「桂米平」とは?

「桂米平」の画像

もっと見る

「桂米平」の動画

Wikipedia

桂 米平(かつら よねへい、1962年8月22日 - )は大阪府豊中市出身の落語家。本名は平岡 孝夫(ひらおか たかお)。

1981年3月21日に3代目桂米朝に入門。同年6月、東山安井金比羅会館での「桂米朝落語研究会」にて初舞台。米朝事務所所属。上方落語協会会員。子供向けの落語会に参加するほか、「立体紙芝居」では絵も担当する。特技は寄席文字書き。体重は100kgを超える。入門当時の愛称は「平やん」。

エピソード
  • 芸名の「米平」の由来は米朝の「米」に本名の平岡の「平」を一時ずつ取った。
  • 師匠米朝が兄弟子の米二に稽古をつけているのを見学していたとき、足がしびれて立ち上がり損ね、米朝の顔にしがみついてしまったことがある。
  • 初代桂春団治が考案したという、煎餅でできたレコードが入っていた空き缶を、オークションで落札した。
出演番組 著書
  • 落語ワンダーランド 子どもと大人の落語入門 2 犬の目 (喜迴舎)
  • 落語ワンダーランド 子...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる