「桑名市」とは?

関連ニュース

三重県桑名市が「産業観光」に目覚めた理由 思わぬところにインバウンド需要があった | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン - 04月17日(火)16:00 

三重県・桑名市が「産業観光」(インダストリアルツーリズム)に取り組んだのには訳があった。桑名市の人…
カテゴリー:

チューリップ:一面、色とりどり 三重・なばなの里 - 04月10日(火)11:28 

 なばなの里(三重県桑名市)でチューリップが見ごろを迎え、色とりどりの花々が敷地一面に広がっている。  約4万3000平方メートルの「花ひろば」に200種類、180万本が植えられ、3月下旬からの暖かさで一気に開花。例年に比べ10日ほど早く見ごろを迎えた。
カテゴリー:

【三重】県、神事用の大麻栽培を条件付きで許可 神社2カ所に供給へ - 04月05日(木)22:38  newsplus

時事通信 2018/04/05-20:05 三重県は5日、神社のしめ縄などに使う大麻を栽培するため、大麻取締法に基づく栽培者免許を県内の団体に交付した。同免許の交付は県内で初めて。 免許が交付されたのは、三重県内の神社関係者らでつくる「伊勢麻振興協会」(同県伊勢市)。 同協会は当初、全国の神社への供給を目指して免許を申請した。 しかし、県は昨年1月、大麻は他県でも生産されているほか、外国産や化学繊維でも代替できると判断し、免許を交付しなかった。 このため同協会は今年1月、供給先を県内に絞って再申請。 県は多...
»続きを読む
カテゴリー:

ホタルとアジサイの共演!なばなの里で初夏の風物詩を満喫 - 04月12日(木)07:00 

東海エリア最大級の花のテーマパーク「なばなの里」(三重県桑名市)では、春から夏にかけていろいろな種類の花が見ごろを迎える。時期ごとに違った表情をみせる、花の楽園を訪れてみよう! 【写真を見る】幻想的に飛ぶゲンジボタルの光にうっとり! ■ 春は注目の花まつりが目白押し! 2018年3月下旬から4月下旬まで「チューリップまつり」が開催されている。面積約4万3000平方メートルの花ひろばに、180万球のチューリップが咲き誇る様子は見事だ!日没後はライトアップされ、昼とは違った表情が楽しめる。 また、「水仙まつり」も同時期に開催。小道を散歩しながら、カラフルな色合いと甘い香りを体いっぱいに感じよう! 2018年5月中旬から6月下旬は「バラまつり」が楽しめる。昨年開催時より敷地が広くなったガーデンの景色は圧巻!上質なバラの香りに包まれたガーデンを歩けば、優雅な気分が味わえそうだ。 ■ 初夏はアジサイとホタルの共演を鑑賞しよう 2018年5月下旬から「あじさい・花しょうぶまつり」が開催される。約50種類・70000株のアジサイと、約50種類・8000株のハナショウブが鑑賞できる。一面に咲き誇るアジサイとハナショウブが涼しげな様子に癒されよう。また、なかなか見られない珍しい品種も多数。違いを見つけるのも楽しそうだ。 さらに、5月下旬から開催の、「ホタルまつり」にも注目だ。幻想的なホタルの...more
カテゴリー:

三重県:神事用の大麻栽培を許可 神社関係者ら申請 - 04月06日(金)07:55 

 三重県は5日、県内の神社関係者らでつくる「伊勢麻振興協会」(同県伊勢市)が再申請していた神事用の大麻栽培の免許を交付した。昨年1月に防犯対策などを理由に不許可になっていた。伊勢市内の山中の栽培予定地で高さ2メートル以上の柵や監視カメラを設置するほか、供給先を多度大社(同県桑名市)と椿大神社(同県鈴
カテゴリー:

「桑名市」の画像

もっと見る

「桑名市」の動画

Wikipedia

桑名市(くわなし)は、三重県北部に位置する都市である。

概要

伊勢平野濃尾平野の境にある人口約14万人の都市。愛知県岐阜県に接しており、名古屋市から25km圏に位置する。名古屋市のベッドタウンとして宅地開発が進んでいるほか、機械・金属系を中心とする工業都市でもある。無形文化財石取祭連鶴の折り方の「桑名の千羽鶴」などがある。 住みやすい街ランキングでは県内1位、全国23位となっている。

2004年(平成16年)12月6日に桑名市、桑名郡長島町、多度町の3市町村が合併(対等合併)して誕生した市である。

蛤(はまぐり)料理に代表される...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる