「松岡正剛」とは?

関連ニュース

AIの発達で変わる生き方 最初にとって代わられる仕事とは - 09月20日(水)19:00 

好きなことを仕事にして生きていければ、きっと人生は幸せでしょう。でも、実際は好きなことだけやって生きている人なんてほんの一握り。スポーツ選手とか、芸能人とか、特別な才能がある人だからできることだというのが多くの人の印象かもしれません。そんななか、「誰でも好きなことだけやって生きていけるし、好きなことだけやって生きていかないと成功できない時代になった」と語っているのは、『「好きなことだけやって生きていく」という提案』(アスコム刊)の著者である角田陽一郎さん。好きなことだけやって生きていくにはどうすればよいのか、その具体的な方法が書かれたこの本は、キングコング西野亮廣さん、作家でブロガーのはあちゅうさん、編集者の松岡正剛さん、声優で女優の春菜風花さん、浅草キッドの水道橋博士さんから絶賛の声が次々と寄せられるなど、SNSを中心に大きな話題となっています。では、なぜ、好きなことだけやって生きていかないと成功できないのか、そのためにはどうすればよいのかを、角田さんに聞いてみました。■どうすれば「好きなこと」を仕事にできるのかを真剣に考えないと成功できない時代に――好きなことを仕事にすることって本当に必要なんですか?角田:もう、嫌いな仕事をガマンしてやり続けるのではなく、好きなことを仕事にして楽しく生きていく時代になったと思うんです。これからの時代は、人間が「面倒くさい」「やりたくない」と思っ...more
カテゴリー:

「松岡正剛」の画像

もっと見る

「松岡正剛」の動画

Wikipedia

松岡 正剛(まつおか せいごう、1944年(昭和19年)1月25日 - )は、日本の編集者著述家日本文化研究者。編集工学を提唱。

京都市出身。東京大学客員教授、帝塚山学院大学教授を歴任。現在、株式会社松岡正剛事務所代表取締役、編集工学研究所所長、ISIS編集学校校長、連志連衆會理事。

妻は、かつて稲垣足穂の本などに幻想的な絵をよせた、画家のまりの・るうにい。

来歴・人物 誕生から青年期にかけて

京都の呉服屋に生まれる。朱雀高校入学後、父親の横浜出店に伴い横浜山手町の洋館に引っ越し、東京都立九段高等学校に通う2003年11月20日。早稲田大学文学部フランス文学科進学。高校...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる