「松本穂香」とは?

関連ニュース

「ひよっこ」岡田惠和が続編に意欲「野心もわずかにあります(笑)」【ドラマアカデミー賞受賞者インタビュー】 - 11月16日(木)13:26 

'17年夏クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第94回ドラマアカデミー賞」脚本賞に朝ドラ「ひよっこ」の岡田惠和氏が受賞が決定した。 【写真を見る】受賞の喜びを語った岡田惠和/撮影=下田直樹 「ちゅらさん」('01年)「おひさま」('11年、共にNHK総合)に続く朝ドラ3作目に挑んだ岡田氏。岡田氏による熱烈なオファーにより決定したヒロイン・有村架純も主演女優賞に選ばれ、ドラマソング賞の桑田佳祐、特別賞のタイトルバックと「ひよっこ」は4冠という輝かしい結果となった。投票者からは、「原作のないオリジナルストーリーを紡ぎ、どの登場人物にも愛情を注いがれていた」と絶賛された。そんな作品を描き出した岡田氏に、喜びのコメントと撮影秘話を聞いた。 ――「ひよっこ」で、最優秀脚本賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください ドラマアカデミー賞は「最後から二番目の恋」以来ですかね? 久しぶりにいただけたこともそうですし、自分でもすごく愛している作品を選んでくださって本当にうれしいです。スタッフやキャストの皆さんたちのおかげだと思っています。 ――脚本を書いていく中で、役者さんたちの演技に刺激を受けたことはありますか? 今回はキャスティングに関して、結構意見を言わせていただきました。おかげで、死角がないと言いますか、最強のメンバーがそろったと思っています。オーディ...more
カテゴリー:

直木賞作家・道尾秀介原案の『名前』、津田寛治&駒井蓮で戸田彬弘監督が映画化 - 11月06日(月)17:30 

 直木賞作家・道尾秀介が、映画のために書き下ろした未発表のオリジナル原案を、東京芸術劇場での公演など、舞台演出家としても活躍中の戸田彬弘が監督した映画『名前』が、津田寛治と駒井蓮のダブル主演にて2018年初夏に公開されることが決定した。【関連】「津田寛治」フォトギャラリー 本作は、素性を隠し見栄を張るため、名前を偽って暮らす中年男・正男(津田)の元へ、彼を「お父さん」と呼ぶ不思議な女子高生・笑子(駒井)が現れ、家族のような時間を過ごすうちに、正男は少しずつ失っていた自分を取り戻していくミステリアスなヒューマンストーリー。  また、公開決定にあたり、追加キャストが発表され、筒井真理子、松本穂香、観修寺保都、金澤美穂、比嘉梨乃、真広佳奈、小槙まこ、戸畑心、柿本朱里、アベラヒデノブ、木嶋のりこ、内田理央、池田良、川瀬陽太、西山繭子、波岡一喜、田村泰二郎など豪華メンバーが名を連ねている。  津田は「『名前』には、舞台となった茨城の匂いがします。学校。駅。真夜中の道。朝焼け。観光名所や名物が出てくるわけではないのに、茨城という場所の影響を感じずにはいられません」とその印象を語りながら「この作品でしか感じられない茨城が、今回東京で披露されると聞いて、照れくさくも嬉しい気持ちです。僕たちが描いたこの不思議な場所の物語を、一人でも多くの人に観て頂きたいです」と作品の公開を喜ぶとともにアピールしてい...more
カテゴリー:

道尾秀介原案、津田寛治&駒井蓮主演「名前」18年初夏公開決定 追加キャストに筒井真理子ら - 11月06日(月)07:00 

 直木賞作家・道尾秀介氏が原案、津田寛治と駒井蓮が主演を務める映画「名前」が、2018年初夏に東京・新宿シネマカリテほかで公開されることが決定。あわせて、追加キャスト情報が公開された。  道尾氏が映画のために書き下ろしたオリジナル原案を、舞台演出家としても活躍する戸田彬弘監督が映画化したミステリアスなヒューマンストーリー。経営していた会社が倒産し、茨城にやってきた主人公の中村正男が、素性を隠して見栄を張るため名前を偽って暮らしているところへ、正男を「お父さん」と呼ぶ女子高生・笑子が現れる。笑子と家族のような時間を過ごすうちに、正男は少しずつ失っていた自分を取り戻していく。メジャーからインディペンデントまで、数多くの映画やドラマでバイプレイヤーとして活躍する津田が正男、映画「心に吹く風」やドラマ「先に生まれただけの僕」などに出演する若手女優の駒井が笑子を演じた。  新たに発表されたキャストとして、筒井真理子が正男にとって重要な人物となる役どころで出演。そのほか、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」でメガネっ娘の青天目澄子を演じて注目された松本穂香を筆頭に、観修寺保都、金澤美穂、比嘉梨乃、真広佳奈、小槙まこ、戸畑心、柿本朱里、アベラヒデノブら若手から、木嶋のりこ、内田理央らグラビア出身の人気女優、さらには池田良、川瀬陽太、西山繭子、波岡一喜、田村泰二郎といったベテラン勢まで豪華なメンバ...more
カテゴリー:

渋谷系からでんぱ組.incまで サブカル好きは暗い過去を持つ人も - 11月09日(木)12:00 

音楽や映画、小説などで、人気の作品でなく「知る人ぞ知る」ものを好む人がいる。古くから「サブカル」と呼ばれた分野は、現在でも根強く残っているのだ。そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「他人の趣味について」の調査を実施。「サブカル好き」を、どのように感じている人が多いのだろうか。■サブカル好きにはメンヘラが多いとの声も「サブカルを気取っている人は、あまり好きではない」と答えた人は、43.5%と半数近くもいる。©sirabee.comサブカル気質の人にいい印象を持っていない人からは、「こじらせている」との言葉が使われた。「『自分は他の人とは違う』って感じを出したい感じが見えて、なんか痛々しい」(20代・女性)「ものすごくこじらせていて、メンヘラが多い印象」(30代・男性)■渋谷系にハマっていた40代女性サブカルに手を出す人は、学校では目立たない存在だった人も多い。若い頃にサブカルを気取っていたという、40代女性が当時を振り返る。「クラスになじめなくて、学校に行くのが嫌だった。でも、みんながビーイング系の音楽を聴く中で、渋谷系音楽を好み、雑誌『オリーブ』を読むことで、選民意識を感じてた。今考えると、恥ずかしいけど」現在はメインカルチャーも受け入れているという彼女だが、やはり自然にサブカルっぽいものを選ぶところもある。「今はいい年して、アイドルソングやアニ...more
カテゴリー:

異色の朝ドラ『ひよっこ』、Pが明かす裏話「10年間ドラマの予定が4年間に」 - 11月06日(月)08:10 

 オリコンのエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が17年4月期(第9回)の結果を発表。「作品賞」は、NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』が受賞した。日本放送協会の制作統括・菓子浩氏に、岡田惠和氏が脚本を手がけた同ドラマの制作について振り返り語ってもらった。 【写真】『ひよっこ』ではつらつとした笑顔を見せる有村架純 ◆朝ドラは、キャラクターを愛してもらうことが大事 ――『ひよっこ』が「作品賞」を受賞しましたが、率直なお気持ちは? 【菓子】 素晴らしい賞をいただき、大変ありがたく思っております。ドラマは、キャストやスタッフ、全員で力を合わせてできるものですから、「作品賞」をいただけたことは、なにより嬉しいです。 ――“朝ドラ”と通常のドラマとの違いはありますか? 【菓子】 月曜日から土曜日、半年間、ほぼ毎日放送されるという意味でも、朝ドラは特殊なドラマです。作り手としては、より幅広い世代の方に観てもらいたいと思っていますので、どこにターゲットを絞っていいのかという意味でも非常に難しい枠です。だからといって、「傾向と対策」的な作り方は通用しない気がしています。結局は、自分たちが面白いと思うものを頑張って作っていくしかない。『ひよっこ』では、それぞれのキャラクターが、視聴者に愛...more
カテゴリー:

脚本家・岡田惠和が語る朝ドラ「独特のリズムがあり、まるでトライアスロン」 - 11月04日(土)08:10 

 オリコンのエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が17年4月期(第9回)の結果を発表。「脚本賞」は、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』を手がけた岡田惠和氏が受賞した。その岡田氏に、有村架純の起用理由や個性的なキャラクターのキャスティング、同ドラマ脚本についての裏話を語ってもらった。 【写真】『ひよっこ』ではつらつとした笑顔を見せる有村架純 ◆キャスティングにすごく自信があったので、どの側面からでも脚本が書けました ――脚本家賞を受賞したことについて感想をお願いします。 【岡田】 NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』で脚本家賞に選んで頂けたことは、非常に嬉しいことです。苦しい時も多々ありましたが、私自身できる限りの仕事をしたと思っております。もちろん、出演者や演出陣に助けていただいたので、その総合評価でもあります。また、ドラマの視聴者に脚本を評価していただけたことに、とても誇りを感じています。 ――連続ドラマにかける時間も違いますし、放送が終了して改めてどうでしたか? 【岡田】 どちらが楽というわけではないのですが、朝ドラには独特のリズムがあります。陸上に例えるとトライアスロンのようで、ある種マラソンよりも大変でした。朝ドラの脚本は3作目ですが、こんなにも注目された中で脚本...more
カテゴリー:

「松本穂香」の画像

もっと見る

「松本穂香」の動画

Wikipedia

松本 穂香(まつもと ほのか、1997年2月5日 - )は、日本の女優。大阪府出身。フラームに所属。

略歴 人物 出演 テレビドラマ
  • 女性作家ミステリーズ ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる