「株主総会」とは?

関連ニュース

株式の持ち合い比率、過去最低 野村証券調べ - 06月26日(月)20:10 

2016年度の国内上場企業の株式の持ち合い比率は過去最低の9.9%だったことが、野村証券の調査でわかった。前年度と比べて、0.4ポイント低下した。 経営の柔軟性の阻害に 「株式の持ち合い」は、双方の経営にとって「安定株主」となるメリットが見込めるほか、資本関係や取引関係を強化できる。その一方で、持ち合い関係にない他社との取引がしづらくなったり、取引が制限されたりしかねないといったデメリットもある。 また、個人投資家からすると、株主総会が形骸化したり、株主による企業統治が損なわれたりすることが懸念されてきた。株式会社はあくまでも利益を上げることに専念してほしいと考えるからだ。 今回の調査で、株式の持ち合い比率が過去最低まで下がった理由について、野村証券の西山賢吾シニア・ストラテジストは2017年6月26日のJ‐CASTニュースの取材に、「低成長の現在では、株式の持ち合いが、(持ち合い関係のない)他の取引先の拡大阻害や投資家心理に影響する、つまり経営の柔軟性を阻害することから、持ち合い比率は下がっています」と指摘した。 調査は、2016年に日本国内の上場企業の約3600社を対象に行った。 【関連記事】仮想通貨への投資、「実行」は少数にとどまる 宅配ボックス「欲しい」7割超 それでも普及しないワケ 東芝、...more
カテゴリー:

株主総会で事務所社長を謝罪させるハメになった小出恵介 - 06月26日(月)11:30 

大阪で17歳の未成年女性と飲酒・淫行したとして、無期限活動停止中の俳優の小出恵介が所属する芸能事務所「アミューズ」が25日、東京・両国国技館で株主総会を行い、畠中達郎社長...
カテゴリー:

アミューズ社長「創業39年最大の不祥事」株主総会で小出恵介さんの騒動謝罪 契約継続は明言せず - 06月26日(月)11:06 

 大手芸能事務所、アミューズの株主総会が25日に東京都内で行われ、畠中達郎社長(59)が所属俳優の小出恵介さん(33)の17歳女性との飲酒、淫行にともなう無期限活動停止について「創業39年の中で最大の不祥事」などと謝罪した。
カテゴリー:

株主総会シーズン、都議会議員選挙見極めでこう着相場継続か/東京株オープニングコメント - 06月26日(月)08:34 

26日の日本株市場はこう着感の強い相場展開になりそうだ。
カテゴリー:

【経済指標予測AIによる今週の日経平均予想】 - 06月26日(月)07:06 

予測値:20132.67円(週間終値) レンジ:19556.37円 ~ 20725.95円 方向性:→横ばい(上昇確率50.0%) 【AIコメント】 株主総会シーズンとなるなか、機関投資家は動きづらい状況である。
カテゴリー:

日経平均は24円高でスタート、株主総会や都議選見極めムード、KLabやシャープは上昇 - 06月26日(月)13:02 

日経平均は24円高でスタート、株主総会や都議選見極めムード、KLabやシャープは上昇
カテゴリー:

【タカタ経営破綻】製造業の経営破綻としては戦後最大に・・・中国系企業の傘下で再建を目指す - 06月26日(月)11:08 

 欠陥エアバッグのリコール(回収・無償修理)問題で経営が悪化しているタカタは26日、民事再生法の適用を東京地裁に申請した。負債総額は1兆円超で、製造業の経営破綻としては戦後最大となった。 タカタは裁判所の関与の下、債務の総額を確定させるとともに、資金を出資してもらう中国系企業の傘下で再建を目指す。  タカタは、シートベルトなどの健全事業を新会社に切り離し、事業を継続しながら再生手続きを進める。 新会社の支援企業には中国・寧波均勝電子傘下の米自動車部品会社キー・セーフティー・システムズ(KSS)...
»続きを読む
カテゴリー:

日経平均は前週末終値とほぼ変わらずでスタート、株主総会シーズンで模様眺めムード強まる - 06月26日(月)09:36 

日経平均は前週末終値とほぼ変わらずでスタート、株主総会シーズンで模様眺めムード強まる
カテゴリー:

前場に注目すべき3つのポイント~株主総会シーズン、都議会議員選挙見極めでこう着相場継続か - 06月26日(月)08:21 

26日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。
カテゴリー:

ロッテ、お家騒動が成長足かせに 退けられた長男の経営陣復帰 くすぶる火種 - 06月26日(月)06:06 

 創業者一族による経営権争いが続くロッテホールディングス(HD)は24日開催した定時株主総会で、創業者の重光武雄氏(94)が取締役から退く人事を決めた。長男で一昨年1月に解任された宏之氏(63)が、自身や武雄氏らを取締役に選任することを求めて株主提案したものの、反対多数で否決。次男で現副会長の昭夫氏(62)が引き続き経営の中枢を担う体制が承認された。宏之氏は計3回、自身の復帰を求める株主提案をし、いずれも否決されている。武雄氏は名誉会長職は継続する。
カテゴリー:

もっと見る

「株主総会」の画像

もっと見る

「株主総会」の動画

Wikipedia

株主総会(かぶぬしそうかい)は、株式会社の機関の一つ。株主を構成員とし、株式会社の基本的な方針や重要な事項を決定する。株主は株式会社の実質的な所有者であり、言い換えれば、倒産時でない限り、残余請求権者であることから、重要な意思決定は株主総会に委ねられている。なお、株主は株主総会を通しておよそ会社に関することであれば、いかなる事項についても決議できるという理念(株主総会の万能機関性)は、所有と経営の分離などの現実もあり、すべての類型の株式会社において共有されているわけではなく、日本法、アメリカの州法、ドイツ法、フランス法においても一定の範囲で株主総会が決定できない事項が経営者側に留保されている。

日本の株主総会

日本会社法の条文は、以下で条数のみ記載する。

日本では、会社法・第2編株式会社 第4章機関 第1節株主総会及び種類株主総会(295条~328条)で規定されている。

概説

日本の会社法においては、機関構造の柔軟化が図られているが、株主総会は取締役とともに必要的機関とされている。それに対...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる