「棋戦優勝」とは?

関連ニュース

【将棋】店側の勘違いで藤井は冷やしが温うどんに…藤井聡太四段、ハプニングにも動じず 名人戦順位戦 - 01月19日(金)13:00  mnewsplus

1/19(金) 12:58配信  最年少プロ棋士、藤井聡太四段(15)が19日、大阪市内の関西将棋会館で午前10時から行われた名人戦順位戦C級2組の8回戦で、矢倉規広七段(43)と対戦した。  同クラスは現在所属する50人がそれぞれ、昨年6月から今年3月にかけて毎月1回(計10回)対局中。成績上位3人だけが来期にC級1組へ昇級できる狭き門突破を目指し、競い合っている。藤井は昨年12月の7回戦まで7勝無敗と、今泉健司四段(44)と並んで首位を快走。同組に上がれば自動的に五段昇段も決まる。  6勝1敗で追っ...
»続きを読む
カテゴリー:

藤井四段:佐藤名人破り、羽生竜王と対戦へ 朝日杯準決勝 - 01月14日(日)21:37 

 第11回朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント準々決勝が14日、名古屋市東区で指され、公式戦29連勝の最多連勝記録を昨年達成した最年少棋士の藤井聡太四段(15)が佐藤天彦名人(29)に121手で勝って準決勝に進んだ。公式戦でタイトル保持者と対局するのは初めてだったが、将棋界最高峰の名人を破る快挙を成し遂げた。準決勝は国民栄誉賞の受賞が決まった羽生善治竜王(47)と公式戦で初めて対局する。史上最年少の棋戦優勝がかかる準決勝と決勝は2月17日、東京都内で指される。【山村英樹】
カテゴリー:

【将棋】藤井聡太四段が竜王戦で2018年初白星、勝ち進めば羽生戦[18/01/11] - 01月11日(木)20:35  mnewsplus

藤井四段が竜王戦で18年初白星、勝ち進めば羽生戦 2018年1月11日20時16分 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201801110000678.html 今年初白星を振り返る藤井聡太四段(撮影・松浦隆司) 公式戦29連勝の新記録を樹立した将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が11日、大阪市の関西将棋会館で指された第31期竜王戦5組初戦で中田功七段(50)を80手で破り、18年初白星を挙げた。公式戦通算は56勝11敗。 中盤から積極的に攻めた藤井は「難しい将棋でした。相手の玉との距離感が...
»続きを読む
カテゴリー:

【将棋】羽生善治竜王、2・17藤井四段戦に「張り切って臨みたい」 - 01月15日(月)15:31  mnewsplus

2018年1月15日7時0分 スポーツ報知  将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(15)が14日、名古屋市の東桜会館で行われた第11回朝日杯オープン戦本戦準々決勝で佐藤天彦(あまひこ)名人(29)に勝利した。史上最年少の15歳5か月で将棋界の象徴である名人を撃破する快挙を成し遂げた。2月17日の準決勝に進出し、羽生善治竜王(47)との公式戦初対局に臨む。優勝すれば、加藤一二三・九段(78)が1955年に当時15歳10か月で樹立した一般棋戦優勝の最年少記録を更新することになる。  朝日杯将棋オープン戦準...
»続きを読む
カテゴリー:

【将棋】藤井聡太四段、佐藤天彦名人に勝利! 次戦は羽生善治竜王と公式戦初対決★2 - 01月14日(日)19:02  mnewsplus

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00010008-abema-soci 将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)が1月14日、朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメントに出場し、1回戦で澤田真吾六段(25)、2回戦で佐藤天彦名人(29)に勝利し、ベスト4進出を決めた。 藤井四段が現役のタイトル保持者と公式戦で対局するのは今回が初めてだった。 同大会では別ブロックで羽生善治竜王(47)が勝ち抜いており、準決勝で公式戦初対決となることも決まった。 新春早々、またも藤井四段が快挙達成だ。 1回戦、難敵・澤田六段に54手の短い手...
»続きを読む
カテゴリー:

「棋戦優勝」の画像

もっと見る

「棋戦優勝」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる