「格安航空会社」とは?

関連ニュース

エアソウル、大阪/関西〜ソウル/仁川線を増便 3月5日から24日まで - 01月19日(金)13:05 

エアソウルは、3月5日から24日まで大阪/関西〜ソウル/仁川線を週5便増便する。 インバウンド需要の増加と韓国路線の需要拡大を受けて就航が実現した。エコノミークラス195席を配置したエアバスA321型機で、2017年9月12日から1日2便を運航している。 エアソウルは、アシアナ航空100%子会社の格安航空会社(LCC)。2016年10月より国際線に就航した。日本では、東京/成田、高松、熊本、静岡、富山、長崎、広島、米子、山口宇部に就航している。 ■ダイヤ RS765 大阪/関西(17:55)〜ソウル/仁川(19:55)/木・土 RS765 大阪/関西(17:55)〜ソウル/仁川(20:05)/月・水・日 RS766 ソウル/仁川(14:25)〜大阪/関西(16:15)/月・水・日 RS766 ソウル/仁川(15:05)〜大阪/関西(16:55)/木・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアソウル、日本線9路線で「サイダー特価」 片道総額1,500円から - 01月19日(金)12:05 

エアソウルは、日本発ソウル/仁川行きの9路線で「サイダー特価」として、1月24日まで特別運賃を販売している。 設定路線と片道運賃は、静岡・富山・高松・米子・広島・長崎・熊本〜ソウル/仁川線は1,500円から、東京/成田〜ソウル/仁川線は4,410円から、大阪/関西〜ソウル/仁川線は4,540円から。運賃は燃油サーチャージ、諸税込みの総額。運賃は購入日の為替レートにより変更される場合がある。搭乗期間は3月25日から10月27日まで。販売座席数には限りがあり、なくなり次第終了となる。 エアソウルは、アシアナ航空の100%子会社として2015年4月に設立した格安航空会社(LCC)。かつてアシアナ航空が運航していた路線を引き継ぎ、2016年10月から日本路線に相次いで就航している。機材はエアバスA321型機を使用している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

滑走路外れたトルコ旅客機、クレーン2基で引き揚げ成功 - 01月19日(金)10:49 

【1月19日 AFP】トルコ北部トラブゾン空港で着陸直後に滑走路を外れ、海へ転落する寸前に土手で停止していたトルコの格安航空会社ペガサス航空の旅客機が18日、クレーン2基を使って滑走路に引き揚げられた。≫続きを読む
カテゴリー:

夏ダイヤで成田線増便 高松空港、3月25日から - 01月18日(木)09:32 

格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)は17日、1日最大2往復している高松―成田線について、3月25日からの夏ダイヤで最大3往復に増便すると発表した。
カテゴリー:

大阪観光局:大阪の訪日客1111万人と発表 過去最多 - 01月17日(水)14:06 

 大阪観光局は17日、2017年の1年間に大阪府内を訪れた訪日外国人(インバウンド)が過去最多の約1111万人になったと発表した。1000万人を超えるのは初めて。関西国際空港を発着する格安航空会社(LCC)の増便や円安傾向などが要因で、今後もアジアを中心に増加が見込まれている。
カテゴリー:

エアソウル、大阪/関西〜ソウル/仁川線を増便 3月5日から24日まで - 01月19日(金)13:05 

エアソウルは、3月5日から24日まで大阪/関西〜ソウル/仁川線を週5便増便する。 インバウンド需要の増加と韓国路線の需要拡大を受けて就航が実現した。エコノミークラス195席を配置したエアバスA321型機で、2017年9月12日から1日2便を運航している。 エアソウルは、アシアナ航空100%子会社の格安航空会社(LCC)。2016年10月より国際線に就航した。日本では、東京/成田、高松、熊本、静岡、富山、長崎、広島、米子、山口宇部に就航している。 ■ダイヤ RS765 大阪/関西(17:55)〜ソウル/仁川(19:55)/木・土 RS765 大阪/関西(17:55)〜ソウル/仁川(20:05)/月・水・日 RS766 ソウル/仁川(14:25)〜大阪/関西(16:15)/月・水・日 RS766 ソウル/仁川(15:05)〜大阪/関西(16:55)/木・土 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアソウル、日本線9路線で「サイダー特価」 片道総額1,500円から - 01月19日(金)12:05 

エアソウルは、日本発ソウル/仁川行きの9路線で「サイダー特価」として、1月24日まで特別運賃を販売している。 設定路線と片道運賃は、静岡・富山・高松・米子・広島・長崎・熊本〜ソウル/仁川線は1,500円から、東京/成田〜ソウル/仁川線は4,410円から、大阪/関西〜ソウル/仁川線は4,540円から。運賃は燃油サーチャージ、諸税込みの総額。運賃は購入日の為替レートにより変更される場合がある。搭乗期間は3月25日から10月27日まで。販売座席数には限りがあり、なくなり次第終了となる。 エアソウルは、アシアナ航空の100%子会社として2015年4月に設立した格安航空会社(LCC)。かつてアシアナ航空が運航していた路線を引き継ぎ、2016年10月から日本路線に相次いで就航している。機材はエアバスA321型機を使用している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

韓国LCCのイースター航空 ソウル―大分線の運航開始 - 01月18日(木)13:50 

【ソウル聯合ニュース】韓国格安航空会社(LCC)のイースター航空は18日、ソウル(仁川)―大分線の運航を17日に開始したと伝えた。運航は水、金、日曜日の週3往復で、仁川発が午後3時35分、大分発が午後6時となる。
カテゴリー:

【インバウンド】訪日客 大阪、初の1000万人 円安追い風 LCCは5年で10倍以上の便数に★3 - 01月18日(木)07:53  newsplus

2017年の1年間に大阪府内を訪れた訪日外国人(インバウンド)が統計開始以来、初めて1000万人を超えることが確実になった。大阪観光局が17日に公表する。関西国際空港を発着する格安航空会社(LCC)の増便や円安傾向が追い風となり、中国、韓国を中心とする東アジア各国で、依然として高い人気が続いているとみられる。【藤顕一郎】  来阪したインバウンド数は、日本政府観光局がまとめる「訪日外客数」に、観光庁の「訪日外国人消費動向調査」での大阪への訪問率を掛け合わせ、大阪観光局が独自に算出している。統計を...
»続きを読む
カテゴリー:

【インバウンド】訪日客 大阪、初の1000万人 円安追い風 LCCは5年で10倍以上の便数に★2 - 01月17日(水)09:55  newsplus

2017年の1年間に大阪府内を訪れた訪日外国人(インバウンド)が統計開始以来、初めて1000万人を超えることが確実になった。大阪観光局が17日に公表する。関西国際空港を発着する格安航空会社(LCC)の増便や円安傾向が追い風となり、中国、韓国を中心とする東アジア各国で、依然として高い人気が続いているとみられる。【藤顕一郎】  来阪したインバウンド数は、日本政府観光局がまとめる「訪日外客数」に、観光庁の「訪日外国人消費動向調査」での大阪への訪問率を掛け合わせ、大阪観光局が独自に算出している。統計を...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「格安航空会社」の画像

もっと見る

「格安航空会社」の動画

Wikipedia

格安航空会社(かくやすこうくうがいしゃ)とは、効率化の向上によって低い運航費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社である。ローコストキャリア(Low-cost carrier, LCC) 。英語圏では他にも、「」や「」という表現も用いられる。とも言われる。 歴史

IATAカルテル

1940年代後半から、1945年の第二次世界大戦の終結に伴い、戦勝国である連合国諸国において民間航空が再興した。また軍で使用されていたダグラスC-47(DC-3)型機やC-54(DC-4)型機、アブロ ランカストリアンアブロ ヨークなどの大型レシプロ輸送機が安価に払い下げられたことから、アメリカや一部のヨーロッパ諸国で航空旅行が一般化してきた。1970年代に至るまで、ほとんどの大手航空会社(Legacy Carrier, LC)は国際航空運送協会(IATA)と航空会社、各国政府...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる