「株式市場」とは?

関連ニュース

国内株式市場見通し:連休谷間は基本閑散だが、連休明け後は業績相場が本格化 - 04月29日(土)15:21 

先週の日経平均は上昇。目先のリスク要因を一つずつクリアするごとに、リバウンド基調が強まる格好となり、一時3月24日以来、約1ヵ月ぶりの水準を回復した。
in English
カテゴリー:

【トランプ政権】100日で株価6%上昇 2番目の高さ - 04月29日(土)14:43 

 トランプ米大統領の就任から29日で100日になった。ニューヨーク株式市場の代表的な指数であるダウ工業株30種平均はこの間に6・1%上昇した。1980年代以降に就任した歴代大統領6人で騰落率を比較すると、8・0%の上昇だった89年就任のブッシュ氏(父)以来、2番目の高さだった。
in English
カテゴリー:

28日のNY株 反落 40ドル安 - 04月29日(土)10:44 

28日のNY株 反落 40ドル安:28日のニューヨーク株式市場は、反落して取引を終えた。...
in English
カテゴリー:

Clouderaは株式市場へのデビュー初日を20%アップで終える、前途は明るいというが損失は続く - 04月29日(土)10:16 

ビッグデータ分析のトップ企業Clouderaは、IPOで15ドルをつけ、その日の終値はそれから20%強増の18ドル9セントになった。これもClouderaの予測12〜14ドルを上回っている。 株価の上昇は新たな投資家にとって良くても、その結果は一部の社員にとっては大きな幻滅だ。彼らが同社の最後のプライベートラウンドの後でチームに参加した場合は、報酬株式の価額が下がったことになるからだ。Clouderaの時価総額は今約23億ドルだが、Intelが2014年に与えた41億ドルの評価額より相当少ない。この、最近ますます一般的になってきた現象は、“ダウンラウンドIPO”とあだ名されている〔IPOで評価額が下がること〕。 しかしCEOのTom Rileyは本誌TechCrunchのインタビューで、“今後の確実な成長が見込めるからそれは問題ではない”、と力説した。株式市場におけるパフォーマンスは良いから、いずれ40億ドル+には達するだろう。2015年に上場したSquareは、上場前の市場評価額の半分でスタートし、その後株価は倍増した。 同社は2008年以来10億ドルあまりを調達している。Intelが最大の株主で、IPOの前には同社の22%を所有していた。Accelが16.3%、そしてGreylock Partnersが12.5%を握っていた。 C...more
in English
カテゴリー:

外為・株式:NY=17時 1ドル=111円50~60銭 - 04月29日(土)09:20 

 28日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、午後5時現在、1ドル=111円50~60銭で、前日の午後5時に比べ30銭の円安・ドル高になった。  ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前日の終値に比べ40ドル82セント安の2万940ドル51セントで取引を終えた。
in English
カテゴリー:

米国株式市場見通し:主要決算発表やFOMCに注目 - 04月29日(土)15:20 

世界情勢を巡る先行き不透明感が後退し、投資家のリスク選好姿勢が回復しつつある。
in English
カテゴリー:

NY株式市場:ダウ工業株反落、40ドル安 - 04月29日(土)12:39 

 28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比40・82ドル安の2万0940・51ドルで取引を終えた。四半期決算の売上高が市場予想を下回った半導体のインテルが3%を超える急落となり、相場全体を押し下げた。
in English
カテゴリー:

NY株が反落 - 04月29日(土)10:28 

 28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比40ドル82セント安の2万0940ドル51セントで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は1・33ポイント安の6047・61。SP500種株価指数は4・57ポイント安の2384・20だった。
in English
カテゴリー:

【トラトラ株】17年9月期通期連結業績予想の上方修正と増配を発表、「システム情報」注目 - 04月29日(土)10:00 

23日のフランス大統領選の第1回投票、25日の朝鮮人民軍創建85年といった重要イベントを無事に通過したことで、東京株式市場では買い戻しが加速した。とりわけ、北朝…
in English
カテゴリー:

弱いGDPで小安い、アマゾンとアルファベットは最高値更新=米国株 - 04月29日(土)06:42 

[ニューヨーク 28日 ロイター] - 米国株式市場は小幅安で取引を終えた。3年ぶりの低水準となった第1・四半期の米国内総生産(GDP)統計が重しとなり、このところの上げで利益確定の動きが優勢となった。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「株式市場」の画像

もっと見る

「株式市場」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT証券市場...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる