「核爆弾」とは?

関連ニュース

冷静なるプーチン「金正恩はゲームに勝った」という発言の真意 - 01月17日(水)04:30 

北朝鮮の金正恩氏が新年の辞で「アメリカ本土を今すぐにでも核攻撃できるICBMが完成し、実戦配備した」と明言したことが注目されましたが、マティス米国防長官「まだ無理だろう」との見解を示しました。しかし、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際政治に詳しい北野幸伯さんによると、ロシアのプーチン大統領は金正恩氏の発言を「事実」と認識しているようです。このまま第2次朝鮮戦争は始まってしまうのでしょうか。 プーチン、「金正恩は、(アメリカとの)ゲームに勝った!」 プーチンが、金正恩について、非常に興味深い発言をしています。 「正恩氏、賢明で成熟した政治家」…プーチン氏 読売新聞 1/12(金)18:49配信   【モスクワ=畑武尊】ロシアのプーチン大統領は11日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長について「間違いなく賢明で成熟した政治家だ」と述べ、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に国際社会が圧力を強める中で、正恩氏を擁護した。モスクワでの露メディア幹部らとの会合で語った。 「間違いなく賢明で成熟した政治家」だそうです。「プーチンさんから見ると、ああいう(金正恩)のが賢明で成熟した政治家なのか…」と、かなりびっくりですが…。どういう意味なのでしょうか? プーチン氏は「金氏はゲームに勝った。核爆弾と仮想敵国のどんな所にも到達するミサイルを持っている」と指摘。約2年ぶりに...more
カテゴリー:

【軍事】 米軍、B2戦略爆撃機 グアムに・・・北朝鮮けん制 - 01月12日(金)08:38  newsplus

米空軍は11日、B2戦略爆撃機3機をグアムに展開したと明らかにした。 B2は高いステルス性能を持ち、核爆弾の搭載も可能。 核・ミサイル開発を続ける北朝鮮をけん制する狙いがある。 空軍によれば、B2と空軍兵士約200人は中西部ミズーリ州の基地を離れ、 既にグアムのアンダーセン空軍基地に到着した。 展開は数週間で、同盟国との演習も行われる見通し。 空軍の広報担当者は「太平洋地域に戦略爆撃機を交代で展開し、 同盟国の保護と核抑止を支援する任務の一環」と説明している。 https://www.jiji.com/jc/artic...
»続きを読む
カテゴリー:

中国への負けは認めたくない。安倍官邸が原発輸出を諦めない理由 - 01月11日(木)20:00 

誰もが予想していなかった福島第一原発の事故から約7年。この間、小泉・細川両元総理らが「原発ゼロ法案」を提案するなど一部に脱原発の動きは見られるものの、原子力規制委員会が柏崎原発に再稼働のお墨付きを与える等、未曾有の惨事に直面した日本は、震災前と何ら変わらぬ原発政策を推し進めようとしています。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんが、このたび大きく報道された「日本政府による日立製作所の英国原発建設への支援」について検証、政府がそこまでして原発政策にカネと力を注ぐのかを読み解きます。 日本政府の保証までつけ英国原発建設にオールジャパンで取り組む理由 米国における東芝の失敗例でもわかるように、安全対策のコストがかさむ原発の建設は採算の合わない事業になっている。 にもかかわらず、日立が英国の原発新設プロジェクトを進めようとしているのは、日本政府の強い意向があるからだ。 日立にとっては初の原発輸出。不安の方が大きい。現に、昨年12月18日、東原敏昭社長は報道各社のインタビューに、こう答えている。 企業だから、採算がとれないものはできない。政府の支援をいただきながら、採算性がきちんととれる形で、投資家をどんどん募れる環境づくりをやっていくことが重要。 つまり、同社としては政府の支援がない限り、やる気はないということを表明したわけである。 これに対する答...more
カテゴリー:

B2爆撃機、グアムに=米軍 - 01月12日(金)09:15 

米空軍は11日、B2戦略爆撃機(写真)3機をグアムに展開したと明らかにした。B2は高いステルス性能を持ち、核爆弾の搭載も可能。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮をけん制する狙いがある=撮影日不明
カテゴリー:

B2爆撃機、グアムに=北朝鮮けん制-米軍 - 01月12日(金)06:37 

 【ワシントン時事】米空軍は11日、B2戦略爆撃機3機をグアムに展開したと明らかにした。B2は高いステルス性能を持ち、核爆弾の搭載も可能。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮をけん制する狙いがある。 空軍によれば、B2と空軍兵士約200人は中西部ミズーリ州の基地を離れ、既にグアムのアンダーセン空軍基地に到着した。展開は数週間で、同盟国との演習も行われる見通し。空軍の広報担当者は「太平洋地域に戦略爆撃機を交代で展開し、同盟国の保護と核抑止を支援する任務の一環」と説明している。 【時事通信社】
カテゴリー:

【米国】トマホーク後継の核巡航ミサイル開発へ 太平洋配備で日本と協議 - 12月27日(水)05:40  newsplus

米軍の核戦力 ■中長期戦略に明記、新たな抑止力を獲得  【ワシントン時事】トランプ米政権が水上艦や潜水艦から発射できる新しい核搭載型巡航ミサイルの開発を進めることが24日、米政府当局者への取材で分かった。2010年に退役した海軍の核巡航ミサイル「トマホーク」(TLAM―N)の後継になる。太平洋などに将来配備する可能性について、日本を含む同盟国と協議を重ねている。来年2月にも公表される中長期核戦略「核態勢の見直し」(NPR)に盛り込まれる。  NPRには「核兵器の役割」を拡大する方針や、弾道ミサイル用の低出力核...
»続きを読む
カテゴリー:

「核爆弾」の画像

もっと見る

「核爆弾」の動画

Wikipedia

核爆弾(かくばくだん、nuclear bomb)は、核兵器の一種で、核分裂反応核融合反応を利用した爆弾。現在では、特に航空機から投下される自由落下型核兵器を指して核爆弾の用語が使用される。 初期の核爆弾の模型

概要

ウランプルトニウムを核分裂させそのエネルギーを使用する核爆弾のことを原子爆弾(核分裂爆弾)、重水素などを核融合させそのエネルギーを使用する核爆弾のことを水素爆弾(核融合爆弾)という。

初期の核兵器はいずれも航空機から投下される航空爆弾として運用された。米国のリトルボーイMk.1、ファットマンとファットマンから派生したMk.3、英国の核爆弾ブルーダニューブMk.1(青きドナウ)、及び水素爆弾...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる