「桐谷健太」とは?

関連ニュース

吉岡里帆、 2017年を代表する女性に選出 「リップ一色を悩む時間にも幸せ感じる」 - 11月24日(金)16:54 

 女優の吉岡里帆が24日、都内にて行われた「VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017」の授賞式と記者発表会に、お笑い芸人のブルゾンちえみ、女優の木村多江らとともに登壇した。吉岡は受賞の知らせを聞いた時のことを、「ずっと一緒に頑張ってきたマネージャーさんと『涙が出てしまうね』と話しました。仕事を頑張っていて本当に良かったと心から思います!」と語り、喜びを表した。【関連】VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017 授賞式・記者会見の様子 さまざまな分野で圧倒的な活躍をみせ、スタイル・生き方・美において雑誌「VOGUE JAPAN」読者をインスパイアした女性たちを選出する同賞。13回目の今回、女優として大躍進し選ばれた吉岡は、鮮やかな真っ白なドレスで登場し、「2017年は新しいことに挑戦させていただき、チャンスを与えていただいた年だったので、真っ白なキャンバスをイメージして白を選ばせていただきました」と説明した。 女性としてよかったと思うことを問われた吉岡は「リップ一色を悩む時間にも幸せを感じます。今年ずっと仕事をしていきたいというヘアメイクさんに出会いました。その方と、どんなメイクにしようかと話している時間が幸せで、ともに作りあげていく喜びを感じられる時に女性としての喜びを感じます」と語った。 「あー女に生まれてよかった!」と受賞の...more
カテゴリー:

『2017ブレイク女優ランキング』吉岡里帆が首位 怪演から泣きの演技までこなす演技力に支持 - 11月24日(金)08:40 

 ORICON NEWSでは、その年に最も飛躍した女優を称える『2017年 ブレイク女優ランキング』を今年も発表。同上半期ランキングの1位に引き続き、年間調査でも【吉岡里帆】が堂々の1位に輝いた。ドラマ『カルテット』(TBS系)で元地下アイドル役を“怪演”し、演技の幅を世に知らしめた彼女。現在は多数のCMにも出演するなど、長年の努力が実を結び、その人気を不動のものとした。 【ランキング表】注目の若手女優が勢ぞろいした2017“ブレイク女優”TOP10 ■大ブレイクを果たす一方で涙ぐましい苦労話も…艱難辛苦が女優としての幅に  10代から50代まで全世代で1位を戴冠し、圧倒的な支持を得た吉岡里帆。今年1月期に放送されたドラマ『カルテット』(TBS系)では、元地下アイドルで人の心をもて遊ぶのが得意なアルバイト店員役という難役に挑み、最終回で高笑いする“怪演”が話題を呼んだ。7月期にはTOKIO・長瀬智也主演の『ごめん、愛してる』(TBS系)に出演し、純粋で愛情深いヒロイン役で女性たちの涙を誘うなど、女優としての幅の広さを印象づけた。また、昨年末からはCM出演も増加。『UR都市機構』、『ZOZOTOWN』、日清食品『どん兵衛』、資生堂『エリクシール ルフレ』など大手企業のCMに次々と起用され知名度を急上昇させたことも1位につながったようだ。  急にブレイクしたかのような彼女だが、...more
カテゴリー:

菅田将暉・桐谷健太らが"兄さん"との交流に感謝 「気合い入る」 - 11月23日(木)19:09 

映画『火花』(11月23日公開)の初日舞台挨拶が23日、都内で行われ、菅田将暉、桐谷健太、川谷修士(二丁拳銃)、三浦誠己、板尾創路監督、原作の又吉直樹が登場した。
カテゴリー:

菅田将暉「メモリアルな日々でした」 漫才師として生きた『火花』を振り返る - 11月23日(木)15:08 

 映画『火花』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、桐谷健太、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、板尾創路監督、原作者の又吉直樹(ピース)が登壇した。  又吉の芥川賞受賞作を映画化した本作は、売れない若手芸人が一旗揚げようと奮闘する青春物語。劇中では、菅田と川谷が「スパークス」、桐谷と三浦が「あほんだら」として漫才コンビを組んだ。  売れない漫才師の徳永を演じた菅田は「現場も楽しく芸人さんたちもいて和気あいあい。ハッピーな意味でもメモリアルな日々でした」と振り返った。  また「徳永としての日々は忘れちゃいかん。そういう時間だった。今日公開できるのが本当にありがたい。純粋に楽しみ」と心境を明かした。  一方、徳永の師匠となる先輩芸人・神谷を演じた桐谷は「単純に公開してうれしいのと、もうこうして集まることもなかなかないんやなという寂しさがある。ぜひ最低、3回は大ヒット御礼の舞台あいさつができるように、どうか皆さんお力添えを」と呼び掛けた。  また、監督の板尾は「漫才師の話ですから、(本物の)漫才師と俳優がコラボして、なんとか“本当のコンビ”を作り上げられたら、この映画は成功するなと日々思っていました」と明かし、その仕上がりについては「僕は大満足です」とコメントした。  後輩の又吉の小説を映画化するに当たっては「又吉の書いたネタを俺がやるみたいな、何とも言えない雰囲...more
カテゴリー:

[菅田将暉]「火花」撮影は「メモリアルな日々」 ピース又吉は映画公開に感激 - 11月23日(木)13:13 

 俳優の菅田将暉さんと桐谷健太さんが23日、東京都内で開かれたダブル主演映画「火花」(板尾創路監督)の初日舞台あいさつに登場。映画について、菅田さんは「現場も楽しく、和気あいあいとして、大好きな芸人さんもいて、ハッピーでメモリアルな日々だ……
カテゴリー:

【2017ブレイク女優ランキング】1位は吉岡里帆 2位“脱AKB”を体現!川栄李奈、知名度急上昇 - 11月24日(金)10:50  mnewsplus

ORICON NEWSでは、その年に最も飛躍した女優を称える『2017年 ブレイク女優ランキング』を今年も発表。 同上半期ランキングの1位に引き続き、年間調査でも【吉岡里帆】が堂々の1位に輝いた。 ■大ブレイクを果たす一方で涙ぐましい苦労話も…艱難辛苦が女優としての幅に 10代から50代まで全世代で1位を戴冠し、圧倒的な支持を得た吉岡里帆。 今年1月期に放送されたドラマ『カルテット』(TBS系)では、元地下アイドルで人の心をもて遊ぶのが得意なアルバイト店員役という難役に挑み、最終回で高笑いする“怪演”が話題を呼んだ。 7月期...
»続きを読む
カテゴリー:

[火花]菅田将暉、桐谷健太W主演 解散ライブの臨場感が半端ない - 11月23日(木)19:30 

 俳優の菅田将暉さん、桐谷健太さんダブル主演の映画「火花」(板尾創路監督)が、23日からTOHOシネマズスカラ座(東京都千代田区)ほかで公開される。原作は、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんの第153回芥川賞受賞作。全く芽の出ない若手芸人が先 ……
カテゴリー:

【心理テスト】映画『火花』のように売れない芸人だったら? 答えでわかる出世する方法 - 11月23日(木)17:00 

 お笑いコンビ・ピース又吉直樹さんの『火花』(文藝春秋)が、11月23日映画化! お笑いコンビ「スパークス」として活動するものの、一向に売れる気配のない徳永(菅田将暉)が、4歳年上の神谷(桐谷健太)と出会い、物語が始まります。果たして、徳永は芸人として売れることができるか。今回は、この映画にちなんだ心理テストを紹介します。 【質問】  この映画の主人公のように、あなたはお笑い芸人。今のところまったく売れていません。どうする? A:別の人と組む B:芸風を変える C:営業&オーディション強化 D:解散する  あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみていきましょう。 【診断できること】 「あなたの出世の仕方」  お笑い芸人として売れるには、策略が必要です。あなたがどんな策略を練るのかから、どんな方法で今の職場で出世していきそうかがわかるのです。 ■A:別の人と組む……コネを利用して出世  別の人と組むのは、ある意味今の相方を裏切る行為。これを選んだあなたは、ちょっとズルい人。上司や社長など目上の人にこっそり根回しをして、気に入られて得をするタイプです。それほど実力はなくても、上の人が権力を握り出世していくのに合わせて、あなたのポジションも上がっていくでしょう。 ■B:芸風を変える……新しい分野を開拓して出世  芸風を変えるには、かなりの思い切りが必要です。これを選んだあなたは、ダ...more
カテゴリー:

大泉洋、主演7作品全てで最優秀主演男優賞を受賞 「茶番感がひどい」 - 11月23日(木)14:48 

 映画『探偵はBARにいる3』公開記念「大泉洋映画祭」の授賞式が22日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、前田敦子が出席した。  本作が「映画の日」の12月1日に公開初日を迎えることから、大泉の主演映画7作品を集めた「大泉洋映画祭」が開催されることに。“映画祭初日”のこの日は、最優秀主演男優賞の授賞式が行われた。  ファンに迎えられて劇場の後方扉から客席通路を通って登壇した大泉は「『第1回大泉洋国際映画祭』、これだけ華々しい会っていうのはなかなかない」と勝手に語り、「厳正な審査を経て選ばれた7作品が1週間にわたって公開されます」と大真面目にコメントした。  大泉のファンを公言し、本作にも出演した前田がプレゼンターを務め、最優秀主演男優賞を発表。7作品全てで受賞した大泉に“大泉洋”をかたどった特製のトロフィーを授与すると、ファンからは笑い声に混じって「おめでとう!」「泣かないで!」「頑張って!」と祝福の声が飛んだ。  「自分でも予期していなかったもので、まさか本当に取れるとは…」と喜びのスピーチを始めた大泉だったが、「僕をそのままかたどったトロフィー、若干髪形に大仏感が出ている。もう少し細かく作り込んでくれたらよかったな」と、徐々に険しい表情を浮かべ始めた。  続けて「ここに上がる直前の前田さんとの打ち合わせは、僕の前でやってほしくなかった。スタッフが『このトロフィーどう? いいでし...more
カテゴリー:

菅田将暉、芸能界のいい兄さんを明かす 映画『火花』公開初日舞台挨拶 - 11月23日(木)12:50 

 俳優の菅田将暉と桐谷健太が23日に都内で行われた映画『火花』の初日舞台挨拶に、共演の川谷修士、三浦誠己、監督の板尾創路、原作者の又吉直樹とともに登壇。2人は公開を喜ぶとともに、撮影現場の様子などを語った。【関連】映画『火花』初日舞台挨拶フォトギャラリー 本作は、お笑いコンビ・ピース又吉による同名小説を基にした作品で、漫才の世界に身を投じるも、結果を出せずくすぶっている青年・徳永(菅田)と、徳永の師匠となる先輩芸人・神谷(桐谷)が織りなす人間模様を描く。 菅田は撮影を振り返り、「現場も楽しく、大好きな芸人さんの方々がいて、和気あいあいと。すごく、ハッピーな意味でもメモリアルな日々だった」としたうえで、「徳永としての日々っていうのは、なんか忘れちゃいかんなっていうような、忘れたくないような時間を過ごせて」としみじみ。一方の桐谷は、「公開して嬉しいっていうのと、こう集まることもなかなかないんやっていう寂しさを本当に感じるくらい、すごくみんなと仲良くやれた」と振り返った。 また、桐谷は劇中で漫才コンビを組んだ三浦について初対面時の印象が最悪だったことを告白。「俺の顔見て、『お前なあ、おい』みたいな。『なんやこいつ』って」と苦笑するも、本作で関係は改善したとのこと。「クランクイン前に、やっぱり俺、漫才の稽古したいって言ったら、ほんま30分くらいしか時間なくても来てくれたりとか、ほんまに色々...more
カテゴリー:

もっと見る

「桐谷健太」の画像

もっと見る

「桐谷健太」の動画

Wikipedia

映画
GROW 愚郎クローズZEROROOKIES -卒業-
BECK テレビドラマ
ROOKIES
JIN-仁-
水族館ガール 舞台
恋と革命 アカデミー賞 =

| AFI賞 =

| 英国アカデミー賞 =

| セザール賞 =

| エミー賞 =

| ジェミニ賞 =

| ゴールデングローブ賞 =

| ゴールデンラズベリー賞 =

| ゴヤ賞 =

| グラミー賞 =

| ブルーリボン賞 =

| ローレンス・オリヴィエ賞 =

| 全米映画俳優組合賞 =

| トニー賞 =

| 日本アカデミー賞 =

| その他の賞 = 第35回エランドール賞新人賞([[2011年) 他、受賞歴を参照 備考 = }}

桐谷 健太(きりたに けんた、1980年[[2月4日 - )は、日本俳優歌手

大阪府大阪市北区天神橋6丁目出身。所属事務所はホットロード。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。

略歴

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる