「桂二乗」とは?

関連ニュース

落語の世界へおひとりさまご案内「天満天神繁昌亭」の「乙夜寄席」で一日を笑って締めよう - 02月22日(木)18:00 

「天満天神繁昌亭」で、一日の終わりを笑いで締める!上方が誇る伝統エンタメは、ひとりでも気軽に楽しめちゃう夜遅興行をチェック。「乙夜寄席」に足を運んで、落語の世界へ飛び込んでみよう。<※情報は関西ウォーカー(2018年2月20日発売号)より> 【写真を見る】桂 華紋/桂 そうば/桂 佐ん吉(写真左から)/天満天神繁昌亭 ■ 金曜の夜遅席で上方落語を気軽に体感 毎月第2・4金曜の、通常興行が終わったあとの21時45分から行われる「乙夜寄席」。仕事帰りにふらりと立ち寄れる時間帯の約90分で、当日券もジャスト1000円。映画よりもお得な値段で、毎回3人も落語家が登場するのでビギナーにおすすめ。 <乙夜寄席ってなに?> “乙夜”とは旧暦で21時~23時を指す。若手の活躍の場を増やすため、2016年にスタート。 2006年のオープン以来、上方落語を中心に連日開催。昼・夜席のほか、週4回の朝席も好評。 ■ 今後の開催は? <2月23日(金)21:45~>桂 華紋/桂 そうば/桂 佐ん吉(写真左から) <3月9日(金)21:45~>桂 弥っこ/桂 咲之輔/桂 二乗(写真左から) ■ スタッフの声 「乙夜寄席は1月からリーダー制を導入。芸歴15年前後の各リーダーが企画した公演が楽しめます」と、支配人の恩田雅和さん。 ■天満天神繁昌亭<住所:大阪市北区天神橋2-1-34 電話:06-6352-4874...more
カテゴリー:

「桂二乗」の画像

もっと見る

「桂二乗」の動画

Wikipedia

桂 二乗(かつら にじょう、1978年5月29日 - )は、三重県四日市市出身の落語家。本名は高井 豊史。

たまたま喫茶店での落語会を見たことで興味を持ち1年間桂米二のおっかけをしたのがきっかけで2003年7月11日に米二に入門。芸名は米二の出身の京都の二条に因むが、本人は三重出身なので本人希望で「二乗」という字になった。同年9月24日、大阪梅田太融寺「桂米二不定期落語会」での「子ほめ」で初舞台。祇園の料理店でアルバイトをしながら、通い弟子として修業した。米朝事務所所属。上方落語協会会員。

2013年 「第8回繁昌亭大賞」輝き賞受賞。

出典
  • 協会員プロフィール:桂二乗 - 上方落語協会公式プロフィール
  • NIKKEI NET 京の噺家 桂米二でございます 第93回 桂二乗の弟子入りから年季明けまで・その2 - NIKKEI NET内の桂米二の連載、2006年9月22日の記事
  • 同上 第19回 弟子の初舞台 - 同2003年10月24日の記事
関連項目

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる