「松重豊」とは?

関連ニュース

3分間怒号祭り!名シーンを網羅した「アウトレイジ」シリーズダイジェスト映像公開 - 09月21日(木)06:00 

 北野武監督の人気シリーズの完結編「アウトレイジ 最終章」(10月7日公開)の公開を記念し、シリーズの歩みを3分で振り返る特別映像が公開された。 ・「3分で分かるアウトレイジ」映像はこちら!  シリーズ3作目となる本作には、新たに大森南朋、ピエール瀧、大杉漣、原田泰造、池内博之、岸部一徳といった日本を代表する俳優陣が参加。前作の東西やくざの抗争後、韓国に渡っていた大友(ビートたけし)が新たな事件に巻き込まれ、因縁に終止符を打つために日本に戻ってくる物語だ。  第1作では、関東最大の暴力団「山王会」や配下の組織のし烈な抗争が描かれ、椎名桔平や三浦友和、國村隼、加瀬亮、北村総一朗、杉本哲太、塚本高史、中野英雄、石橋蓮司、小日向文世が出演。関西勢力「花菱会」も登場した第2作になると、西田敏行、塩見三省、光石研、松重豊、中尾彬、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、神山繁、田中哲司、名高達男が加わり、実力派たちが罵詈雑言(ばりぞうごん)をぶちまけ、従来のイメージを覆す狂気の演技を見せている。  映像では、「カッコつけてんじゃねえコノヤロー!」「ぶち殺すぞコラ!」「誰が責任取るんじゃボケェ!」「アホかテメーは!」「なんだとコノヤロー!」といったやくざたちの怒号の数々が収められているほか、組長の大友が若頭の水野(椎名)にかける「1人くらい生きてねえとよ、結果わかんねえじゃねえか」、自分を虫ケラ...more
カテゴリー:

「それさぁ~、早く言ってよ~」でおなじみのあのTVCM どんなサービスか知ってるかな? - 09月19日(火)10:00 

 テレビを見ていると、ドラマ仕立てのCMは強く印象に残ることが多い。ただ、あまりに演技の印象が強くて、肝心の商品やサービスの内容を実はよく理解していないということも起こりがち。例えば、松重豊が「それさぁ~、早く言ってよ~」とこぼすあのおなじみのCM。インパクトは抜群だが、何のCMだかご存じだろうか? 答は、Sansan株式会社の提供する法人向け名刺管理サービス「Sansan」。現在、TVCMのシリーズ第5弾“「面識アリ 2017」上にやられた篇”がオンエアされているのに気付いている人も多いはずだ。【動画】「面識アリ2017」上にやられた篇30秒(TVCM本編)ほか全三篇  営業先である浅葉建設との人脈作りに奔走する営業部長(松重豊)と課長(野間口徹)。過去4作でことごとくビジネスチャンスを逃した2人は、ついに社長(岩松了)に呼び出され、「してやられた、のかぁ~」とつぶやかれる。「キーマンとの人脈作りが後手に回りまして」と頭を下げる2人だったが、ふと社長室の床に転がっていたゴルフボールを見ると・・・。 今回も面白い。実力派の俳優たちをそろえているだけにぐいぐい引き込まれ、リアルな掛け合いが笑いを誘う。現在、シリーズ初となるスピンオフ動画もWeb限定で同時公開中。TVCM本編で描かれたストーリーの「その後」を60秒たっぷりと楽しめる。 念のため説明しておくと、「Sansan」はクラウド...more
カテゴリー:

石原さとみ、法医解剖医に!『逃げ恥』脚本家作品でTBS連ドラ初主演 - 09月12日(火)11:46 

女優の石原さとみが、2018年1月スタートの新ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜22:00~)で、TBSの連続ドラマ初主演を果たすことが決定。大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で脚本を担当した野木亜紀子が描くオリジナルストーリーとなっている。本作は、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台にした、一話完結の医療ミステリー。石原演じる、日本に170名ほどしか登録がない死因究明のスペシャリストである“法医解剖医”の三澄ミコトを中心に、癖のある面々が、UDIラボに連日運び込まれる“不自然な死”(アンナチュラル・デス)」の怪しい死体に向かいメスを握る。野木のほか、湊かなえ原作のドラマ『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』のドラマ化を手がけたプロデューサー・新井順子、同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子など、今ノリに乗っている女性スタッフ陣が制作を担当する。 野木いわく、発想のきっかけとなったのは、2012年から内閣府主導で行われた死因究明等推進会議だという。先進国の中で最低の解剖率である日本の現状を変えるべく、厚労省・文科省・警察庁が話し合いを重ねるも大きな成果はなく終了。「もしこの時、死因究明に特化した公的な研究所が作られていたら……そんなifを元に、本企画はスタートしました。人の死を扱うドラマではありますが、主軸と...more
カテゴリー:

石原さとみTBSドラマ初主演!逃げ恥脚本家とタッグで解剖医に - 09月12日(火)05:00 

TBS系で2018年1月期に放送される金曜ドラマが、石原さとみ主演の「アンナチュラル」に決定した。石原は、今作がTBS連続ドラマ初主演となる。 【写真を見る】共演者には主役級のキャストがズラリ! 本作は「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に描く、1話完結型のオリジナル医療サスペンス。毎回さまざまな「死」を扱いながら「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく。 石原演じるヒロイン・三澄ミコトは、UDIラボで働く合理的な法医解剖医。日々UDIラボに運ばれてくる不自然な死体(アンナチュラル・デス)と向き合い、真相を暴いていく。 また、ミコトと共にUDIラボで働くメンバーのキャストも決定。倫理観の壊れた法医解剖医・中堂系を井浦新、三澄班の記録を務める新人・久部六郎を窪田正孝、三澄班の臨床検査技師・東海林夕子を市川実日子、UDIラボの所長・神倉保夫には、松重豊が決定している。 脚本を務めるのは、「重版出来!」(2016年)や「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年)を手掛けた野木亜紀子。 さらに、制作は湊かなえ作品「リバース」(2017年)、「Nのために」(2014年)、「夜行観覧車」(2013年)を担当した新井順子プロデューサーが、演出は同じく湊作品で演出を担当した塚原あゆ子など、話題の作品に関わったスタッフたちが集結する。 個性的なキャストとスタ...more
カテゴリー:

石原さとみ、TBS連ドラ初主演で解剖医に挑む!『逃げ恥』脚本家が描く医療ミステリー - 09月12日(火)05:00 

 女優の石原さとみが、2018年1月スタートの医療ミステリードラマ『アンナチュラル』(TBS系/毎週金曜21時)で主演を務めることがわかった。TBSの連続ドラマ初主演となる石原は、不自然な死を許さない解剖医役を演じ、『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子がオリジナルで脚本を手掛けることから「子どもの頃から医療ドラマが大好きなので、今回、野木さんのオリジナル脚本で演じられるのがとてもうれしいです」と喜びを語っている。【関連】「石原さとみ」フォトギャラリー 連続ドラマ『アンナチュラル』は、死因究明のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、法医解剖医の三澄ミコト(石原)が、偽装殺人・医療ミス・未知の症例などから生じた「不自然な死(アンナチュラル・デス)」の真相を解き明かす姿を描く医療ミステリー。UDIラボの面々として、井浦新、窪田正孝、市川実日子、松重豊も出演する。 「子どもの頃から医療ドラマが大好きなので、今回、野木さんのオリジナル脚本で演じられるのがとてもうれしいです」と主演の喜びを明かす石原は「台本は1話の中で何度も展開がありますし、会話劇でもあるので現場の空気感を大切にしていきたいと思います」とコメント。共演者については「UDIラボのメンバーでは窪田さんが初対面でした。スタッフさんとのやり取りを聞いていると明るく真剣で安心感を与えてくれる方だな...more
カテゴリー:

山崎努、13年ぶりに映画主演!「モリのいる場所」で画家・熊谷守一に - 09月20日(水)05:00 

 日本を代表する名優・山崎努が、沖田修一監督の最新作「モリのいる場所」に主演し、画家・熊谷守一に扮することがわかった。80歳の山崎にとって映画主演は、犬童一心監督作「死に花」(2004)以来13年ぶり、単独主演としては崔洋一監督作「刑務所の中で」(02)以来15年ぶりとなる。  黒澤明監督作「天国と地獄」(1963)、「赤ひげ」(65)、「影武者」(80)、伊丹十三監督作「お葬式」(84)、「タンポポ」(85)、「マルサの女」(87)など、数多くの名作で圧倒的な存在感を放ち続けてきた山崎。今作では、自宅の庭でひたすら虫、鳥、草花を見つめ“仙人”と呼ばれた画家を演じ、新境地を開拓する。  今作の企画が生まれるきっかけとなったのは11年、「キツツキと雨」の撮影現場で、山崎が沖田監督に「こんなに面白い、興味深い画家がいるよ」と熊谷について紹介してから。名優からのヒントに刺激を受けた沖田監督は、山崎=熊谷を念頭に置きながら6年越しで、ユーモラスで温かなオリジナルストーリーを完成させた。  「僕のアイドル」と自らの著書で熊谷について記述する山崎は、藤森武氏の写真集「獨樂 熊谷守一の世界」を目にした時のことに触れ、「キャプションに『45年、この家から動きません。この正門から外へも、ここ30年、出たことがないんです。でも8年ぐらい前、1度だけ垣根づたいに勝手口まで散歩したんです。あとにも先...more
カテゴリー:

石原さとみ「アンナチュラル」主演で解剖医役!井浦新、窪田正孝らと共闘 - 09月13日(水)09:00 

 女優の石原さとみが、TBS系で2018年1月期にスタートする連続ドラマ「アンナチュラル」に主演することがわかった。ブームを巻き起こした「逃げるは恥だが役に立つ」の脚本家・野木亜紀子とタッグを組み、死因究明のスペシャリストである法医解剖医・三澄ミコト役を演じる。  物語の舞台となるのは、日本に新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」。“不自然な死”(アンナチュラル・デス)と判断された死体ばかりが運び込まれる同研究所で、170人ほどしか登録がない法医解剖医のミコトが、クセの強いメンバーたちとともにメスを握る姿を1話完結で描く医療サスペンスだ。  そのなかで石原は、合理的な性格で「この世に美しい死はなく、死んでしまえば終わりだ」と考えているミコト役に。「子どものころから医療ドラマが大好き」といい、「今回、野木さんのオリジナル脚本で演じられるのがとてもうれしいです。台本は1話の中で何度も展開がありますし、会話劇でもあるので現場の空気感を大切にしていきたいと思います」と明かす。撮影に向け、「余裕を持ってできる日もあれば、目の前のことをこなしていくだけで精一杯になったり、先を見据えて判断したり、自分の仕事を客観視したり、矛盾に苦しめられたり、正義感ある自分に自信が持てたり、嫌気がさしたり、近くの人に理解してもらえなかったり、プライドが邪魔したり、甘える勇気を持てたり……。当たり前は...more
カテゴリー:

石原さとみ、法医解剖医に!『逃げ恥』脚本家作品でTBS連ドラ初主演 - 09月12日(火)11:45 

女優の石原さとみが、2018年1月スタートの新ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜22:00~)で、TBSの連続ドラマ初主演を果たすことが決定。大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で脚本を担当した野木亜紀子が描くオリジナルストーリーとなっている。本作は、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台にした、一話完結の医療ミステリー。石原演じる、日本に170名ほどしか登録がない死因究明のスペシャリストである“法医解剖医”の三澄ミコトを中心に、癖のある面々が、UDIラボに連日運び込まれる“不自然な死”(アンナチュラル・デス)」の怪しい死体に向かいメスを握る。野木のほか、湊かなえ原作のドラマ『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』のドラマ化を手がけたプロデューサー・新井順子、同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子など、今ノリに乗っている女性スタッフ陣が制作を担当する。 野木いわく、発想のきっかけとなったのは、2012年から内閣府主導で行われた死因究明等推進会議だという。先進国の中で最低の解剖率である日本の現状を変えるべく、厚労省・文科省・警察庁が話し合いを重ねるも大きな成果はなく終了。「もしこの時、死因究明に特化した公的な研究所が作られていたら……そんなifを元に、本企画はスタートしました。人の死を扱うドラマではありますが、主軸と...more
カテゴリー:

石原さとみ、逃げ恥脚本家とタッグ 解剖医役でTBS連ドラ初主演 - 09月12日(火)05:00 

 女優の石原さとみが来年1月よりスタートするTBS系連続ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜 後9:00)で同局初主演を飾ることがわかった。昨年大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』を手掛けた脚本家・野木亜紀子による一話完結の医療サスペンスとなっており、石原は死因究明専門のスペシャリストが集まる『不自然死究明研究所(UDIラボ)』に属する解剖医・三澄ミコトを演じる。共演には井浦新、窪田正孝、市川実日子、松重豊らが決定した。 【写真】井浦新、窪田正孝らも出演  全体のテーマは、「死と向き合うことによって、現実の世界を変えていく」。日本に170名ほどしか登録がない“法医解剖医”のミコトはクセの強いメンバーたちと共にUDIラボに運び込まれた“不自然な死”(アンナチュラル・デス)の怪しい死体たちの裏側にある事件や謎をスリリングに解明していく。  ミコトと同じ筆頭医でミコトとはしばしば対立する中堂系に井浦。三澄班の記録員としてバイトで雇われた新人の医大生、解剖時の写真撮影や解剖記録の整理業務を担う久部六郎に窪田。同じく三澄班の臨床検査技師でミコトと気の合う同僚・東海林夕子に市川、そしてUDIラボ所長・神倉保夫に松重が起用された。  制作は、湊かなえ作品『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』(いずれもTBS)の新井順子プロデューサー、同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子...more
カテゴリー:

【ドラマ】"石原さとみ" 30歳初連ドラ 法医解剖医役で新たな一面見せる『アンナチュラル』 - 09月12日(火)04:50  mnewsplus

9/12(火) 4:00 石原さとみ、30歳初連ドラ 法医解剖医役で新たな一面見せる  女優の石原さとみ(30)が、来年1月スタートのTBSドラマ「アンナチュラル」(金曜後10・00)に、法医解剖医役で主演する。同局の連ドラは初主演。 脚本を手掛けるのは、昨年大ヒットした同局「逃げるは恥だが役に立つ」の野木亜紀子氏で、強力タッグでヒットを狙う。  オリジナル脚本の医療ミステリーで、「不自然死究明研究所(UDIラボ)」が舞台。石原が演じるのは、同所で働く33歳の法医解剖医・ミコト。 特異な医師ではなく、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「松重豊」の画像

もっと見る

「松重豊」の動画

Wikipedia

松重 豊(まつしげ ゆたか、1963年1月19日 - )は、日本俳優。身長188cm、体重75kg、靴のサイズは28.0cm。血液型はAB型。福岡県出身。西南学院高等学校卒業、明治大学文学部文学科卒業(演劇学専攻)。所属は東京サンシャインボーイズ、蜷川スタジオを経て、現在はザズウ

来歴

2、3歳の頃、橋幸夫の「恋をするなら」が欲しくて長崎のレコード屋の前で泣いたと母から聞いた。中学生の時、友達が持っていたセックス・ピストルズのレコードを聴き、パンクロックなどの激しい音楽を聴き始めた。その後、博多ビートバンド系(サンハウスザ・ロッカーズザ・ルースターズなど)の存在を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる