「松田翔太」とは?

関連ニュース

「西郷どん」風間俊介が大絶賛! 『吉之助、慶喜、左内のトリオは物語の黄金比』 - 04月25日(水)07:00 

鈴木亮平主演の大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00‐8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中の風間俊介にインタビューを敢行。 【写真を見る】慶喜を狙う刺客の剣先が、左内に向くという危機的状況もあった/(C)NHK 風間が演じる橋本左内は、大坂の適塾で緒方洪庵から蘭方医学を学んだ福井藩士。西郷吉之助(鈴木)のことを最初は単なる「血気盛んな男」としか見ていなかったが、やがて意気投合し、深い絆で一橋慶喜(松田翔太)将軍擁立に奔走する。 そんな、西郷の江戸での活躍を彩る人物を演じている感想などを聞いた。 ――大河ドラマ、初出演のご感想を教えてください。 大河ドラマに出るということは目標の中の1つというか、悲願でもありました。やっぱり当初、緊張していたんですよね。でもその緊張も相まって、緊張しているからこそ、だんだん背筋が伸びていって、それが(役柄として)ちょうどよくなっていきましたね(笑)。 また、鈴木亮平君が大きな器で現場を包み込んでくれていたので、何とかやり切ることができたなと思っています。なので、多くの人に今回の左内役がすてきだと言ってもらえるのは、亮平君のおかげであり、現場の多くの人たちに支えられての評価だと感じています。 ――橋本左内という人物をどのように捉えていますか? 調べれば調べるほど天才で、若くして命を落としていなければ、日本全国に知れ渡っていてもおかしくない偉人だ...more
カテゴリー:

『西郷どん』渡辺謙の突然のナレ死に「斉彬ロスになる余裕もない」 - 04月23日(月)11:50 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』第15話が22日に放送され、渡辺謙演じる島津斉彬が、ラスト数秒であっさり“ナレ死”したことにSNSは騒然。「斉彬ロスになる余裕も無ぇ!!!!」「あっけなさすぎる」と衝撃を受ける視聴者が続出した。【写真】ダンディな「渡辺謙」フォトギャラリー 一橋慶喜(松田翔太)の決意で次期将軍の問題が解決したのもつかの間、将軍・家定(又吉直樹)が病に倒れる。井伊直弼(佐野史郎)は家定に近寄り、慶喜ではなく紀伊藩主・慶福を次の将軍にすることを家定の意向として触れまわる。さらに「大老」と名乗り、幕府を意のままに動かそうとする。 吉之助(鈴木亮平)は薩摩に戻り、斉彬にその旨を伝えた。斉彬から庭方の役目を解かれ、自分の無力さを嘆く吉之助。正助(瑛太)は「『万策尽きた』は“やっせんぼ”の言い訳」と叱咤するのであった。 そこで吉之助は斉彬に、薩摩軍を率いて京を目指す上洛計画を提案する。その考えに感服した斉彬は京での再会を誓い、砲撃の演習を始める。「撃て! 撃て!」と勇ましく指示する斉彬。ところがここで「安政五年、七月十六日、島津斉彬さまはこの世を去られました」というナレーションがいきなり入り、この回は終わったのだ。 何の前触れもなく、あっけなく斉彬が亡くなる急展開。SNS上は「斉彬ロスになる余裕も無ぇ!!!!」「斉彬ロスになる隙も与えない死に様だったでおわす」と“あ然”。ただ、一度...more
カテゴリー:

『西郷どん』、松田翔太が一橋慶喜を演じるのは必然だった!? - 04月22日(日)08:30 

 鈴木亮平(35)が主人公の西郷吉之助を演じる大河ドラマ『西郷どん』は、いよいよ物語前半の佳境を迎えようとしている。第14回(4月15日)の放送は、これまで将軍継嗣問題から目をそらしてきた一橋慶喜(松田翔太/32)が、ついに将軍になる意思を示すという、重要な回だった。内容を振り返ってみよう。  しばしの帰郷を終えて、再び江戸にやってきた吉之助は、越前藩邸の松平慶永(津田寛治/52)を訪ねる。そこで徳川斉昭(伊武雅刀/69)の評判が落ちているということを聞くと、一橋派と南紀派の幕府内の政争を鎮めるため、後日、一橋慶喜に将軍になるよう迫った。  その後、島津斉彬(渡辺謙/58)から、慶喜を将軍にすべきという建白書が提出されると、吉之助は政敵である井伊直弼(佐野史郎/63)に招かれた。そこで井伊から斉彬の情報を渡す密告役になるよう求められるが、これを固辞する。  そして、ある夜、慶喜の命が狙われた。吉之助は刺客を討ち、涙ながらにその熱い想いを慶喜に伝える。翌朝、慶喜に連れられ、吉之助たちは井伊を訪問。慶喜は「紀州藩を渡す」という話を持ちかけた井伊に怒りを表し、ついに「俺が将軍になろう」と、決意表明をするのだった。  この回で演技が輝いていたのは、やはり一橋慶喜役の松田翔太だ。井伊直弼に怒りをぶつけるシーンは、見応え十分だった。松田は2008年の大河ドラマ『篤姫』で14代将...more
カテゴリー:

セレブの町で西郷どん発見! 大西郷の基礎を作った江戸の史跡めぐり! - 04月20日(金)18:00 

■ GWに回りたいNHK大河『西郷どん』名シーンの現場 薩摩屋敷跡の碑。この字を書いたのは、西郷吉之介の孫の西郷吉之助。ややこしいが、「吉之助」さんのほうは法務大臣も務めた昭和の政治家。 明治維新150周年の今年。今回はその立役者となった一人、西郷隆盛が若き日に過ごした、江戸の史跡をめぐって来ました! NHK大河ドラマ『西郷どん』でも描かれているあのシーンの現場は、現在こんな景色になっている! 安政元年(1854)、西郷吉之介(後の隆盛)は薩摩藩主・島津斉彬の参勤交代に従って、初めて江戸に出府。普段は藩の屋敷の庭で雑事をこなしながら、主君から声がかかった時には直接話をできるという、お庭方の役を命じられた。この役目を務めながら、斉彬から西洋の文物や幕府の政治、藩の近代化のことなどを吸収し、これが吉之介が田舎侍から“大西郷”に成長する基礎になった。 ゴールデン・ウィークはそんな吉之介にあやかって、今回ご紹介する史跡をめぐると大きく成長できるかも!? まずは薩摩藩の上屋敷から。都営地下鉄の三田駅からほど近く、巨大なビル群の一角に石碑が建っている。世界のケン・ワタナビこと渡辺謙こと島津斉彬や北川景子演じる篤姫が暮らした薩摩屋敷だ。幕末最終盤の慶応3年(1867)には、西郷の指令で江戸の町でテロを繰り返した集団・薩摩御用盗のアジトにもなり、幕府や庄内藩の攻撃を受けて鳥羽伏見の戦い勃発の一因に...more
カテゴリー:

長谷川博己、2020年大河主演に「光秀の三日天下じゃなく…」と笑顔 - 04月19日(木)18:16 

 俳優の長谷川博己が19日、都内で2020年の大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』の制作・主演発表会見に出席。晴れ晴れとした笑顔で主人公・明智光秀に抜てきされた喜びをあらわにし、笑いまじりに「明智光秀は三日天下ですけど、これをやり遂げた後は1年くらい天下がほしいです」と意気込みを語った。【写真】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』制作・主演発表会見フォトギャラリー 今回発表された『麒麟がくる』は、第59作目の大河ドラマ。応仁の乱の後、無秩序の乱世をおさめようと戦国の英雄たちが登場する中、美濃の地で台頭する明智十兵衛光秀の半生を描く。制作統括の落合将は、斎藤道三や織田信長、今川義元、足利義明らとともに「群像劇として描きたい」と展望を語っている。 東京オリンピックイヤーである2020年の大河主演に大抜てきされた長谷川。脚本を担当する池端俊策から「人間の内面を表現できる俳優さんではピカイチ。ぜひ長谷川さんとやりたいと思った」と言われ、開口一番「感動してます」と喜んだ。「大河の主演をやるというのは、俳優にとって1つの目標。オファーされた時も、最初は実感が沸かなかったですが、今こうやって皆さんにフラッシュをたかれて“あ、これはスゴいことなんだな”と実感してます」と語った。 自身が演じる明智に関して「謎めいたミステリアスな人物。池端先生の明智光秀像が鮮烈に伝わってきて“これはやらなければならない”...more
カテゴリー:

林修、フジ水8新番組で毒舌さく裂 風間俊介の光るコメント、ノブのヒントタイムも - 04月25日(水)07:00 

 タレントの林修氏がMCを務めるフジテレビ系新水8バラエティー『林修のニッポンドリル』(毎週水曜 後7:57~9:00 初回は後7:00~9:00)が、きょう25日よりスタートする。林氏の授業はもちろん、1999年10月から2000年3月まで放送された『3年B組金八先生』(TBS)で共演していた武田鉄矢と風間俊介による“金八コンビ”の共演、副担任という立ち位置で出演する千鳥・ノブの「ヒントタイム」など、見どころ満載の内容となっている。 【写真】林修、ノブ、風間俊介が3ショットでガッツポーズ  林氏が、知られざる“ニッポン”について授業する同番組。東京で開催されるオリンピック・パラリンピックを2年後に控え、訪日外国人観光客数も年々増加している中で、国宝、世界遺産、寺社仏閣、歌舞伎、礼儀作法から、おもてなしや食文化、さらには間違えやすい日本語まで、日本人なら知っておきたい“ニッポンの○○”をテーマに、林氏が唯一無二の「ニッポンドリル」を作成し、講義を開く。  初回のテーマは「日本人の知らないニッポンを教えます!」。「世界遺産にも選ばれた国宝・平等院鳳凰堂」「日本が誇る おもてなし」「知らないと恥ずかしい日本語」という3つのジャンルで、林氏がドリルをもとにクイズ形式でわかりやすく解説していく。林氏の“毒舌”が時折かいま見える瞬間があるといい、収録後に行われた囲み取材でノブは「(毒舌...more
カテゴリー:

西郷どん:第15回「殿の死」 “急転直下”で万策尽きる? 吉之助、命… - 04月22日(日)10:30 

 俳優の鈴木亮平さん主演のNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第15回「殿の死」が22日に放送される(NHK総合で午後8時ほか)。次期将軍は一橋慶喜(松田翔太さん)に決まったかと思われたが、家定…
カテゴリー:

『西郷どん』第15話、慶喜将軍擁立は暗礁に そして斉彬は… - 04月21日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週第15話「殿の死」が放送される。将軍になることを宣言した慶喜(松田翔太)だが、擁立までのハードルは高く、吉之助たちは悪戦苦闘。「できる、できない、できる、できない、そして……と、二転三転どころか四転五転するような展開が待っています」と鈴木は第15話を紹介している。【写真】『西郷どん』第15話フォトギャラリー 篤姫(北川景子)と将軍・家定(又吉直樹)は仲睦まじい日々を過ごしていたが、家定が突然、病に倒れる。それに乗じて井伊直弼(佐野史郎)が大老職に就き、次期将軍は紀州の慶福と決まる。 吉之助は急ぎ薩摩に戻り、斉彬(渡辺謙)に報告するが、斉彬は万策尽きたこと告げ、吉之助を役目から解いてしまう。落胆するばかりの吉之助に正助(瑛太)は激怒。やがて斉彬は薩摩軍を率いて京を目指す上洛計画を始動する…。 「吉之助がようやく殿と同じ思考にたどり着いて、ある一瞬でも『殿超え』するときがやってきます。その瞬間をぜひ目撃していただきたいですね」と鈴木がアピールする第15話。 先週放送の第14話「慶喜の本気」では、江戸に戻った吉之助が橋本左内(風間俊介)と共に慶喜将軍擁立に向けて動くが、慶喜は将軍になることを固辞。一方篤姫は、家定に次代将軍として慶喜を指名してもらうことに成功する。だが大奥では、篤姫の嫁入りに一橋派の策謀があったことを知った本寿院(泉ピン子)が大激怒。吉...more
カテゴリー:

『アウト&アウト』原作者自ら映画化 主演・遠藤憲一「きうち監督の美学を楽しんで」 - 04月20日(金)07:00 

 俳優の遠藤憲一が、今秋公開の映画『アウト&アウト』に主演していることが19日、わかった。原作は、『ビー・バップ・ハイスクール』で一世を風靡した漫画家である木内一裕氏の小説。監督として数々の犯罪映画を手がけてきた木内氏が、映画監督名義の“きうちかずひろ”として自ら映画化した。 【写真】顔にメイクも 衝撃コスプレを披露した遠藤憲一  小学2年生の少女・栞と2人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能の元に、一本の依頼の電話が入る。指定された場所に向かうと依頼人はすでに拳銃で撃たれた死体となっていた。事件の容疑者にされかねない矢能は迅速に対応を始めるが、事態は思いもよらぬ方向へと転がっていく。  無愛想だが優しい元ヤクザの探偵・矢能役の遠藤は、「自分の癖で『監督、ここはこうやってみてもいいですか?』とアイディアを形にして見せることも多いのですが、今回は監督の中でイメージが明確にあったようで、途中からはすべて監督の言うとおりに演じました。語尾の変更も許されません」と、きうち監督のこだわりを明かす。ちゃんと演じきれているか不安もあったというが、試写を観て「何といっても登場人物全員が魅力的。監督の言う通りに演じて良かった!」と安心し、「皆さんもぜひ、きうち監督の美学を楽しんで下さい!」と呼びかけている。  同作が7本目の作品となるきうち監督は、「『原作者が自らメガホンを取った』などと言...more
カテゴリー:

【ドラマ】<西郷どん>第14回視聴率は11.9%とワースト更新 ★2 - 04月16日(月)19:13  mnewsplus

俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の第14回が15日に放送され、平均視聴率は11.9%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。番組ワーストを記録した第13回の13.0%からさらに下げた。  「西郷どん」は、明治維新から150年となる2018年に放送される57作目の大河ドラマ。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿に、カリスマ藩主・島津斉彬が目を留め、西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へと奔走。勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「松田翔太」の画像

もっと見る

「松田翔太」の動画

Wikipedia

映画
ワルボロイキガミ花より男子F
LIAR GAME The Final Stage
イニシエーション・ラブ アカデミー賞 =

| AFI賞 =

| 英国アカデミー賞 =

| セザール賞 =

| エミー賞 =

| ジェミニ賞 =

| ゴールデングローブ賞 =

| ゴールデンラズベリー賞 =

| ゴヤ賞 =

| グラミー賞 =

| ブルーリボン賞 =

| ローレンス・オリヴィエ賞 =

| 全米映画俳優組合賞 =

| トニー賞 =

| 日本アカデミー賞 = |第32回 新人俳優賞受賞 その他の賞 =

| 備考 = }} 松田 翔太(まつだ しょうた、1985年[[9月10日 - )は、日本俳優東京都杉並区出身。オフィス作所属。

略歴

俳優松田優作と女優松田美由紀との間に次男として生まれる。兄の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる