「松本晃」とは?

関連ニュース

【ゴルフ】全米オープン選手権、松山が準優勝 青木功に並ぶ日本人最高 - 06月19日(月)09:18 

<全米OPゴルフ>松山が準優勝 青木功に並ぶ日本人最高 6/19(月) 9:16配信  【エリン(米ウィスコンシン州)松本晃】今季メジャー第2戦の全米オープン選手権は18日、当地のエリンヒルズ(パー72)で最終ラウンドがあり、14位で出た松山英樹は8バーディー、2ボギーの66とスコアを六つ伸ばし、276の通算12アンダーで、ブライアン・ハーマン(米国)とともに2位となった。 1980年全米オープンの青木功と並んで日本勢のメジャー最高成績。  2位で出たブルックス・ケプカ(米国)が6バーディー、1ボギーで...
»続きを読む
カテゴリー:

全米OPゴルフ:最終日 松山12アンダーでホールアウト - 06月19日(月)08:43 

 【エリン(米ウィスコンシン州)松本晃】メジャー第2戦の全米オープン選手権は18日、当地のエリンヒルズ(パー72)で最終ラウンドがあり、14位で出た松山英樹は8バーディー、2ボギーの66とスコアを六つ伸ばし、276の通算12アンダーでホールアウトした。
カテゴリー:

ゴルフ:松山英樹、急浮上8位 - 06月17日(土)11:14 

 【エリン(米ウィスコンシン州)松本晃】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は16日、当地のエリンヒルズ(パー72)で第2ラウンドが行われ、82位からスタートした松山英樹は7バーディー、ボギーなしでこの日の最少に並ぶ65とスコアを伸ばし、通算5アンダーの139で首位と2打差の8位に浮上した。
カテゴリー:

ゴルフ:日本勢6選手出場 全米オープン選手権が開幕  - 06月15日(木)21:43 

 【エリン(米ウィスコンシン州)松本晃】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権が15日、当地のエリンヒルズ(パー72)で開幕した。  日本勢は世界ランキング4位の松山英樹、世界ランクで出場が決まった池田勇太と谷原秀人、予選を勝ち上がった小平智、今平周吾、宮里優作の6選手が出場。総額1200万ドル(約13億円)、優勝216万ドル(約2億3600万円)の賞金を156選手が争う。
カテゴリー:

全米OPゴルフ:松山が準優勝 青木功に並ぶ日本人最高 - 06月19日(月)09:16 

 【エリン(米ウィスコンシン州)松本晃】男子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米オープン選手権は18日、当地のエリンヒルズ(パー72)で最終ラウンドがあり、14位で出た松山英樹は8バーディー、2ボギーの66とスコアを六つ伸ばし、276の通算12アンダーでブライアン・ハーマン(米国)とともに2位だった。2位は、1980年全米オープン選手権の青木功と並んで日本勢のメジャー最高成績。
カテゴリー:

全米OPゴルフ:松山14位後退 小平35位、宮里51位 - 06月18日(日)21:40 

 【エリン(米ウィスコンシン州)松本晃】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は17日、当地のエリンヒルズ(パー72)で第3ラウンドがあり、8位で出た松山英樹は4バーディー、3ボギーの71で回り、通算6アンダーの210で、トップと6打差の14位に後退した。
カテゴリー:

男子ゴルフ:松山、出遅れ82位 全米オープン第1日 - 06月16日(金)12:51 

 【エリン(米ウィスコンシン州)松本晃】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は15日(現地時間)、当地のエリンヒルズ(パー72)で第1ラウンドがあり、松山英樹は1イーグル、4ボギーで2オーバー、82位タイの苦しいスタートとなった。谷原秀人、宮里優作、池田勇太の3人が45位タイで並んだ。小平智は1オーバーで61位、今平周吾は4オーバーで114位だった。
カテゴリー:

男子ゴルフ:全米オープン15日夜開幕 松山が最終調整 - 06月15日(木)12:20 

 【エリン(米ウィスコンシン州)松本晃】男子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米オープン選手権が15日(日本時間同日夜)、米ウィスコンシン州のエリンヒルズ(パー72)で開幕する。世界ランク4位で海外メジャー初制覇を目指す松山英樹は午前7時51分(日本時間午後9時51分)にスタートする。
カテゴリー:

「松本晃」の画像

もっと見る

「松本晃」の動画

Wikipedia

松本 晃(まつもと あきら、1985年4月4日 - )は、JR東日本硬式野球部に所属する野球選手(外野手)である。

経歴

大阪府出身。PL学園高在籍中に甲子園出場経験を持つ。横浜商大に進学し、神奈川大学野球連盟では1年秋に首位打者を獲得、その後同連盟のベストナインの常連となった。
2008年にJR東日本入社。初年度からスタメンに名を連ねたが、3年目の2010年には不振で打順降格も経験した。2011年は復調して4番に定着。東日本大震災の影響から10月開催となった第82回都市対抗野球大会(京セラドーム大阪)では全5試合で4番を打った。特に決勝戦(対NTT東日本戦)では同点ホームランと延長でのサヨナラツーベースヒットを放ち、2打点(チーム全打点)をマークした。この活躍を評価されて橋戸賞(最優秀選手賞)を獲得。2012年も堅調な活躍を見せ、同年の社会人ベストナインを獲得、アジア選手権にも日本代表として出場した。2013年の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる