「桃園線」とは?

関連ニュース

タイガーエア・台湾、旭川・函館~台北/桃園線でセール開催中 - 12月15日(金)22:14 

タイガーエア・台湾は、2018年3月27日より新規就航する旭川~台北/桃園の航空券を12月15日より販売開始した。それを記念して12月16日23時59分まで特別運賃で販売している。そのほか函館~台北/桃園でも特別運賃が設定されている。 片道運賃は旭川~台北/桃園線が片道7,600円から、函館~台北/桃園線が5,900円から。空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要となる。搭乗期間は、旭川線は2018年3月27日から10月27日まで、函館線は12月15日から2018年10月27日までとなっている。 ■ダイヤ IT239 旭川(12:10)〜台北/桃園(15:50)/火・土 IT238 台北/桃園(06:15)〜旭川(11:20)/火・土 ■関連記事 タイガーエア・台湾、旭川〜台北/桃園線を開設 来年3月27日から週2便 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、旭川〜台北/桃園線を開設 来年3月27日から週2便 - 12月14日(木)09:54 

タイガーエア・台湾は2018年3月27日より、旭川〜台北/桃園線を開設すると発表した。 火・土曜の週2便を、180人乗りのエアバスA320型機で運航する。 2018年1月18日より就航を開始する小松〜台北/桃園線を含めると、タイガーエア・台湾は、日本の11都市に15路線を就航することになる。北海道へは、函館〜台北/桃園線を火・土曜を除く週5便運航しており、来夏スケジュールでも継続する。 ■ダイヤ IT239 旭川(12:10)〜台北/桃園(15:50)/火・土 IT238 台北/桃園(06:15)〜旭川(11:20)/火・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチ、大阪/関西〜釧路線を開設 来年8月から1日1便 - 12月13日(水)17:37 

ピーチは、2018年8月1日より大阪/関西〜釧路線に就航すると発表した。 井上慎一代表取締役社長、高橋はるみ北海道知事、蝦名大也釧路市長が出席し、北海道庁で開催した記者会見で発表した。運航便数は1日1便で、「シンプルピーチ」の片道運賃は5,290円から31,590円となる。航空券の発売開始は2018年1月下旬からを予定する。道東への格安航空会社(LCC)の就航は初めてとなる。 ピーチは2018年度内に、新千歳空港を関西国際空港、那覇空港、仙台空港に次ぐ第4拠点とすることを発表している。今年9月には札幌/千歳〜仙台・福岡・台北/桃園線に就航し、すでに就航している大阪/関西線と合わせて4路線に拡大した。道外や海外を結ぶ路線のみならず、道内を結ぶ路線を開設する意向も示している。 ■ダイヤ MM125 大阪/関西(09:50)〜釧路(11:50) MM126 釧路(12:30)〜大阪/関西(15:00) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、国内・国際線でセール 台北やベトナムへ片道3,000円台から - 12月12日(火)17:42 

ジェットスター・ジャパンは12月12日午後6時から18日午後6時まで、「Super Star Sale」を開催する。 片道運賃は、大阪/関西〜東京/成田・福岡線は3,590円から、東京/成田〜上海/浦東線と名古屋/中部〜台北/桃園線、大阪/関西〜ハノイ・ダナンは3,990円から、名古屋/中部〜札幌/千歳線は4,090円から、東京/成田〜札幌/千歳線は4,190円から、東京/成田〜宮崎線と名古屋/中部〜マニラ線、大阪/関西〜沖縄/那覇・香港線は4,490円から、東京/成田〜福岡線は4,590円から、名古屋/中部〜福岡・鹿児島・沖縄/那覇線は4,690円、東京/成田〜松山・高松・熊本・大分・鹿児島線は4,990円から、大阪/関西〜札幌/千歳線は5,090円から、東京/成田〜マニラ・香港・台北/桃園線は5,490円から、東京/成田〜沖縄/那覇線は5,690円から、大阪/関西〜ホーチミン線は8,154円から、東京/成田・大阪/関西〜ケアンズ線は18,990円から、東京/成田〜ゴールドコースト線は20,990円からとなる。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は、国内線は2018年1月10日から3月8日まで、国際線は2018年1月8日から9月23日まで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日、フライトが設定されている場合があ...more
カテゴリー:

エアアジア・ジャパン、会長と社長が退任 新会長には元衆議院議員の谷本龍哉氏 - 12月11日(月)20:23 

エアアジア・ジャパンは、12月22日付けで代表取締役社長の秦修氏が退任し、取締役の谷本龍哉氏が代表取締役会長、コンサルタントのジェニー・マユコ・ワカナ氏が取締役社長に就任すると発表した。会長兼安全統括管理者の井手隆司氏は会長職を外れる。 谷本龍哉氏は東京大学法学部卒、1999年に和歌山県議会議員、2000年に衆議院議員に当選し、3期務めた。内閣府大臣政務官、内閣府副大臣を経て、2009年にミス・ユニバース・ジャパンを主催するアイビージージャパン社長に就任。2014年にエアアジア・ジャパンの社外取締役、オクターヴ・ジャパンのシニアアドバイザーに就任している。 ジェニー・マユコ・ワカナ氏は、MARTHA STEWART JAPANの編集者、HEIDRICK&STRUGGLESの人材戦略設計主幹、COACHの国際広報宣伝上級部長を経て、2013年にマレーシアのエアアジアに入社し、トニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)直属の経営戦略・広報担当部長に就任。2017年からエアアジア・ジャパンのコンサルタントを務めている。 エアアジア・ジャパンは10月29日に、名古屋/中部〜札幌/千歳線に1日2便を就航した。来年にも名古屋/中部〜台北/桃園線を開設することを予定しており、日本市場の更なる開拓のためにエアアジアグループとのさらなる連携強化により、ビジネスを積極的に進めるとしてい...more
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、旭川・函館~台北/桃園線でセール開催中 - 12月15日(金)22:14 

タイガーエア・台湾は、2018年3月27日より新規就航する旭川~台北/桃園の航空券を12月15日より販売開始した。それを記念して12月16日23時59分まで特別運賃で販売している。そのほか函館~台北/桃園でも特別運賃が設定されている。 片道運賃は旭川~台北/桃園線が片道7,600円から、函館~台北/桃園線が5,900円から。空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要となる。搭乗期間は、旭川線は2018年3月27日から10月27日まで、函館線は12月15日から2018年10月27日までとなっている。 ■ダイヤ IT239 旭川(12:10)〜台北/桃園(15:50)/火・土 IT238 台北/桃園(06:15)〜旭川(11:20)/火・土 ■関連記事 タイガーエア・台湾、旭川〜台北/桃園線を開設 来年3月27日から週2便 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、旭川〜台北/桃園線を開設 来年3月27日から週2便 - 12月14日(木)09:54 

タイガーエア・台湾は2018年3月27日より、旭川〜台北/桃園線を開設すると発表した。 火・土曜の週2便を、180人乗りのエアバスA320型機で運航する。 2018年1月18日より就航を開始する小松〜台北/桃園線を含めると、タイガーエア・台湾は、日本の11都市に15路線を就航することになる。北海道へは、函館〜台北/桃園線を火・土曜を除く週5便運航しており、来夏スケジュールでも継続する。 ■ダイヤ IT239 旭川(12:10)〜台北/桃園(15:50)/火・土 IT238 台北/桃園(06:15)〜旭川(11:20)/火・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチ、大阪/関西〜釧路線を開設 来年8月から1日1便 - 12月13日(水)17:37 

ピーチは、2018年8月1日より大阪/関西〜釧路線に就航すると発表した。 井上慎一代表取締役社長、高橋はるみ北海道知事、蝦名大也釧路市長が出席し、北海道庁で開催した記者会見で発表した。運航便数は1日1便で、「シンプルピーチ」の片道運賃は5,290円から31,590円となる。航空券の発売開始は2018年1月下旬からを予定する。道東への格安航空会社(LCC)の就航は初めてとなる。 ピーチは2018年度内に、新千歳空港を関西国際空港、那覇空港、仙台空港に次ぐ第4拠点とすることを発表している。今年9月には札幌/千歳〜仙台・福岡・台北/桃園線に就航し、すでに就航している大阪/関西線と合わせて4路線に拡大した。道外や海外を結ぶ路線のみならず、道内を結ぶ路線を開設する意向も示している。 ■ダイヤ MM125 大阪/関西(09:50)〜釧路(11:50) MM126 釧路(12:30)〜大阪/関西(15:00) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、国内・国際線でセール 台北やベトナムへ片道3,000円台から - 12月12日(火)17:42 

ジェットスター・ジャパンは12月12日午後6時から18日午後6時まで、「Super Star Sale」を開催する。 片道運賃は、大阪/関西〜東京/成田・福岡線は3,590円から、東京/成田〜上海/浦東線と名古屋/中部〜台北/桃園線、大阪/関西〜ハノイ・ダナンは3,990円から、名古屋/中部〜札幌/千歳線は4,090円から、東京/成田〜札幌/千歳線は4,190円から、東京/成田〜宮崎線と名古屋/中部〜マニラ線、大阪/関西〜沖縄/那覇・香港線は4,490円から、東京/成田〜福岡線は4,590円から、名古屋/中部〜福岡・鹿児島・沖縄/那覇線は4,690円、東京/成田〜松山・高松・熊本・大分・鹿児島線は4,990円から、大阪/関西〜札幌/千歳線は5,090円から、東京/成田〜マニラ・香港・台北/桃園線は5,490円から、東京/成田〜沖縄/那覇線は5,690円から、大阪/関西〜ホーチミン線は8,154円から、東京/成田・大阪/関西〜ケアンズ線は18,990円から、東京/成田〜ゴールドコースト線は20,990円からとなる。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は、国内線は2018年1月10日から3月8日まで、国際線は2018年1月8日から9月23日まで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日、フライトが設定されている場合がある。 ⇒...more
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、2018年夏ダイヤ先取りセール第2弾開催 日台線片道4,000円台から - 12月09日(土)12:41 

タイガーエア・台湾は2018年夏ダイヤの航空券の発売を開始したことを記念して、日本線6路線を対象に12月12日午前11時から13日までセールを開催する。 片道運賃は福岡~台北/桃園・高雄線が片道4,400円から、東京/成田~台北/桃園・高雄線、東京/羽田~台北/桃園線がそれぞれ片道4,800円から。空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要となる。搭乗期間は2018年3月25日から10月27日まで。プロモーションコード「ITSUMMER」の入力で10%割引となる。 タイガーエア・台湾は2014年9月26日に台北/桃園~シンガポール線で運航を開始。日本には2015年4月2日に東京/成田~台北/桃園線で初就航し、現在では東京/成田・東京/羽田・大阪/関西・名古屋/中部・福岡・函館・仙台・岡山・沖縄/那覇に就航している。12月18日には福岡~高雄線、2018年1月18日には小松〜台北/桃園線の運航を開始する。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「桃園線」の画像

もっと見る

「桃園線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる