「格安航空会社」とは?

関連ニュース

アシアナLCCのエアソウル 仁川―富山便運航再開 - 03月23日(木)11:39 

【ソウル聯合ニュース】韓国航空大手のアシアナ航空が設立した格安航空会社(LCC)「エアソウル」は23日、仁川―富山路線の運航を27日から再開すると明らかにした。
in English
カテゴリー:

Wright Electric、電動旅客機ビジネスに参入宣言 - 03月22日(水)10:16 

燃料は航空会社最大のコストだ。コスト削減の近道?燃料を一切使わないこと。それがWright Electricの売り口上だ。Wright Electricは商用旅客機のスタートアップで、300マイル(480km)以内をバッテリーで飛ぶ飛行機を作っている。こうした単距離フライトは、260億ドルの航空市場の30%を占めている。 今日(米国時間3/21)Wright Electicは、Y Combinatorのデモデーで初めて世界に向けてプレビューを披露した。シリコンバレーでもっとも栄誉あるスタートアップ・アクセラレータが投資家の前で新しい会社を紹介するイベントだ。Wright Electricは、乗客150人を乗せる飛行機を作って737市場を破壊すると宣言した。設計した飛行機は英国の格安航空会社、EasyJetと提携して空に送り出す。デモでは自社製の電動飛行機も駐車場で披露した。 「これは私が見てきた中で最高レベルのハードウェア技術チームだ」とY Combinatorのアクセラレータ・プログラム責任者、Michael Seibelは言う。Wright Electricは、かつてNASAが電動飛行機の可能性を探るために資金提供したチームを雇った。おかげでライバルの何年か先を行くことができた、と共同ファウンダーのJeff Englerは言った。 Y Combinatorのデモデーで発表する...more
in English
カテゴリー:

海南航空系LCCの西部航空、日本初就航へ 大阪/関西・札幌/千歳線の開設を申請 - 03月20日(月)11:11 

西部航空は、大阪/関西~合肥~重慶線および札幌/千歳~鄭州~重慶線の開設を中国民用航空局(CAAC)に申請した。いずれも6月から1日1便を、エアバスA320型機または同A321型機を使用して運航する計画。 西部航空は重慶・鄭州を拠点とする、海南航空系の格安航空会社(LCC)。2007年に運航を開始した。2016年には香港エクスプレス航空、雲南祥鵬航空(ラッキーエア)、烏魯木斉航空(ウルムチ航空)とともに、LCC初のアライアンスとなる「U-FLY Alliance」を設立。保有機材は、144席を配置したエアバスA319型機が4機、180席または186席を配置したエアバスA320型機が23機で、2017年末までに33機まで増備するとしている。 国際線の就航都市は現在のところシンガポールのみで、今回の開設計画が実現すれば日本初就航となる。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

IAG、バルセロナ拠点の長距離LCC設立 大西洋路線4路線を6月開設 - 03月18日(土)20:31 

インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は、6月にスペイン・バルセロナに拠点を置く、新しい格安航空会社(LCC)、「LEVEL」の運航を開始すると発表した。 機材は、プレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス293席の計314席を配置した、エアバスA330型機となる。当初はイベリア航空の乗務員が運航し、イベリア航空の便名を付与する。バルセロナとロサンゼルス、オークランド、ブエノスアイレス、プンタカナを結ぶ路線を運航する。バルセロナ〜ロサンゼルス線は6月1日から週2便、バルセロナ〜オークランド線は6月2日から週3便、バルセロナ〜プンタカナ線は6月10日から週2便、バルセロナ〜ブエノスアイレス線は6月17日から週3便を運航する。今後、他のヨーロッパの都市からの路線も拡充する計画。 プレミアムエコノミークラスは、無料の受託手荷物、食事、座席指定が付帯している。エコノミークラスでは有料となる。機内インターネットサービスは8.99ユーロから利用できる。マイレージプログラム「Avios」の獲得や交換もできる。片道運賃は、ロサンゼルスとオークランド線は99ユーロから、ブエノスアイレスとプンタカナ線は149ユーロからとなり、すでに販売を開始している。 IAGは、エア・リンガス、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空、ブエリング航空の4社を傘下に置いており、LEVELは...more
in English
カテゴリー:

奄美旅行 関西から4.8倍 3、4月の予約状況 楽天調べ - 03月16日(木)23:00 

 楽天(東京)が16日発表した3、4月の国内旅行先人気上昇ランキングで鹿児島県が3位に入った。26日に就航する格安航空会社(LCC)バニラ・エアの関西-奄美大島便の影響で、関西地区から奄美大島・喜界島・徳之島エリアへの予約が4.8倍に急増した。
in English
カテゴリー:

IAG、長距離LCC「LEVEL」新設--バルセロナからグループネットワーク拡大 - 03月23日(木)10:48 

ブリティッシュ・エアウェイズとイベリア航空で共同経営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は現地時間の3月17日、長距離線を対象とした格安航空会社として「LEVEL」を設立することを発表。バルセロナを拠点に、ロサンゼルス、サンフランシスコ・オークランド、ブエノスアイレス、プンタカナ線を就航する。 LEVELでは、自社ブランドの塗装を施した2機のエアバスA330を運用。プレミアムエコノミー21席、エコノミー293席、合計314席を備える。運航開始時にはイベリア航空の運航乗務員や客室乗務員が乗務することを予定しており、以後、バルセロナに拠点にして250人まで雇用を創出することを計画している。 運賃はバルセロナ発着を99ユーロで設定。まずはバルセロナ発着の路線から展開し、随時、ヨーロッパ各地を発着する便を展開することを構想している。プレミアムエコノミークラスでは機内預け荷物と機内持ち込み荷物、食事、座席選択、機内エンターテイメントなどを含めた価格設定になっており、エコノミークラスでは追加購入となる。また、高速インターネット接続は8.99ユーロから展開する。 LEVELでは、IAGの航空会社が加盟するマイレージ・プログラム「Avios」ポイントを獲得・交換も可能。これにより、グループのネットワーク全体で380の目的地に飛ぶことができる。 IAGのウィリー・ウォルシ...more
in English
カテゴリー:

エアアジア、ホーチミン〜ペナン直行便をデイリー運航に - 03月20日(月)14:30 

 マレーシアの格安航空会社エアアジア(AirAsia)は4月25日より、ホーチミン市とマレーシアのペナンを結ぶ直行便を現在の週4便(月・水・金・日)から...
in English
カテゴリー:

欧州LCC最大手、勢力拡大 競合と提携 短距離路線引き継ぐ - 03月20日(月)05:00 

 欧州格安航空会社(LCC)最大手のライアンエアーが、競合との提携により欧州短距離市場におけるさらなる勢力拡大を目指している。同社は、ノルウェー・エアシャトルやエアリンガス、アリタリア航空、ルフトハンザドイツ航空などとの業務提携に動き始めている。
in English
カテゴリー:

バニラエア、大阪(関空)~函館線を就航。1日1便で片道5890円から 関西国際空港で就航イベント開催 - 03月18日(土)20:09 

 バニラエアは3月18日、大阪の関西国際空港と北海道の函館空港を結ぶ新規路線を就航した。これは、同社が2月19日に日本のLCC(格安航空会社)初の函館線として就航した東京(成田)~函館線に続くものとなる。
in English
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、日本発着台北/桃園線を対象にセール 片道4,777円から - 03月16日(木)19:08 

タイガーエア・台湾は、日本発着台北/桃園線を対象に片道運賃が4,777円からのセールを、あす3月17日午前1時から18日まで開催する。 対象路線と各片道運賃は、沖縄/那覇〜台北/桃園線は4,777円から、岡山〜台北/桃園線は4,977円から、名古屋/中部・福岡〜台北/桃園線は5,277円から、東京/羽田〜台北/桃園線は5,777円から。空港税や支払手数料等は別途必要となる。対象搭乗期間は3月26日から5月15日まで。販売座席数には限りがあり、完売次第終了となる。 タイガーエア・台湾は、台北・桃園国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)。チャイナエアラインが90%、タイガーエアウェイズホールディングスが10%を出資して設立し、2016年にチャイナエアラインの完全子会社となった。エアバスA320型機で日本や東南アジアに路線を展開している。 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

もっと見る

「格安航空会社」の画像

もっと見る

「格安航空会社」の動画

Wikipedia

格安航空会社(かくやすこうくうがいしゃ)とは、効率化の向上によって低い運航費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社である。ローコストキャリアLCC 。英語圏では他にも、「」や「」という表現も用いられる。とも言われる。 歴史

IATAカルテル

1940年代後半から、1945年の第二次世界大戦の終結に伴い、戦勝国である連合国諸国において民間航空が再興した。また軍で使用されていたダグラスC-47(DC-3)型機やC-54(DC-4)型機、アブロ ランカストリアンアブロ ヨークなどの大型レシプロ輸送機が安価に払い下げられたことから、アメリカや一部のヨーロッパ諸国で航空旅行が一般化してきた。1970年代に至るまで、ほとんどの大手航空会社(Legacy Carrier, LC)は国際航空運送協会(IATA)と航空会...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる