「板谷由夏」とは?

関連ニュース

【芸能】<佐々木希>「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<デビュー前秘録>現在の清楚な姿からは想像もつかないが‥‥ - 04月19日(木)06:23  mnewsplus

芸能美女のプライベートをのぞけば赤面モノのエピソードはゴマンとある。ヤンチャな素人時代からテレビでは語れない結婚生活まで、黒塗りしたい過去をここに大公開! 4月20日スタートの連ドラ「デイジー・ラック」(NHK)で主演を飾る佐々木希(30)。本作ではOLからパン職人に転ずるアラサー女性を演じているが、彼女自身の女優に転身する前の素顔はあまり知られていない。出身地の秋田では10代で残した伝説が今も語り継がれているほどだ。 「10年くらい前に、秋田時代の佐々木を知る人物から聞いた話です」 芸能評論家の織田祐二...
»続きを読む
カテゴリー:

不器用な人生を板谷由夏が熱演「フォトグラフ51」 - 04月10日(火)19:05 

板谷由夏が初舞台・初主演を務める「PHOTOGRAPH 51(フォトグラフ51)」が4月6日に開幕、その初日に潜入した。【チケット情報はこちら】(PC)本作は、「DNAの二重らせん構造」の発見に大きく貢献した科学者ロザリンド・フランクリンと彼女を取り巻く5人の男性によって繰り広げられる回想劇。2015年にウエストエンドにてニコール・キッドマン主演で上演され数々の賞を受賞した作品で、日本初演となる今作の演出はブロードウエイで注目を集める新進気鋭の演出家サラナ・ラパインが手掛ける。物語の舞台は、女性科学者がほとんどいなかった1950年代。イギリス人女性科学者ロザリンド・フランクリン(板谷)は、特別研究員として遺伝子学の最先端を誇るキングスカレッジに迎えられる。初日に彼女を助手扱いした同僚モーリス・ウィルキンズ(神尾佑)とはたびたび衝突し、彼女の助手レイ・ゴスリング(矢崎広)は板挟みで四苦八苦する中、ひとりもくもくと研究を進めるロザリンド。彼女にとっては若き科学者ドン・キャスパー(橋本淳)だけが心許せる相手だった。ある日、野心家のアメリカ人科学者ジェームス・ワトソン(宮崎秋人)とモーリスの旧友フランシス・クリック(中村亀鶴)も手を組みDNA構造の謎解きに乗り出し、研究は「競争」となっていく――。研究に大きく貢献しながらもノーベル賞を得られなかったロザリンドを中心にした物語。けれど描かれて...more
カテゴリー:

吉瀬美智子、偶然となりに座った斎藤工に「良い香りがずっとしてた~(笑)」 - 04月13日(金)16:46 

女優の吉瀬美智子が13日、自身のアメブロで俳優の斎藤工や女優の井川遥、板谷由夏との4ショットを公開した。 この日、板谷が主演を務める舞台『PHOTOGRAPH 51』の観劇に訪れた様子の吉瀬。「偶然一緒になったメンバー」として、板谷のほか斎藤、井川との集合写真を公開。斎藤とは偶然にも隣同士の席だったといい、「良い香りがずっとしてた〜(笑)」とコメントした。 吉瀬は「遥ちゃんも久しぶりの再会」と井川との再会を喜び、「舞台後も楽しい時間でした!」と盛り上がった様子をつづった。 『PHOTOGRAPH 51』は、DNAの二重らせん構造を発見した女性科学者ロザリンド・フランクリンと、彼女を取り巻く5人の男性を描く物語。2015年にニコール・キッドマンが主演を務め、ロンドンのウエストエンドで上演された話題作の日本初演となる。今作が初舞台となる板谷由夏が主演を務め、ブロードウェイで注目を集める女性演出家・サラナ・ラパイン氏が演出を担当する。 【関連記事】 ・吉瀬美智子オフィシャルブログ(2018年4月13日更新) ・吉瀬美智子 鈴木砂羽の誕生日祝福ショット公開「酔いどれ不定期会」 ・吉瀬美智子、真木よう子・板谷由夏との『セシルのもくろみ』豪華3ショット公開「最後まで楽しくお仕事出来ました」 ・芳根京子、竹内結子からの嬉しい言葉に「泣きそうになりまして」 ・萩原利久、木村多江と"親子ショ...more
カテゴリー:

「板谷由夏」の画像

もっと見る

「板谷由夏」の動画

Wikipedia

板谷 由夏(いたや ゆか、1975年6月22日 - )は、日本の女優、キャスター。福岡県出身。アミューズ所属。

略歴
  • 九州国際大学付属高等学校キャスター舞台裏トーク NEWS ZERO 日本テレビ、動画 1:07頃 「2015年7月30日 今年もアツい!全国高校野球選手権大会」。母校「九州国際大学付属高等学校」が、2015年夏の甲子園出場が決定した、とコメント。、福岡女学院大学短期大学部卒業。
  • 1994年からPeeWeeの専属モデルとして活躍する。
  • 1995年には、博多華丸(当時は鶴屋華丸)やおたこぷー(当時はおタコ・プー)と共にSOUTH END×YUKAとしてシングル「SO.TA.I」をリリースした。
  • 大谷健太郎の目に彼女の姿が留まり、1999年にavec mon mariで女優として映画デビューし、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。パーフェクトラブ!を皮切りに、数多くのドラマ、映画に出演して顔が知られるようになった。
  • 2007年2月22日に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる