「桂文枝」とは?

関連ニュース

【テレビ】「新婚さんいらっしゃい!」打ち切り説を否定 朝日放送 - 01月16日(火)23:54  mnewsplus

 朝日放送の脇阪聰史社長(70)が16日、大阪市福島区の同局で新春社長会見を行い、一部で打ち切り説がささやかれている「新婚さんいらっしゃい!」の継続を明言した。  昨年末、週刊誌に一般女性との交際が報じられた落語家の桂文枝(74)がMCを務める「新婚さんいらっしゃい!」について、打ち切り説を否定。「何ら変わることはない」と継続する意思を示した。件の報道について感想を求められると「ノーコメントでお願いします」と答えた。  また、女優の藤吉久美子(56)との交際報道があった同局のプロデューサーに...
»続きを読む
カテゴリー:

不倫疑惑報道も桂文枝「新婚さん」継続に影響なし - 01月16日(火)16:38 

 昨年末に「56歳日舞の先生」との新たな不倫疑惑が報じられた落語家、桂文枝(74)が進行するテレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」(日曜午後0時55分)が16日、大阪市福島区の朝日放送(ABCテレビ)で行われ、同局の脇阪聰史(わきさか・…
カテゴリー:

元・愛内里菜 シンママ美談の陰で…長男置いて社長と不倫旅行 - 01月16日(火)00:00 

00年に歌手デビューし、『恋はスリル、ショック、サスペンス』で『名探偵コナン』の主題歌に抜擢された愛内里菜(37)。03年には、紅白初出場。10年には歌手活動引退を発表したが、13年に「垣内りか」と名前を変えて再出発していた。 そんな彼女が昨年12月4日放送の『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)で“未婚の母”となっていたと告白。長男は2歳。父親の男性と破局した後に、妊娠が発覚したという。気づいたころには5カ月になっていたが、彼女は出産を決意。男性に知らせることもせず認知も求めず、1人で育てる道を選んだというのだ。 「この子のために頑張って、責任もってしっかり産んでやっていかなきゃという覚悟しかなくて。もう迷わなかったですね」という告白に、ツイッターでは応援の声が。だが番組では、触れられていないことがあった。愛内を知る人物が打ち明ける。 「実は彼女、不倫しているんです。お相手は同じく大阪で会社を経営するAさん。2年以上の付き合いだと聞いています。彼女の住んでいるマンションもAさんのもので、愛内さんは“丸抱え”の状態。別のマンションでAさんは奥さんと暮らしていますが、頻繁に愛内さんのもとへ通っていると聞きました」 愛内は、現所属事務所の持ちマンションに格安で住まわせてもらっていると告白。100平米...more
カテゴリー:

桂文枝 また不倫報道浮上も「新婚さん」降板説浮上しない理由 - 01月14日(日)18:00 

昨年12月末発売の「週刊新潮」(新潮社)から今週発売まで2号にわたり、落語家の桂文枝(74)が「日舞の先生」の女性(56)と8年にわたり不倫関係にあると報じられた。 同誌に対し、女性は赤裸々なメールや電話でのやりとりを公開。対して文枝は今週発売号の同誌で約2時間にわたって反論したが、いまだに報道陣対応はしていない。 「報道直後、所属事務所が『一般私人のことであり、プライベートなことでもありますので、本件に関するコメントは差し控えさせていただきます』とコメントするにとどまっています。文枝師匠の立ち寄り先で待ち構えていても、ダンマリを決め込んでしまっています。ただし今回の報道を受け、現在会長をつとめる上方落語協会の次期会長選に出馬しない意向を固めたようです」(スポーツ紙記者) 文枝といえばおととしにも元演歌歌手でセクシー女優の紫艶(39)と20年にわたる不倫関係が報じられ、釈明会見を開いた。 それでも司会をつとめる長寿番組「新婚さんいらっしゃい!」は降板せず。今日14日に放送された同番組でもいつものごとくハイテンションだったが、不倫報道の影響はなかったのだろうか? 「たしかに2年前には降板説が浮上しましたが、いつの間にか消えました。ところが、今回の報道ではまったく降板説が浮上せず。その背景にあるのは、制作する朝日放送上層部の意向。前回の不倫層騒動の際、『文枝師匠が降りるまでや...more
カテゴリー:

2017年に不倫、淫行がバレた芸能人の共通点とは? - 01月12日(金)12:00 

 2017年の芸能ニュースは、不倫や淫行関係が目についた。その主役となってしまった芸能人たちは、そろいもそろって「ある時期」に突入していたという。“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、メンズ占い師ユニットnot for sale.のメンバー・Hoshiが、その「ある時期」について解説した。 ■狩野英孝、三遊亭圓楽、桂文枝も……  17歳女子高生との淫行疑惑が報じられ謹慎していた狩野英孝(35)、ラブホ不倫を報じられて涙の謝罪会見を開いた三遊亭圓楽(67)、そして師走に2度目の不倫が報じられた桂文枝(74)。2017年の週刊誌やワイドショーをにぎわせた彼らはすべて、2017年が「天中殺」だったというから驚きだ。  Hoshiによれば「天中殺は、12年のうち2年間巡ってくる、天が味方をしてくれない時期で、この2年間は隠していたことがバレやすいという特徴がある」という。桂文枝は演歌歌手・紫艶(39)との浮気がバレた2016年、8年不倫が報じられた2017年の2年間が天中殺。こうも隠し事が明らかになると、「天中殺、恐るべし」としかいいようがない。  「浮気や不倫など、家族や世間に隠したいことがある人は、天中殺の前に不倫相手と別れるなど、身のまわりをキレイにしておいたほうがいい」とHoshi。身に覚えのある人は、要注意だ。『占いTV STORE』...more
カテゴリー:

桂文枝(74)  《ヒモのパンツちゃんと穿いて、何枚も穿き替えて見せなあかんで》 - 01月16日(火)20:28  news

昨年暮れにまたも不倫疑惑を報じられた上方落語界の大御所・桂文枝(74)が、今回も前回同様、報道陣に対しダンマリを決め込んでいる。8年越しの不倫疑惑について沈黙を続けたまま新年を迎え、いよいよ大御所の座から転落しそうだ。  文枝は長寿番組『新婚さんいらっしゃい!』(テレビ朝日系)の司会を務めているため視聴者からは愛妻家として見られていたが、一昨年の2月、写真誌『フライデー』で34歳年下の演歌歌手の紫艶に20年間の不倫愛を暴露され、そのイメージが崩壊した。  「お笑い界で文枝の女グセの悪さは、関西だけでなく...
»続きを読む
カテゴリー:

「愛人さんいらっしゃ〜い」懲りない文枝! 二股三股のパンティーショー - 01月16日(火)12:03 

昨年暮れにまたも不倫疑惑を報じられた上方落語界の大御所・桂文枝(74)が、今回も前回同様、報道陣に対しダンマリを決め込んでいる。8年越しの不倫疑惑について沈黙を続けたまま新...
カテゴリー:

宮川大輔「頑張りよったんやなぁ」姪っ子の中学受験に涙 - 01月15日(月)16:00 

お笑いタレントの宮川大輔(45)が14日、自身のツイッターを更新。「姪っ子が第一志望の中学校に受かった」と親戚の受験事情について投稿し、「泣いてしまったなぁ」と思わず涙したことを明かした。 この時期は受験シーズン真っ只中。宮川は「泣いて電話かかってきて泣いてしまったなぁ」と姪が無事に第一志望の中学校に合格したことを報告。「頑張りよったんやなぁ。おめでとうやなぁ」と温かくねぎらった。 つづけて、「でもまぁ勉強もやけど、その学校に姪っ子の親友やライバルや思春期に大切な友達がいっぱいいっぱい出来たらええなぁと思います」と新生活を控える姪への希望をつづった。 このツイートには、普段の倍である2万件を超える“いいね”が押され、ファンからは「おめでとうございます!」と祝福のコメントや、「いい話だなぁ」「優しいおじさんで羨ましい」「温かい叔父様の言葉でホッコリします」といった声が寄せられている。【関連記事】みやぞん“原点”の恩人が語る「テレビで見せない意外な顔」桂文枝 また不倫報道浮上も「新婚さん」降板説浮上しない理由元ほっしゃん。年内での引退を示唆…騒動広がりすぐに撤回
カテゴリー:

2度目の不倫発覚でも“降板説”が浮上しない桂文枝 - 01月12日(金)13:10 

昨年末発売の「週刊新潮」(新潮社)で18歳年下の日舞の先生をしている女性との不倫が発覚した上方落語界の大御所・桂文枝だが、今週発売の同誌に2時間にわたる反論が掲載されている...
カテゴリー:

【芸能】“帯番組司会者”の特大不倫スキャンダル、新潮が撮影に成功か…!? 桂文枝の比じゃない衝撃!★2 - 01月10日(水)21:40  mnewsplus

 昨年末、落語家の桂文枝の不倫疑惑が週刊新潮で報じられた。一昨年に続いて2年連続2度目の不倫疑惑に文枝はまたもやダンマリを決め込み批判を浴びているのだが、そこまで大きな騒動には至っていない。それもそうだろう。新潮が年末号で不倫報道をすると言われていたのは別の大物芸人Xであったため、ワイドショーは拍子抜けしてしまったのだ。  文枝と50代の日舞の先生の10年近くにわたる不倫を報じ、文枝や所属の吉本興業が大騒ぎとなる一方で、待ち構えていた芸能マスコミは「そっちか~」と 少々腰が砕けたよう状態になってしまっ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「桂文枝」の画像

もっと見る

「桂文枝」の動画

Wikipedia

4代目 桂文枝(1891年1月29日 - 1958年3月16日)は、本名: 瀬崎米三郎。。

大阪坂町の生まれ。生家は寄席だったという。4歳から歌舞伎の6代目嵐三五郎門下になり、子役として活躍するが、病弱のため廃業。1905年に15歳の時、3代目文枝門下となり、初代桂阿や免(あやめ)を名乗る(5月に入門したため)。1910年に2代目桂枝三郎となるが、1921年、舞踊家として山村流を止めて7代目坂東三津五郎の弟子となり、初め坂東三津治、1932年、三之丞を名乗る。大正時代に入り旅回りが多くなり、橋本文司を名乗る。1932年からは満洲新京(あるいは青島ともいう)で舞踊の教習所や、東北省長春で芸子相手に舞踊の師匠していたともいわれる。このころ2代目三遊亭百生も世話になっていたという。戦後は落語家に復帰し、橋本文司を再び名乗っていたが、1946年秋、4代目文枝を襲名。

経歴からも分かるように、舞踊は本格派で、噺を手早く切り上げて踊りを見せるのが常であった。妻が女義太夫豊竹東昇豊竹呂昇門下)であったため、落語と義太夫を合わせた「浄瑠璃落語」なるものを作り上げ、披露していた。舞踊の名人7代目三津五郎にしこまれたことも...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる