「桃園線」とは?

関連ニュース

ノックスクート、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線でチャーター便 12月から1月に - 10月17日(火)06:45 

ノックスクートは、12月2日から2018年1月4日まで、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線でチャーター便を運航する。 運航便数はフェリー便の2便を含めた19便を運航する。いずれもタイからの訪日旅行客に販売する。スクートビズ24席、エコノミークラス391席の計415席を備えた、ボーイング777-200ER型機を使用する。利用者は7,000人以上となる見通し。 ノックスクートは2018年第1四半期にも、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線の定期便を開設する計画。路線開設にあわせ、ボーイング777-200ER型機を1機追加導入する。 坪川成樹日本支社長は、「日本を訪れるタイ人観光客数は年を追うごとに増加しており、東南アジア向けの訪日ビザ要件が緩和された事や、日本への新規路線開設を取り巻く環境が大きく改善される見込みがある為、急速に成長するタイからの観光需要を取り込み日本への渡航をより一層促進させ、タイと日本における経済の活性化に貢献できるよう努めます。また“いつか行きたい日本”から“今行きたい日本”への多様化する観光需要に応える為、チャーター便だけでなく、定期便開設の準備も進めてまいります。」とコメントしている。 ノックスクートは、2014年にスクートとノックエアーが合弁で設立し、2015年5月に定期便の運航を開始し、バンコク/ドンムアン〜南京・青島・大連・天津・瀋陽・台北/桃園線の6路線...more
カテゴリー:

エアアジア・ジャパン、10月29日にも就航へ 名古屋/中部〜札幌/千歳線に1日2便 - 10月13日(金)17:08 

エアアジア・ジャパンは、10月29日にも就航する方向で最終調整を進めていることがわかった。 関係者の話を総合すると、10月29日にも名古屋/中部〜札幌/千歳線に1日2便を就航させる。午前と午後に1便ずつを運航する。その後、名古屋/中部〜台北/桃園線も開設する。 国土交通省からの認可は遅くとも16日までに得られ、17日にも発売を開始することを見込んでいる。就航に合わせ、グループ最高経営責任者(CEO)のトニー・フェルナンデス氏も来日する方向で調整している。 エアアジア・ジャパンは、2015年10月にエアバスA320型機の初号機を受領。約2年に渡って就航ができなかった。
カテゴリー:

スクート、日本線対象のセール 台湾へ片道7,000円台、バンコクは片道1万円以下から - 10月11日(水)21:31 

スクートは、10月10日より、日本発着路線を対象にセールを開催している。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜台北/桃園線は7,200円から、大阪/関西〜高雄線は7,900円から、札幌/千歳〜台北/桃園線は8,500円から、阪/関西〜バンコク/ドンムアン線は9,900円から、東京/成田~バンコク/ドンムアン線は12,900円から、東京/成田〜シンガポール線は13,500円から、大阪/関西〜シンガポール線は13,900円から、札幌/千歳~シンガポール線は14,200円から。スクートビズ運賃の設定もある。 搭乗期間は10月1日から12月20日までで、路線により異なっている。燃油サーチャージは不要、諸税と空港使用料込み、支払手数料や受託手荷物料金、座席指定料金は別途必要。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、大阪/関西〜台北/桃園線を増便 12月16日より週18便 - 10月10日(火)19:24 

タイガーエア・台湾は、大阪/関西〜台北/桃園線を、12月16日より週18便に増便する。 現在は1日2便を運航しており、これに月・火・木・金曜の週4便を追加する。機材はエコノミークラス180席を配置した、エアバスA320型機を使用する。 大阪/関西〜台北/桃園線は、日本航空(JAL)、フィリピン航空、キャセイパシフィック航空、チャイナエアライン、エバー航空、ジェットスター・ジャパン、ジェットスター・アジア、バニラエア、ピーチの9社が多くの便を運航している。 ■ダイヤ IT8211 大阪/関西(20:20)〜台北/桃園(22:40)/月・火 IT8211 大阪/関西(15:25)〜台北/桃園(17:50)/木 IT8211 大阪/関西(16:00)〜台北/桃園(18:20)/金 IT8210 台北/桃園(16:05)〜大阪/関西(19:30)/月・火 IT8210 台北/桃園(10:55)〜大阪/関西(14:35)/木 IT8210 台北/桃園(11:30)〜大阪/関西(15:10)/金 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、福岡〜台北/桃園線を増便 毎日運航に - 10月07日(土)18:58 

タイガーエア・台湾は、福岡〜台北/桃園線を10月29日より増便する。 現在は火・水・金・土曜の週4便を運航しており、これを毎日運航とする。機材はエコノミークラス180席を配置した、エアバスA320型機を使用する。 福岡〜台北/桃園線は、チャイナエアライン、エバー航空、キャセイパシフィック航空の3社も運航している。キャセイパシフィック航空は福岡〜台北/桃園〜香港線を1日1便運航しているものの、冬スケジュールより運休する。これにより運航便数は週33便となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、名古屋/中部発着全路線を「片道6円」で販売! - 10月16日(月)10:12 

ジェットスター・ジャパンは、10月17日午後6時より「スーパースターセール」を開始する。 名古屋/中部発着の国内・国際線全6路線を毎日1路線ずつ、片道6円で販売する。10月17日は札幌/千歳線、18日は福岡線、19日は鹿児島線、20日は沖縄/那覇線、21日はマニラ線、22日は台北/桃園線で、いずれもセール開始時刻は各日午後6時。販売座席数は札幌/千歳線は600席、それ以外は150席。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は11月7日から2018年2月1日までで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日、フライトが設定されている場合がある。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ノックスクート、2018年第1四半期にも東京/成田線就航へ ネットワーク拡大 - 10月12日(木)18:27 

ノックスクートは、国際民間航空機関(ICAO)がタイ民間航空局に対して、安全に対する重大な懸念がある国の指定を解除するのに伴い、ネットワークを拡大する。 バンコク/ドンムアンと日本、中国、インド、韓国への路線開設を進める。今月末までに4機目のボーイング777-200型機を導入する計画で、バンコク/ドンムアン〜西安線の就航や、既存路線のバンコク/ドンムアン〜天津・青島・瀋陽線の増便も予定している。2018年第1四半期にはボーイング777-200型機を1機以上追加導入し、バンコク/ドンムアン〜東京/成田・ソウル/仁川線に就航する。 ノックスクートは、2014年にスクートとノックエアーが合弁で設立し、2015年5月に定期便の運航を開始し、バンコク/ドンムアン〜南京・青島・大連・天津・瀋陽・台北/桃園線の6路線を運航しており、2017年には約110万人が利用する見込み。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアアジアCEO、日本就航は”real real soon” - 10月10日(火)23:48 

エアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は、Twitterに「AirAsia Japan will be finally opening real real soon. Super exciting.」と、間もなく就航を発表することを伺わせる投稿を行った。 AirAsia Japan will be finally opening real real soon. Super exciting. — Tony Fernandes (@tonyfernandes) 2017年10月10日 エアアジア・ジャパンは、中部国際空港を拠点に、札幌/千歳、台北/桃園線に2路線に、エコノミークラス180席を配置したエアバスA320型機で就航する計画。当初は仙台にも就航する計画だったものの、事業計画を見直した結果、取りやめた。2015年10月に初号機を受領しているものの、約2年に渡り就航ができなかった。
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、函館〜台北/桃園線を増便 11月23日より週5便 - 10月08日(日)14:16 

タイガーエア・台湾は、函館〜台北/桃園線を11月23日より週5便に増便する。 現在は月・水・金・日曜の週4便を運航しており、これに木曜の運航を追加する。機材はエコノミークラス180席を配置した、エアバスA320型機を使用する。通常運賃は片道7,900円からで諸税別。 函館〜台北/桃園線は、エバー航空も毎日1便を運航している。タイガーエア・台湾は2016年8月より就航を開始した。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、国際線対象の「スーパースターセール」 片道3,790円から - 10月06日(金)21:10 

ジェットスター・ジャパンは、10月6日午後6時より「スーパースターセール」を開始した。 片道運賃は、東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部〜台北/桃園線は3,790円から、東京/成田・大阪/関西〜香港線と東京/成田〜上海/浦東線は3,990円から、大阪/関西・名古屋/中部〜マニラ線は4,990円から、沖縄/那覇〜シンガポール戦は7,990円から。諸税、空港使用料、受託手荷物料金などは含まれていない。 搭乗期間は10月17日から2018年3月15日までで、路線により設定期間は異なっている。路線によってはセール運賃適用外となる日、フライトが設定されている場合がある。セール期間は10月10日午後6時まで。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「桃園線」の画像

もっと見る

「桃園線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる