「柳楽優弥」とは?

関連ニュース

マツコ絶賛「エロすぎる」25歳も着替えて楽しむ制服専門店に潜入 - 06月25日(日)16:35 

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。6月24日の放送は、イマドキの女子高生たちが殺到する制服専門店を探った。原宿の竹下通りから1本入ったところにある「CONOMi」は、女子高生に人気の制服ショップ。私服の学校に通う女子高生や、自分の学校とは異なる制服を着たいという女子高生に人気で、繁忙期には入店が1時間待ちになるほど。リボンやネクタイだけでも100種類以上が取り揃えてあり、さまざまな組み合わせを試すことができるという。店内には、買い物中の2人組の女子高生が。共に制服姿で、マツコは「あれは本当に(指定の)制服っぽいよね」と予想するが、2人とも、学校指定のものではない“なんちゃって制服”だった。「学校へ行くときはちゃんと学校指定のものを着て、プライベートでは自分の制服を着る」という彼女たち。マツコは、「ああいう風にされちゃうと、本当にどっかの制服みたいに見えるね」と驚くのだった。「清楚に見える」「髪もアレンジしなくていい」「楽なんです、身軽で」と、彼女たちがプライベートでも制服を着る理由を話すと、マツコも「なんかわかってきた。簡単だけど、かわいく見えるから、いいわけだ」と納得。また、「制服を着ているとモテる」という彼女たちに、「若さをフルに活かして楽し...more
カテゴリー:

夏とくばん 必見4番組をセレクト! - 06月25日(日)14:00 

ことしも注目の夏特番がめじろ押し。そんな“とくばん夏場所”から4番組をピックアップ! 【画像を見る】「―やりすぎ都市伝説SP2017夏」では、あばれる君が広島の山岳信仰の謎に迫る!/(C)テレビ東京 ■ 独断と偏愛の音楽の祭典再び! 「第2回明石家紅白!」(6月26日[月]夜7.30-8.43、NHK総合) ●明石家さんまが“自分なりの紅白”を開催する第2弾に、ゆず、三浦大知、Dream Amiらが登場。山口百恵の長男・三浦祐太朗は、宇崎竜童と共に地上波初のコラボレーションを披露する。また、さんまは、ゆずに、自身がカラオケで「夏色」を歌う時の歌い方を逆指南する。 ■ スティーブ・ジョブズの後継者の野望!? 新たな都市伝説が続々 「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説SP2017夏」(6月30日[金]夜8.00-10.48、テレビ東京系) ●Mr.都市伝説 関暁夫、島田秀平らが、ちまたでうわさされる都市伝説を披露する。「人類再生化計画」を追う関は、ロシアへ飛び、とある施設で極秘に進むプロジェクトを調査。また、あばれる君は、広島に伝わる山岳信仰の謎に迫る。さらに、かじがや卓哉は、スティーブ・ジョブズ氏の跡を継ぐ男の“野望”を紹介する。 ■ 三十路を迎えた“ゆとり第一世代”にさまざまな問題が襲いかかる!? 「スペシャルドラマ ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編 前・後編」(7月2日...more
カテゴリー:

綾野剛主演『フラ恋』感動の最終回!恋の行方はどうなるのか - 06月25日(日)07:00 

綾野剛が主演を務める『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)が、6月25日の放送で最終回を迎える。全世界が知る、恐怖とサスペンスホラーの原点とも言える“フランケンシュタイン”をテーマに、オリジナルストーリーが展開される同ドラマ。ある事件をきっかけに、人間に近い形をしながらも、確実に人間じゃない風貌を持つ一方で、その心はむしろ人間よりも心優しい怪物(綾野)が生み出された。森の奥でひっそりと生活し、無理なこととわかっていながらも、「人間」として暮らせる日を夢見ている彼は、ある出来事をきっかけに人間と出会い、やがて自身を「深志研」と名付けてくれた女子大生・津軽継実(二階堂ふみ)と恋に落ちていく。しかし、怪物には人間とは“ふれあえない”ある秘密があった……。先週の放送で、120年前、自身が「山部呼六」という名で継実の先祖・サキ(二階堂)と恋をしていたことなど、すべての記憶を呼び覚まし、ラジオの生放送で語った研。そして放送後、意識不明となり病院で眠り続けたままの継実のもとへ向かい、研が継実の手に触れた瞬間、彼女が目を覚ますという奇跡が起こったのだった。最終話では、目覚めた継実が脳の精密検査を受けると、脳の出血が消失。医師も見たことのない症例だと驚く。研の起こした奇跡によって、津軽はこれまで苦しめられていた病気から解放された。そして継実にも、研は120年前の記憶を語り...more
カテゴリー:

柳楽優弥の“おっぱい連呼”再び!『ゆとりですがなにか』無料配信スタート - 06月24日(土)14:18 

岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥がゆとり世代を演じ、話題を集めたドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)の第1話から第3話が、民放公式テレビポータル「TVer」にて配信スタートした。野心なし、競争意識なし、協調性なしと言われる「ゆとり世代」をテーマに、宮藤官九郎が書き下ろした本作は、アラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に、迷い、あがきながらも、懸命に世の中の理不尽に立ち向かっていく。毎日に奮闘する人たちが行き交う、「ゆとりなんてない」人間ドラマだ。食品会社みんみんホールディングスに勤める坂間正和(岡田)は、“ゆとり第一世代”と呼ばれる29歳。上司からあきれられるほどマイペースな彼も、30歳を前に悩みが増える毎日。さらに、成績不振で本社勤務から居酒屋チェーン「鳥の民」へ出向を命じられて、正和のストレスは溜まる一方。そんな中、正和は、ひょんなことから小学校の教師・山路一豊(松坂)と出会うが、2人は同い年の“ゆとり”だった。「鳥の民」高円寺店で店長として働き始めた正和は、慣れない仕事で失敗ばかり。年上のバイトから「頼むからなにもしないでくれ!」と言われる始末。さんざんな目に遭った正和が店を閉めて帰ろうとすると、同僚の教師と来店していた山路が待っていて、2人で飲みに行くことになる。「ゆとり」と揶揄されながら、上の世代と下の世代の板挟みになっている悩みをお互いに打ち明けて意気投合。そこに...more
カテゴリー:

井上雄太、初主演映画でオールラオスロケ完遂!「とても楽しかったです」 - 06月24日(土)10:00 

6月24日(土)に公開される、日本・ラオスによる史上初の合作映画「ラオス 竜の奇跡」で主演を務める若手俳優・井上雄太にインタビューを行った。 【写真を見る】井上雄太と“ミス・ラオス”2位の美貌を誇るティダー・シティサイの共演も話題に/(C)ジャパン-ラオス・クリエイティブ・パートナーズ 同作は、1960年にラオスで起きた日本人技師の事故の実話を題材に描いたファンタジーで、井上は将来を夢見てダム建設調査のためにラオスを訪れた青年・川井を演じる。 そんな井上に、ラオスロケの感想や共演者の印象、撮影エピソードなどをたっぷりと語ってもらった。 ――1年半くらい前に撮影されたそうですが、ラオスでの撮影はいかがでしたか? とても楽しかったです。演じた川井はダム建設のためにラオスに働きに行ったのですが、現地の生活が好きで、現地の人たちも好きになったおかげでいろいろと行動を起こせたので、その気持ちに近づきたいと思っていました。 僕は2015年の10、11月の2カ月間ラオスに行っていたんですけど、いざ日本に帰るときは、まだ帰りたくないって思えるくらい好きになりました。 ――ラオスという異国の地で、それも映画初主演ということで、プレッシャーはありましたか? ラオス自体初めてでしたが、お話を頂いたからにはまず自分ができることは全部やろうと思いました。やはり不安だったので言葉の勉強から始まり、1960年当...more
カテゴリー:

マツコ絶賛「エロすぎる」25歳も着替えて楽しむ制服専門店に潜入 - 06月25日(日)16:34 

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。6月24日の放送は、イマドキの女子高生たちが殺到する制服専門店を探った。原宿の竹下通りから1本入ったところにある「CONOMi」は、女子高生に人気の制服ショップ。私服の学校に通う女子高生や、自分の学校とは異なる制服を着たいという女子高生に人気で、繁忙期には入店が1時間待ちになるほど。リボンやネクタイだけでも100種類以上が取り揃えてあり、さまざまな組み合わせを試すことができるという。店内には、買い物中の2人組の女子高生が。共に制服姿で、マツコは「あれは本当に(指定の)制服っぽいよね」と予想するが、2人とも、学校指定のものではない“なんちゃって制服”だった。「学校へ行くときはちゃんと学校指定のものを着て、プライベートでは自分の制服を着る」という彼女たち。マツコは、「ああいう風にされちゃうと、本当にどっかの制服みたいに見えるね」と驚くのだった。「清楚に見える」「髪もアレンジしなくていい」「楽なんです、身軽で」と、彼女たちがプライベートでも制服を着る理由を話すと、マツコも「なんかわかってきた。簡単だけど、かわいく見えるから、いいわけだ」と納得。また、「制服を着ているとモテる」という彼女たちに、「若さをフルに活かして楽し...more
カテゴリー:

綾野剛「フランケンシュタインの恋」9話。斎藤工切なかった…どうかこのままハッピーエンドで! - 06月25日(日)11:00 

「フランケンシュタインの恋」(日本テレビ 日よる10時30分~)脚本:大森寿美男 演出:守下敏行出演:綾野剛 二階堂ふみ 柳楽優弥 川栄李奈 新井浩文 光石研 柄本明 斎藤工 他怪物・深志研(綾野剛)が忘れていた120年前の記憶を取り戻した。呼六とサキの恋の話怪物の研(綾野剛)がラジオの生放送で自分のことを語り出す。怪物になる前の研は山部呼六(綾野剛・二役)という人間だった。ハキハキとした好青年だ。呼六は独学で医者になった努力家。伝染病の研究者、深志研太郎博士(斎藤工)のもとで細菌学を学びたいと富嶽伝染病研究所の門を叩く。もともと人と接するのが苦手だった深志博士は呼六を患者の窓口として採用する。患者に滋養のあるものを食べさせたいと畑を作ることを思いついた呼六は地主の家を訪ねる。そこで出会ったのがサキ(二階堂ふみ・二役)だった。呼六とサキは次第に惹かれあい、恋仲になっていく。深志博士は二人の恋を応援する一方で、優しいサキに対し淡い思いを抱くようになっていた。呼六、伝染病に感染する呼六が伝染病に感染してしまう。深志博士は怪物・研に宛てた手紙で「君が新しい伝染病に感染したとき、私は瞬間にサキさんを奪えるかもと思ってしまった。人間の一番卑しい感情を抱いてしまった」と懺悔する。呼六のことを好きだからこその懺悔だ。(怪物・研さんを応援する一方でラジオで怪物の正体がバレればいいと願った稲庭先輩の...more
カテゴリー:

柳楽優弥のおっぱい連呼再び!『ゆとりですがなにか』無料配信スタート - 06月24日(土)14:30 

岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥がゆとり世代を演じ、話題を集めたドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)の第1話から第3話が、民放公式テレビポータル「TVer」にて配信スタートした。野心なし、競争意識なし、協調性なしと言われる「ゆとり世代」をテーマに、宮藤官九郎が書き下ろした本作は、アラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に、迷い、あがきながらも、懸命に世の中の理不尽に立ち向かっていく。毎日に奮闘する人たちが行き交う、「ゆとりなんてない」人間ドラマだ。食品会社みんみんホールディングスに勤める坂間正和(岡田)は、“ゆとり第一世代”と呼ばれる29歳。上司からあきれられるほどマイペースな彼も、30歳を前に悩みが増える毎日。さらに、成績不振で本社勤務から居酒屋チェーン「鳥の民」へ出向を命じられて、正和のストレスは溜まる一方。そんな中、正和は、ひょんなことから小学校の教師・山路一豊(松坂)と出会うが、2人は同い年の“ゆとり”だった。「鳥の民」高円寺店で店長として働き始めた正和は、慣れない仕事で失敗ばかり。年上のバイトから「頼むからなにもしないでくれ!」と言われる始末。さんざんな目に遭った正和が店を閉めて帰ろうとすると、同僚の教師と来店していた山路が待っていて、2人で飲みに行くことになる。「ゆとり」と揶揄されながら、上の世代と下の世代の板挟みになっている悩みをお互いに打ち明けて意気投合。そこに...more
カテゴリー:

『おんな城主 直虎』、龍雲丸はよろず請負屋を旗揚げ 今後直虎との関係は!? - 06月24日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第24話「さよならだけが人生か?」では、今川氏真(尾上松也)が国衆の離反を防ぐための策として縁談を積極的におしすすめた。直虎のもとにも、新野家の三女・桜(真凜)を今川家重臣の庵原家へ嫁がせよという命が。一方、織田信長(市川海老蔵)は、家康(阿部サダヲ)に武田との縁を組ませぬよう、信長の娘・徳姫と家康の嫡男・竹千代の縁組を進める。桜の婚姻を案ずる直虎は嫁ぎ先である庵原家を訪ね、夫となる助右衛門(山田裕貴)と面談。その人柄に安堵する。そして岡崎城では竹千代の元へ織田から徳姫が輿入れする。【関連】『おんな城主 直虎』第25話フォトギャラリー 井伊の材木をまとめて買い取りたいという商人が見つかり、張り切る直虎と方久(ムロツヨシ)。一方、直虎からの仕官の誘いを断り井伊を去った龍雲丸(柳楽優弥)と子分たちは気賀に戻り「龍雲党」を旗揚げする。盗賊一味から一転、流れ者を集めてよろず請負を始めたのだ。 駿府では今川氏真が同盟を破った武田家への報復として「塩止め」で武田家と通じる商人の取り締まりを強化していた。そんな中、井伊家の材木の商い先である「成川屋」が三河の徳川に材木を流していることが発覚する…。 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第25話「材木を抱いて飛べ」はNHK BSプレミアムにて6月25日(日)18時、総合テレビにて20時放送。 ■関連記事『...more
カテゴリー:

吉田鋼太郎の吉田塾門下生は小栗旬、藤原竜也など豪華な顔触れ - 06月24日(土)09:45 

6月23日放送の「A-Studio」(TBS系)に吉田鋼太郎がゲスト出演。柳楽優弥との共演など、若手俳優たちとの交流について語った。 【写真を見る】次回のゲストは米倉涼子 吉田が柳楽と共演したのは、蜷川幸雄さんが演出した舞台「NINAGAWA・マクベス」(2015年)。最初の立ち稽古では、蜷川さんが芝居の出来を「今んとこダメだ」と判断。吉田は蜷川さんから「鋼太郎、柳楽頼む」と言われて、柳楽に対してせりふの言い回しなど細かい演技指導をすることになったという。 そもそも吉田は蜷川演出の舞台に数多く出演しており、蜷川さんからの信頼も厚い実力派俳優。シェイクスピア作品にも精通している吉田の元には、柳楽だけでなく多数の若手俳優たちが集い、吉田塾と銘打って自宅で個別に演技指導をすることも。 “門下生”は小栗旬、藤原竜也、松坂桃李、溝端淳平らそうそうたる面々。「芝居に関してはものすごい前向きですよね、この人ら」と、教え子たちの俳優としての資質を評価した。次回、6月30日(金)放送予定の「A-Studio」のゲストは米倉涼子。 【関連記事】 ・高橋大輔、銅メダルの裏にあった“逃亡生活”を懺悔 ・早乙女太一が大胆告白!妻・西山茉希が嫌いだった ・大久保佳代子、母親からの言葉に涙と感謝 ・芳根京子「べっぴんさん」出産シーンで流した涙の理由
カテゴリー:

もっと見る

「柳楽優弥」の画像

もっと見る

「柳楽優弥」の動画

Wikipedia

柳楽 優弥(やぎら ゆうや、1990年3月26日 - )は、日本俳優東京都東大和市出身。スターダストプロモーション所属。

経歴

2002年に「友達が所属していて楽しそうだった」という理由で芸能事務所入りを希望。スターダストプロモーションに応募する。映画誰も知らないが初オーディションだったが、監督の是枝裕和に「目に力がある」と主役に抜擢された。この誰も知らないが子役としての最初の活動となるが、撮影に1年かけ、公開はさらに1年経ってからだったため、メディアに出たのは本田技研のCMやドラマクニミツの政の方が先となった。

その主役を演じた映画誰も知らないが2004年、第57回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、当時14歳で史上最年少で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる