「柳楽優弥」とは?

関連ニュース

高橋一生インタビューも!『おんな城主 直虎』ブルーレイ&DVD第弐集、12月に発売決定 - 08月18日(金)00:01 

柴咲コウ、高橋一生、柳楽優弥ら、豪華競演が話題のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合)のブルーレイ&DVD完全版第壱集の発売が18日に始まると同時に、ブルーレイ&DVD完全版第弐集の発売が12月20日に決定した。 (C)2017 NHK 同作品は、生き馬の目を抜く戦国時代にあって、女でありながら一国の城主...
カテゴリー:

別れたあの人が忘れられません……もう一度付き合えますか? - 08月14日(月)11:00 

あなたには、忘れられない人がいるだろうか? 一度は別れたけれど、やっぱりあの人以上の彼(彼女)に出会えない。もう一度やり直したい。そんなふうに復縁を願う人は、意外にも多いようである。 「モトサヤ」という言葉があるくらいだし、芸能人でも復縁を経て結婚したカップルは数知れず。いまや爽やかな朝の顔・イノッチと瀬戸朝香だって、ロンブーの淳と元モデルの奥様だって、柳楽優弥&豊田エリーだってそうだ。ほら、話題になったdocomo25周年スペシャルムービーだって、たったひとつの歌と一本の電話がきっかけで復縁した二人の物語だ。 なんでも、世の中には「復縁アドバイザー」なる職業があるそうだ。復縁アドバイザー・浅海さんによると、これまでの相談件数はじつに4万件以上!(2017年3月現在) そこで、復縁を望む人に向けて、浅海さんの著書『約3万件の相談から生まれた!「復縁」の最強メソッド』(ブックビヨンド・刊)から、そのテクニックを一部紹介しよう(とはいえ、最近流行りの不倫を推奨したいわけではないので、既婚者の方は華麗なるスルーをしていただきたい)。 復縁は、関係の「修復」ではなく「補強」である 復縁というと、なんだかドロドロしたイメージを持ってしまうのだが、実際には「とても前向きでワクワクする作業です」と浅海さん。というのも、一度は好きになった者同士の縁を結び直せるからだ。 一旦壊れてしまった関係を修復...more
カテゴリー:

【映画】<銀魂>公開30日で興行収入30億円突破&ワーナー映画史上関連ツイート件数No.1 - 08月15日(火)16:49  mnewsplus

『銀魂』が、7月14日の公開初日からちょうど30日目にあたる8月12日終了時点で興行収入3,050,803,200円となり、30億円突破となった。 なお、8月13日終了時点での興行成績は、興行収入3,115,229,700円、動員2,361,321人となっている。 映画『銀魂』に関するツイート件数は2,857,840件となっており、映画公開直近3ヶ月期間対象(5/12~8/10)で、ワーナー映画史上ナンバーワン(ワーナー映画調べ)とのこと。 またアジアでもすでに台湾、シンガポール、ベトナムにおいて公開されている。今週末には香港で封切られ、以降、フィリピン、...
»続きを読む
カテゴリー:

「僕たちがやりました」視聴率がもっと伸びないとおかしい、面白い。少し原作と方向が変わってきた3話 - 08月08日(火)10:00 

ドラマ「僕たちがやりました」(カンテレ制作)第3話。視聴率は、前話から0.1ポイント持ち直しての6.6%。相変わらず好調とは言えないが、内容の良さからしっかりと固定ファンはついてる模様。しかし、視聴率と面白さが必ずしも比例するとは限らない。終わるころには二ケタになってるだろう、と、漠然と思えるほど毎週ドキドキして観てる。再現度が高いと言われているこのドラマだが、第3話で原作と方向性が変わってきた。制作側はもともとオリジナルの結末を用意と宣言しているので、もしかしたら、この3話がターニングポイントになるのかもしれない。あらすじプーケット逃亡計画は、パイセン(今野浩喜)が逮捕された事で破綻してしまう。トビオ(窪田正孝)が行き場をなくし途方にくれていると、マル(葉山奨之)から電話がかかってくる。空港に行かなかったのは、トビオとパイセンがプーケットに逃げれば自分は助かると思ったからと、素直に謝られたトビオはマルと合流する。逃亡だけしてても辛いだけだと、2人はパイセンから貰った500万で遊ぶことに。手始めにキャバクラに行き、その後ネットカフェで風俗店を検索する2人。しかし、眠っていたトビオが眼を覚ますと、置いてあった一万円札に「ごめん」の文字が。マルは、トビオの金を盗んで逃げてしまった。原作との違い第3話は、ドラマオリジナルキャラクターの菜摘先生(水川あさみ)がストーリーに本格的に関わってき...more
カテゴリー:

「柳楽優弥」の画像

もっと見る

「柳楽優弥」の動画

Wikipedia

柳楽 優弥(やぎら ゆうや、1990年3月26日 - )は、日本俳優東京都東大和市出身。スターダストプロモーション所属。

経歴

2002年に「友達が所属していて楽しそうだった」「自分も周りを笑わせたい」という理由で芸能事務所入りを希望。スターダストプロモーションに応募する。映画誰も知らないが初オーディションだったが、監督の是枝裕和に「目に力がある」と主役に抜擢された。この誰も知らないが俳優としての最初の活動となるが、撮影に1年かけ、公開はさらに1年経ってからだったため、メディアに出たのはHONDAのCMやドラマクニミツの政の方が先となった。

その主役を演じた映画誰も知らないが2004年、第57回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる