「森下佳子」とは?

関連ニュース

「―直虎」ついに政次の大勝負!高橋一生『政次を演じて何度も幸福感を得た』 - 08月19日(土)09:00 

「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)の主人公・直虎(柴咲コウ)を支えつつも、今川寄りの家老として仕える小野政次役を演じる高橋一生。今川側をだますため、あえて井伊では、嫌われ役を買って出ていた政次。だが、その狙いを直虎に見抜かれた政次は、今では裏で直虎と共に井伊家が治める小さな土地を守るための重要な人物だ。歴史上では裏切り者として知られている政次だが、演じる高橋はあくまで“「直虎」における政次”を重視して向き合っていると語る。 【写真を見る】満面の笑顔を浮かべる高橋一生の視線の先には…?/撮影=西村康 「大河ドラマは史実を基にしてはいますが、お芝居をさせていただいている者としては、現場で作っているものが全て。歴史は変えられるものではありませんが、あまり史実を意識してしまうと結末から逆算した精神状態になってしまう。僕はそれは正しいとは思っていなくて、(脚本家の)森下佳子さんが書かれているものや、スタッフが作ろうとしているものが答え。史実を踏まえながらも、その行間を描く森下さんの脚本に寄り添い、作品の一部になっていくことで、見る方の想像力を刺激できたらと思いながら演じています」 また、高橋は実際の政次は歴史書の中で書かれるほど、嫌われ者ではなかったのではないかと想像する。 「小野家代々の墓は、直虎と同じ龍潭寺にあるんです。それだけで小野家が、そこまで嫌われていなかったということが一目瞭...more
カテゴリー:

【大河ドラマ】 <おんな城主 直虎>第31回「虎松の首」視聴率は自己ワーストの10.6% - 08月07日(月)10:15  mnewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000002-mantan-ent  女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第31回が6日に放送され、 平均視聴率は自己ワーストの10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。 【写真特集】重厚感たっぷりの松平健 武田信玄に「さすが!」の声  「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。 幕末の大老・井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母にあたる主人公・直虎が、男の名で家督を継ぎ、 今川、武田、徳川が...
»続きを読む
カテゴリー:

[おんな城主 直虎]第31回「虎松の首」視聴率は自己ワーストの10.6% - 08月07日(月)10:12 

 女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第31回が6日に放送され、平均視聴率は自己ワーストの10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。  「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作 ……
カテゴリー:

【芸能コラム】巧みな脚本と俳優陣の好演が生む登場人物の魅力―中野直之と奥山六左衛門の場合― 「おんな城主 直虎」 - 08月11日(金)16:59 

 武田との戦(いくさ)に備える今川の陰謀により、井伊家に取り潰しの危機が迫った第31回「虎松の首」。だがそれは、同時に直虎(柴咲コウ)たちが築き上げた井伊家の結束の強さを証明する場ともなった。隠し里に逃れた一族の前で、直虎が小野政次(高橋一生)と通じ合っていたことを打ち明けた時の温かな反応に、グッときた視聴者も多いに違いない。これは、登場人物たちの魅力が見る者に浸透した証と言えるだろう。  登場人物を魅力的に見せるために必要なものは、大きく分けて二つある。まずは、ストーリーに沿ってキャラクターを引き立てる脚本。もう一つは、演じる俳優たちの芝居だ。その両方が効果を発揮した代表的な例が、直虎に仕える中野直之と奥山六左衛門だ。  当主の座に就いた直虎に反発していた当初、直之は怒ってばかりいる直情的な人物、六左衛門は真面目だが今一つ気弱で頼りない…そう見えたはずだ。だが、今では2人とも直虎にとって頼りになる家臣。そうなる上で、それぞれ転機となったエピソードがあった。  直之の場合は、第15回「おんな城主 対 おんな大名」。今川から呼び出された直虎の危機を救おうとする百姓たちの心意気に動かされ、襲撃を受けた場面に間一髪で駆けつける。さっそうとした登場に加え、演じる矢本悠馬自身「初めて」と語った殺陣も鮮やかで、武芸に秀でたキャラクターを強く印象付けた。井伊谷に帰還した直虎を迎えるやや照れたよう...more
カテゴリー:

[おんな城主 直虎]第31回「虎松の首」視聴率は自己ワーストの10.6% - 08月07日(月)10:12 

 女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第31回が6日に放送され、平均視聴率は自己ワーストの10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。  「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作 ……
カテゴリー:

[おんな城主 直虎]第31回「虎松の首」視聴率は自己ワーストの10.6% - 08月07日(月)10:12 

 女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第31回が6日に放送され、平均視聴率は自己ワーストの10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。  「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作 ……
カテゴリー:

「森下佳子」の画像

もっと見る

「森下佳子」の動画

Wikipedia

森下 佳子(もりした よしこ、1971年1月24日 - )は、日本の脚本家

略歴

大阪府高槻市出身、大阪教育大学附属高等学校池田校舎を経て週刊エコノミスト(2015年 6月16日号)「名門高校の校風と人脈」/146 大阪教育大学附属高校池田校舎、東京大学文学部宗教学科卒業東大OGに聞く自分に自信をもつ方法JIN—仁—脚本家 森下佳子さん(2016年4月2日)、東大新聞オンライン、2017年5月28日閲覧。。幼い頃から芝居が好きで、小学生の時には演劇部に入っていた他、宝塚出身者が主催するミュージカル劇団に入り、バックダンサーとして舞台に立ったこともある。学生時代は演劇サークルで女優を経験、劇団「パンパラパラリーニ」をたちあげ演出・脚本を担当していた。その後、リクルートに就職し住宅誌の編集者となるが、シナリオを学ぶため正社員を辞めアルバイト待遇になった上でシナリオスクールに通う。それから半年ほど経った頃、プロットライターをしていた平成夫婦茶碗(2000年、日本テレビ)の企画プロデュースを担当していた脚本家の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる