「株主総会」とは?

関連ニュース

東京電力新経営陣固まる 小早川氏が社長に 3/26 19:57更新 - 03月26日(日)19:57 

東京電力は次の社長に電力小売り部門の小早川社長(53)を起用する。今の廣瀬社長は副会長となり大幅な若返りに。会長には日立製作所の川村名誉会長が就き、6月の株主総会を経て新体制に移る。新経営陣は福島第一原発の事故対応など難しい改革に取り組む。
in English
カテゴリー:

サムスン電子、株主に陳謝 会長が「違法な支援はなかった」と説明 - 03月25日(土)15:30 

韓国の電機大手、サムスン電子は24日、ソウル市で定時株主総会を開き、サムスングループが朴槿恵前大統領の親友、崔順実被告側に贈ったとされる資金について、権五鉉副会…
in English
カテゴリー:

<アウガ>三セク解散を正式決定 - 03月25日(土)06:05 

青森市の再開発ビル「アウガ」を運営する第三セクター「青森駅前再開発ビル」は24日、臨時株主総会を開き、賛成多数で同社の31日付での解散を決めた。同社は4月以降、清算会社となり、特別清算に向けた手続きに
in English
カテゴリー:

サムスン、株主総会で相次ぐ不祥事を謝罪 ガバナンス改善誓う - 03月25日(土)05:33 

 韓国のサムスン電子は24日、ソウルで開催した定時株主総会で、大統領の罷免につながったスキャンダルへの同社の関与やスマートフォン「ギャラクシーノート7」のリコール(回収・無償修理)問題について謝罪し、ガバナンス(企業統治)の改善に取り組む方針を示した。
in English
カテゴリー:

大塚家具が株主総会、6年ぶりの最終赤字を久美子社長が謝罪 - 03月24日(金)22:12 

 経営不振に陥っている大塚家具は、24日、都内で株主総会を開き、去年、6年ぶりの最終赤字となったことについて、大塚久美子社長が謝罪しました。
in English
カテゴリー:

大塚家具、久美子社長を再任 業績悪化の責任問う株主も - 03月25日(土)16:00 

大塚家具は2017年3月24日、東京都内で株主総会を開き、大塚久美子社長が再任された。同社は16年12月期の最終損益が過去最悪の45億6700万円の赤字を計上しており、株主の一部が大塚社長の再任に反対していた。 新たな経営ビジョンで専門店や小型店の拡大打ち出す 株主総会には約120人が参加。取締役の選任や配当などのすべての議案が承認された。ただ、株主から大塚社長に対して業績悪化の責任を問う質問などがあった。 2月10日に発表した2016年12月期の最終損益が45億6700万円の赤字。売上高は前期比20.2%減の463億700万円、営業損益は45億9700万円の赤字だった。業績不振の原因を、同社は「商品の本質的なブランディングや、来店頻度を高めるためのインテリアやアクセサリーの商品開発が不十分だった。また、住宅事業者との提携再開が遅れたため、新築関連需要に対する依存度の高い大型店が不振だった点が低迷につながった」としていた。 大塚家具は創業者の父と娘の「お家騒動」以降、大塚社長が経営権を取得。会員制販売の廃止や高級路線から転換する戦略を打ち出していた。3月10日には、新たな経営ビジョンを発表。「顔の見える」専門店や小型店の多店舗展開の拡大、リユース家具の販売などの新規事業で、業績の立て直しを図る戦略を打ち出している。 【関連...more
in English
カテゴリー:

太陽ホールディングスは期末配当の上方修正を発表 - 03月25日(土)14:03 

■定時株主総会後の株主との懇親会を中止し、開催費用を配当原資へ 太陽ホールディングス(東1)は期末配当の上方修正を発表した。
in English
カテゴリー:

大塚家具、久美子社長が再任 個人株主からは業績悪化の責任問う声も - 03月25日(土)05:45 

 大塚家具は24日、東京都内で定時株主総会を開き、大塚久美子社長が再任された。ただ、個人株主からは大塚社長に対して業績悪化の責任を問う声などが相次いだ。議決権行使助言最大手の米ISSも大塚社長の再任に反対していたが、再任された。大塚社長の取締役再任の賛成率は88.5%だった。
in English
カテゴリー:

「政経癒着」批判受けサムスン謝罪 韓国、財界団体も - 03月25日(土)00:32 

 韓国財界を代表する団体、全国経済人連合会(全経連)は24日、国民向けの謝罪文と改革案を発表した。サムスン電子も同日の株主総会で経営陣が謝罪した。朴槿恵(パククネ)前大統領の罷免(ひめん)につながった…
in English
カテゴリー:

【経済】東芝、米原発子会社の破産法申請を3月31日で調整=関係筋 - 03月24日(金)21:23 

[東京 24日 ロイター] - 東芝(6502.T)は米国の原子力事業子会社、ウエスチングハウス(WH)について、 3月31日に米国の連邦破産法11条を適用申請する方向で調整に入った。 追加損失の発生が見込まれるが、申請と同時にWHは連結対象から切り離されることになり、来年度以降の原発事業の損失リスクを遮断できると想定している。 複数の関係筋が24日、明らかにした。 東芝は、WHの破産法適用による影響を調査しているが、2017年3月期の原発関連損失額は、現在想定の7000億円超から1兆円程度に拡大すると...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「株主総会」の画像

もっと見る

「株主総会」の動画

Wikipedia

株主総会(かぶぬしそうかい)は、株式会社の機関の一つ。株主を構成員とし、株式会社の基本的な方針や重要な事項を決定する。株主は株式会社の実質的な所有者であり、言い換えれば、倒産時でない限り、残余請求権者であることから、重要な意思決定は株主総会に委ねられている。なお、株主は株主総会を通しておよそ会社に関することであれば、いかなる事項についても決議できるという理念(株主総会の万能機関性)は、所有と経営の分離などの現実もあり、すべての類型の株式会社において共有されているわけではなく、日本法、アメリカの州法、ドイツ法、フランス法においても一定の範囲で株主総会が決定できない事項が経営者側に留保されている。

日本の株主総会

日本会社法の条文は、以下で条数のみ記載する。

日本では、会社法・第2編株式会社 第4章機関 第1節株主総会及び種類株主総会(295条~328条)で規定されている。

概説

日本の会社法においては、機関構造の柔軟化が図られているが、株主総会は取締役とともに必要的機関とされている。それに対...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる