「桂南光」とは?

関連ニュース

『うめだ文楽2018』に三浦しをん、三戸なつめら多彩なゲストが決定! - 10月10日(火)17:45 

大阪が世界に誇る伝統芸能「文楽」の魅力をもっと多くの人に届けたいと、2015年にスタートした『うめだ文楽』。20代から40代の若手技芸員たちによる熱演や、テレビ局が主催する公演ならではの、バラエティ豊かなゲストと技芸員によるトークショーも親しみやすいと好評だ。「うめだ文楽2018」チケット情報(PC)毎公演、世代やジャンルを問わず多彩なゲストが登場するトークショー。今回は落語家の桂南光、ヴァイオリニスト・作編曲のNAOTO、モデル・アーティストの三戸なつめ、タレントの石田靖、作家の三浦しをんに決定。公演回ごとにさまざまな目線で文楽の魅力を知ることができそうだ。4度目の開催となる今年は、『傾城恋飛脚 ~新口村の段~(けいせいこいびきゃく にのくちむらのだん)』を上演。近松門左衛門の『冥土の飛脚』を改作したもので、実際に起こった横領事件をもとにした、歌舞伎でも上演される人気作だ。「新口村の段」は遊女梅川を身請けするため300両の金を横領した忠兵衛が、実父・孫右衛門の住む大和国・新口村へと逃げていく場面から始まる。梅川の孫右衛門を思いやる気持ち、目隠しで対面を果たす父と子など、涙なしには見られない『傾城恋飛脚』のクライマックス。降りしきる雪の中を追っ手から逃れようとする忠兵衛と梅川、美しくも悲しいふたりの姿は必見!『うめだ文楽2018』は、2018年2月2日(金)から4日(日)まで大阪・...more
カテゴリー:

桂南光が笑福亭松喬に“珍指令”「女遊び」勧める - 10月08日(日)20:28 

 大阪松竹座でスタートした「7代目笑福亭松喬襲名興行」で、口上にあがった桂南光(65)笑福亭鶴瓶(65)が8日、師匠の名跡を継ぎ三喬からあらためた7代目笑福亭松喬(56)に「女遊び」「アフロヘア」を勧める“珍指令”を出した。  南光は「…
カテゴリー:

朝ドラ感満載の『わろてんか』、初週は明るく正攻法 今後の「陰」に期待 - 10月10日(火)11:30 

 10月2日にスタートしたNHK連続ドラマ小説『わろてんか』。これは、吉本興業の創業者・吉本せいをモデルにしたと思われる「女性の一代記」。そして、『澪つくし』(85)で明石家さんまがラッパの弥太郎を演じて以来、芸人たちが朝ドラの世界に華を添えてきた流れの「集大成」にあたるような作品である。【関連】連続テレビ小説『わろてんか』完成披露試写会フォトギャラリー 第1話冒頭では、いきなり桂南光による落語の「ちりとてちん」をかけるサービスぶりに、まず驚かされる。『ちりとてちん』といえば、ご存知の通り、放送時間を変更した『ゲゲゲの女房』からの復活を経て『あまちゃん』以降続いている“朝ドラバブル”以前、今からちょうど10年前の作品だ。 視聴率こそ苦戦したものの、いまだに最高傑作として挙げる熱烈なファンが多く、「細かい演出などもチェックするために、(BS・昼放送含めて)1日に3回観る」といったディープな視聴方法が浸透するようになった、ハシリの作品だとも思う。しかも、ヒロインの相手役は、『梅ちゃん先生』で相手役を務めた松坂桃李、父親は『てっぱん』のお父さんの遠藤憲一、母親は『ノンちゃんの夢』以来の鈴木保奈美(※ヒロインではなく、脇で美貌が輝いていた)、祖母は『ゲゲゲの女房』の「イカル」こと、茂の母・絹代役の竹下景子。これ以上ないほどに「朝ドラ」感満載のキャストである。 ヒロイン・てんはまだ顔と名前が...more
カテゴリー:

「桂南光」の画像

もっと見る

「桂南光」の動画

Wikipedia

桂 南光(かつら なんこう)は、上方落語名跡。当代は3代目。

他にも、嘉永6年(1853年)の番付に「立川南光」の名が見えるが、詳細不明。

  • 初代 桂南光(1844年 - 1916年5月16日)は、初代桂萬光門下で初代南光を名乗る。後、立川三木門下で初代立川三木助、初代桂文枝門下で初代桂文三、2代目桂文枝を経て、桂文左衛門を襲名。本名: 渡辺儀助。享年72。
  • 2代目 桂南光(1853年 - 1911年11月12日)は、2代目桂文枝門下で2代目南光を襲名。後に桂仁左衛門を名乗る。本名: 深江鶴吉。享年58。
  • 3代目 桂南光(1951年12月8日 - )は、2代目桂枝雀門下。3代目桂べかこを経て、3代目南光を襲名。本名: 森本良造。
出典

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる