「松嶋菜々子」とは?

関連ニュース

阿部寛、初共演の松嶋菜々子へ納得の「やっぱり超キレイだな」 - 12月13日(水)10:00 

映画『祈りの幕が下りる時』(2018年1月27日公開)の日本橋レッドカーペットイベントが12日、都内で行われ、主演の阿部寛、共演の松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈、春風亭昇太、飯豊まりえ、伊藤蘭、小日向文世、メガホンをとった福澤克雄監督が出席した。
カテゴリー:

映画:「祈りの幕が下りる時」イベント 阿部寛さんら登場 - 12月12日(火)19:58 

レッドカーペットイベント、東京・日本橋で  来年1月27日に全国公開される映画「祈りの幕が下りる時」(毎日新聞社など製作委員会)のレッドカーペットイベントが12日、作品の舞台でもある東京・日本橋で開かれ、主演の阿部寛さんや松嶋菜々子さんらが登場した。
カテゴリー:

阿部寛、『新参者』シリーズへの思い「僕の基盤、役者の芯の部分として愛した」 - 12月12日(火)18:49 

 俳優の阿部寛が12日、東京・日本橋で行われた映画『祈りの幕が下りる時』レッドカーペットイベントに共演の松嶋菜々子、溝端淳平らと共に登場。シリーズ最終回となる本作を感慨深く振り返った。この日はほかに田中麗奈、春風亭昇太、飯豊まりえ、伊藤蘭、小日向文世と、メガホンを取った福澤克維監督も登壇した。【関連『祈りの幕が下りる時』レッドカーペットイベントフォトギャラリー 『祈りの幕が下りる時』は東野圭吾の人気ミステリー小説を映像化したドラマで、映画『新参者』シリーズの完結編。類い稀な推理力で難事件を解決に導く刑事・加賀が、ある謎の殺人事件の捜査線上に、一人の女性演出家が浮上したことで、母の失踪の真相や父との不和、加賀が「新参者」になった理由などが明かされていく。阿部は主人公・加賀役を務める。 シリーズスタートから8年を迎え、改めて阿部は「僕はそれまでエキセントリックな変わった役が多かったけど、ここまでまっすぐな役はありませんでした。加賀恭一郎は僕の基盤、何年かに一度帰ってくることができる、役者の芯の部分として愛してきました」と役柄への思いを明かす。そして最終話を迎える本作に「寂しい思いはあるけれど、その分素晴らしい作品に仕上げようと頑張りました」と出演に、より強い思いで臨んだ思いをコメントしている。 阿部同様にシリーズにレギュラー出演した溝端も、始まった当初がちょうど上京したころであったこと...more
カテゴリー:

阿部寛『新参者』シリーズ完結「寂しい」 - 12月12日(火)17:23 

 俳優の阿部寛(53)が12日、東京・日本橋の仲通りで行われた映画『祈りの幕が下りる時』(2018年1月27日公開)のレッドカーペットイベントに出席。2010年4月に連続ドラマとしてスタートした『新参者』シリーズも今回で完結となり、「寂しい思いはある」と心境を語った。  『新参者』シリーズは、東野圭吾氏の原作小説を実写化。日本橋署に異動してきた鋭い洞察眼を持つ凄腕の刑事・加賀恭一郎を演じてきた阿部は「8年やらせていただいて、僕はそれまでエキセントリックな変わった役が多くて、ここまでまっすぐな役はなかった」と回顧。「加賀恭一郎っていうのは僕の基盤であって。何年かに一度帰ってくることができる、役者の芯の部分として役を愛してきた。寂しい思いはあるけれど、その分すばらしい作品に仕上げようと頑張りました」と思いを伝えた。  加賀のいとこで警視庁捜査一課刑事・松宮脩平役の溝端淳平(28)もシリーズに長く関わり、「始まった当初は東京に出たばっかり。人形町の方々があたたかく迎えてくれて、この作品を多くの人に伝えたい気持ちと、この街のすばらしさを伝えたいという気持ちも出てきた。お別れはすごく寂しい」と話した。  この日は、COREDO 室町2横の仲通りにレッドカーペットを敷き、阿部のほか、松嶋菜々子(44)、溝端、田中麗奈(37)、春風亭昇太(58)、飯豊まりえ(19)、伊藤蘭(62)、小日向...more
カテゴリー:

「宇多田ヒカル」 カラオケリクエストランキングTOP30発表 1位はあのドラマ主題歌 - 12月08日(金)14:10 

第一興商が、12月9日の宇多田ヒカルのデビュー記念日に先立って、「宇多田ヒカル」 DAMカラオケリクエストランキングTOP30を発表した。 【写真】ランキングTOP10!「Automatic」「Can You Keep A Secret?」「traveling」も上位にランク 調査によると、第1位に輝いたのは、1999年にリリースされた3枚目のシングル「First Love」。同曲は1999年4~6月放送のTBS系ドラマ「魔女の条件」主題歌。 松嶋菜々子と滝沢秀明が演じる女教師と男子生徒の恋愛を描いたドラマで、禁断の愛の世界観を盛り上げた1曲。 2位は2016年のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌となった「花束を君に」、3位は2007年のTBSドラマ「花より男子2」のイメージソング「Flavor Of Life」、とテレビドラマ主題歌、テーマソングに起用された楽曲が上位を占めた。 12月9日は、宇多田ヒカルの楽曲をカラオケで歌ってみてはいかが。 ※ランキングは、第一興商が提供する通信カラオケDAMの歌唱度数を集計して算出されたもの(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・宇多田ヒカル、長瀬智也主演ドラマ「ごめん、愛してる」の主題歌を書き下ろし ・宇多田ヒカル、登山ロケ敢行!大パノラマの絶景に「鳥になったような気持ち」 ・【紅白】宇多田の中継先は?NHKがサプライズを用意! ...more
カテゴリー:

【映画】松嶋菜々子、照れっ!初共演の阿部寛「やっぱ超きれいだな」「新参者」シリーズ『祈りの幕が下りる時』 - 12月12日(火)22:29  mnewsplus

https://www.cinematoday.jp/news/N0096840 2017年12月12日 松嶋菜々子が「新参者」シリーズ最終章・映画『祈りの幕が下りる時』日本橋レッドカーペットイベントに登場し、劇中で阿部寛演じる加賀恭一郎がつぶやく「やっぱ超きれいだな」というセリフの話をふられ、照れるひと幕があった。 この日は溝端淳平、田中麗奈、春風亭昇太、飯豊まりえ、伊藤蘭、小日向文世、福澤克雄監督も出席した。 2010年に連続ドラマとしてスタートした「新参者」シリーズは、本作でフィナーレとなる。レッドカーペットイベントは、同シリーズの舞台...
»続きを読む
カテゴリー:

阿部寛「新参者」聖地・日本橋でファン500人との触れ合いに感無量! - 12月12日(火)19:00 

 東野圭吾氏による人気ミステリー「新参者」シリーズの映画化第2弾で、完結編となる阿部寛主演作「祈りの幕が下りる時」の完成記念レッドカーペットイベントが12月12日、東京・COREDO室町2横の仲通りで行われ、阿部のほか、共演の松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈、春風亭昇太、飯豊まりえ、伊藤蘭、小日向文世、メガホンをとった福澤克雄監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら  本作は日本橋署にやってきた凄腕刑事・加賀恭一郎(阿部)が主人公の人気シリーズ。完結編となる今作では、加賀が女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)と出会ったことをきっかけに、シリーズ史上最大の事件に挑む姿を描く。50メートルのレッドカーペットに現れた阿部らを出迎えたのは、約500人のファンたち。次々と求められる握手に快く応じた阿部は、同シリーズがフィナーレを迎えることについて「ここまでまっすぐな役をやらせていただく機会はなかった。加賀恭一郎という役は、僕の基盤であって、何年かに1度帰ってこれる役者の芯の部分。今回最後ということは少し寂しい思いもあります」と感無量の面持ちで語っていた。  阿部と同じくドラマシリーズから参加している溝端は「このシリーズが始まった当初は、東京に出たばかりの頃なんです。人形町の方々が本当に温かく、撮影にも協力的でした。この作品を多くの方々に見てもらいたいと...more
カテゴリー:

阿部寛、松嶋菜々子は「やっぱり超きれいだな…」 松嶋も阿部にラブコール!? - 12月12日(火)18:42 

 映画『祈りの幕が下りる時』の完成記念レッドカーペットイベントが12日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈、春風亭昇太、飯豊まりえ、伊藤蘭、小日向文世、福澤克雄監督が登場した。  東野圭吾氏原作の「新参者」シリーズは、2010年4月に連続ドラマとしてスタートした。その後、2本のスペシャルドラマ、そして映画『麒麟の翼~劇場版・新参者~』を経て、遂に本作で“シリーズ完結”を迎える。  8年にわたり主人公の刑事・加賀恭一郎を演じてきた阿部は、8年前は「エキセントリックな役が多く、ここまで真っすぐな役をやらせてもらうことがなかった。加賀恭一郎というのは、僕の基盤であって、何年かに一度帰ってこられる役者の芯の部分。今回が“最後”ということで、すごく寂しい思いがありますが、その分、素晴らしい作品に仕上げようと頑張りました」と熱い思いを口にした。  一方、事件の鍵を握る舞台演出家・浅居博美役で初参加した松嶋は「ドラマなどを拝見していたので、初めて阿部さんとお会いしたときに『加賀さんがいる!』と、とても感動しました」と語った。  今回は、阿部と対峙(たいじ)する役どころで「ちょっと謎めいた女性なのですが、印象に残る役作りができればと思って臨みました」と振り返った。  初共演となった2人。阿部が「松嶋さんは、本当に心からお芝居をされる方。勝手に『家政婦のミタ』のイメージ...more
カテゴリー:

堤真一、コンプレックスに本音告白「人前に出るのが嫌」 - 12月12日(火)07:00 

 俳優の堤真一が、12日に放送されるフジテレビ系『トーキングフルーツ』(毎週火曜 深夜0:25)に出演。古舘伊知郎がゲストゆかりの地で全編ロケを敢行しながら、本音トークを展開する番組で、堤が古舘と初対面を果たす。映像作品や舞台作品と活動の幅を広げる堤だが「いまだに人前に出るのが嫌なんです」と意外なコンプレックスを明かす。 【写真】古舘伊知郎と初トーク  堤といえば、実は俳優志望ではなく、裏方からスタートしたことは有名な話。しかし役者としてキャリアを積み、どれだけヒットを生み出しても本人の気持ちは満足とはほど遠いところにあるという。「演技を褒めていただきますが、本当に下手っぴですからね。カーテンコールなんてめちゃくちゃ恥ずかしいですよ。しゃしゃっと引っ込みたいくらいです」と謙虚に明かす。  その胸の内には「もっと堂々とやっていきたいけど、日常的に自信がないんです」と秘めた想いを語り、「丹波哲郎さんみたいに遅刻しても 『俺が来たから大丈夫』って言ってみたい」と願望を吐露。そのコンプレックスを抱えながらも、なぜ堤がここまで活躍できたのか。古舘とともにまじめに分析する。  そして、寡黙すぎた亡き父との関係が大ヒットとなった映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の役作りに大きな影響を与えたことや料理好きのこだわりなど素顔を30分で古舘が引き出していく。 【関連記事】 【場面写真】『連...more
カテゴリー:

織田裕二、主演ドラマは「不条理な目に遭ったことがある人に見てほしい」 - 12月04日(月)19:27 

2018年1月14日(日)より、WOWOWプライムで放送される「連続ドラマW 監査役 野崎修平」(毎週日曜夜10:00-終了時間未定)のポスタービジュアルが公開された。 本作は、原作・周良貨、漫画・能田茂による経済漫画「監査役野崎修平」(集英社刊)を織田裕二主演でドラマ化。バブル経済が崩壊した1990年代末の日本を舞台に、強い正義感を持ち、人情の厚い主人公・野崎修平(織田)が、銀行内の不正を徹底究明すべく抵抗勢力に戦いを挑む。 公開されたポスタービジュアルには、主演の織田を筆頭に、切れ者の武闘派専務・武田真吾役の岸谷五朗、役員を目指す野心家・立川祥子役の松嶋菜々子、圧倒的な権力を持つ頭取・京極雅彦役の古谷一行と、脇を固める豪華キャスト陣の顔ぶれが並ぶ。 ドラマの放送に先立ち、12月1日からWOWOWプライムでメーキング映像を織り交ぜたミニ番組「『連続ドラマW 監査役 野崎修平』ミニガイド」を放送中。今後12月5日(火)夜11時55分ほか、2018年1月末までたびたび放送される予定だ。 また、同ドラマの特設サイトもリニューアルされ、出演者インタビューなどサイト独自のコンテンツが随時公開されていく。 特設サイトで公開中の「番組ミニガイド」動画では、織田をはじめメインキャストのインタビューを収録。織田は「(監査役の主人公が)同じ会社の人間を疑ったり、切らなきゃいけないというのは孤独」「...more
カテゴリー:

もっと見る

「松嶋菜々子」の画像

もっと見る

「松嶋菜々子」の動画

Wikipedia

松嶋 菜々子(まつしま ななこ、1973年10月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル

神奈川県横浜市出身。セブンス・アヴェニュー所属。夫は俳優の反町隆史。2女の母。

略歴 1990年代

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる