「松重豊」とは?

関連ニュース

林家正蔵、山田洋次監督より怖いのは蒼井優「人のNGを笑う」 - 04月26日(水)19:31 

 落語家の林家正蔵(54)、女優の蒼井優(31)が26日、都内で行われた映画『家族はつらいよ2』完成披露試写会に出席。客席へ向けて、林家は「はっきり申し上げまして、山田洋次監督より怖いのは蒼井優さん。悪魔に近いような…人のNGを笑う、勝手に打ち上げの場所を私の家と決め手しまう。いろんなことがありました」と突然の暴露。隣でニコニコ聞いていた蒼井は「名前に“優しい”という字が入っている蒼井優です」と返して笑わせた。  共演の妻夫木聡(36)の結婚パーティーを林家の家ですることになったようで、蒼井は「あれは橋爪(功)さんが言ったんですよ。あの人が黒幕です」と裏側を明かすと、橋爪は「コラ、言ってないよ」と苦笑。蒼井の夫を演じた妻夫木は、林家へ「すみません、うちの嫁が」と頭を下げるなど、抜群のチームワークを披露。蒼井は「こうしてリラックスしてお話しできるのも、続編をやらせてもらったから」と話していた。  同作は、熟年離婚を巡り、一家の悲喜こもごもを描いたコメディードラマの続編。離婚危機を乗り越えた平田家の面々が、父親の同級生が来訪したのを機に新たな騒動を巻き起こす。山田監督は「もう一回みんなに会いたかった」と続編製作の思いを明かし、「親戚がまた集まったような幸せな感じで、僕もうれしかった」と撮影を振り返った。  そのほか、吉行和子(81)、西村雅彦(56)、夏川結衣(48)、が出席した...more
in English
カテゴリー:

【芸能】巨額予算でも大コケ?嵐・相葉雅紀『貴族探偵』一桁落ちで関係者も騒然★2 - 04月26日(水)11:30 

嵐・相葉雅紀(34)が主演を務める月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の第2話が4月24日に放送され、平均視聴率が8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが分かった。 初回は平均視聴率11.8%をマークし、毎回のように低視聴率が話題になる「月9」枠で3期ぶりの二桁発進と期待は大きかかった。 しかし、その好スタートの一方で「相葉くんの棒演技が酷すぎる」「次から見ない」などと酷評が噴出。 早くも2話目で一桁に急落してしまったことで「月9の息の根を止める作品」といった声まで上がっている。 ■初回の“...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

吉田類が映画初出演&初主演! 世の飲んべえが愛する一杯飲み屋が舞台 - 04月25日(火)17:00 

松重豊主演「孤独のグルメ」や、小林薫主演の「深夜食堂」といった、かつては考えられなかった“地味”なテーマが観客の心をとらえている。そして、それよりさらに地味な映…
in English
カテゴリー:

どうなる「貴族探偵」相葉雅紀の希少価値を考察してみた - 04月24日(月)10:00 

月9「貴族探偵」(フジテレビ 月よる9時〜)原作:麻耶雄嵩 脚本:黒岩勉 演出:中江功ほか今年30周年を迎える伝統と人気を誇るフジテレビ〈月9〉が異色のドラマをはじめた。原作は、麻耶雄嵩の人気推理小説「貴族探偵」及び「貴族探偵対女探偵」である。相当変わっている月9といえばラブストーリーの印象が強い。そうはいっても、おりにふれ、違うジャンルのドラマもやっていて、例えば、木村拓哉主演の検事ドラマ「HERO」や福山雅治主演のミステリー「ガリレオ」、松本潤主演の探偵ドラマ「ラッキーセブン」など恋愛もの以外でのヒット作も多々ある。「貴族探偵」に主演する相葉雅紀も池井戸潤原作のサスペンスタッチのホームドラマ「ようこそ、わが家へ」(15年)に主演しており、月9がラブストーリーでないことは異色でもなんでもないが、「貴族探偵」は相当変わっている。主人公である貴族探偵が探偵と名乗っているにもかかわらず、推理をしないのだ。相葉雅紀は以前、「三毛猫ホームズの推理」(12年、日本テレビ)で猫に頼る刑事を演じていたが、今回の貴族探偵は、自分の部下(執事〈松重豊〉、メイド〈中山美穂〉、運転手〈滝藤賢一〉)に推理させて、その間、女性とのアバンチュールや釣りなどを楽しんでいるだけ。その様子に、自分で何もしない探偵なんて認めない! と息巻くライバル的な(でもいつも貴族探偵に負ける役割らしい)存在・女探偵(武井咲)に対...more
in English
カテゴリー:

嵐・松本潤、明石家さんまから「俺はそんな男、嫌いやからね(笑)」と宣告される!? - 04月23日(日)10:00 

4月22日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)には、嵐とは5年ぶりの共演となる明石家さんまが登場。 【写真を見る】現在27歳だというIMALU。松本潤は「そろそろ結婚?」とさんまに質問するが…。 さんまは“自分の記念館があったら展示したいもの”の一つとして、娘・IMALUが3歳のときに父の日に作ったというペン立てを持参。櫻井翔が「取っといてるんですね~」と、物持ちの良さに感心していると、さんまは「お前も子どもができて、離婚したらわかると思うんだけど……」と言い出す。未婚の櫻井は子供もができるところまででいいが離婚はいいと断り、二宮和也も「パッケージが重たい」とツッコミを入れる。だが、さんまは離婚したことによって、その後の子供の成長を間近で見守れないからこそ大事にするのだ、と力説。ただ、当のIMALUはそれを作ったことも、さんまが今でも大事に保管していることは知らずにいるため、さんまはこの番組を通して伝わるはずだと話す。 そんな中、松本潤はIMALUが現在27歳だということで、「そろそろ結婚?」とさんまに質問。さんまは先ほどまでのテンションとはかなり違う小さな声で「えっ?」と声を漏らすと、「何言うてんのお前」と松本に向かってキレる。さらに、櫻井から嵐の5人の中でIMALUの結婚相手を選ぶとしたら?と聞かれると、質問を言い終わらないうちに「絶対イヤ!」と拒否。大野智は以前、ボケに付き...more
in English
カテゴリー:

【芸能】嵐・相葉雅紀が「貴族探偵」の演技に苦悩!批判殺到で“織田裕二路線”へ変更!? - 04月26日(水)16:41 

4月23日の「スポニチアネックス」が、相葉雅紀主演のテレビドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)で、メイン演出を務める中江功監督のインタビューを掲載した。 監督によると相葉は、同ドラマで貴族を演じる上で苦悩していたという。 「インタビューにて監督は『“これでいいのか”と悩み倒さないと、役なんか作れません』と語り、撮影前、 相葉に『10通りくらい、自分なりに芝居を考えてきてくれ』とリクエストしたそうです。 これを受け、相葉はかなり悩んだらしく、セリフのスピードを変えたり、抑揚をつけたり、アクションをつけた...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】巨額予算でも大コケ?嵐・相葉雅紀『貴族探偵』一桁落ちで関係者も騒然 - 04月25日(火)19:58 

嵐・相葉雅紀(34)が主演を務める月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の第2話が4月24日に放送され、平均視聴率が8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが分かった。 初回は平均視聴率11.8%をマークし、毎回のように低視聴率が話題になる「月9」枠で3期ぶりの二桁発進と期待は大きかかった。 しかし、その好スタートの一方で「相葉くんの棒演技が酷すぎる」「次から見ない」などと酷評が噴出。 早くも2話目で一桁に急落してしまったことで「月9の息の根を止める作品」といった声まで上がっている。 ■初回の“...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

中井貴一、テレビ局が描くテレビの裏側に「発想が新鮮だった」 - 04月25日(火)16:45 

 4月26日よりブルーレイ&DVDが発売される映画『グッドモーニングショー』で、次々と災難が降り掛かるワイドショーのメインキャスター・澄田真吾を熱演した中井貴一。「テレビが面白くないと言われ、視聴者も年々減少する中、あえてテレビの裏側を描く映画をテレビ局(フジテレビ)が作るという、その発想が新鮮だった」という中井が、本作を通して見えてくるテレビ業界のさまざまな問題や現状について持論を展開した。【関連】『グッドモーニングショー』中井貴一インタビュー&場面写真 本作は、『踊る大捜査線』シリーズの脚本家として知られる君塚良一がメガホンを取ったコメディ。朝のワイドショーを題材に、熾烈な視聴率競争や報道局との軋轢など番組制作の舞台裏を、中井をはじめ長澤まさみ、志田未来、濱田岳、吉田羊、時任三郎、松重豊、林遣都ら豪華キャスト共演でコミカルかつスリリングに描く。 撮影前にワイドショーの制作現場を視察したという中井は、「映画に出てくる光景そのままだった。よくぞここまでコピーしたなと思いましたね」と感心しきり。まさに戦場のような舞台裏を臨場感あふれる映像で再現しているが、本作を観たテレビ局スタッフから唯一指摘されたのが“報道局”と“ワイドショー”の敵対関係。「最近はそうでもないですよ」と協調路線をアピールされたそうだが、むしろその緩い関係性こそが問題なのかもしれないと中井はいう。 「昔はお互いに敵対...more
in English
カテゴリー:

櫻井翔が4年半ぶり連ドラ主演!スタッフ&共演者に興奮「豪華が溢れている」 - 04月24日(月)06:00 

嵐の櫻井翔が、日本テレビ系2017年10月土曜ドラマ「先に生まれただけの僕」で主演を務めることが分かった。 【写真を見る】櫻井翔はことしの「24時間テレビ」のパーソナリティーにも抜てき! 本作は、エリート商社マンが私立高校校長への出向を命じられ、経営立て直しに挑むというオリジナル作品であり、社会派エンターテインメントドラマ。蒼井優と多部未華子と共演を果たすことも決定した。 櫻井の連続ドラマ主演は4年半ぶり、日本テレビでは「ザ・クイズショウ」('09年)以来の8年半ぶり。 櫻井は「2007年。25歳で高校生役を演じさせていただくことに驚きました。そこから 10年。まさか 35歳で校長役をやらせていただくことになるとは…。想像もしていなかったので、とても驚いています」と率直な感想を明かす。 ドラマの舞台となるのは、とある民間企業が経営する「不採算部門」とされた私立京明館高校。 この学校の経営立て直しのため、校長として送り込まれるのが、櫻井演じる大手総合商社「樫松物産」で働くエリート商社マン・鳴海涼介(なるみ・りょうすけ)、年齢は35歳。 教育現場をまったく知らない鳴海は、これまでのビジネスの常識とかけ離れた「学校」という現場の実態に困惑する。 一方、彼を校長として迎えることとなった現職の教師たちは反発。しかも、挫折と諦観で今の教育現場に冷え切っている輩ばかり。 誰も自分の言葉に耳を傾け...more
in English
カテゴリー:

【芸能】松重豊、「アウトレイジ最終章」予告編の“腹ペコ顔”に映画ファンが困惑 - 04月21日(金)22:45 

北野武監督「アウトレイジ最終章」の予告編動画とティザービジュアルが4月18日に公開された。 前作「アウトレイジビヨンド」から5年。派手な暴力シーンはそのままに待望の続編ということで、ファンが熱い視線を送っている。 ところが、ティザービジュアルを見たファンの目は、ある登場人物に注がれたようだ。 「公開された2枚のビジュアルのうちの1枚が、たけしや西田敏行を始めとした出演者の顔がズラリとならんだもので、中央に松重豊の写真があります。 灰色のスーツを着た松重が屋外でしかめっ面をしている場面なのですが、 こ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「松重豊」の画像

もっと見る

「松重豊」の動画

Wikipedia

松重 豊(まつしげ ゆたか、1963年1月19日 - )は、日本俳優である。福岡県出身。身長188cm、体重80kg、靴のサイズは28.0cm。血液型はAB型。西南学院高等学校卒業、明治大学文学部文学科卒業(演劇学専攻)。所属は東京サンシャインボーイズ、蜷川スタジオを経て、現在はザズウ

来歴

1982年4月、明治大学文学部文学科に入学し、演劇学を専攻する。当初は映画や演劇を製作する側を目指していたが、状況劇場天井桟敷などの舞台を数多く観劇する中で演技に感動し、自らも俳優をめざすようになる。1983年、新宿にあった小劇場「スペースデン」にて初舞台。その後、同学在学中を通じて、三谷幸喜が主宰していた...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる