「核実験」とは?

関連ニュース

米世論調査 「最大の敵対国は?」北朝鮮がダントツ 51% - 02月21日(水)14:53  news

【ワシントン時事】米ギャラップ社は19日、「米国の最大の敵対国」として、 米国民の51%が北朝鮮を挙げたとする世論調査結果を発表した。 「北朝鮮」との回答は2016年調査時(16%)と比べて3倍以上に増加。 相次ぐ弾道ミサイル発射や核実験に加え、トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の挑発の応酬が影響したとみられる。 2位は、16年の米大統領選に介入した疑惑がくすぶり続けるロシアで19%。 ロシアと回答したのは野党民主党の支持者が多く、共和党支持者の3倍強に上った。3位は中国(11%)、次いでイラン(7%)だっ...
»続きを読む
カテゴリー:

五輪の「微笑み」に油断するな。軍事のプロが見た北朝鮮海軍の実力 - 02月20日(火)05:00 

平昌冬季五輪への出場を果たし、「南北統一」に色気を見せはじめた北朝鮮。しかし、メルマガ『NEWSを疑え!』の著者で軍事アナリストの小川和久さんは、「北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発を進めていることは事実で油断ならない」と断言。さらに、北朝鮮が所有する「艦艇」を徹底分析し、北朝鮮海軍の本当の兵力について、冷静な観点で持論を展開しています。 北朝鮮潜水艦の「実力」 Q:先週のメルマガ(2018年2月8日号)では、極東での米原潜オペレーションをうかがいました。佐世保寄港の急増は北朝鮮の弾道ミサイル発射への対応のほか、これまで無視してきた古くてポンコツの北朝鮮潜水艦にも目配りしている、と。今回は、北朝鮮潜水艦の現状はどうなっているか、どの程度の能力・実力があるのか教えてください。 小川:「いま北朝鮮は、ちょっとおとなしくしています。2月9~25日に韓国の平昌《ピョンチャン》で開かれるオリンピック・パラリンピックを最大限利用したいからです」 「北朝鮮の金正恩労働党委員長は2018年1月1日の『新年の辞』で、『新年は、わが人民が共和国創建70周年を祝い、南朝鮮では冬季オリンピック競技大会が開かれる、北と南に意義のある年』と述べ、『平昌冬季五輪は、民族の地位を誇示するよいきっかけ。われわれは大会が成功裡に開催されることを心から願う』『北朝鮮も代表団派遣を含めて必要な措置をとる用意...more
カテゴリー:

【世論調査】安倍首相の訪韓「良かった」76.9% 韓国を「信頼できない」66.4% - FNN - 02月13日(火)12:08  newsplus

産経新聞社とFNNは10、11両日に合同世論調査を実施した。 安倍晋三首相が9日の平昌五輪開会式に合わせて韓国を訪問したことについて 「良かった」が76・9%に上り、「訪れるべきではなかった」の19・5%を大きく上回った。 韓国を外交や経済活動の相手国として 「信頼できない」と回答したのは66・4%で、「信頼できる」は24・3%だった。  安倍首相は、日韓首脳会談で文在寅大統領に対し、慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した日韓合意の着実な履行を迫り、 韓国側が求める追加措置に応じない...
»続きを読む
カテゴリー:

【FNN世論調査】内閣支持率51.0%、政党支持率自民38.8、立民15.6、共産3.3、公明3.2、維新2.9、希望1.8 - 02月12日(月)15:02  newsplus

安倍内閣支持率51.0% FNN世論調査 02/12 12:37 https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00384656.html FNNが週末に行った世論調査で、安倍内閣の支持率は51.0%で、1月と比べ、ほぼ横ばいだった。学校法人「森友学園」への国有地売却問題に関する国会答弁をめぐり、佐川国税庁長官について、8割を超える人が「国会で説明するべきだ」と答えた。 調査は、2月10日・11日の両日、電話調査(RDD)で行われ、全国の有権者1,000人が回答した。 安倍内閣の支持率は、1月より1.6ポイント下がって、51.0%。 不支持率は、0.2ポ...
»続きを読む
カテゴリー:

【核兵器】核廃絶か依存か 政府の矛盾 - 02月07日(水)11:59  newsplus

河野太郎外相は六日の閣議後の記者会見で、米政府の新たな核戦略指針「核体制の見直し(NPR)」が包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准を否定したことについて「非常に残念だ」と語った。NPRが日本を核で守る方針を明示した点は「高く評価したい」と明言した。唯一の戦争被爆国として核廃絶・核不拡散を訴えながら、米国の核抑止力への依存を鮮明にする姿勢の整合性が問われそうだ。 (大杉はるか) CTBTは、核兵器の拡散防止と核軍縮に向け、すべての核実験を禁止する内容。一九九六年に国連で採択され、翌年日本も批准...
»続きを読む
カテゴリー:

【米世論調査】 最大の敵対国は「北朝鮮」 51%・・・ギャラップ社 - 02月21日(水)14:43  newsplus

米ギャラップ社は19日、「米国の最大の敵対国」として、米国民の51%が北朝鮮を挙げたとする世論調査結果を発表した。 「北朝鮮」との回答は2016年調査時(16%)と比べて3倍以上に増加。 相次ぐ弾道ミサイル発射や核実験に加え、トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の挑発の応酬が影響したとみられる。 2位は、16年の米大統領選に介入した疑惑がくすぶり続けるロシアで19%。 ロシアと回答したのは野党民主党の支持者が多く、共和党支持者の3倍強に上った。 3位は中国(11%)、次いでイラン(7%)だ...
»続きを読む
カテゴリー:

【米国家情報長官】北朝鮮への対応 「決断の時が近づいている」 - 02月14日(水)15:22  newsplus

[ワシントン 13日 ロイター] - ダン・コーツ米国家情報長官は13日、北朝鮮の核開発がもたらす脅威に対し米国が行動を取ることができる時間は残りわずかになりつつあり、決断の時が近づいているとの見解を示した。 コーツ長官は上院情報委員会の公聴会で、北朝鮮は米国の「存亡に関わる」脅威になり得ると警告。今年も核・ミサイル関連の実験を続ける可能性は高いとの見方を示した。 「対応を巡り決断を下す時に差し掛かっている」と強調。「われわれは平和的解決を目指しており、あらゆる方法で北朝鮮に対し最大限の圧力をか...
»続きを読む
カテゴリー:

日本製品が北朝鮮にダダ漏れ!? 元国連委員が明かす「制裁は抜け穴だらけだ!」 - 02月13日(火)06:00 

国際社会の反対を押し切り、北朝鮮が世界9番目の「核保有国」として名乗りを上げたのは昨年11月のこと。 だが、そこで大きな疑問が湧いてくる。国連制裁によってヒト、モノ、金、技術の移転が厳しく制限されているにもかかわらず、なぜ北朝鮮はアメリカ全土を射程に収めるほどレベルの高いICBM(大陸間弾道ミサイル)を開発できたのだろうか? その陰でうごめく、北朝鮮非合法ネットワークの捜査・監視に携わった体験をもとに、『北朝鮮 核の資金源 「国連捜査」秘録』(新潮社)を上梓(じょうし)した、国連安保理北朝鮮制裁委員会専門家パネル元委員の古川勝久氏を直撃した! ■北朝鮮の制裁逃れにふたつの典型パターン ―「専門家パネル」とはどんな組織なのでしょう? 古川 2006年以降、北朝鮮による核実験やICBMの発射が相次ぎ、国連安保理で北朝鮮への制裁が決議されました。決議は採択の瞬間から法的拘束力を持ちますが、しょせんはペーパー上の文言にすぎません。そこで決議の履行状況を監視、捜査する独立機関として、北朝鮮制裁委員会下に専門家パネルが設立されたのです。メンバーは安保理常任理事国(中仏ロ英米)、日本、韓国、そして南半球の国から1名ずつの計8人。私は日本人枠として採用され、11年10月...more
カテゴリー:

【お花畑・夢想】ケント・ギルバート「議論すら許さない日本のリベラル派は全体主義者」 - 02月09日(金)19:11  seijinewsplus

ジャーナリストの櫻井よしこ氏と米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏の国を憂う二人が、日本人の覚醒を期待して国防について論じた。 ケント :憲法9条改正と聞いただけで冷静な判断力を失い、思考停止に陥ってしまう人がいます。 櫻井 :彼らは憲法改正について「議論することすら許さない」のですから。核に対するアレルギーはそれ以上です。  以前は米国も日本の核武装に反対で、2006年に今は亡き中川昭一氏が北朝鮮の核実験をふまえて「非核三原則を見直すべきかどうか議論を尽くすべきだ」と発言すると、 ジョ...
»続きを読む
カテゴリー:

韓国紙「文在寅政権よ、この国をどこに導こうとしているのか」 - 02月04日(日)11:59  news

 文在寅(ムン・ジェイン)政権発足から8カ月がたち、人々は問いかけ始めた。「国と国民をいったいどこに導こうというのか」 「北朝鮮と何をどこまでやろうというのか」「米国はこの国からいなくなるのか、そうしたらこの国はどうなってしまうのか」  北朝鮮の継続的な核実験と長距離ミサイル発射で戦争の不安感に包まれた国民は、時間がたつにつれ、初めて現政権の本心と国の進路について本質的な疑問を抱き始めた。  北朝鮮の五輪参加に全てを懸けたように南北対話にこだわり、低姿勢をいとわない親北外交、米国との関係で問...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「核実験」の画像

もっと見る

「核実験」の動画

Wikipedia

核実験(かくじっけん)とは、核爆弾の新たな開発や性能維持を確認したり維持技術を確立するために実験的に核爆弾を爆発させることを指す。1945年から約半世紀の間に2379回(その内大気圏内は502回)の核実験が各国で行われた。そのエネルギーはTNT換算で530メガトン(大気圏内は440メガトン)でこれは広島へ投下されたリトルボーイの3万5千発以上に相当する国連科学委員会UNSCEAR Annex B255頁 閲覧2011-7-17。

核実験の種別

核実験の種別:1.大気圏内、2.地下、3.大気圏外、4.水中 核実験は、実施された場所と高度により4つの種別に分類される。

1.大気圏内核実験 地上、海上、及び空中で行われる核実験である。実験方法には、棟上、気球、船舶、離島、及び航空機からの投下が用いられる。また数は少ないが、高高度核爆発実験もロケットにより行われる。地上近くの核爆発では、土砂とチリがキノコ雲により巻き上げられ大量の放射性降下物が発生してしまう。また高々度での核爆発では強力な電磁パルスが発生し、周辺の電...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる