。これからも元気なニコニコ玉ちゃんでいてね」と感謝の言葉を述べた。最後に「そして、ファンのみんなと私達がこうや...more
カテゴリー:

元祖バラドル・井森美幸、35年間に渡り最前線に立ち続ける衰え知らずの瞬発力 - 05月13日(日)08:40 

 ベテランタレントが再評価される傾向にある昨今の芸能界において、35年間活躍し続けている特異な人物が“元祖バラドル”井森美幸だ。レギュラー番組を持たずに毎日のようにテレビに出続けており、その活躍ぶりに「今のバラエティー界は井森美幸に頼りすぎている」という意見が出るほど。視聴者だけでなく共演者からも愛される “バラドル界のモンスター”の稀有な立ち位置とは? 【写真】実はあの大物女優も…活躍中の元アイドル一覧 ■芸能界も熟女ブーム? 再評価されるベテランの中でも特異性を放つ井森美幸  現在、芸能界はちょっとした熟女ブームだ。昨年ORICON NEWSで実施した『女性が選ぶ理想のオトナ女子ランキング』では、石田ゆり子が圏外から首位獲得、月9ドラマの主演を果たすなど再ブレイクを果たし、現在もドラマ映画に引っ張りだこ。そのほかにも森高千里は番組MCとしての顔も定着しつつあり、篠原涼子も40代に突入してもなお活躍が続く。  薬師丸ひろ子は20年ぶりとなるオリジナルアルバム『エトワール』を5月9日に発売。80年代の歌手活動全盛期と同じキーでの歌唱を披露し、変わらぬ美しさと実力を示した。ドラマ作品においても、元祖・東宝シンデレラの沢口靖子主演の『科捜研の女』(テレビ朝日系)が第17シーズンまで続くロングヒットとなっている。また、『好きなアナウンサーランキング』でも有働由美子アナ(元NHK)...more
カテゴリー:

高橋克典、ドラマ現場でディーン・フジオカらと3ショット「さらに面白くなっていきます」 - 05月10日(木)17:40 

俳優の高橋克典が10日に自身のアメブロを更新。ドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)で共演する、俳優のディーン・フジオカや女優の山口紗弥加との3ショットを公開した。 「やっぱり現場のコーヒーは美味しい方がいい」と、自身がお気に入りのコーヒーを差し入れしたことを明かした高橋。「おディーン様、イケてる横顔ですな」と、コーヒーブレイクを楽しむディーンの横顔や、自身との2ショットを公開した。 この日は同ドラマの第4話が放送されることから、「あっちもこっちもどうなるのとさらにさらに面白くなっていきます」とアピール。「展開ヤバイです 是非ご覧ください」と、読者に呼びかけた。 ブログの最後では、自身とディーンの後ろに小さくキス顔で写り込んだ山口との3ショットも公開。「山口さん、ありがとうございます」とお礼を述べて締めくくった。 『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』は、フランスの小説家であるアレクサンドル・デュマの小説『モンテ・クリスト伯』を原作にしたドラマ。冤罪で愛する女性と未来の家族を奪われた主人公による復讐劇を描く。主人公のモンテ・クリスト・真海をディーン・フジオカが演じ、高橋は警視庁の刑事部長・入間公平を、山口は公平の妻・瑛理奈をそれぞれ演じる。 【関連記事】 ・コーヒーブレイク(高橋克典オフィシャルブログ) ・高橋克典、レジェンドチャリティゴルフで石...more
カテゴリー:

三田佳子、亡くなった星由里子さんとの思い出語る「じっとしていない活発な人でした」 - 05月19日(土)16:25 

映画『若大将』シリーズのヒロインや『モスラ対ゴジラ』等の出演で知られる女優、星由里子さんが16日に肺がんのため亡くなったことが18日に報じられた。74歳だった。これを受け、女優・三田佳子が19日に更新したアメブロで星さんの思い出をつづっている。 現在76歳の三田は「若い頃から同じ時代を駆け抜けてった同僚が、また天国に行きました」(原文ママ)としたうえで、星さんについてはこう述べる。 「私とドラマに出ていただいた時も、とても気配りのできる方でした。私なんかはぼんやりとしてしまいますが、彼女は宴の席になると、皆のサーブを率先して行ったりと、なんだか本当にじっとしていない活発な人でした テキパキとした人でした」 さらには、数年前に亡くなった三田の親友であり、30年間メイクを担当してもらった武田千巻さんも星さんの担当であったことも明らかにする。「ちまきちゃんを思い出してしまって、なんだかなおさらさみしいなあ」と2人の大切な友人を追悼した。 また、星さんが所属していた東宝芸能の後輩である山村紅葉も18日に更新したブログで「ニュージーランドロケの時には、美味しい海鮮料理を、京都南座の舞台の時には、鴨川の床料理をいただきながら、楽しいお時間を過ごさせていただきました」と在りし日の星さんの思い出を振り返った。 【関連記事】 ・「星由里子さん、同じ世代の方がまた。」(三田佳子オフィシャルブ...more
カテゴリー:

高橋克典、大量の収納ケースで靴を整理しスッキリ「あぁ気持ちいい」 - 05月15日(火)18:50 

俳優の高橋克典が、15日に更新したアメブロで、靴を整理したことを報告した。 高橋は「去年8月に引越ししてからずっとそのままだった自分の部屋の靴たち」を半透明のケースに入れて整理したようで、「やっとケースを買って整理することができました」と、たくさん並ぶケースを写した写真を公開した。 さらに続けて、「ばんざーい」「あぁ気持ちいい」と、音符やキラキラマークを多用してスッキリした気持ちを表した高橋のブログに、読者からは「ずっと、気になっていて、いつかしなければと思ってたことが、片付くと気持ちが、良いですね 靴も定位置が決まって、ご主人様に感謝してることと思いますよ」「半透明で引き出しに指を入れる穴があるから換気もできてスッキリ片付いてナイスアイデアですね」「とっても綺麗に整理されてますね!沢山あって、大変だったでしょう。これもまたコツコツと頑張られましたね」などといった声が寄せられていた。 【関連記事】 ・「やっと!」(高橋克典オフィシャルブログ) ・高橋克典、ドラマ現場でディーン・フジオカらと3ショット「さらに面白くなっていきます」 ・高橋克典、レジェンドチャリティゴルフで石川遼と2ショット「とても優しく、人当たりのいい青年」 ・森口博子、高橋克典と偶然の再会「お互い、ずっと褒め合っていました」 ・高橋克典、木下ほうかと2ショット「今じゃすっかり人気者になっちゃって」
カテゴリー:

早見優、ビキニショット公開「撮り下ろしは、なく、全て、10代のものばかり。笑笑」 - 05月14日(月)18:06 

歌手でタレントの早見優が、14日に更新したアメブロで、写真集が発売になることを明かしている。 今年9月で52歳になる早見は、「な、なんと!私の写真集が、発売になります。」と切り出すと、「懐かしい写真がいっぱい!です。水着の写真も、、、」と内容について言及。 早見のいう「写真集」とは、『月刊平凡GOLDEN BEST!! Vol.3 早見優写真集 サマー・ガール』(マガジンハウス・アーカイブス)で、7月5日発売予定。 また、早見は写真集について「ご心配なく、撮り下ろしは、なく、全て、10代のものばかり。笑笑」と茶目っ気たっぷりにコメントしながら、当時撮影されたと思われるビキニショットを公開した。早見は中森明菜、小泉今日子、堀ちえみ、石川秀美らと同じ1982年デビュー。アイドルブームの80年代のなかでもとりわけ多くの人気アイドルを輩出し、“花の82年組”と呼ばれる。 【関連記事】 ・「サマーガール」(早見優オフィシャルブログ) ・早見優、松本伊代と渡辺美奈代と『セーラー服を脱がさないで』を歌う ・薬丸裕英が石川秀美・早見優・松本伊代の同期3ショット公開 ・森口博子 優・伊代とのステージ写真公開「昭和のパフューム」 ・荻野目洋子 早見優と2ショット公開「80年代は華がある」の声
カテゴリー:

安座間美優、山田優&西山茉希らモデル美女豪華ショットを公開 - 05月12日(土)15:00 

モデルの安座間美優が、11日に更新したInstagramとアメブロで、山田優、西山茉希らとの集合ショットを公開している。 安座間は「わいわい」というタイトルで、それぞれがおどけた表情をするコミカルな動画を公開。 西山も11日に自身のInstagramで同じ動画のほか全員の全身ショットを公開しており、「#ルブタンnight 新作の靴達を皆ではいて、大人時間。毎シーズン可愛い素敵シューズが溢れてる。」「#プリクラみたいな機械が楽しすぎて #またすぐやりたい」とコメントし、楽しい時間を過ごしたようだ。 この豪華ショットに、「みんな脚長くてほそーい」「皆さん、すてきー」「最高すぎるメンバー」といった声が寄せられていた。 【関連記事】 ・「わいわい」(安座間美優オフィシャルブログ) ・高橋真麻、水かけ祭りでの美脚公開 大食いなのに太らないことを驚かれる ・ミニスカ美脚披露の森口博子が新曲発表、HMV&BOOKS SHIBUYA最高動員を達成 ・押切もえ、山田優・蛯原友里らがベビーシャワー「こんな日が自分に来るなんて」 ・比嘉愛未 スラリ美脚ショットに称賛&「細すぎ」と心配も
カテゴリー:

森口博子 ガンダムソングス1位・3位に感謝の涙「愛をこめて歌い続けます」 - 05月09日(水)12:10 

森口博子、デビュー曲が投票で1位を獲得し感謝の涙「愛をこめて歌い続けます」 歌手でタレントの森口博子が、8日にアメブロを更新し、自身の楽曲が2曲もNHK BSプレミアム『全ガンダム大投票 40th』の「あなたの好きなガンダムソングス」にランクインしたことへの感謝をつづった。 この『全ガンダム大投票 40th』は、1979年に第1作が放送されて以来ロボットアニメの金字塔とも言われる『機動戦士ガンダム』の放送40周年を記念して開催。アニメ作品・モビルスーツ(メカ)・キャラクター・ガンダムソングスの4部門で、視聴者からの投票を元にランキングが発表された。 ガンダムソングス部門では、森口のデビュー曲『水の星へ愛をこめて』が1位に、また紅白初出場の歌唱曲『ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~』が第3位にランクイン。 この結果に森口は、「これまでの主題歌360曲以上の中から、選んで頂けたなんて凄いです!本当に信じられません!」と興奮し、ファンへのお礼を記しながら、「こんなにも愛されているって涙がこぼれました。」と感激。 森口にとってガンダムは、「人生をガラリと変えてくれた運命の作品」であり、「音楽の神様」でもあるという。というのも、いくつものオーディションを経てデビュー曲として歌わせてもらったのはもちろんのこと、一時期仕事がなく落ち込んでいたときに舞い込んできた仕事が、再...more
カテゴリー:

もっと見る

「森口博子」の画像

もっと見る

「森口博子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる