「柑橘類」とは?

関連ニュース

知覚過敏の8大原因を知って痛みから解放!10の治療法と予防対策とは - 08月21日(月)13:00 

シミて痛い!そもそも知覚過敏とは? 冷たいものを飲んだ時に「キーーーーーン!」「ズキーーーーン!」と響いた経験、ありませんか?食べたり飲んだりのたびにこんな思いをしていては、毎日辛いですよね。「もしかしてこれが知覚過敏かも?それとも虫歯?」と悩んでいるなら、まず知覚過敏の症状やメカニズムについて知ることから始めてみましょう。 知覚過敏の症状ってどんなもの?虫歯との違い よく知られている知覚過敏の症状としては「冷たいものがしみること」ですが、熱いものや甘いものにもしみます。これらは虫歯と同様なので、この症状だけでは知覚過敏とは言い切れません。 虫歯とは違う症状の一つに、「痛みは一時的で、10秒ほどでおさまる」というものがあります。虫歯の場合は慢性的・持続的にいつも痛みがありますが、知覚過敏であれば飲んだり食べたりした時や歯磨きの時、また歯に風が当たった時など、刺激を受けた時だけ痛みます。 また、叩いてみた時にズーンと響くような痛みがあれば虫歯の可能性が高く、痛みを感じないのであれば知覚過敏を疑いましょう。軽度の知覚過敏であれば自然治癒も可能ですが、痛みが強い、頻繁に痛むというのであれば、放っておいては治らない症状です。 歯がしみる・痛くなるメカニズム 知覚過敏で歯がしみるのは、どうしてでしょう?そのメカニズムを解説していきます。 大まかにいうと、歯は外側から...more
カテゴリー:

東京への出荷量が1.5倍に! ローカル柑橘類へべすが吉祥寺を中心にブームの兆し - 08月17日(木)16:30 

さっぱりとした風味でさまざまな料理に華を添えてくれる柑橘類。焼き魚に「すだち」や「レモン」などを絞っていただく人も多いのではないでしょうか。今回は東京の飲食店で空前のブームになっている「へべす」と呼ばれる柑橘類をご紹介します。 料理だけでなくスイーツにも相性抜群 ■吉祥寺を中心に空前のブーム到来!? 8月4日放送の「ZIP!」(日本テレビ系)で、東京・吉祥寺を中心に人気を博している「へべす」が取り上げられました。へべすとは、宮崎県日向市特産の柑橘類。吉祥寺の飲食店では、へべすを使った様々なメニューが提供されています。 まずはそうめんの上にへべすのスライスを乗せた「へべす冷麺」。へべすは皮の部分が特に香りがよく、この冷麺にはすりおろしたへべすの皮も使用されています。実食した高橋若葉アナウンサーも「へべすのさわやかな香りが口の中一杯に広がる」と大絶賛でした。 そして鴨料理の専門店では、鴨肉のおともに「へべすのジュレ」を提供。へべすの果汁をゼラチンで固めたもので、鴨肉をさっぱりといただけます。さらに同店には、「へべすババロア」というデザートメニューも。ミルクプリンにへべすのジュレを重ねたもので、へべすのスライスも添えられた涼し気な一品。 しかし何故、吉祥寺でへべすを提供するお店が増えているのでしょうか。番組では仕掛け人となった居酒屋の料理人・松江勇武が登場。彼とへべすの出会いは、知人か...more
カテゴリー:

ダイエットに成功しやすい人とすぐリバウンドする人、その決定的な違いとは - 08月08日(火)18:00 

今年4月から5月にかけて、「ボーンブロスダイエット」というダイエットに取り組み、3週間で7.8キロの減量に成功した私、新刊JP編集部のカナイ。その後、なんとかリバウンドらしいリバウンドもなく体重を維持している私に、再びダイエット関連本が手渡された。タイトルは『あなたが痩せられないのは、一生懸命ダイエットしているからだ』(かも出版刊)だ。本書は、ボディトレーナーであり、24年間で800冊以上のダイエット本を読み、80種類のダイエットに挑戦、投資額は1000万円超というガチなダイエット研究家・鴨頭明子さんが、最終的に行き着いたダイエットの方法を明かした一冊である。突き詰めていくと物事はシンプルになるものだが、ダイエットも同じだ。ページを開けてみると「痩せるための原理は健全な生活にあり」という極めてシンプルな内容が並んでいる。気になった私はさっそく鴨頭さんにお話をうかがうことにした。すると、鴨頭さんも私のダイエットに興味を抱いたらしく、まさかの“逆取材”が行われることに…!(新刊JP編集部/金井元貴)■鴨頭さんのダイエットカウンセリングを実際に受けてみた!――まず、私が行ったダイエットについて聞きたいと思います。ちょうど2ヶ月前に3週間で約8キロの減量に成功しました。それから今のところ大きなリバウンドせず来ています。鴨頭:すごい(拍手)!どのように維持してるんですか?――運動は定期的にし...more
カテゴリー:

にんじんや白菜がとろとろに!? Twitterでも話題となった味や食感を変える野菜の切り方 - 08月19日(土)16:30 

【写真を見る】見た目が格段と華やかに「かぶの菊花切り」 包丁の使い方は、料理を作る上で重要なテクニックの1つ。食材の皮をむいたり食べやすい形に揃えたりと、様々な場面で使われます。形だけではなく、食材の切り方1つで味や食感にも大きな変化が。Twitter上では、野菜の切り方に関するツイートが大きな話題を呼んでいました。 ■白菜がトロトロになる切り方が話題に! Twitterでとあるユーザーが“白菜”の切り方を紹介。白菜は斜めに切るとトロトロな食感になるとツイートし、大反響になりました。SNS上では「斜めに切ると言う発想はなかった!」「雑炊とか作るのに便利そう」といった声が続出。実際に試してみたユーザーの中には「これまじだった… 最高の情報をありがとうございます」と感謝する人まで現れました。 白菜以外の野菜にも、野菜には様々な美味しい切り方が。ポイントとなるのは野菜の繊維。例えば人参の場合、繊維を断ちながら切ると柔らかくなり、繊維に沿って切ると固くシャキッとした歯ごたえを残すことができます。 そして玉ねぎの場合は、繊維を断ち切ると苦みや辛みが強くなり大人の味わいに。反対に繊維に沿って切ると、甘みを出すことができます。同じ食材でも、好みや料理の種類によって切り方を変えてみると良さそうですね。 ■見た目が可愛らしい「菊花切り」 食材の切り方には繊維に沿う・沿わない以外にも様々なテクニッ...more
カテゴリー:

芽のうちから果実の出来栄えが予測できる!? 驚きの新技術「ゲノミックセレクション」とは - 08月13日(日)20:00 

果実の色、硬さ、重さ、そして皮のむきやすさが、芽が出た時点で分かってしまう。そんな驚きの研究内容が、農研機構、東京大学、国立遺伝研究所という3つの組織からなる研究グループより、7月5日に発表されました。 【写真を見る】新たな技術によって柑橘類のさらなる進化が期待される ■ ゲノミックセレクションとは? これまでも、果実のできばえを予測する研究は行われており、まだ芽のうちにDNAを調べて、その品質を先取りする「DNAマーカー選抜」が利用されていました。今回発表された新技術は、この「DNAマーカー選抜」をさらに発展させた「ゲノミックセレクション」という新しい方法です。 じつはこれまでの「DNAマーカー選抜」だと、予測できる果実の性質が限られていました。やり方の都合もあり、「性質の決定に、たくさんのDNAが複雑に関わっている」ものは予測できなかったのです。しかし、ゲノミックセレクションは、そのような複雑な因子を持つ性質もあつかえるようになり、芽の段階でその果実が持つ性質をほぼすべて、それもかなり正確に予測できるようになったのです。 現在、推測できる性質は、果実の重さ、果実の硬さ、果皮の重さやむきやすさ、果肉の色など。この時点で、果実のおいしさに関わる要素が、ほとんどそろっているのがすごいところですね。 このゲノミックセレクションは現在、柑橘類への導入が期待されています。柑橘類は国内の需...more
カテゴリー:

「柑橘類」の画像

もっと見る

「柑橘類」の動画

Wikipedia

柑橘類(かんきつるい)は、ミカン科ミカン亜科ミカン連(カンキツ連)の、ミカン属など数属の総称である。漢籍由来の言葉ではなく日本での造語で、ミカン(蜜)やタチバナ)に代表される。

定義

柑橘類とされる「ことがある」属は以下のとおり。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる