「株式市場」とは?

関連ニュース

NY市場 続落して取引終了 - 08月19日(土)10:38 

NY市場 続落して取引終了:18日のニューヨーク株式市場は、続落して取引を終えた。...
カテゴリー:

NY株:続落、76ドル安 - 08月19日(土)08:14 

 18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比76・22ドル安の2万1674.51ドルで取引を終えた。  トランプ米政権の先行き不透明感やスペインでのテロが引き続き相場の重しとなり、下げ幅は一時、100ドルを超えた。ただ、トランプ氏の排外的な主張の後ろ盾とされるバノン首席戦略官兼上級顧問の辞任が伝わり、買い戻される場面もあった。
カテゴリー:

米国株式市場は小幅続落、ホワイトハウスの新たな混乱受け - 08月19日(土)07:08 

ホワイトハウスは、トランプ大統領がスティーブン・バノン首席戦略官兼大統領上級顧問を更迭したことを明らかにした。バノン氏は、反ユダヤ主義や白人ナショナリズムの思想を持つと批判を浴びていた。
カテゴリー:

NY株、続落 米政権めぐる不透明感で - 08月18日(金)23:54 

 18日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は続落した。トランプ米政権の先行き不透明感やスペインでのテロが引き続き相場の重しとなり、売り注文が優勢となった。同日の東京株や欧州株が下げたことも相場の圧迫要因となった。
カテゴリー:

日経平均、1万9500円割れ 約3カ月半ぶり安値 米政権の迷走、スペインのテロが重し - 08月18日(金)21:42 

 18日の東京株式市場は、コーンNEC委員長の辞任観測が浮上するなどトランプ米政権の運営の行方に不透明感が強まっていることが嫌気され、日経平均株価は3営業日続落した。終値は前日比232円22銭安の1万9470円41銭で、節目の1万9500円を割り込み、5月2日以来約3カ月半ぶりの安値水準となった。スペイン・バルセロナのテロも投資家心理を冷やした。
カテゴリー:

外為・株式:NY=17時 1ドル=109円15~25銭 - 08月19日(土)09:05 

 18日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、午後5時現在、1ドル=109円15~25銭で、前日の午後5時に比べ38銭の円高・ドル安になった。  ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前日の終値に比べ76ドル22セント安の2万1674ドル51セントで取引を終えた。
カテゴリー:

NY株続落、76ドル安 バノン氏辞任で買い戻しも - 08月19日(土)07:42 

 18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比76・22ドル安の2万1674・51ドルで取引を終えた。
カテゴリー:

東京株、大幅続落 3カ月半ぶり安値 - 08月19日(土)05:00 

 18日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落した。終値は前日比232円22銭安の1万9470円41銭。終値として5月2日以来、3カ月半ぶりの安値だった。トランプ米政権の混乱やスペインで起きたテロを背景に前日の米国市場が大きく下げ、投資家心理を冷やした。
カテゴリー:

日米株:市場動揺で急落 コーン氏辞任観測とテロ発生 - 08月18日(金)22:43 

 【ワシントン清水憲司】トランプ米政権の経済政策の要であるコーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任するとの観測が浮上し、金融市場の動揺を招いた。スペインでのテロ発生の影響もあり、17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均の終値は、前日比274.14ドル安の2万1750.73ドルと大幅に下落。18日の日経平均株価も続落し、終値は前日比232円22銭安の1万9470円41銭と、3カ月半ぶりの安値をつけた。
カテゴリー:

日経平均3か月半ぶり1万9500円下回る 8/18 16:21更新 - 08月18日(金)16:21 

18日の東京株式市場で日経平均株価は大きく値を下げ、終値は前日比232円22銭安の1万9470円41銭。終値が1万9500円を下回るのは、5月2日以来約3か月半ぶり。
カテゴリー:

もっと見る

「株式市場」の画像

もっと見る

「株式市場」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT証券市場...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる