「桂吉弥」とは?

関連ニュース

「わろてんか」別のドラマがはじまったかと思った。重厚だった60話 - 12月11日(月)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第10週「笑いの神様」第60回 12月9日(土)放送より。 脚本:吉田智子 演出:保坂慶太60話はこんな話寄席の出演者が急に出られなくなったため、てん(葵わかな)は団真(北村有起哉)に出てもらうことにするが・・・。 繰り返されるモチーフ予定していた人が急に来られない、どうしよう→藤吉(松坂桃李)さんは? いま出かけていない→ちょうど、いい人が!これ、57話にもそっくり同じ流れがあった。モチーフを繰り返すのは、作劇上のテクニックでもあり、吉田智子師匠は好んでそれを用いているように感じる。「ひよっこ」で岡田惠和もやっていた。大事なことは2回繰り返す、じゃないが、二度三度、出すと、印象に残るのだ。でも、今回の場合、大事なことではなく、どちらも、ゆうと団真に活躍させるためのふりなので、ご都合主義としか受け止められず、あまり効果的に使用されてないように思う。良いふうに解釈すれば、ゆうと団真、夫婦で対にしてみた、ということか。とにもかくにも、団真が代わりに出ることになる。 なかなかうまくいきませんところが、団真、なんだか様子がおかしい。久々の高座で武者震いか・・・と思ったが、いざ、本番となったとき、偽団吾じゃないかという客席からの声が気になって、途中で辞めてしまう。これ、芸人として最悪である...more
カテゴリー:

「桂吉弥」の画像

もっと見る

「桂吉弥」の動画

Wikipedia

桂 吉弥(かつら きちや、1971年2月25日 - )は、大阪府茨木市出身の落語家俳優上方落語協会会員で、所属事務所は米朝事務所真室川音頭を高座の出囃子に用いる縁で、山形県真室川町の観光親善大使「まむろがわ大使」を務めている2014真室川まつり「8月16日・17日」開催 まむろがわ大使「桂吉弥」パレード参加(山形県真室川町公式サイト2014年7月18日付記事)。また、妻の出身地に当たる島根県安来市から、「安来市ふるさと大使」を委嘱されている第8回なかうみマラソン全国大会(2012年11月4日開催)。

2人の子どもを持つ既婚者で、現在の本名は富谷 竜作(とみや りゅうさく)。旧姓は新保(しんぼ)だったが、結婚を機に富谷姓を名乗っている。現在は、兵庫県尼崎市に在住。

人物

両親とも養護学校の教員だった...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる