「松雪泰子」とは?

関連ニュース

「運命ですよね!」自身と同名キャラクターに驚喜!ブッチャーとの恋にも期待!? 奈緒(木田原菜生)【「半分、青い。」インタビュー】 - 04月26日(木)14:35 

 永野芽郁演じるヒロイン・鈴愛(すずめ)の幼なじみで、町の洋品店「おしゃれ木田原」の一人娘・木田原菜生(きだはら・なお)役を演じている女優の奈緒。福岡から上京して3年、「まれ」、「わろてんか」に次ぐ3回目の朝ドラオーディションに合格して、自身と同じ響きの名前の役を演じられることを「運命」と喜ぶ奈緒が、朝ドラ初出演への意気込みや、役への思い、撮影時のエピソードなどを、うれしそうに語ってくれた。 -朝ドラ初出演のお気持ちは。  上京して3年ですが、今までで一番大きな仕事なので、信じられない気持ちや、緊張、東京に出て来て良かったなという安心とか、いろんな感情がごちゃ混ぜになっています。発表されたときは、母が泣いて喜んでくれました。 -3回目のオーディションで手にした“朝ドラ女優”の称号にプレッシャーを感じましたか。  プレッシャーよりも楽しみの方が大きかったです。顔合わせのときに、すごい人数の関係者がいらっしゃって驚きましたが、これだけの人が携わっている作品だと考えると心強かったし、みんなで作るものだから頼りたいときは頼ろうと思いました。 -本名と役名が同じ「なお」であることについてはどうでしょうか。  運命ですよね! オーディションを受けたときから名前が一緒なので、すごくやりたいと思いました。今は、普通のときも、撮影のときも「なおちゃん」と呼ばれるので不思議ですが、この名前が好き...more
カテゴリー:

『半分、青い。』、ヒロイン永野芽郁の前に「CMクイーン」への道? - 04月21日(土)07:30 

 永野芽郁(18)がヒロインの鈴愛を演じる、連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)は3週目を迎えていよいよ面白くなってきた。バブル景気の絶頂だった雰囲気を描く、細かな演出にも注目だが、やはり役者陣の演技にも注目したい。  4月16日の放送回では、高校3年生となった鈴愛たちが青春を謳歌していた。律(佐藤健/29)は下級生女子に人気の美男子に成長したが、鈴愛は子どもの頃のまま、元気いっぱい。左耳は聴力を失っていたが、つけ耳を駆使して声の小さい教師に大きな声で話すことを促すなど、たくましい姿を見せ、今でも律ら幼なじみと親しくしていた。そんなある日、つくし食堂に見慣れない客(鈴木伸之/25)が訪れる。鈴愛の母、晴(松雪泰子/45)が彼にお茶を出すと、松任谷由実のヒット曲『リフレインが叫んでる』が流れ、二人は何やらいい雰囲気に。最後に「To Be Continued……」という朝ドラらしからぬテロップが流れる、という展開だった。  脚本家の北川悦吏子氏(56)による、遊び心あふれる演出にも恐れ入ったが、ついに永野芽郁がヒロイン鈴愛として本格的に動き出し、ワクワク感が止まらない。子役時代の矢崎由紗(8)の明るい演技を見事に引き継いでいて、話し言葉や「ふぎょぎょ」「やってまった」といった、子ども時代からの鈴愛の口癖も健在だ。  永野芽郁が全国的に注目を浴びたのは、2015年に公開さ...more
カテゴリー:

『リメンバー・ミー』が公開34日間でついに興収40億円突破! - 04月19日(木)21:25 

ディズニー・ピクサー最新作『リメンバー・ミー』が3月16日の公開から4月18日までの34日間で観客動員324万5723人、興行収入40億2808万6900円を記録。ついに興収40億円を突破したことがわかった。 本作は日本版声優陣の演技力の高さ、誰もが共感できる普遍的なメッセージが話題を呼び、幅広い年代層からの支持を獲得。 また、映画館以外でもミゲルとヘクターと一緒に写真が撮れる体験スポットとして、「ピクサー・ザ・フレンドシップ」がラフォーレ原宿にて5月13日まで開催中。本企画は『リメンバー・ミー』をはじめ、第20作品目となる『インクレディブル・ファミリー』を含むディズニー・ピクサー全作品をテーマに体験ゾーンを展開。『リメンバー・ミー』を含む様々な作品の本イベント限定グッズも多数あり、4月14日の初日はオープン前から約200名の行列ができるほどの人気で、ゴールデン・ウィークの人気スポットになること間違いなしだ。 まだまだ様々な形で旋風を巻き起こしている『リメンバー・ミー』。GWを目前に控え、その勢いは止まりそうにない。 【関連記事】 『リメンバー・ミー』松雪泰子インタビュー [動画]シシド・カフカの歌声が心に響く、ピクサー新作『リメンバー・ミー』日本語版予告編 [動画]藤木直人&石橋陽彩がハモる! ウン・ポコ・ロコ/『リメンバー・ミー』本編歌唱シーン [動画]アカデミ...more
カテゴリー:

松雪泰子「すごくうれしかった」はなわの佐賀県ネタに初コメント - 04月19日(木)07:30 

 4月13日に放送された『あさイチ』(NHK)に女優の松雪泰子(45)が出演。はなわ(41)のネタ「佐賀県」の歌詞に登場したときの心境を明かし、視聴者から「モヤモヤが解消された!」と歓喜の声が上がっている。  番組のコーナー“プレミアムトーク”に出演した松雪。視聴者からの質問で「松雪さんは、はなわさんの佐賀県という曲で、“松雪泰子も佐賀、公表してねぇ”とネタにされたことを、正直どう思っていますか?」とメッセージが読み上げられた。  司会の博多大吉(47)が「そろそろ聞いても大丈夫かな」と少し恐縮しながら話を振ると、松雪は「すごくうれしかった」と告白。「発売されるまでに、事務所にFAXが送られてきまして“このような歌詞にします、よろしくお願いします”といただいていた」と、はなわサイドから丁寧なあいさつがあったことを明かした。  番組を見ていた視聴者からは、この告白に大ウケ。「長年本人がどう思ってたか気になってたからちょっとすっきりした!」「まさかここにきて“佐賀県”に対する思いを聞けるとは思わなかった」「長年のモヤモヤが解消された」「正直ずっと怒ってると思ってた」とネットが大盛り上がりとなった。 「“佐賀県”では、江頭2:50(52)もネタにしており、歌の中で“江頭も佐賀。公表するな”と毒舌を吐いています。しかし2016年に公開された佐賀県のプロモーション時代劇ムービ...more
カテゴリー:

朝ドラ出演で大注目の上村海成 21歳とは思えないシブ~い夢を告白 - 04月18日(水)06:30 

放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)で、永野芽郁演じるヒロイン・鈴愛の弟・草太を演じている上村海成。2010年に「ニコ☆プチ」でモデルデビュー後、俳優業をスタートさせ、ミュージカル「テニスの王子様」の3rdシーズン(2015年)で金田一郎役で出演。着々とキャリアを積み、今作の役をつかんだ。 【写真を見る】実は普段から弟キャラ?/撮影=大石隼土 ――「テニスの王子様」以前に舞台に出演した際には、「舞台はもうしない」と思うほど悔しい思いをしたと聞きました。 当時の僕はできることが全くなかったんです。踊りも芝居も思うようにできないという状態だったので、悔しさあまってそんなことを言ってしまいました。 ――芝居の面白さを感じ始めたのは? 「テニスの王子様」をやっている途中でした。舞台に対して苦手意識がずっとあったんですが、ふと気持ちが軽くなる瞬間があったんです。極端な考えですけど、舞台は子供のころに本気でやった何々ごっことかレクリエーションの延長線にあるものなのでは?と捉えてみたら、ふっと心が軽くなった。そうしたら、楽しいな、もっとやりたいなと思えるようになったんです。 ――朝ドラはオーディションで役を勝ち取ったわけですが、こうして話したり、ブログを読むと、すごく草太っぽさを感じます。 そうですか? でも、脚本家の北川(悦吏子)さんとお話しさせていただいたときも「今、喋っ...more
カテゴリー:

『半分、青い。』第4週、憧れの少女漫画家に会いに行く鈴愛 - 04月22日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』。23日から放送される第4週「夢見たい!」では、鈴愛(永野芽郁)が高校3年生で人生初のデートを経験。そして高校最後の夏休みが近づき、遊ぶことで頭がいっぱいの鈴愛も、律(佐藤健)ら周りの様子を見て就職活動を始めるが…。【写真】『半分、青い。』第4週フォトギャラリー 律からのアドバイスを受け、初めてのデートではおしゃべりを封印する鈴愛だが、無口な新聞部・小林(森優作)との間に沈黙が続く。たまらず律に電話をかけ、助けを求めるが、律のアドバイスは「しゃべれ」。なんとか小林と盛り上がる会話を探す鈴愛は、あることをきっかけに小林と打ち解けていく。うまくいくかと思われた二人のデートだったが、事態は思わぬ方向へ…。 夏休み目前となり、律から受験に専念したいと打ち明けられ、自分の立たされている境遇を悟る鈴愛。ようやく就職活動を始めるが、地元企業の試験に連戦連敗。それでも、農協から奇跡的に内定を勝ち取り、片耳に難聴を抱えた娘を心配する母・晴(松雪泰子)や父・宇太郎(滝藤賢一)を安心させる。 そんな中、律から借りた少女漫画にカルチャーショックを受けた鈴愛は、見よう見まねで漫画を描き始める。鈴愛に影響を与えたのは、カリスマ漫画家・秋風羽織(豊川悦司)の作品であった。ある日、秋風が名古屋でトークショーを行うと知り、鈴愛と律は会場に出かける。 先週放送の第3週「恋したい!...more
カテゴリー:

ドラマ週間視聴熱×視聴率ベスト10を発表!続々スタートの春ドラマが接戦 - 04月21日(土)07:00 

WEBサイト「ザテレビジョン」では、SNSや独自調査をポイント化し、今熱い番組からテレビの流行に迫る新指標「視聴熱」を集計。4月9日~4月15日のドラマ週間視聴熱ランキングトップ10を発表した(※)。 【画像を見る】岩田剛典主演「崖っぷちホテル!」や菜々緒主演「Missデビル―」、SPドラマ「黒井戸殺し」がランクイン! 1位を獲得したのは「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」(フジテレビ系)。第1シリーズ放送から10年目を迎える今年は、7月27日(金)より劇場版の公開が控えており、4月10日にその予告編が解禁となった。旅立ちのときが迫る藍沢(山下智久)たちが、飛行機とフェリーで連続発生した未曾有の大事故の現場に向かうというストーリーで、キャスト陣の活躍がシリーズ最大のスケールで描かれることが明らかに。また、新田真剣佑、かたせ梨乃、山谷花純の出演も発表された。 2位にランクインしたのは「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系 4月10日)。15年前に女子児童が誘拐、殺害される事件が発生。犯人を目撃していた健人(坂口健太郎)は独学でプロファイリングを学び、警察官になっていた。時効が近づく中、健人は謎の無線機から自分を呼ぶ声を聞く。それは、過去に事件を捜査していた刑事・大山(北村一輝)だった。スリリングなストーリー運びに多くの視聴者が引き込まれ、SNS上でも「今までに感じたこと...more
カテゴリー:

永野芽郁、松雪泰子との母娘シーンに強い思い「自然と涙が出ることも」 - 04月19日(木)08:00 

女優の永野芽郁がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(毎週月~土曜8:00~)が、4月2日にスタートした。永野へのインタビュー第3回は、松雪泰子演じる母・晴、滝藤賢一演じる父・宇太郎ら、個性あふれる楡野家について。
カテゴリー:

『半分、青い。』子どものコンプレックスにどう向き合う? 2人のママの異なる対応とは - 04月18日(水)07:00 

© NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.朝ドラ『半分、青い。』は、3週目に入り、少女期から主演の永野芽郁にバトンタッチされました。主人公の楡野鈴愛(にれの・すずめ)は、小学校3年生のとき、病気のために左耳を失聴。障がいを抱えたことに最初は戸惑いつつも、独自の感性でそのことを受け止め、前へと進んでいこうとします。そんなハンディキャップやコンプレックスを抱えた子どもに対して、親はどうやって向き合っていけばいいのか。朝ドラに登場するタイプの異なる二人の母の接し方から考えてみたいと思います。■ハンディキャップがある子どもに親はどう向き合う?鈴愛が失聴したとき、一番動揺したのは、いや、正確に言えば、動揺をそのまま感情として吐き出したのは、母の晴(松雪泰子)でした。晴は自分で自分を責め続け、泣き続けてしまいます。もともと子育てに一生懸命なゆえに、ときには鈴愛をきつく言いすぎることもあった晴。鈴愛が自分の名前をからかわれたことを母親に言えず、それがもとで友だちとケンカし、晴にこっぴどく叱られたこともありました。一時は親子で大げんかとなりましたが、ケンカの理由が明かされたとき、2人の絆はより深いものとなりました。晴が鈴愛に真っすぐな愛情を注いでいた分、娘の失聴を知ったときの悲しみははかりしれません。普段は能天気でおちゃら...more
カテゴリー:

新田真剣佑らゲストも決定! 「コード・ブルー」劇場版予告編が解禁【視聴熱】4/9-4/15ドラマ ウィークリーランキング - 04月16日(月)19:00 

Webサイト「ザテレビジョン」では、4月16日にドラマの「視聴熱(※)」ウィークリーランキング(対象期間=4月9日~15日)を発表した。 【画像を見る】坂口健太郎の内省的な演技も好評の「シグナル 長期未解決事件捜査班」が話題沸騰!/(c)カンテレ 1位「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」(2008年ほか、フジテレビ系) 38478pt 山下智久が主演し、2017年7月期に放送された第3シリーズも好評を博したドラマ。誕生から10年を迎える今年は、7月27日(金)より劇場版の公開が控えており、4月10日にその予告編が解禁となった。旅立ちのときが迫る藍沢(山下)たちが、飛行機とフェリーで連続発生した未曾有の大事故の現場に向かうというストーリーで、キャスト陣の活躍がシリーズ最大のスケールで描かれることが明らかとなり、SNS上では「楽しみ」「待ちきれない」との声が多く寄せられた。また、新田真剣佑、かたせ梨乃、山谷花純のゲスト出演も発表となった。 2位「シグナル 長期未解決事件捜査班」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系) 37946pt 韓国のグループ・BTS(防弾少年団)が主題歌を担当することでも注目を集めていた、坂口健太郎主演ドラマが4月10日にスタート。15年前に女子児童が誘拐、殺害される事件が発生。当時、犯人を目撃していた健人(坂口)は独学でプロファイリングを学び、警察官...more
カテゴリー:

もっと見る

「松雪泰子」の画像

もっと見る

「松雪泰子」の動画

Wikipedia

松雪 泰子(まつゆき やすこ、1972年11月28日 - )は、日本の女優。

佐賀県鳥栖市出身鳥栖市公式ホームページ|鳥栖市の紹介。スターダストプロモーション所属。

来歴

鳥栖商業高等学校在学中の1989年、雑誌MEN'S NON-NOのオーディションに応募し、「第1回メンズノンノ・ガールフレンド」に選出された。高校卒業と同時に上京し、本格的に芸能活動を始め、1991年にテレビドラマ熱血!新入社員宣言で女優としてデビュー。1993年の主演テレビドラマ白鳥麗子でございます!での強烈なキャラクターがハマリ役となり、以後女優としての地位を確立。

1998年3月、音楽バンド「ザ・スリル」のギタリストGAKU(門脇学)と結婚(入籍)。2001年春には長男を出産したものの2004年12月、「仕事が忙しくすれ違いが多い」ことを理由に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる