「栽培面積」とは?

関連ニュース

和歌山で梅干発電! 調味廃液を利用した「バイオガス発電」とは、どんな仕組みなのか - 01月21日(日)08:00 

和歌山県の名産品といえば、やはりみかんと梅だろう。特に梅は和歌山県の公式サイトによると、栽培面積・出荷量ともに全国1位。青梅はもちろん、梅干しにも加工して出荷されているという。そんな梅干しの調味液を利用してバイオガス発電に取り組むと、2018年1月18日に和歌山の大手梅干しメーカー・中田食品(和歌山県田辺市)が発表した。すっぱいものによる発電といえばレモン電池なら思い浮かぶが、梅干しを利用した発電とはどのようなものなのだろうか。調味廃液から生じるガス、もったいない中田食品のプレスリリースによると、調味梅干し製造の過程でできる調味廃液を処理する際メタンガスが発生するため、このガスを利用してバイオガス発電所を建設、運用するとされている。こうした特産品などの製造過程で生じる廃棄物を利用したバイオガス発電といえば、香川県が取り組む「うどんまるごと循環プロジェクト」の「うどん発電」が思い浮かぶ。うどん発電もバイオガス発電だが、梅干しによる発電は初耳だ。なぜ、梅干しの調味液で発電を行おうと考えたのか、中田食品にJタウンネットが取材をしたところ、梅干しならではの事情があると答えてくれたのは、バイオガス発電に関わっている同社企画開発課の小串さんだ。「梅干しの調味廃液、といっても非常に澄んだ綺麗な液なので『残液』とも言えますが、塩分と酸が非常に強いという特徴があります。そのため廃棄物にするための浄化...more
カテゴリー:

収益増へタマネギ栽培 JA大潟村、大規模化や新施設も - 01月13日(土)11:06 

 JA大潟村(小林肇組合長)は2018年度からタマネギ栽培に向けた取り組みを本格化させる。関連施設を整備し、3年間で村内外の栽培面積を100ヘクタールに拡大させる計画で、小林組合長は「米価の不安定さが…
カテゴリー:

【ジューシー】千葉県が開発し、「チーバベリー」と名付けられた苺の新品種をPRするイベント - 01月15日(月)22:23  newsplus

新品種「チーバベリー」をPR http://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20180115/1080001267.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 千葉県が開発したいちごの新品種「チーバベリー」をPRするイベントが千葉市で開かれました。 「チーバベリー」は、大粒で甘くほどよい酸味があり、病気に強いのが特徴のいちごの新品種です。 いちごが病気にかかりやすい5月ごろにかけての暖かい時期にも安定して栽培できる品種として、 千葉県が主に観光農園向けに開発し、昨シーズンから県内の観光農園などで本格的な...
»続きを読む
カテゴリー:

ぶどう農家「日本人ケチだし跡継ぎいないし韓国人と韓国政府に栽培ノウハウ伝授するわ」 - 01月06日(土)15:55  news

青ブドウシャインマスカットは、糖度が高く香りが良いだけでではなくサクサクした食感に加え、 種がなく皮ごと食べられる消費者の選好度が高い優秀な品種で、全国のブドウ主産団地の市郡を中心に栽培面積が大きく増えていて、 慶山市の場合でも現在までの栽培面積が約60ha程度で、 現在15haの面積から収穫されていると推定し、来年の2018年には100ha以上に栽培面積が増加すると予想される。 農業技術センターのイ・ジェホン所長はあいさつで、「今年のシャインマスカットが、kg当たり10,000ウォン〜15,000ウォンくらいの価...
»続きを読む
カテゴリー:

「栽培面積」の画像

もっと見る

「栽培面積」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる