「格安航空会社」とは?

関連ニュース

吉祥航空、スターアライアンスのコネクティング・パートナーに  - 05月26日(金)15:39 

吉祥航空は、5月23日、スターアライアンスのコネクティング・パートナーとなった。 スターアライアンス加盟各社との乗り継ぎ利用者にラウンジの利用、セキュリティのファストトラック、受託手荷物の増量、優先チェックイン、優先搭乗、優先空席待ち、手荷物の優先引き渡しといった特典を提供する。 スターアライアンス加盟航空会社のうち17社が上海に乗り入れており、中国を発着する路線は、国内線874便、国際線811便の週に約1,600便以上を運航。19カ国の64都市を結んでいる。吉祥航空がコネクティングパートナーとなることで、8カ国69都市へ週1,700便以上の選択肢が加わることになる。 コネクティング・パートナー・モデルは、地域の格安航空会社やハイブリッド航空会社が、フルメンバーになることなく、スターアライアンスのネットワークに接続が可能となる仕組み。コネクティング・パートナーになるためには、スターアライアンスが求める運航基準を満たす必要がある。スターアライアンス加盟航空会社と二社間商務協定を締結する必要があり、協定にはマイレージプログラムをベースとした特典が含まれることもある。 エア・カナダ、中国国際航空、エバー航空、シンガポール航空、ユナイテッド航空のマイレージプログラムの会員が、吉祥航空を利用した場合にマイルを貯めることや使いことができるようになる。 吉祥航空は上海を拠点とする航空会社で、エア...more
カテゴリー:

モバイルバッテリーの機内使用を禁止、ジェットパシ - 05月26日(金)04:50 

 格安航空会社ジェットスターパシフィック(Jetstar Pacific Airways=JPA)は、23日から全ての乗客に対して携帯電話を充電するためのモバイルバッ...
カテゴリー:

ジェットスター、中部を国内3カ所目の拠点空港に - 05月25日(木)10:21 

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは24日、中部空港(愛知県常滑市)を、成田、関西に次ぐ国内3カ所目の拠点空港にすると発表した。来春をめどとし、常駐する整備士と乗務員計100人を地元中…
カテゴリー:

ジェットスター・ジャパン、中部国際空港を拠点化 来春を目処 - 05月24日(水)14:38 

ジェットスター・ジャパンは、2018年春を目処に中部国際空港を拠点化すると発表した。 ジェットスター・ジャパンによる拠点の開設は、成田国際空港、関西国際空港に次いで3空港目。3大都市全てに拠点を設ける唯一の格安航空会社(LCC)となる。路線拡充のほか、利便性や運航品質の向上を目指す。 ジェットスター・ジャパンの片岡優代表取締役会長は、「このたび中部国際空港の拠点化の決定に至りましたのも、関係各署からのご支援の賜物であり、心よりお礼申し上げます。ジェットスター・ジャパンは、安全運航を最優先に今後も低価格運賃を常に提供していくと同時に、中部地域のお客様に利便性の高いサービスを充実させてまいります。今後関係各署との連携をますます強化し、交流人口の増加ひいては中部経済圏の発展にさらに貢献する所存です。」とコメントしている。 中部国際空港の友添雅直代表取締役社長は、「このたびは、ジェットスター・ジャパンの新たな拠点としてセントレアをご活用いただけることを決定いただき、大変嬉しく思っており、心より歓迎いたします。今回の拠点化は、セントレアや中部地域の発展に大きな弾みとなるものであり、この地域の多くのお客様にとってさらに便利にご利用いただけるものと期待しております。引き続き、地域の関係者の皆様と連携して、需要の拡大に努めていく所存でございます。」とコメントしている。 ジェットスター・ジャパンは、...more
カテゴリー:

飛べない「エアアジアジャパン」で深まる混迷 井手会長が経営の一線から退き、再び増資も | エアライン・航空機 | 東洋経済オンライン - 05月24日(水)05:00 

いつになったら離陸できるのか――。マレーシアを拠点とするアジア最大のLCC(格安航空会社)、エアアジ…
カテゴリー:

ジェットスター・パシフィック航空、大阪/関西〜ダナン線を9月2日開設へ - 05月26日(金)14:38 

ジェットスター・パシフィック航空は、大阪/関西〜ダナン線を9月2日より開設する。 大阪/関西〜ダナン線の就航は、ジェットスター・パシフィック航空が初めて。日本とダナンを結ぶ路線は、ベトナム航空が東京/成田線を運航している。大阪/関西を午前9時15分に出発し、ダナンに午後0時に到着。ダナン発は午後2時30分で大阪/関西着は午後9時15分となる。運航日の詳細はわかっていない。毎日の運航ではないとみられる。 ジェットスター・パシフィック航空は、カンタス航空が30%、ベトナム航空が70%を出資して設立した格安航空会社(LCC)。ベトナム発着の国内・国際線を運航しており、30機を導入する計画。日本線の定期便開設は初めて。 ■ダイヤ BL 大阪/関西(09:15)〜ダナン(12:00) BL ダナン(14:30)〜大阪/関西(21:15) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

エアソウル、ソウルへ片道総額5,500円からのセール開催中 - 05月25日(木)12:34 

エアソウルは、5月29日まで、ソウル/仁川行きの各路線で特別運賃を提供している。 設定路線と片道運賃は、高松・静岡・富山・長崎・広島・米子〜ソウル/仁川線が5,500円から。運賃は燃油サーチャージ、諸税込みの総額。運賃は購入日の為替レートにより変更される場合がある。販売座席数には限りあり、なくなり次第終了となる。搭乗期間は7月1日から10月28日まで。エアプサンホームページ会員のみが対象となる。 エアソウルは、アシアナ航空傘下の格安航空会社(LCC)。機材はエアバスA321型機を使用している。日本線は広島、富山、静岡、高松、米子、山口宇部、長崎〜ソウル/仁川線に就航している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ジェットスター:中部を3空港目の拠点に - 05月24日(水)21:22 

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)は24日、来年春をめどに中部空港(愛知県常滑市)を拠点空港にすると発表した。成田、関西に次いで3空港目。LCCが主要3空港を拠点化するのは初めて。
カテゴリー:

バニラエア、新ブランディング発表 ポイントプログラムも導入へ - 05月24日(水)13:22 

バニラエアは、新たなブランディングを発表した。 新たなタグラインは「Criating New Sky Experience」で、就航から2年半が経過し、競争環境が創業当時と変わったことや、運航している中で目指す姿が明確になったことから、社員や役員で検討し、決定した。コアターゲットを「好奇心旺盛でフットワークが軽い人」とし、年齢や男女、国籍を問わず幅広い層の利用拡大に努めるほか、ソフトとハード両面の品質を高め、これまでのLCCカテゴリから抜け出すことを目指す。 機体両側面に新たに追加されたタグラインは、現在は1号機(機体記号:JA01VA)のみに塗装されており、約2年かけて全機に導入する。新たに受領する14号機以降は、受領時から塗装が施される。 ポイントプログラムを導入する準備を進めており、2016年からプロジェクトを立ち上げているという。世界の格安航空会社(LCC)では、エアアジアやチェジュ航空などがポイントプログラムを導入しているものの、日本では初めてとなる。 4月には機内誌「VANILLA PRESS」を創刊したほか、機内食と飲み物のセット割引を導入。バニラ味のハーゲンダッツも乗客からの要望が多かったことから販売を開始している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

仮想通貨「ビットコイン」に対応 LCCのピーチ - 05月23日(火)19:42 

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは、仮想通貨「ビットコイン」を活用した決済サービスを2017年12月末までに導入すると、5月22日に発表した。ビットコインの導入は、日本の航空会社で初の試み。ビットコインを手がけるビットポイントジャパンと組んで、ピーチのウェブサイトからビットコインで航空券を購入できるようにする。 アジアで普及、訪日客取り込む ビットコインは、中国をはじめとするアジアで急速に普及しており、日本でも2017年4月に改正資金決済法が施行されて以降、決済可能な加盟店が増えている。 ピーチの井上慎一CEO(最高経営責任者)は、「今後、北海道や東北、沖縄などをモデル地区とし、自治体や地元企業などとも連携しながらビットコインで購買できる加盟店を増やし、首都圏や関西へ来られたアジアのお客様が地方を巡る仕掛けを築き、地方創生を促進させることを目指します」とコメント。インバウンド需要の取り込みで、地域の活性化に貢献する。 【関連記事】株主総会の分散化進む 過去最低の前年下回る 若年層の離職、背景に長時間労働 「辞めたくなるのは当然」 ソフトバンク、10兆円ファンド設立 IoT、AIへの投資を加速 新入社員の意識調査「残業なし・休日増」初のトップ3入り 新築マンションの...more
カテゴリー:

もっと見る

「格安航空会社」の画像

もっと見る

「格安航空会社」の動画

Wikipedia

格安航空会社(かくやすこうくうがいしゃ)とは、効率化の向上によって低い運航費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社である。ローコストキャリアLCC 。英語圏では他にも、「」や「」という表現も用いられる。とも言われる。 歴史

IATAカルテル

1940年代後半から、1945年の第二次世界大戦の終結に伴い、戦勝国である連合国諸国において民間航空が再興した。また軍で使用されていたダグラスC-47(DC-3)型機やC-54(DC-4)型機、アブロ ランカストリアンアブロ ヨークなどの大型レシプロ輸送機が安価に払い下げられたことから、アメリカや一部のヨーロッパ諸国で航空旅行が一般化してきた。1970年代に至るまで、ほとんどの大手航空会社(Legacy Carrier, LC)は国際航空運送協会(IATA)と航空会...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる