「松本穂香」とは?

関連ニュース

『ブラックペアン』、陰の主役小泉孝太郎は「第二の船越英一郎」になる!? - 05月19日(土)11:00 

 TBSの日曜劇場が話題をさらっている。7月期には松本穂香(21)主演で『この世界の片隅に』が放送されることが決定し、放送前から注目されているのだ。現在、放送中の日曜劇場『ブラックペアン』も、順調に視聴率を獲得。リアルな医療シーンを描きながら嵐の二宮和也(34)演じる渡海ら、闇を抱えるキャラクターたちの対決に興奮している視聴者も多いだろう。ここでは、5月13日放送の第4話を振り返る。  手術器具“スナイプ”を使った手術が成功したことで、東城大はスナイプを大量に導入することを決める。スナイプの論文を書いていた高階(小泉孝太郎/39)は、論文の最後に記す研究の最高責任者の名前を、東城大の佐伯教授(内野聖陽/49)にするか、もともと自分を東城大に送り込んだ帝華大の西崎教授(市川猿之助/42)にするかで、葛藤していた。  そんな中、高階は帝華大時代に担当していた子どもの患者を、東城大に転院させる。血液に問題を抱えるこの患者の手術は難航することが予想され、高階は佐伯にスナイプ手術をするように進言し、佐伯は渡海を執刀医に指名する。しかし、渡海はこれを断り、佐伯と激しく衝突。手術は結局、高階が執刀することになるが、案の定、苦戦を強いられる。ついには、渡海を呼ばねば命が助からないという状況になり……。  もちろん手術シーンも見どころだったが、東城大の佐伯と帝華大の西崎の間で揺れ動く高階...more
カテゴリー:

大泉洋、北海道の母校に小松菜奈と凱旋! 340人の学生が熱狂 - 05月11日(金)22:01 

小松菜奈と大泉洋主演の映画「恋は雨上がりのように」が5月25日(金)に公開。これに先駆け、5月10日に大泉の母校である北海道・北海学園大学で、2人による特別講座が行われた。 【写真を見る】授業ではあり得ないほどの(?)340人の学生が教室に集結! みんないい笑顔だ/(C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 (C)2014 眉月じゅん/小学館 会場となった「60番教室」に2人が現れると、集まっていた340人の学生たちは大盛り上がり。25年前にこの教室で授業を受けていた大泉も「60番教室がこんなに埋まったのを初めて見た」と驚きの声を上げた。 一方、北海道は2度目だという小松は「大泉さんの出身校に来られるのをとても楽しみにしていました。それから、お昼ご飯に大泉さんが用意してくれた海鮮丼がとてもおいしかった」とうれしそうな表情。 会場には大泉が所属していた演劇研究会の現役メンバーも来ていたが、今は部員が70人以上いると言われてビックリ。大泉の在学当時は20人もいなかったという。 学生から「(メンバーが多いのは)TEAM NACSのおかげ。私もNACSに憧れて、演劇研究会に入りました」と言われ、大泉は大喜び! 2人の学生時代の夢を聞くと「中学、高校の時は美容師になりたかったのですが、18歳の時に映画『渇き。』に出合って女優業を始めてからこの仕事を続けたいなと思いました」と小松。...more
カテゴリー:

大泉洋&宮崎あおいドラマ初共演「これまで頑張って来たご褒美のような役」 - 05月08日(火)18:22 

大泉洋と宮崎あおいが、6月25日(月)夜8時から放送のドラマ特別企画「あにいもうと」(TBS系)で、ドラマ初共演をすることが明らかになった。 【写真を見る】大泉洋は山田作品への出演に興奮のコメント 同作品は、室生犀星の同名小説が原作。東京下町に生きる兄と妹の情愛を通し、家族の在り方を見つめる人間ドラマで、脚本を山田洋次が、プロデュースを石井ふく子が務める。 妹思いの大工・伊之助を演じる大泉は「山田さんに書いていただいた脚本は、子供のころから『男はつらいよ』(1969年~)を見ていた僕らの世代にはたまらない話でした。だから本当にこんなお仕事がくるのかと、興奮して本を読みました。 そこには妹への愛情や家族の愛ってものが詰まっている中で、これでもかってくらいコメディーの要素が入っていて面白かったです。これまで頑張ってきたご褒美のような役でした。本当にこの役に出合わせてくれて本当に感謝します」と、感激した様子。 伊之助の妹でトラック運転手の宮崎は「初めに台本をいただいた時に、とても愛にあふれた本だなと思いました。この兄妹はとても似ていて似ているからこそぶつかってしまい、大好きだからこそ許せないことがたくさんあるというような二人なのかなと感じました。一緒にいい作品を作るために力を合わせて頑張ったので、たくさんの人に見ていただきたいと思います」と意気込んだ。 ほか、瀧本美織、太賀、西原亜希、七...more
カテゴリー:

【ドラマ】「ひよっこ」松本穂香、「この世界の片隅に」ヒロイン・すず役に抜てき 周作役は松坂桃李 - 05月05日(土)08:27  mnewsplus

2016年11月にアニメーション映画も公開されヒットを記録したこうの史代氏の漫画『この世界の片隅に』が、TBS7月期の「日曜劇場」で連続ドラマ化されることがわかった。 ヒロインのすず役には、3000人のオーディションを勝ち抜いた松本穂香(21)を抜てき。 すずの夫・北條周作は松坂桃李(29)が演じる。 すずの嫁ぎ先である北條家の面々にも豪華俳優陣が集結。 とある事情で嫁ぎ先から出戻ってきた周作の姉・黒村径子は尾野真千子、周作と径子の父・円太郎は田口トモロヲ、母・サンは伊藤蘭が演じる。 ドラマのオリジナルキャラク...
»続きを読む
カテゴリー:

『役者としての引き出しが増やせた』松坂桃李が「孤狼の血」で得た刺激と自信 - 05月12日(土)06:30 

直木賞候補にもなった柚月裕子のベストセラー小説を実写化した映画「孤狼の血」が5月12日(土)に公開される。ベテラン刑事の大上章吾(役所広司)の相棒となる新米刑事・日岡秀一を演じた松坂桃李は、この作品にあらがえぬほどの魅力をいくつも感じたそう。 【写真を見る】役所広司の圧倒的存在感に震える!/(C)2018「孤狼の血」製作委員会 「まずはヤクザもので刑事ものでもある点にひかれました。これまで両者が絡み合う物語をやってみたことがなかったので、出たいという気持ちが強く湧き上がったんです。それに、また白石和彌監督の現場を味わえるのも大きかったです」 監督の白石和彌とは映画「彼女がその名を知らない鳥たち」(2017年)に続いてのタッグとなるが、同作での体験が忘れられなかったという。 「翌日に撮影するシーンの段取りを全て把握していても、当日にはガラッと変わってしまうことがある。現場に出るまでは何も分からない“サプライズ監督”と呼んだ方がいいのかな(笑)。でも、それによって緊張と興奮が7対3で同居した感じになって、アドレナリンが出てくるんです。今回も役所さんと僕がかなり言い合う重要なシーンで、いきなり『今からワンカットでいきますんで』と言うんです。本来はワンカット撮影ではないシーンだったんですけどね(笑)。驚くけど、それを上回る緊張が生まれて、結果的にいいシーンになるのはさすがだなと思いまし...more
カテゴリー:

走る小松菜奈&大泉洋の冴えない魅力全開 映画『恋雨』主題歌MV公開 - 05月10日(木)12:00 

 歌手・鈴木瑛美子と、音楽プロデューサー・亀田誠治のコンビが、神聖かまってちゃんの楽曲をカバーした「フロントメモリー」のミュージックビデオ(MV)が10日、公開された。主題歌に起用されている小松菜奈と大泉洋が共演する映画『恋は雨上がりのように』(25日公開)の永井聡監督が制作し、本編映像を惜しげもなく使っている。 【動画】鈴木瑛美子×亀田誠治「フロントメモリー」MV  映画は、眉月じゅん氏の人気漫画を実写化。小松、大泉のほか清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香、濱田マリ、戸次重幸、吉田羊らが出演する。  MVは、元陸上部員の主人公・あきら(小松)が全編にわたって走る姿が印象的で、疾走感あふれる楽曲にのって颯爽と駆ける姿は、まさに爽快そのもの。あきらがアルバイト先のファミレスの店長・近藤(大泉)に片想いを募らせていく様子が丁寧に紡がれていき、あきら目線で追われる事で、いつの間にか冴えないはずの近藤が魅力的な男性に映ってくる。  連載中に「フロントメモリー」を聴いていたという原作者の眉月氏は「『絶対にそう(主題歌に)なってほしい!』と願い続けていたことが、今こうして永井監督のおかげで現実となりました。連載を終え、アニメも映画も完成し、まるで恋雨の集大成のようなMVだと思いました」と感慨深げ。11日より先行配信される同曲のジャケットも書き下ろし、「風が駆け抜ける学校の...more
カテゴリー:

高畑充希、岡田惠和脚本のSPドラマで草刈正雄の上司に! - 05月07日(月)05:00 

高畑充希と草刈正雄がW主演を務める2時間スペシャルドラマ「68歳の新入社員」(フジテレビ系)が、2018年夏に放送されることが分かった。 【写真を見る】草刈正雄、新入社員役で高畑充希に忠誠を誓う⁉/(C)カンテレ 同ドラマは、岡田惠和が脚本を務めるオリジナル作品。老舗の和菓子会社を舞台に、価値観、世代、性別、立場の違う2人がさまざまなハードルに立ち向かっていく。 高畑演じる28歳OL・工藤繭子は、前職での実績を買われヘッドハンティングされて和菓子会社へ。新規事業開発を引っ張ることになった繭子は、社内からの期待も大きく、日々、見えないプレッシャーにさいなまれていた。 そんな中、草刈演じる68歳の仁井本和夫が新入社員として繭子のチームに配属されることに。同和菓子会社を一度は定年まで勤めあげ、引退生活を送っていた仁井本。若社長からの声掛けにより、40歳も年下である上司・繭子の下で再び働くこととなる。 出演に際し、高畑は「岡田さんの脚本が素晴らしく、言葉に手を引かれているような安心感がありました。共演の草刈さんとの掛け合いも、私にとって満たされすぎて怖いくらいの瞬間が何度もありました。どの世代の方にも、奇をてらうことなく刺さる、素敵なお話です!」とコメント。 一方の草刈も、「高畑さんは前から気になっていた女優さんだったので共演できてうれしかったです。ぜひ、何の先入観も無く楽しんで下さい。...more
カテゴリー:

【実写/漫画】映画「恋は雨上がりのように」完成披露試写会、大泉洋が自称雨男から“ただ撮影を邪魔するやつ”に - 04月26日(木)23:33  mnewsplus

映画「恋雨」完成披露、大泉洋が自称雨男から“ただ撮影を邪魔するやつ”に 2018年4月26日 22:46 コミックナタリー https://natalie.mu/comic/news/279950 映画「恋は雨上がりのように」完成披露試写会の様子。左から松本穂香、磯村勇斗、大泉洋、小松菜奈、清野菜名、葉山奨之、山本舞香。 小松菜奈 眉月じゅんによる描き下ろしイラスト。 大泉洋 左から磯村勇斗、小松菜奈、大泉洋、清野菜名。 「恋は雨上がりのように」特報2 https://youtu.be/jf6d0KHxKB0 眉月じゅん原作による映画「恋は雨上がりのように...
»続きを読む
カテゴリー:

「松本穂香」の画像

もっと見る

「松本穂香」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる