「核実験」とは?

関連ニュース

正恩氏、国内クーデターに焦り…北ミサイル連発真相 水面下で米「政権転覆工作」進行か - 05月23日(火)11:00 

北朝鮮は21日夕、今年8回目の弾道ミサイル発射を強行した。米国や中国のレッドライン(越えてはならない一線)とされる、核実験やICBM(大陸間弾道ミサイル)を避け…
カテゴリー:

安保理、北朝鮮ミサイル発射を非難する報道声明 - 05月23日(火)07:50 

 国連の安全保障理事会は22日、北朝鮮による弾道ミサイル発射を強く非難し、さらなる核実験やミサイル発射を行わないよう要求する報道声明を発表しました。
カテゴリー:

核禁止条約案を提示=「ヒバクシャ」言及-国連 - 05月23日(火)01:19 

 【ニューヨーク時事】国連本部で3月に始まった核兵器を法的に禁止する条約制定交渉会議で、議長を務めるコスタリカのホワイト駐ジュネーブ国際機関代表部大使は22日、ジュネーブで条約案を提示した。条約案は「核兵器の使用は武力紛争に適用される国際法の規則、特に人道法に反すると宣言する」と明記した。 条約案は6~7月に開かれる第2回会議で、国連加盟国の間で詳細を調整。核兵器保有国など条約案に反対する国が交渉に参加していないため、7月7日の閉幕までに採択される公算が大きい。 条約案は前文で「核兵器の犠牲者(ヒバクシャ)や核実験被害者の苦痛に留意する」と言及。核兵器の開発や製造、所有、保管、移転、使用など幅広い項目を禁止した。このほか、核実験や条約に反する行為の支援も禁じた。発効要件は40カ国の批准とした。 【時事通信社】
カテゴリー:

北朝鮮に好き放題されてお前ら悔しくないのかよ!もう戦争しかないだろ!! - 05月22日(月)10:10 

https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20170522-00071200/ 北朝鮮がミサイルを早朝ではなく、なぜ午後に発射した! 昨年は4度目の核実験(2016年1月)後の4月に太平上の米軍基地であるグアムを標的にした「ムスダン」ミサイルの発射実験が行われ、4月15日、4月30日、5月31日、そして6月22日と計6発発射しているが、 4月30日に発射された3発目は午後7時26分に発射されていた。 また、ミサイルが発射された地点、即ち発射場を検証すると、今年だけみても、2月12日のミサイルは平安北道・亀...
»続きを読む
カテゴリー:

世界は北朝鮮とどう向き合うべきか『NHKスペシャル』 - 05月20日(土)09:00 

5月20日(土)の『NHKスペシャル』(NHK総合、21:00)は、「緊迫 北朝鮮 危機の深層」を放送。核実験やミサイル発射で国際社会を揺さぶり、アメリカとの対決姿勢を鮮明にする北朝鮮。トランプ政権は軍事オプションを含めた「すべての選択肢がテーブルの上にある」と強くけん制し、緊迫した状況が続いている。北朝鮮が開発を目指す、アメリカ本土を射程に入れるICBM=大陸間弾道ミサイル、そのミサイルに搭載できる小型の核の開発は果たしてどこまで進んでいるのか。世界各国の軍事専門家などによる最新の分析によって“脅威の実相”に迫る。さらに、かつてアメリカが北朝鮮への軍事攻撃を検討した「94年危機」の知られざる内幕や、有事の際に想定される被害の現実、さらに、トランプ政権が進める中国を通した対北朝鮮政策と外交について検証。いま世界は北朝鮮とどう向き合うべきなのか、考えていく。 関連リンク 公式サイト
カテゴリー:

安保理、北朝鮮ミサイル「強く非難」 追加措置を警告 - 05月23日(火)10:07 

 国連安全保障理事会は22日(日本時間23日午前)、北朝鮮による21日のミサイル発射を「強く非難」する報道声明を発表した。北朝鮮に新たなミサイル発射や核実験をしないよう求め、核・ミサイル開発を続ければ…
カテゴリー:

一段と高まる北朝鮮リスク シティリポート 金融市場にも影響 - 05月23日(火)05:00 

 米銀シティグループのアジア太平洋チーフエコノミスト、ジョアンナ・チュア氏らは17日付の40ページ余りに及ぶリポートで、北朝鮮の動向を「金融市場は気に掛ける必要がある」とコメント。好戦的なレトリックと核実験を含めた軍事的挑発は、独裁政権の北朝鮮にとって目新しくはないが、「これまでと比べ今はリスクがじわじわと高まっている」と分析した。
カテゴリー:

正恩氏標的、トマホークなど約1700発!米空母2隻「開戦」態勢、在韓米国人避難が重大サイン - 05月22日(月)17:55 

 2つの船影は総攻撃へのサインか-。朝鮮半島近海に原子力空母「カール・ビンソン」を展開している米軍が、原子力空母「ロナルド・レーガン」も派遣。2隻態勢が整えば、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の拠点を含む北朝鮮国内の1200カ所が巡航ミサイル「トマホーク」など約1700発の攻撃対象となる。  ロナルド・レーガンが横須賀基地を出港したのは、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した2日後の16日。第5空母打撃群と合流し、近くカール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群と任務を交代する予定とされるが、...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】北朝鮮対応「100日猶予を」 中国・習主席、米に要求 - 05月22日(月)04:47 

2017年5月22日03時01分  北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり、中国の習近平(シーチンピン)国家主席が4月初旬のトランプ米大統領との会談で、 米国が北朝鮮に対して具体的な行動をとるまでの猶予期間として「100日間」を求めていたことがわかった。 この会談で合意した両国の貿易不均衡是正についての100日計画と並行し、安全保障分野でも同じ期限を設定した格好。 ただ北朝鮮は21日も弾道ミサイル発射を強行しており、どこまで効果が出ているか不透明だ。  米国や日本の複数の関係筋が明らかにした。会談でトランプ氏...
»続きを読む
カテゴリー:

【米】米国務長官「北朝鮮の体制保証」 韓国特使に伝達★2 - 05月19日(金)20:39 

【ソウル=鈴木壮太郎】ティラーソン米国務長官は18日、韓国政府が特使として派遣した洪錫炫(ホン・ソクヒョン)前中央日報会長と会談し、「北朝鮮の体制転換は求めず、侵略もしない。 (金正恩=キム・ジョンウン政権の)体制も保証する」と伝えた。韓国の聯合ニュースが特使関係者の話として伝えた。 ティラーソン氏は北朝鮮が核廃棄の意思を示せば米国が北朝鮮に敵意を持つ理由はないと指摘した上で「米国は公開の場でのみメッセージを送る」とし「北朝鮮は核実験やミサイル実験の中止を行動で示さなければならない。 裏交渉はし...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「核実験」の画像

もっと見る

「核実験」の動画

Wikipedia

核実験(かくじっけん)とは、核爆弾の新たな開発や性能維持を確認したり維持技術を確立するために実験的に核爆弾を爆発させることを指す。1945年から約半世紀の間に2379回(その内大気圏内は502回)の核実験が各国で行われた。そのエネルギーはTNT換算で530メガトン(大気圏内は440メガトン)でこれは広島へ投下されたリトルボーイの3万5千発以上に相当する国連科学委員会UNSCEAR Annex B255頁 閲覧2011-7-17。

核実験の種別

核実験の種別:1.大気圏内、2.地下、3.大気圏外、4.水中 核実験は、実施された場所と高度により4つの種別に分類される。

1.大気圏内核実験 地上、海上、及び空中で行われる核実験である。実験方法には、棟上、気球、船舶、離島、及び航空機からの投下が用いられる。また数は少ないが、高高度核爆発実験もロケットにより行われる。地上近くの核爆発では、土砂とチリがキノコ雲により巻き上げられ大量の放射性降下物が発生してしまう。また高々度での核爆発では強力な電磁パルスが発生し、周辺の電...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる