「桂宮治」とは?

関連ニュース

Eテレ『にほんごであそぼ』新曲に話題のアーティスト「水曜日のカンパネラ」が登場! - 11月16日(木)16:50 

画像提供:所属事務所 Eテレ『にほんごであそぼ』では、2017年11月13日(月)より新曲『江戸っ子どこどこ』が流れはじめました。さっぱりとしていて裏表のない江戸っ子の気質を表現した歌なんだそうですよ。 この曲を作ったのは今話題のアーティスト「水曜日のカンパネラ」です! 水曜日のカンパネラが番組に初登場! 水曜日のカンパネラはインターネット上に次々と発表する音楽映像で若者を中心に人気となっているアーティスト。ライブで見せる奇抜なパフォーマンスや、独自の世界観にも引きこまれると話題になっています。このたび、そんな「水カン」とEテレ『にほんごであそぼ』のコラボレーションが実現しました。 『江戸っ子どこどこ』の映像ではボーカルのコムアイさんがカラフルな着物であでやかに登場。魅力的な歌声を響かせ、落語家の桂宮治さんとセリフを発しあう姿も見せてくれます。また、ひょっとこのお面をつけて踊っているのは作詞・作曲を手がけたケンモチヒデフミさんなんですよ。扇子を広げたり閉じたりしながら、コミカルにステップを踏んでいる様子は必見です! 江戸っ子気質を子どもたちに伝える歌『江戸っ子どこどこ』 画像提供:所属事務所 粋でいなせな江戸っ子気質を表現した歌『江戸っ子どこどこ』は、子どもたちに裏表のない気持ちのよい人間関係を作ってほしいという思いから生まれたものだそうです。 江戸の街並みをイメージした舞台...more
カテゴリー:

水曜日のカンパネラ×「にほんごであそぼ」と異色コラボ! - 11月10日(金)12:00 

LAの音楽フェスティバル、“CAMP FLOG GNAW CARNIVAL2017”への初出演を終えたばかりの水曜日のカンパネラが、NHK Eテレで放送中の「にほんごであそぼ」と異色のコラボレーションをすることがわかった。 「にほんごであそぼ」は、日本語の楽しさや美しさ、おもしろさを伝えるNHK Eテレの子ども向け番組で毎週月~金曜の午前6時35分~6時45分に放送されている。 今回、番組のために書き下ろされた楽曲「江戸っ子どこどこ」は、言葉使いは荒いけど裏表の無いさっぱりとした心情の表現が多い江戸言葉をモチーフにしたもので、ケンモチヒデフミが作詞作曲を担当、語感もユニークで口ずさみやすい楽曲となっている。 そんな「江戸っ子どこどこ」が11月13日(月)に放送の「にほんごであそぼ」の中で初披露される。 コムアイの他に、番組でもおなじみの、みわサン(美輪明宏)、コニちゃん、桂宮治、振り付けのラッキィ池田、彩木エリ、そして子どもたちという豪華な面々が登場し一緒に楽しく歌っている。 コスチュームデザイナー・ひびのこづえが手がけた、カラフルな着物の衣装、豪華な江戸の街のセットにも注目。 そんな水曜日のカンパネラは、11月18日(土)には香港で開催される音楽フェスティバル「Clockenflap Festival 2017」へ出演し、香港初ライブを行う予定。 【関連リンク】 稲垣...more
カテゴリー:

「桂宮治」の画像

もっと見る

「桂宮治」の動画

Wikipedia

桂 宮治(かつら みやじ、1976年(昭和51年)10月7日 - )は、落語芸術協会所属の落語家。二ツ目。本名、宮 利之(みや としゆき)。

東京都品川区出身。出囃子は「阿波踊り」。

経歴
  • 2008年(平成20年)2月 - 桂伸治門下として二月下席より浅草演芸ホール楽屋入り。
  • 2008年(平成20年)3月 - 浅草演芸ホールにて初高座「子ほめ」
  • 2012年(平成24年)3月 - 下席より二ツ目昇進。
  • 2012年(平成24年)10月 - NHK新人演芸大賞大賞受賞(ネタは元犬)。
主な出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる