「格納庫」とは?

関連ニュース

【カザフスタン】忘れ去られたソ連版「スペースシャトル」、カザフの草原に眠る - 02月17日(土)18:46  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35112387.html 2018.02.17 Sat posted at 11:30 JST (CNN) 冷戦時代にソビエト連邦が米国のスペースシャトルに対抗して製造した宇宙船「ブラン」は、わずか1度飛行した後に使用停止となった。当時、ソ連が進めていたブラン計画の遺物が、今もカザフスタンの草原に放置されている。 現在、シャトル2機とロケット1機が使用されなくなった格納庫に保管されているが、一般公開はされていない。この格納庫はモスクワの南東約2400キロに位置するバイコヌール宇宙基地内にあり、近くにはブラン...
»続きを読む
カテゴリー:

忘れ去られたソ連版「スペースシャトル」、カザフの草原に眠る - 02月17日(土)11:30 

冷戦時代にソビエト連邦が米国のスペースシャトルに対抗して製造した宇宙船「ブラン」は、わずか1度飛行した後に使用停止となった。当時、ソ連が進めていたブラン計画の遺物が、今もカザフスタンの草原に放置されている。 現在、シャトル2機とロケット1機が使用されなくなった格納庫に保管されているが、一般公開はされていない。この格納庫はモスクワの南東約2400キロに位置するバイコヌール宇宙基地内にあり、近くに...
カテゴリー:

エアバスの本命が2/14に東京へ! A350-1000初飛来で羽田で内覧会--写真62枚 - 02月14日(水)14:58 

2月14日、ワールドツアー中の最新鋭エアバスA350-1000が東京(羽田空港)に初飛来した。同機は2月13日23:54に羽田空港に着陸し、14日には航空関係者や報道関係者に公開された。内覧会は、A350-900を2019年より受領開始するJALの格納庫にて行われた。
カテゴリー:

エアバスA350-1000型機、ワールドツアーで東京に飛来 報道陣に機体を公開 - 02月14日(水)12:40 

エアバスA350-1000型機の機体前方。羽田空港のJAL格納庫で。 エアバスは2月14日、開発中の最新鋭機であるエアバスA350-1000型機の試験飛行機を、羽田空港で報道陣や航空関係者に公開した。 ドーハ、マスカット、香港、ソウル、台北、ハノイ、シンガポール、バンコク、シドニー、オークランド、東京、マニラの中東とアジアを巡る、3週間に渡るデモ飛行ツアーの一環として飛来した。今回飛来したのは、3機ある試験飛行機の中で完全な客室を装備した1機であるMSN065。ビジネスクラス40席、エコノミープラス36席、エコノミークラス219席を配置している。 エアバスA350-1000型機の特徴的なウイングチップ。機体後方には「1000」と大きく描かれている。 エアバスA350-1000型機は、エアバスA350XWBの中で最大の機種。胴体はエアバスA350-900型機より7メートル長い。システムや部品は両機種で95%が共通化しているなど、他のエアバス機とも高い共通性を有する。ロールス・ロイス社製のトレントXWB-97エンジンを装備している。主翼やフレームなど約53%が炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、高荷重フレームやランディングギア、パイロンがチタンからできており、約70%で最先端材料を使用した。航続距離は8,000海里(14,800キロ)で、東京発では北米全都市、メキシコ、ロンドン、ア...more
カテゴリー:

エアバス:A350-1000日本初飛来、羽田で報道公開 - 02月14日(水)09:42 

 ヨーロッパの旅客機メーカー・エアバス社は14日、同社の最新型旅客機A350-1000を東京・羽田空港の日本航空(JAL)格納庫で報道関係者に初公開した。A350-1000は日本初飛来となる。
カテゴリー:

忘れ去られたソ連版スペースシャトル「ブラン」カザフの草原に眠る。これ日本に来てなかったっけ? - 02月17日(土)17:42  news

冷戦時代にソビエト連邦が米国のスペースシャトルに対抗して製造した宇宙船「ブラン」は、わずか1度飛行した後に使用停止となった。 当時、ソ連が進めていたブラン計画の遺物が、今もカザフスタンの草原に放置されている。 現在、シャトル2機とロケット1機が使用されなくなった格納庫に保管されているが、一般公開はされていない。 この格納庫はモスクワの南東約2400キロに位置するバイコヌール宇宙基地内にあり、近くにはブランの初飛行時に使用された発射台もある。 ロシア語で「吹雪」を意味するブランのデザインは、米...
»続きを読む
カテゴリー:

エアバスA350-1000型機、マニラに向けて羽田空港を出発 - 02月14日(水)21:14 

中東とアジアを巡るデモ飛行ツアーの一環として羽田空港に飛来していた、エアバスA350-1000型機がきょう2月14日午後8時半頃、離日した。 エアバスA350-1000型機の日本への飛来は初めてで、きょう2月14日午前0時過ぎにオークランド国際空港から羽田空港に到着。羽田空港にある日本航空(JAL)の格納庫で報道陣や関係者らにお披露目されていた。今回飛来したのは、3機ある試験飛行機の中で完全な客室を装備した1機であるMSN065。ビジネスクラス40席、エコノミープラス36席、エコノミークラス219席を配置している。 この後はマニラのニノイ・アキノ国際空港に寄港し、デモフライトなどを実施する。現地時間16日午後にもニノイ・アキノ国際空港を飛び立ち、拠点であるフランスのトゥールーズに戻る予定。 エアバスA350-1000型機は、エアバスA350XWBの中で最大の機種。胴体はエアバスA350-900型機より7メートル長い。システムや部品は両機種で95%が共通化しているなど、他のエアバス機とも高い共通性を有する。ロールス・ロイス社製のトレントXWB-97エンジンを装備している。主翼やフレームなど約53%が炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、高荷重フレームやランディングギア、パイロンがチタンからできており、約70%で最先端材料を使用した。航続距離は8,000海里(14,800キロ)で、東京...more
カテゴリー:

エアバスA350-1000型機、ワールドツアーで東京に飛来 報道陣に機体を公開 - 02月14日(水)12:40 

エアバスA350-1000型機の機体前方。羽田空港のJAL格納庫で。 エアバスは2月14日、開発中の最新鋭機であるエアバスA350-1000型機の試験飛行機を、羽田空港で報道陣や航空関係者に公開した。 ドーハ、マスカット、香港、ソウル、台北、ハノイ、シンガポール、バンコク、シドニー、オークランド、東京、マニラの中東とアジアを巡る、3週間に渡るデモ飛行ツアーの一環として飛来した。今回飛来したのは、3機ある試験飛行機の中で完全な客室を装備した1機であるMSN065。ビジネスクラス40席、エコノミープラス36席、エコノミークラス219席を配置している。 エアバスA350-1000型機の特徴的なウイングチップ。機体後方には「1000」と大きく描かれている。 エアバスA350-1000型機は、エアバスA350XWBの中で最大の機種。胴体はエアバスA350-900型機より7メートル長い。システムや部品は両機種で95%が共通化しているなど、他のエアバス機とも高い共通性を有する。ロールス・ロイス社製のトレントXWB-97エンジンを装備している。主翼やフレームなど約53%が炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、高荷重フレームやランディングギア、パイロンがチタンからできており、約70%で最先端材料を使用した。航続距離は8,000海里(14,800キロ)で、東京発では北米全都市、メキシコ、ロン...more
カテゴリー:

舟屋群の絶景を見ながら漁港の旬魚を食す!「道の駅 舟屋の里 伊根」 - 02月14日(水)12:00 

「道の駅 舟屋の里 伊根」は、沿岸に舟屋が並ぶ伊根湾を一望できる高台にあり、ビュースポットとしても人気。舟屋群を眺めながら食事が楽しめるレストランや伊根漁港で水揚げされた海産物が並ぶみやげ物店などがあり、週末には多くの観光客が訪れる。<※情報は関西ウォーカー(2018年2月6日発売号)より> 【写真を見る】伊根の舟屋群/道の駅 舟屋の里 伊根 ■ 日本の原風景が楽しめる!漁港直送の海産物も豊富 海辺ぎりぎりに立ち、1階が舟の格納庫や漁具などの物置、2階が住居になっている舟屋。この道の駅がある伊根町は、昭和初期に建てられた舟屋が今も残り、日本の原風景が楽しめると、全国から注目を集める。 「重要伝統的建造物群保存地区」にも選定されている伊根の舟屋群。雪景色も美しい。 店内から舟屋が眺められる。 「伊根の舟屋群は、漁村では日本で初めて重要伝統的建造物群保存地区に選定されたんですよ」と支配人の新田さん。昔から漁村として栄えていた伊根だけに、新鮮な魚には事欠かない。「定置網にかかった魚を毎日仕入れられるので、レストランではつねに新鮮な素材を使った料理を提供できます」 2階「レストラン舟屋」のブリ、鯛など旬の魚を使った「あら煮定食」(1300円)。400円引きであら煮単品の注文可。 人気の「舟屋海鮮丼」(1800円)。テーブル席もある。<時間:11:00~17:00(LO16:00) ※1・2...more
カテゴリー:

【NASA】新型有人宇宙船「オリオン」、帰還は海へ 実物大模型の回収訓練を実施 - 01月28日(日)09:57  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASL1W2Q72L1WUHBI005.html  米航空宇宙局(NASA)が開発中の新型有人宇宙船オリオンの実物大の模型が25日、カリフォルニア州サンディエゴで報道陣に公開された。地球に帰還する時に海上に着水させるカプセル型の宇宙船で、米海軍の軍艦を使って回収する訓練をした。 オリオンは、草原地帯に着陸させるロシアのソユーズや中国の神舟と違い、アポロ宇宙船のように着水させるのが特徴。回収にあたるのは米海軍のドック型揚陸艦で、海上の宇宙船をワイヤで牽引(けんいん)して格納庫に収容するこ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「格納庫」の画像

もっと見る

「格納庫」の動画

Wikipedia

格納庫(かくのうこ、)とは、航空機を風雨や砂塵などから守り、中で整備や補給、待機などを行う格納施設のこと。英語の呼称であるハンガーの語源は「家畜小屋」を意味するフランス北部地方におけるフランス語方言である。飛行場空港の陸上にあるものだけでなく、航空母艦や航空機搭載艦艇にある航空機格納庫も「ハンガー」と呼ばれる。

様々な格納庫

敵の空爆に耐えうるよう設計された頑丈な軍事用格納庫を特に掩体もしくは掩体壕という。また、スクランブルに備えた戦闘機が滑走路脇で待機するハンガーのことをアラートハンガーという。

特殊なハンガーの一つとして、B-2ステルス爆撃機専用ハンガーがある。このハンガーはステルス性維持に欠かせない機体...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる