「松本若菜」とは?

関連ニュース

女優5人そろえば迫力は「和製セックス・アンド・ザ・シティ」!監督の失言に総口撃 - 01月20日(土)15:50 

 「東京ウィンドオーケストラ」「エキストランド」の坂下雄一郎監督によるオリジナル作品「ピンカートンに会いにいく」が1月20日、東京・新宿武蔵野館で封切られた。坂下監督をはじめ、本作で映画初主演を飾った内田慈、共演の松本若菜、山田真歩、水野小論、岩野未知が同所での舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】華やかな衣装に身を包んだ女優陣、その他の写真はこちら  映画は、アラフォー女性たちが再起をかけた大勝負に挑む姿を描く。20年前、ブレイク目前で突如解散してしまった5人組アイドルグループ「ピンカートン」の元リーダーで、売れない女優を続けている優子(内田)は、グループ再結成のために元メンバーに会いに行くが、そこには厳しい現実が待っていた。  本作で、元アイドルのアラフォー女性に扮したキャスト5人。そろって華やかな衣装で登場し、内田は「私たち、わくわくしながらここに向かってきました。おしゃれして歩いている自分たちを『セックス・アンド・ザ・シティみたいなじゃない?』とか言い出して(笑)。わくわくしすぎて、おしゃべりしていたら『静かにしてください』と怒られちゃった」と“和製セックス・アンド・ザ・シティ”をアピールし、場内を盛り上げた。  さらに松本も「今言っていた通り、この5人が集まると、わいわいわいわい。女子学生に戻ったんじゃないかと思え、とてもセンチメンタルな気持ち。5人でいると『...more
カテゴリー:

女優・内田慈、主演映画の試写会でミニライブ披露「紅白狙っています」 - 01月10日(水)20:54 

 女優の内田慈(34)、松本若菜(33)、山田真歩(36)、水野小論(36)、岩野未知(40)が10日、都内で行われた映画『ピンカートンに会いにいく』(20日公開)の完成披露試写会に出席した。 5人が演じた役は、昔はアイドルだったという設定で、劇中と同じアイドル姿の衣装で登場。いきなりミニライブが始まり、劇中主題歌「Revolution now」(作詞/作曲 池永正二)を披露すると、観客から「おー!」と声援が。ライブ後、主人公・神崎優子を演じた内田は「紅白狙っています!」と意気込んだ。  同作は、ブレイク寸前で解散してしまった5人組アイドル「ピンカートン」が、20年後、ある出来事をきっかけに再結成を目指していく物語。今作に限らず、元アイドル役を務めることが多いという内田は「自分なりに分析すると、ちょっと旬が過ぎて見えるのかなと思っています」といい、会場を笑わせた。  イベント途中、共演者の小川あん(19)、岡本夏美(19)、柴田杏花(18)、芋生悠(20)、鈴木まはな(16)、坂下雄一郎監督(32)も出席した。 【関連記事】 岡本夏美、『ワイドナショー』出演で転機 高校卒業で芽生えた覚悟「もっと自由にやってみたい」 (17年05月28日) 岡本夏美、麻雀界のカリスマを熱演 映画『女流闘牌伝aki -アキ-』本編初公開 (17年04月27日) 岡本夏美、フジ『新しい波24』...more
カテゴリー:

「松本若菜」の画像

もっと見る

「松本若菜」の動画

Wikipedia

。同年4月19日にブログを始める。

2008年にTBS敷地内にオープンした「赤坂サカス」のイメージキャラクター「赤坂なでしこ娘」に選ばれ、赤坂サカス情報 咲かす人 Sacas-Bitoにも出演。

2009年、映画腐女子彼女。で初主演。

松本の動向は、鳥取県庁が配信しているメールマガジン等に記載されたり松本若菜さん(女優)朝ご飯は子どものころから習慣化(鳥取県市場開拓局/日本海新聞 2009年9月19日)、地元の日本海新聞に掲載されたりしており、2010年5月12日には「とっとりふるさと大使」を委嘱された。それもあり地元鳥取県関連の仕事もするようになる。

2011年6月1日付でオフィスウォーカーからトリプルエーに移籍。

2012年2月、Twitterを開始。2012年10月、映画はなればなれに(監督下手大輔)が...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる