「株主総会」とは?

関連ニュース

サントリー、竹中工務店、セコム 大政奉還に動き出す - 04月30日(日)16:00 

 このところ日本企業では創業家の存在が見直され、経営トップの座を創業家に“大政奉還”する企業が目立つ。  鳥井信治郎が鳥井商店として開業、壽屋を経てサントリーと屋号を変えた国内飲料メーカートップ企業も、再び創業家から社長を迎える準備を整えつつある。  サントリーでは2014年に「プロ経営者」の新浪剛史・ローソン前会長を招聘し、「初の非創業家社長」が誕生したが、創業家一族の鳥井信宏・副社長の社長就任はカウントダウンの段階だ。非上場のサントリーHDは一族の資産管理会社「寿不動産」が約9割の株を保有しているが、昨年3月に信宏氏が寿不動産社長に就任、正式に一族の盟主、会社のオーナーとなったからだ。 「そもそも新浪社長は中継ぎで、その次が信宏氏であることは、新浪体制になった時点で社員なら誰もが知っていることだった。スムーズに信宏体制に移行するために、社外からプロ経営者を招いたわけです」(ローソン関係者)  竹中工務店も現在は非創業家の宮下正裕・社長だが、その次には創業家の竹中勇一郎・常務が控えている。1975年生まれの勇一郎氏は社長交代のとき30代だったため、「宮下社長は創業家のプリンスが経験を積むまでのワンポイントで社長になった」(同社社員)と見られている。  創業家以外の社長が続いていたセコムでもいよいよ“大政奉還”に動き出した。昨年5月の取締役会で前田修司・会長と伊藤博・社長がそろって...more
in English
カテゴリー:

原子力撤退を東北電に提案 脱原発株主の会 - 04月29日(土)11:37 

脱原発東北電力株主の会は28日、東北電に対し原子力事業からの撤退などを求める株主提案をした。6月28日に開催予定の株主総会で議論される見通し。 提案は5項目。東京電力福島第1原発事故による巨額の除染と
in English
カテゴリー:

浦和の純資産、初10億円突破 営業収入4年連続増 - 04月29日(土)07:55 

 浦和レッズは28日、さいたま市内で開いた定期株主総会で16年度の事業収支を承認し、営業収入は前年より約5億円増の66億600万円で4年連続の増収となった。  純資産は11億7800万円となり、クラブ設立以来初めて10億円を突破。淵田社…
in English
カテゴリー:

【サッカー】アビスパ福岡3期連続で黒字 今期目標は売上高20億円超 - 04月28日(金)17:21 

J2アビスパ福岡は27日、福岡市内で定時株主総会を開き、第23期(2016年2月1日~17年1月31日)の決算が承認された。2000万円の当期純利益が計上され、3期連続の黒字で、売上高は前期から約1億8000万円増の18億3600万円となった。  5年ぶりのJ1復帰に伴い入場者数が増え、広告料収入やグッズの売り上げも10%以上アップした。川森敬史社長は「J1に定着するには30億円規模の予算にしないといけない。毎年10%ずつ上げる」と説明。第24期(17年2月1日~18年1月31日)は第5期(1...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

任天堂のハード開発に携わってきた竹田玄洋技術フェローが、任期満了により退任することが明らかに - 04月27日(木)23:55 

任天堂は、2017年4月27日に開催された取締役会にて、代表取締役 技術フェローを務めていた竹田玄洋氏が、2017年6月29日開催の第77期定時株主総会の集結をもって任期満了を迎え、退任すると発表した。
in English
カテゴリー:

【サッカー】コンサドーレ札幌、売上高33%増 4年連続黒字 株主総会 - 04月29日(土)21:05 

サッカーJ1の北海道コンサドーレ札幌の運営会社コンサドーレ(野々村芳和社長)は28日、札幌市内で株主総会を開き、2016年度1月期決算を承認した。純利益は9万円で4年連続黒字となった。  選手との契約満了日が通常1月末なのに合わせ、決算期を12月から1月に変更したため、13カ月分の決算となった。売上高は前期比33・9%増の19億213万円。地上波テレビ中継の増加やJ2で優勝したチームの好成績が後押しし、広告料収入が同43・9%増の8億8216万円、興行収入が同7・5%増の4億5642万円と好調...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

脱原発議案を総会に提案へ 四電の個人株主ら - 04月29日(土)09:21 

四国電力の個人株主グループが28日、伊方原発(愛媛県伊方町)の廃炉などを求める4議案を、6月28日に開催予定の株主総会に提案することを同社に申し入れた。
in English
カテゴリー:

株主問題で揺れたJ1浦和、過去最高の純資産11億円超 - 04月28日(金)20:46 

 雨降って、地固まる――? 昨年、親会社の問題で揺れたJ1浦和が28日、株主総会を開き、昨年度(2016年2月~17年1月)の決算を承認した。4年連続の増収で、クラブ史上初めて純資産が10億円を超えた…
in English
カテゴリー:

【サッカー】<浦和レッズ>2016年の経営情報開示!6年連続黒字、純資産は設立以来初の10億円を突破!自己資本比率も過去最高 - 04月28日(金)16:39 

入場者数は平日開催増加により微減。09年度を超える営業収入を記録。  浦和レッズの定時株主総会が4月28日に行なわれ、2016年度の事業収支が承認された。営業収入66億600万円は09年度を7年ぶりに超える水準で、6年連続の最終黒字を達成した。    昨季は13年ぶりのルヴァンカップ優勝を果たし、リーグ優勝は逃したものの勝点74を獲得しての年間勝点1位獲得した。一方、クラブの筆頭株主だった三菱自動車(株)の燃費不正問題に伴う日産自動車(株)からの資本参加により、Jリーグ規約に抵触するのではないかという事態が発生。...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【東芝危機】綱川社長が続投へ 志賀元会長は執行役も退任 - 04月27日(木)21:14 

 経営再建中の東芝は27日、米原発事業の巨額損失をめぐり、元会長の志賀重範執行役が責任を取って6月下旬の定時株主総会後に退任し、綱川智社長が続投する方向で調整に入った。志賀氏の退任は健康問題も重なったとみられる。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「株主総会」の画像

もっと見る

「株主総会」の動画

Wikipedia

株主総会(かぶぬしそうかい)は、株式会社の機関の一つ。株主を構成員とし、株式会社の基本的な方針や重要な事項を決定する。株主は株式会社の実質的な所有者であり、言い換えれば、倒産時でない限り、残余請求権者であることから、重要な意思決定は株主総会に委ねられている。なお、株主は株主総会を通しておよそ会社に関することであれば、いかなる事項についても決議できるという理念(株主総会の万能機関性)は、所有と経営の分離などの現実もあり、すべての類型の株式会社において共有されているわけではなく、日本法、アメリカの州法、ドイツ法、フランス法においても一定の範囲で株主総会が決定できない事項が経営者側に留保されている。

日本の株主総会

日本会社法の条文は、以下で条数のみ記載する。

日本では、会社法・第2編株式会社 第4章機関 第1節株主総会及び種類株主総会(295条~328条)で規定されている。

概説

日本の会社法においては、機関構造の柔軟化が図られているが、株主総会は取締役とともに必要的機関とされている。それに対...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる