「森下佳子」とは?

関連ニュース

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」 - 10月16日(月)17:51 

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの日、全編の撮影を終えた柴咲は、多くのスタッフに囲まれた温かな雰囲気の中、共演者の市原隼人、小松和重らと共に花束贈呈とくす玉割りのセレモニーに臨んだ。当日は「まだ1年ぐらいできそう」という意気揚々としたコメントを中心に報道されたが、それとは別に印象的だったのは、取材に応じる柴咲が何度も「愛」という言葉を口にしたことだ。  例えば、森下佳子の脚本の魅力を尋ねられ、「一人一人の思いをちゃんとくみ上げてくれるところに、“愛情”をすごく感じました」  演じた井伊直虎という人物については「こういうふうに私は生きるべきだというものの根底に、“愛する心”というものがあって…」  また、ファンの熱気をどう受け止めていたかという質問に対しては「SNSでかなり盛り上がっている印象を受けました。皆さん漫画を描いて下さったり、お手紙を書いて下さったり、“愛情”がすごく深い」と答えている。  これらの発言からは、作品を取り巻く全方位的に愛を感じていた様子がうかがえる。冒頭の言葉は、その全てに対する思いを集約した一言とも受け取れる。  しかもこの日、「愛」という言葉を使ったの...more
カテゴリー:

[おんな城主 直虎]第41回「この玄関の片隅で」視聴率11.8% - 10月16日(月)10:34 

 女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第41回が、15日に放送され、平均視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。  「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。幕末の大……
カテゴリー:

【ドラマ】柴咲コウ:大河「直虎」撮了で満面の笑み 「あと1年できる」 - 10月12日(木)05:20  mnewsplus

2017年10月11日 柴咲コウ:大河「直虎」撮了で満面の笑み 「あと1年できる」  女優の柴咲コウさんが主演し、放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が11日、浜松市内でクランクアップを迎えた。最終シーンの撮影を終えた柴咲さんは「体力がありあまっています。あと1年ぐらいできそう」と満面の笑み。また、大河ドラマをやりたいかと聞かれると「もちろんです! やりたいです!」と力強く即答した。  この日は、柴咲さんは「クランクアップです!」と声をかけられると、共演者らと顔を見合わせ「わー!」と大はしゃぎ。うれ...
»続きを読む
カテゴリー:

【視聴率】<おんな城主 直虎>第40回「天正の草履番」視聴率11.6% 明かされる虎松の真意とは… - 10月10日(火)10:16  mnewsplus

 女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第40回が、8日に放送され、 平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。  「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。幕末の大老・ 井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母にあたる主人公・直虎(柴咲さん)が、 男の名で家督を継ぎ、今川、武田、徳川が領地を狙う中、仲間と力を合わせて国を治め、 幼い世継ぎの命を守りながら、生き延びていく……というストーリー。  第40回「天正の草履...
»続きを読む
カテゴリー:

[おんな城主 直虎]第40回「天正の草履番」視聴率11.6% 明かされる虎松の真意とは… - 10月10日(火)10:09 

 女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第40回が、8日に放送され、平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。  「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。幕末の大 ……
カテゴリー:

[おんな城主 直虎]第41回「この玄関の片隅で」視聴率11.8% - 10月16日(月)10:34 

 女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第41回が、15日に放送され、平均視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。  「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。幕末の大……
カテゴリー:

柴咲コウ、大河ドラマ撮了に思う「私の人生を潤してくれた」 - 10月12日(木)06:00 

 女優の柴咲コウが11日、静岡県浜松市にある久留女木の棚田でNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の最後の撮影に臨んだ。ちょうど1年前の今頃にも稲穂が黄金に輝く同所で撮影を行っており、「あっという間としか言いようがない1年。だからといってただ目まぐるしく、忙しなく過ごしていたわけではなく、毎日、精一杯、撮影に集中した1年でした。この作品から得られたもの、感化されるものがたくさんあって、私の人生を潤してくれたのは確かです」と、振り返った。 【写真】市原隼人、小松和重らと棚田でクランクアップ  1年間にわたって放送される大河ドラマの主役を任され「光栄に思いながらも、1年間、先頭に立って進んでいけるか不安はありましたが、(撮影が終わって)心底ホッとしています」と、すがすがしい表情。撮影終了を祝うセレモニーでは、「体力があり余っている」「あと1年くらいできそう」と発言し、共演者やスタッフ、報道陣を驚かせた。  「撮影が深夜に及ぶ日が続いて疲れを感じ時もありましたが、つらかったことは…、忘れちゃいますね。それを上回る充実感がありました。初めてご一緒する役者さんやスタッフもいる中、皆さんのお芝居や仕事ぶりを目の当たりにして、とても刺激を受けました。作品からエネルギーをいっぱいもらいました」。大きな仕事をやり遂げた自信の表れか、言葉の端々からみなぎるパワーを...more
カテゴリー:

「直虎」和田正人、常慶の感情が表に出たことの喜びを明かす - 10月11日(水)00:00 

和田正人が、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中。諸国を行脚しながら情報を集めている山伏・松下常慶を演じている。 【写真を見る】常慶は、虎松(菅田将暉)が井伊を名乗ったことに大きな衝撃を受ける。そしてその後、隠されていた感情が表に出るように/(C)NHK 徳川家康(阿部サダヲ)からの情報を直虎(柴咲コウ)に伝える役目を担う常慶は、その任務上、感情を表に出すような人物ではなかったが、第39回(10月1日放送回)からは、虎松(菅田将暉)との関わりの中で感情を表に出すシーンも登場するように。そんな役どころに変化が生まれてきた常慶役の和田に、演じる上でのこだわりなどを聞いてみた。 ――「―直虎」に出演が決まった時の気持ちを教えてください。 ミュージシャンの方が紅白(歌合戦)にいつか出たいと思う心境に近くて、大河ドラマというものが俳優という職業にとっての紅白だと思っています。その大河ドラマへ出演が決まって、プレッシャーがとても強かったんですけれども、喜びも大きく、「ここまでようやくたどり着いたな」という1つの目標を達成した感じがありました。 また、僕の役者人生の転機になった作品、連続テレビ小説「ごちそうさん」(2013年、NHK総合ほか)の制作統括である岡本幸江さんと脚本家・森下佳子さん、そして音楽の菅野よう子さんが再びタッグ組んだ作品に...more
カテゴリー:

[おんな城主 直虎]第40回「天正の草履番」視聴率11.6% 明かされる虎松の真意とは… - 10月10日(火)10:09 

 女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第40回が、8日に放送され、平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。  「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。幕末の大 ……
カテゴリー:

[おんな城主 直虎]第40回「天正の草履番」視聴率11.6% 明かされる虎松の真意とは… - 10月10日(火)10:09 

 女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第40回が、8日に放送され、平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。  「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。幕末の大 ……
カテゴリー:

もっと見る

「森下佳子」の画像

もっと見る

「森下佳子」の動画

Wikipedia

森下 佳子(もりした よしこ、1971年1月24日 - )は、日本の脚本家

略歴

大阪府高槻市出身、大阪教育大学附属高等学校池田校舎を経て週刊エコノミスト(2015年 6月16日号)「名門高校の校風と人脈」/146 大阪教育大学附属高校池田校舎、東京大学文学部宗教学科卒業東大OGに聞く自分に自信をもつ方法JIN—仁—脚本家 森下佳子さん(2016年4月2日)、東大新聞オンライン、2017年5月28日閲覧。。幼い頃から芝居が好きで、小学生の時には演劇部に入っていた他、宝塚出身者が主催するミュージカル劇団に入り、バックダンサーとして舞台に立ったこともある。学生時代は演劇サークルで女優を経験、劇団「パンパラパラリーニ」をたちあげ演出・脚本を担当していた。その後、リクルートに就職し住宅誌の編集者となるが、シナリオを学ぶため正社員を辞めアルバイト待遇になった上でシナリオスクールに通う。それから半年ほど経った頃、プロットライターをしていた平成夫婦茶碗(2000年、日本テレビ)の企画プロデュースを担当していた脚本家の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる