「桃園線」とは?

関連ニュース

スクート、日本発着路線で片道6,000円台からのセール きょうまで - 06月29日(木)07:46 

スクートは、6月27日から29日まで、日本発着路線を対象としたセールを開催している。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜台北/桃園線は6,900円から、札幌/千歳〜台北/桃園線は7,900円から、大阪/関西〜バンコク/ドンムアン線は9,900円から、東京/成田〜バンコク/ドンムアン線は11,900円から、東京/成田・大阪/関西〜シンガポール線は13,900円から、札幌/千歳〜シンガポール線は14,900円から。スクートビズにも設定されている。 搭乗期間は12月10日まで、路線により異なっている。燃油サーチャージは不要、諸税と空港使用料込み、支払手数料は別途必要。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ピーチ、国内・国際線で48時間セール開催 片道1,990円から - 06月22日(木)17:43 

ピーチはあす6月23日午前0時から24日まで、国内線・国際線を対象に「48時間限定セール」を開催する。 設定路線と片道運賃は、国内線は、大阪/関西~松山・宮崎線は1,990円から、大阪/関西~福岡・長崎・鹿児島線と福岡~沖縄/那覇線、仙台〜札幌/千歳線は2,490円から、大阪/関西~仙台線は2,690円から、大阪/関西~東京/成田線は2,790円から、大阪/関西~札幌/千歳線と東京/成田~福岡線は2,990円から、大阪/関西~沖縄/那覇線が3,490円から、札幌/千歳〜福岡線は3,590円から、大阪/関西~石垣線は3,990円から。 国際線は、大阪/関西~釜山線は1,990円から、大阪/関西・沖縄/那覇~ソウル/仁川線と沖縄/那覇〜香港線は3,490円から、大阪/関西~上海/浦東線が3,590円から、大阪/関西~香港線が3,690円から、東京/羽田~ソウル/仁川線が4,290円から、仙台〜台北/桃園線は4,390円から、大阪/関西~台北/桃園線と東京/羽田~上海/浦東線が4,590円から、札幌/千歳〜台北/桃園と沖縄/那覇〜バンコク/スワンナプーム線は4,990円から。いずれも燃油サーチャージなし、支払手数料、空港使用料は別途必要。 搭乗期間は7月3日から12月21日までで、路線により異なる。販売座席数には限りがあり、売り切れ次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、茨城へのチャーター乗り入れ計画見直しへ - 06月26日(月)11:20 

タイガーエア・台湾は、茨城〜台北/桃園線の運航計画を見直す方針であることがわかった。 茨城県の橋本昌知事は、6月22日に開いた定例会見で記者の質問に対し、パイロットの居眠り問題の報道が影響しているのではないかと言われているものの、「真の原因はわかりません。」とした。茨城県の空港対策監が台湾を訪問し、タイガーエア・台湾の担当者と協議しているという。 タイガーエア・台湾は、7月2日から10月25日まで、茨城〜台北/桃園線でプログラムチャーター便を週2便、期間中には計34便を運航する計画だった。 ■関連記事 タイガーエア・台湾、茨城〜台北/桃園線でプログラムチャーター 7月から10月まで
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、岡山〜台北/桃園線をきょうから増便 週4便を運航 - 06月16日(金)17:18 

タイガーエア・台湾は、岡山〜台北/桃園線を6月16日より、週3便から4便に増便した。 月・木・日曜の週3便に、金曜の運航を追加する。機材はエコノミークラス180席を配置した、エアバスA320型機で運航する。2016年7月14日の就航開始から12月17日までの間に、66往復を運航。平均搭乗率は77.4%で、外国人の利用が約7割に達している。 タイガーエア・台湾は、エアバスA320型機10機を保有し、日本、タイ、中国、韓国の14都市に就航。日本では、函館・仙台・東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西・岡山・福岡・沖縄/那覇の9都市と台北/桃園や高雄を結ぶ12路線を運航している。 ■ダイヤ IT215 岡山(17:30)〜台北/桃園(19:25)/月・木・金・日 IT214 台北/桃園(12:55)〜岡山(16:30)/月・木・金・日 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「桃園線」の画像

もっと見る

「桃園線」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる