「核爆弾」とは?

関連ニュース

【北朝鮮情勢】米アラスカ州が北朝鮮の攻撃に備えてミサイル防衛システムを配備 - 11月09日(木)22:52  newsplus

<北朝鮮のミサイルの射程圏内に入ったと言われるアラスカ州が、最強のミサイル防衛システム44基の配備を完了した> 米国防総省ミサイル防衛局(MDA)は11月2日、アラスカ州のフォートグリーリー基地に、地上配備型ミッドコース防衛(GMD)システム44基の配備を完了した。 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長からのミサイル攻撃に備えた動きだ。 核攻撃やアメリカとの戦争も辞さないと威嚇する金に対し、ドナルド・トランプ米大統領は北朝鮮に対する武力行使の可能性もある、と応戦してきた。 GMDは、トランプがアジア歴訪に出発する...
»続きを読む
カテゴリー:

人類初の人工衛星「スプートニク1号」打ち上げ60周年に宇宙から地球を見つめ直そう! - 11月05日(日)15:00 

最近、なんだか世界がどんどん内向きになってないかい? 今年はせっかく、スプートニク1号の打ち上げ60周年なんだし、偉大なる宇宙探検の歴史を振り返りながら、地球と人類を見つめ直そう! ■世界中に直接届いたスプートニクの「声」 1957年10月4日。ソビエト連邦領内のバイコヌール基地。モスクワ時間の22時過ぎ、ソ連が開発した大陸間弾道ミサイルR-7は静かに発射を待っていた。予定を急遽2日繰り上げての発射だが、特に問題はなさそうだ。 一点、異常があるとすれば、この「ミサイル」の先端に核爆弾も爆薬も積まれていなかったことだろう。代わりに直径58センチ、83キロの人畜無害な球体が積まれていた。人工衛星スプートニク1号だ。 つまりR-7はこの時点でもはやミサイルではなく、宇宙ロケットとなっている。 22時28分、ロケットは轟音(ごうおん)とともに上昇していった。技師たちは仮設の受信基地(屋根付トラック)でヘッドフォンを耳におしあて、スプートニク1号の消息を追う。厚い大気の層を抜けて宇宙空間に達するまでの間、衛星は急激に加熱される。それで故障したら失敗だ。 やがてヘッドフォンから「ピッ、ピッ、ピッ」とコンマ3秒刻みで...more
カテゴリー:

「核爆弾」の画像

もっと見る

「核爆弾」の動画

Wikipedia

核爆弾(かくばくだん、nuclear bomb)は、核兵器の一種で、核分裂反応核融合反応を利用した爆弾。現在では、特に航空機から投下される自由落下型核兵器を指して核爆弾の用語が使用される。 初期の核爆弾の模型

概要

ウランプルトニウムを核分裂させそのエネルギーを使用する核爆弾のことを原子爆弾(核分裂爆弾)、重水素などを核融合させそのエネルギーを使用する核爆弾のことを水素爆弾(核融合爆弾)という。

初期の核兵器はいずれも航空機から投下される航空爆弾として運用された。米国のリトルボーイMk.1、ファットマンとファットマンから派生したMk.3、英国の核爆弾ブルーダニューブMk.1(青きドナウ)、及び水素爆弾...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる