「栗田貫一」とは?

関連ニュース

【芸能】歴代モノマネ芸人ランキング 1位はもちろん・・・ - 03月29日(水)20:51 

いつの時代もお茶の間を楽しませてくれるモノマネ芸人。 今までも数々のモノマネ番組でたくさんのモノマネ芸人がしのぎを削ってきました。 中でも、モノマネが上手くて面白いと思われている人は一体誰なのでしょうか。 そこで今回は、上手くて面白い歴代のモノマネ芸人について探ってみました。 1位 コロッケ(121票) 2位 原口あきまさ(79票) 3位 友近(64票) 4位 清水ミチコ(59票) 5位 コージー冨田(57票) 6位 ホリ(48票) 7位 福田彩乃(47票) 8位 神奈月(46票) 9位 ミラクルひかる(45票) 10位 栗田貫一(...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

コロッケ、モノマネ四天王不仲説の真相を暴露!? - 03月25日(土)16:05 

 3月17日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にモノマネ芸人のコロッケ(57)が出演。モノマネ業界の人間関係について語った。  この番組は「ホンネでハシゴ酒」をテーマに、酒を酌み交わしながら司会のダウンタウンの松本人志(53)、浜田雅功(53)、進行役の坂上忍(49)とゲストがトークするというもの。今回は飲み仲間としてモノマネタレントの福田彩乃(28)も参戦した。  モノマネ界の集まりがないのかと聞かれた福田は、「モノマネの収録が終わったら、コロッケさんが声かけてくださるので、打ち上げみたいな感じで飲み行くかって誘ってくださって」と明かし、「カラオケがあるところに行って、みんなずっとモノマネ(している)」と報告。それを聞いたダウンタウンの二人は感心し、松本は「病気やね」としみじみ。さらに番組では“ものまね四天王は二度とそろわないのか?”というテーマで、コロッケに四天王の不仲説について質問する場面があった。  かつて80年代後半に人気を博したテレビ番組『ものまね王座決定戦』(フジテレビ系)で、人気と実力を兼ね備えていたのが、コロッケ、清水アキラ(62)、ビジーフォーのグッチ裕三(65)とモト冬樹(65)、栗田貫一(59)の“ものまね四天王”。しかし1992年にコロッケが番組から卒業したことで、四天王は崩壊。そこから不仲説がささやかれるようになった。  真相について聞かれたコロ...more
in English
カテゴリー:

コロッケ、ものまね四天王不仲説の実情を告白 - 03月16日(木)21:00 

コロッケが、3月17日(金)放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系列、毎週金曜21:55~)にゲスト出演。ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)と坂上忍の3人が、豪華ゲストたちとお酒を飲みながら本音で語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」に登場する。3軒目のゲストとして登場するモノマネ界の重鎮・コロッケ。ダウンタウンとは番組での共演はあるものの、ひざをつき合わせて飲むのは初めて。冒頭から「このメンバーで飲めるのはうれしい」と上機嫌なコロッケは、これまでテレビでやったことのない「アントニオ猪木の下ネタ」を披露し、一同を喜ばせる。さらに、モノマネレパートリーが300種類以上もあるというコロッケに対し、松本がレパートリーにない浜田のモノマネをリクエスト。コロッケによる浜田のモノマネが初披露される。また、コロッケは「飲んでいる時にしかやらない」と語った、「“とんぼ”を歌っている時に、ライブ会場内で友だちを見つけた時の長渕剛」などのモノマネを惜しげもなく披露していく。さらに、不仲説がささやかれる「ものまね四天王」(清水アキラ、ビジーフォー、栗田貫一、コロッケ)の実情など、モノマネ業界の内情が明かされる。そのほか、野村周平と渡辺直美がゲスト出演する。 関連リンク 野村周平、菅田将暉から意外すぎるアドバイス「演技論」が嫌いだと本音も ...more
in English
カテゴリー:

「西郷どん」新キャストに黒木華、桜庭ななみら 大久保利通役は瑛太に決定 - 03月27日(月)14:41 

 2018年大河ドラマ「西郷(せご)どん」出演者発表会見が27日、東京都内で行われ、主人公・西郷吉之助(隆盛)役の鈴木亮平をはじめ、西郷家ゆかりの人々を演じる瑛太、黒木華、桜庭ななみ、渡部豪太、塚地武雅、風間杜夫、平田満、松坂慶子が出席した。 西郷の幼なじみの大久保一蔵(後の利通)を瑛太、西郷と同じ城下に住む武家の娘で3人目の妻となる岩山糸を黒木が演じるほか、西郷家の長女・琴を桜庭、次男・吉ニ郎を渡部、親子代々西郷家に仕える熊吉を塚地、西郷の父・吉兵衛を風間、母・満佐子を松坂、一蔵の父・次右衛門を平田がそれぞれ演じる。 鈴木は、西郷役が決まってから大久保利通役のキャスティングに注目していたそうで、「誰にも言っていなかったけど、瑛太くんだったらいいなと実は思っていました」と明かした。 2人は初共演で、驚く瑛太に鈴木は「この話を聞いた時にめぐり合わせのようなものを感じた。瑛太くんは僕に持っていない感性をたくさん持っている方というイメージ。違いがあるからこそ仲良くなり、対立していく様子を演じられるのでは」と語り、目を輝かせた。 2008年の大河ドラマ「篤姫」に出演経験のある瑛太は「俳優にとっても、ステップアップできる、一つ階段を登れたような記憶があります。今回は利通を演じて、俳優として次のステップに進みたい」と意気込みを語った。 鈴木との共演については「予定調和だけじゃない、お互い今まで...more
in English
カテゴリー:

コロッケ、ものまね四天王“不仲説”の実情を告白 - 03月16日(木)21:30 

コロッケが、3月17日(金)放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系列、毎週金曜21:55~)にゲスト出演。ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)と坂上忍の3人が、豪華ゲストたちとお酒を飲みながら本音で語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」に登場する。3軒目のゲストとして登場するモノマネ界の重鎮・コロッケ。ダウンタウンとは番組での共演はあるものの、ひざをつき合わせて飲むのは初めて。冒頭から「このメンバーで飲めるのはうれしい」と上機嫌なコロッケは、これまでテレビでやったことのない「アントニオ猪木の下ネタ」を披露し、一同を喜ばせる。さらに、モノマネレパートリーが300種類以上もあるというコロッケに対し、松本がレパートリーにない浜田のモノマネをリクエスト。コロッケによる浜田のモノマネが初披露される。また、コロッケは「飲んでいる時にしかやらない」と語った、「“とんぼ”を歌っている時に、ライブ会場内で友だちを見つけた時の長渕剛」などのモノマネを惜しげもなく披露していく。さらに、不仲説がささやかれる「ものまね四天王」(清水アキラ、ビジーフォー、栗田貫一、コロッケ)の実情など、モノマネ業界の内情が明かされる。そのほか、野村周平と渡辺直美がゲスト出演する。 関連リンク 野村周平、菅田将暉から意外すぎるアドバイス「演技論」が嫌いだと本音も ...more
in English
カテゴリー:

「栗田貫一」の画像

もっと見る

「栗田貫一」の動画

Wikipedia

栗田 貫一(くりた かんいち、1958年3月3日)は、日本のものまねタレントお笑いタレント俳優声優。本名は、栗原 良之(くりはら よしゆき)。ものまね芸を得意とする。愛称はクリカン栗ちゃん東京都出身。三木プロダクションオフィス南所属。妻は女優の大沢さやか。身長170cm、体重53kg、血液型はB型。星座はうお座。

ものまね王座決定戦の「ものまね四天王」の一人。

声優としての代表作はルパン三世(ルパン三世)《現任》。

来歴

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる