「松田大輔」とは?

関連ニュース

バイきんぐ小峠、元カノとセットで「フィフスって呼ばれていました」その理由にスタジオ爆笑 - 05月19日(金)10:45 

5月18日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)では、高校で留年した芸人が集合、今だから笑える過去のつらい思い出を語った。 【写真を見る】元カノとの秘話を語った小峠英二 この日「高校ダブり(留年)芸人」として出演したのは、小峠英二(バイきんぐ)、小宮浩信(三四郎)、森田哲矢(さらば青春の光)、ひぐち君(髭男爵)、森木俊介(ラフコン)、植野行雄(デニス)ら6人。森木と植野に至っては、2年留年(トリプル)していたとあって、他のダブり芸人たちからも一目(!?)置かれる存在となった。 高校2年生を3回経験した植野は「解けない問題は、留年しても解けない!」とキッパリ! 小宮は「留年が決まった日に、屋上からグランドを眺めていたら、飛び降りるかと誤解されて体育教師から『早まるな!!』ってビンタされた!」と悲壮なエピソードを披露。 さらに新学期が始まり、年下と同じ教室に居ることが恥ずかしくて「普段はひょうきんなのに、一匹狼を気取って、ミステリアスな雰囲気を出した」という森田に、ダブり芸人たちは「あるある」。元同級生と新同級生の前でキャラを使い分けた結果「自分のキャラを忘れちゃって」と小宮もキャラ変していた過去を告白。 留年の切ない思い出を語るコーナーで小峠が「トリプル(留年2回)の子を好きになって付き合ったら、ダブルとトリプルで回りからフィフス♪って呼ばれていました」と話し、笑いが起こった。 最...more
カテゴリー:

「松田大輔」の画像

もっと見る

「松田大輔」の動画

Wikipedia

松田 大輔(まつだ だいすけ、1977年3月2日 - )は、日本のお笑い芸人。お笑いコンビ東京ダイナマイトの主にボケ担当。また、西口プロレス所属レスラーとしても活動。

来歴

元々、青木さやからと温泉こんにゃくアクロバットショーという5人組のユニットを組んでいた。東京ダイナマイトの相方ハチミツ二郎とは、青木が松田を紹介する形で知り合った。東京ダイナマイトのコンセプトに合わなかったため実現しなかったが、青木は自分も加わりトリオでやりたかったという。また、収入が無かった頃、ハチミツ二郎とともに青木ファンに青木の下着を売ろうとしたことがあるが、そのファンが拒否した。

ピン芸人のころに爆笑オンエアバトルに一度出演し、425KBでオンエアを獲得している。その時にやったネタが現在東京ダイナマイトでもやっているエクササイズのネタである。同番組には東京ダイナマイトでも出場しており、5回出演したが一度しかオンエアされていない。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる