「核実験」とは?

関連ニュース

元米国務次官補「北朝鮮と前提条件なしの対話を」 - 10月19日(木)20:32 

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の核問題をめぐり、1994年に締結された「米朝枠組み合意」の交渉で米国側首席代表を務めたロバート・ガルーチ元米国務次官補は19日、ソウル市内のホテルで聯合ニュースのインタビューに応じ、北朝鮮との対話について「北朝鮮と韓米政府の高官が前提条件なしに会って交渉しなければならない」との考えを示した。また「交渉する間、核実験や合同演習を双方がそれぞれ中断することができるだろう」と述べた。
カテゴリー:

【東京】小平市、朝鮮大学校に補助金 関連団体経由で物品購入…小平市長「外国人であろうと不自由のないサービスを提供していく」  - 10月19日(木)11:50  newsplus

 東京都小平市が、同市にある朝鮮大学校の元職員が幹部を務める団体に毎年約200万円の補助金を支出し、同団体が補助金を原資として同校にイベントのポスター制作や飲食物などを発注していたことが18日、分かった。市が明らかにした。同校は、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を崇拝している。  市によると、団体は市役所に事務局がある「小平市ごみ減量推進実行委員会」。少なくとも同校職員2人と元職員1人の計3人が今月1日時点で在籍し、うち現職1人が会計担当、元職員は副実...
»続きを読む
カテゴリー:

“核実験を非難”議長声明に北代表団は無言 10/19 6:36更新 - 10月19日(木)06:36 

ロシアで開かれた各国の議員が参加する国際会議で、日本が北朝鮮を念頭に訴えていた、核実験を非難する議長声明が承認された。北朝鮮の代表団は声明に反論することなく、報道陣の問いかけにも答えず会場を後にした。
カテゴリー:

北朝鮮への圧力強化確認=ソウルで日米韓次官協議 - 10月18日(水)21:00 

 【ソウル時事】日米韓3カ国は18日、ソウルで外務次官協議を開催し、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対し、3カ国が緊密に協力し、あらゆる手段で国際社会の圧力を強めることを確認した。また、拉致問題についても、3カ国が連携して対応していくことで一致した。 韓国の林聖男外務第1次官は協議後の共同記者会見で、北朝鮮の核放棄に向け「3カ国が制裁と対話を含む可能なすべての外交的努力を傾ける」と強調。サリバン米国務副長官も「外交的努力をどれだけ米国が重視しているかを今回の訪韓自体が示している」と語った。 杉山晋輔外務事務次官は、軍事的措置も含めた「あらゆる選択肢が机上にある」と主張するトランプ米大統領の姿勢を評価。中ロへの働き掛けを含め「北朝鮮が対話を求めてくる状況をつくることが目標という点で一致した」と強調した。 【時事通信社】
カテゴリー:

北朝鮮の核実験場、「山疲労症候群」か 米分析サイト - 10月18日(水)19:12 

【10月17日 AFP】北朝鮮が先月実施した通算6回目となる過去最大の核実験により、同国北東部・豊渓里にある核実験場が「Tired Mountain Syndrome(山疲労症候群)」とされる地質状況にある可能性があると、米ジョンズ・ホプキンス大学のシンクタンク、米韓研究所の北朝鮮分析サイト「38ノース」が18日、明らかにした。≫続きを読む
カテゴリー:

【東京】小平市、朝鮮大学校に補助金 関連団体経由で物品購入…小平市長「外国人であろうと不自由のないサービスを提供していく」★2  - 10月19日(木)14:02  newsplus

 東京都小平市が、同市にある朝鮮大学校の元職員が幹部を務める団体に毎年約200万円の補助金を支出し、同団体が補助金を原資として同校にイベントのポスター制作や飲食物などを発注していたことが18日、分かった。市が明らかにした。同校は、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を崇拝している。  市によると、団体は市役所に事務局がある「小平市ごみ減量推進実行委員会」。少なくとも同校職員2人と元職員1人の計3人が今月1日時点で在籍し、うち現職1人が会計担当、元職員は副実...
»続きを読む
カテゴリー:

東京・小平市、朝鮮大学校に補助金 関連団体経由で物品購入  - 10月19日(木)11:30 

 東京都小平市が、同市にある朝鮮大学校の元職員が幹部を務める団体に毎年約200万円の補助金を支出し、同団体が補助金を原資として同校にイベントのポスター制作や飲食物などを発注していたことが18日、分かった。市が明らかにした。同校は、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を崇拝している。
カテゴリー:

【地質学】北朝鮮の核実験場 「山疲労症候群」とされる地質状況にある可能性/米ジョンズ・ホプキンス大・38 North  - 10月19日(木)00:21  scienceplus

北朝鮮の核実験場、「山疲労症候群」か 米分析サイト 2017年10月18日 19:12 発信地:ソウル/韓国 【10月17日 AFP】北朝鮮が先月実施した通算6回目となる過去最大の核実験により、同国北東部・豊渓里(Punggye-ri)にある核実験場が「Tired Mountain Syndrome(山疲労症候群)」とされる地質状況にある可能性があると、米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)のシンクタンク、米韓研究所(US-Korea Institute)の北朝鮮分析サイト「38ノース(38 North)」が18日、明らかにした。だが、そうした状況にもかかわらず、...
»続きを読む
カテゴリー:

【 北朝鮮】核実験場、「山疲労症候群」か 米分析サイト - 10月18日(水)19:45  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3147236 【10月17日 AFP】北朝鮮が先月実施した通算6回目となる過去最大の核実験により、同国北東部・豊渓里(Punggye-ri)にある核実験場が「Tired Mountain Syndrome(山疲労症候群)」とされる地質状況にある可能性があると、米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)のシンクタンク、米韓研究所(US-Korea Institute)の北朝鮮分析サイト「38ノース(38 North)」が18日、明らかにした。だが、そうした状況にもかかわらず、この核実験は放棄されていないとみられるという。  北...
»続きを読む
カテゴリー:

中国共産党大会にあわせた北朝鮮の軍事挑発 各国が警戒 - 10月18日(水)04:08 

北朝鮮はことしに入って中国が重視する行事のさなかに核実験やミサイル発射を強行していることから、18日に北京で開幕する中国共産党大会にあわせて新たな軍事挑発を行うのではないかという見方が出ており、各国が警戒を強めています。
カテゴリー:

もっと見る

「核実験」の画像

もっと見る

「核実験」の動画

Wikipedia

核実験(かくじっけん)とは、核爆弾の新たな開発や性能維持を確認したり維持技術を確立するために実験的に核爆弾を爆発させることを指す。1945年から約半世紀の間に2379回(その内大気圏内は502回)の核実験が各国で行われた。そのエネルギーはTNT換算で530メガトン(大気圏内は440メガトン)でこれは広島へ投下されたリトルボーイの3万5千発以上に相当する国連科学委員会UNSCEAR Annex B255頁 閲覧2011-7-17。

核実験の種別

核実験の種別:1.大気圏内、2.地下、3.大気圏外、4.水中 核実験は、実施された場所と高度により4つの種別に分類される。

1.大気圏内核実験 地上、海上、及び空中で行われる核実験である。実験方法には、棟上、気球、船舶、離島、及び航空機からの投下が用いられる。また数は少ないが、高高度核爆発実験もロケットにより行われる。地上近くの核爆発では、土砂とチリがキノコ雲により巻き上げられ大量の放射性降下物が発生してしまう。また高々度での核爆発では強力な電磁パルスが発生し、周辺の電...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる