「株式取得」とは?

関連ニュース

プレスリリース|企業・IR情報|日本テレビ - 03月30日(木)18:14 

プレスリリース|企業・IR情報|日本テレビ2017年03月30日 株式会社オールアバウトとの資本業務提携に関するお知らせ 日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:大久保 好男、以下 日本テレビ)は、株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:江幡 哲也、以下 オールアバウト)の普通株式3,385,000株を取得するとともに、両社間で資本業務提携を行うことに合意しました。 株式取得及び業務提携の...
in English
カテゴリー:

トラスト・テック、フュージョンアイの全株式取得 - 03月27日(月)09:08 

トラスト・テック<2154>は、株式会社ヒューマントラストHDの100%子会社である株式会社フュージョンアイ(東京都千代田区)の全株式を取得・子会社化を決定した。
in English
カテゴリー:

Amazonが中東市場に進出―、現地のEC大手Souqを6億5000万ドルで買収 - 03月25日(土)08:00 

世界制覇に向けて動くAmazonの次の狙いは中東だ。中東市場進出のため、同社が現地のEC企業Souqを6億5000万ドルで買収したとする複数の報道内容を、われわれの情報筋が認めた。アラブ世界のAmazonとも言われているSouqは、同地域最大のEC企業だ。契約書のサインの「インクはすでに乾いている」と、Souqに近い情報筋は語っている。 Souqは本件に関するコメントを控えており、同社CEOのRonaldo Mouchawarも、TechCrunchからのメールや電話には応えなかった。 Amazonも同様にコメントを控えており、広報担当者であるTy Rogersからは「Amazonでは噂や推測に基づいた報道に対してのコメントは控えております。ご連絡ありがとうございました」という返事を受け取っただけだ。 中東市場にとっては、今後大きな変化に繋がる可能性のあるニュースだが、買収額は投資家が願っていたほどではなかった。1年前にSouqが2億7500万ドルを調達したときには、10億ドルという評価額がついており、さらに昨年末にも実はSouqとAmazonの間で、Souqの株式の30%をAmazonに売却するという話が進められており、その際の評価額も同じく10億ドルだったのだ。 昨年eBayやUAEの小売企業Majid Al Futtaimとも買収交渉を進めていたSouqは、Amazonとの最...more
in English
カテゴリー:

株式会社ファインズの株式取得に関するお知らせ - 03月24日(金)15:00 

[株式会社廣済堂] 廣済堂は、1977年に求人情報事業をスタートし、東北地方、北陸地方で求人メディアを中心とした人材サービス事業を展開しております。労働人口の減少が急速に進み、人材の確保が一層困難な状況になりつつある中で...
in English
カテゴリー:

カンダHD、食中村エンタープライズの全株式取得 - 03月24日(金)09:07 

カンダHD<9059>は、株式会社中村エンタープライズ(神戸市)の全株式取得・子会社化を決定し、株式譲渡契約を締結した。
in English
カテゴリー:

日本電産、米国ヴァムコ社の全株式取得 - 03月29日(水)08:58 

日本電産<6594>は、米国子会社日本電産ミンスター社を通じて、同じく米国のヴァムコ社の全株式を取得した。
in English
カテゴリー:

ダイキアクシス、岸本設計工務の全株式取得 - 03月27日(月)09:08 

ダイキアクシス<4245>は、株式会社岸本設計工務(愛媛県松山市)の全株式を取得・子会社化を決定した。
in English
カテゴリー:

トラスト・テック、IT・ソフト領域拡張を加速するM&Aを発表 - 03月24日(金)15:20 

[株式会社トラスト・テック] ■フュージョンアイの株式取得(子会社化)について トラスト・テックは、2016年8月に決定・発表いたしました「中期経営計画」において、地域軸及び領域軸での拡大・成長スピードの維持を目指す方針を掲げており...
in English
カテゴリー:

グランディーズ、Diproの全株式取得 - 03月24日(金)09:08 

グランディーズ<3261>は、Dipro株式会社(福岡市)の全株式を取得・連結子会社化を決定した。
in English
カテゴリー:

学研HDが市進HDの株式を追加取得…持分法適用会社へ - 03月23日(木)13:15 

 学研ホールディングスは3月22日、市進ホールディングスの株式を追加取得すると発表した。株式の追加取得により議決権比率は19.07%から31.47%へ増加し、市進ホールディングスは学研ホールディングスの持分法適用会社となる。 両社は業務提携や資本提携をしており、これまでに市進ウイングネット事業の拡大や学研幼児教室の展開、幼児保育・学童保育事業「clantete(クランテテ)三田」の開設、埼玉地域の学習塾事業などを進めてきた。 学研ホールディングスは現在、市進ホールディングスが発行する株式200万株(発行済株式総数比率18.86%、議決権比率19.07%)を所有。一方、市進ホールディングスは学研ホールディングスが発行する株式338万株(発行済株式総数比率3.18%、議決権比率3.65%)を所有している。 学研ホールディングスは提携業務の成果をより確かなものとするため、市進ホールディングスが発行する株式130万株を追加取得し、株式330万株を所有する。これにより、議決権比率は19.07%から31.47%へ増加し、市進ホールディングスは9月期の連結決算において学研ホールディングスの持分法適用会社となる。株式取得日は、5月上旬を予定している。【関連写真】学研HDが市進HDの株式を追加取得…持分法適用会社へ■関連記事学研HDと市進HDが提携業務を拡大、埼玉県で学習塾を協業【大学受験】学研、学...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「株式取得」の画像

もっと見る

「株式取得」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる