「柑橘類」とは?

関連ニュース

誰か!誰か早く、僕にビールを! - 04月19日(木)19:00 

(もちろん個人差はあるけれど)飲み物の中でもとくにビールって、なぜか「飲みたい!」と思ってしまった途端、圧倒的な枯渇感を感じはじめて、ソワソワするような感覚になりませんか?「ダメだ、飲みたい!ビールが飲みたい!」って。長時間運動をした後ならまだしも、大してカロリーを消費してもいないのに。これ、全世界共通だった模様。その名も「“緊急飲酒”ビール」「(いたって健康体だけど)飲まなきゃ倒れちゃう!」 Wild Heaven Beerさん(@beerwildheaven)がシェアした投稿 - 10月 31, 2015 at 10:20午後 PDT Wild Heaven Beerさん(@beerwildheaven)がシェアした投稿 - 11月 1, 2015 at 7:03午前 PST この「Emergency Drinking Beer(意訳:緊急飲酒ビール)」はアメリカ・ジョージア州の醸造所〈Wild Heaven Beer〉が手がけるクラフトビール。なんとも直球なパッケージです!なにがエマージェンシーかって、それくらい急いで飲みたくなる美味しいビールだって意味だそう。気になる味については、ピルスナーとゴーゼのミックスで、軽く爽やかな口当たり。柑橘類やポルトガル産の塩、レモングラスによって複雑味がありつつも飲みやすく仕上げています。 Wild Heav...more
カテゴリー:

始まりは親の愛。大型コインランドリー「マンマチャオ」急成長の訳 - 04月16日(月)04:45 

今、コインランドリー業界が活況を呈していることをご存知でしょうか。そんな中でも「業績絶好調」として注目を集めているのが、首都圏を中心にFC展開で店舗数を増やし続けている「マンマチャオ」。同社快進撃の理由はどこにあるのでしょうか。ビジネス分野のジャーナリストとして活躍中の長浜淳之介さんが、コインランドリー業界が成長する理由を取材するとともに、なぜここまで「マンマチャオ」が消費者に受け入れられたのか、同社社長へのインタビューなどを通じて、詳細に分析・考察しています。 アトピーの息子にも優しいエコランドリーを。大型コインランドリー「マンマチャオ」の成長戦略 環境に優しい「エコランドリー」をコンセプトとする「大型コインランドリー」をチェーン展開する、マンマチャオ(本社・横浜市都築区、三原淳社長)が絶好調だ。 2017年9月期の年商は約29.3億円で、前年の約14.4億円から倍増。前々年の15年は約7.1億円で、まさに倍々ゲームの伸び方だ。2000年の設立以来、緩やかに上昇してきたが、2013年の年商3.7億円が、14年に6.7億円へと2倍に近くに伸張して以来、加速が付いて来た。 今年3月末には470店舗を達成。そのうち約半数の243店が首都圏一都三県に集中する。東日本では随一の店舗数を誇っており、コインライドリー業界唯一の上場企業であるWASHハウスの約500店舗を猛追している。近年はF...more
カテゴリー:

「オレンジの日」限定ケーキ - 04月11日(水)16:05 

[株式会社ファイブフォックス] 愛媛県の柑橘類生産農家が1994年に制定した4/14「オレンジの日」。2/14の「バレンタインデー」で愛を告白し、3/14の「ホワイトデー」でその返礼。その後で二人の愛情を確かなものとし、オレンジ(またはオレンジ色...
カテゴリー:

呉の名物「海自カレー」は、なぜ成功したのか - 03月31日(土)12:51  news

先日、広島県の呉市を訪問してきた。呉は、横須賀、佐世保、舞鶴と並び、旧海軍の鎮守府が設置された“旧軍港市”であり、2016年4月には、「海軍とともに歩んだまち」「日本近代化の躍動を体感できるまち」として、文化庁から日本遺産の認定を受けた。 9つの峰に囲まれている「九嶺(きゅうれい)」がなまったのが地名の由来とされる呉湾に浮かぶ艦船たちを見ながら歩き、呉海自カレーを 1皿でも多くたいらげたい(写真:たわばう / PIXT) 呉には、10分の1サイズで忠実に再現した戦艦大和を中心に、零式艦上戦闘機(ゼロ戦)六二型...
»続きを読む
カテゴリー:

【本日発売】夏みかんよりグレープフルーツの味、グレープフルーツより酸味が少ないゆずの突然変異種とは!? 宮崎を代表する柑橘果実を爽やか炭酸で味わう『和果ごこち 日向夏サイダー』! - 04月16日(月)18:04 

宮崎県を代表する柑橘系果実。県外では「小夏」「ニューサマーオレンジ」とも言われる。苦味の少ない白い皮も一緒に食べて美味しい。さて、何でしょう。正解は「日向夏(ひゅうがなつ)」。今回紹介する『和果ごこち 日向夏サイダー』は、そんな宮崎県にて江戸時代に発見された柑橘フルーツの美味しさを人工甘味料不使用で大人の炭酸飲料だ。 ■旬の果実が一番美味しい。そんな基本を守った「和果ごこち」シリーズから旬の宮崎県産日向夏を搾ったこだわりサイダーが登場! 自販機ユーザーに絶大な支持を受けるダイドードリンコの果汁飲料シリーズ「和果ごこち」。2014年誕生のまだ新しいブランドだが、当時に比べて2倍の出荷量になっている新規ブランドだ。 その「和果ごこち」が今回目をつけたのは日向夏(ひゅうがなつ)。江戸時代に宮崎市で発見された、ゆずの突然変異種と言われている。和の果実の中でもさっぱりとした清々しい味わいが特徴で、大人のための上品な柑橘類としてその存在感を強めている。 日向夏の特徴はみかんよりも大きく、夏みかんよりは小さめ。味わいはグレープフルーツに近いけれど、酸味は抑えられているという柑橘類。眩しいイエローの皮を薄く剥いて、白皮ごと食べるのが作法。通常の柑橘類とは違い、白皮が苦くないのが特徴だ。 そんなデリケートな美味しさを持つ日向夏は春が旬。ハウスものとして一年中存在するけれども、「和果ごこち」なの...more
カテゴリー:

豊富な山海の幸を食べつくす!『南九州フェア』開催  期間:2018年6月1日(金)~8月31日(金) 場所:ストリングスホテル 名古屋 「シェフズ ライブ キッチン」 - 04月12日(木)11:00 

[株式会社ツカダ・グローバルホールディング] [画像1: https://prtimes.jp/i/4975/236/resize/d4975-236-330695-0.jpg ] ファーストディッシュでは、愛知県産のスズキと天草産アオサ海苔を使用し、天草で有名な柑橘類“晩柑”の華やかな香りを楽し...
カテゴリー:

【本日発売】しっかり酔える高アルコール系高炭酸『キリン・ザ・ストロング』3種に一気に立ち向かってみた結果! - 04月10日(火)09:00 

いまRTD(Ready To Drink=フタを開けてすぐそのまま飲める飲料)市場を席巻しているのがしっかり酔える「高アルコール系RTD」。そんなRTD市場に、また高アルコール系の新商品が登場する。『キリン・ザ・ストロング』はアルコール度数が9%で、ハードな炭酸感と味わい、アルコール感を兼ね備えた飲みごたえのある3種類がラインナップされる。はたして満足できる飲みごたえと酔いごたえがあるのだろうか。いち早く入手したので、実際に飲んで確認してみよう! ■ガツンと“ハード”な”ハードエキス”入り……、それって何? 最近は高アルコール系が大人気だ。ビールテイスト飲料でもアルコール度数7、8%の商品がしのぎを削り合っているが、特に熱いのがRTD市場だ。その旗頭となって市場を牽引しているのが一桁ギリギリ9%のキリン「氷結ストロング」だが、さらに同社はこの市場に重ねて新商品をぶつけてきた。   それが『キリン・ザ・ストロング ハードドライ/ハードレモン/ハードコーラ』(350ml缶/500ml缶・オープン価格・2018年4月10日発売)シリーズだ。フレーバーは3種類で、それぞれに新開発の「ハードエキス」(特許出願中)を使用し“ハードな味わい”、同社RTDでもっとも強い“ハードな炭酸感”、クリアウオッカを使用してアルコール分9%に仕上げた“ハードなアルコール感”...more
カテゴリー:

「柑橘類」の画像

もっと見る

「柑橘類」の動画

Wikipedia

柑橘類(かんきつるい)は、ミカン科ミカン亜科ミカン連(カンキツ連)の、ミカン属など数属の総称である。漢籍由来の言葉ではなく日本での造語で、ミカン(蜜)やタチバナ)に代表される。

定義

柑橘類とされる「ことがある」属は以下のとおり。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる