「松尾芭蕉」とは?

関連ニュース

【今日は忍者の日】手裏剣は毒を塗って使っていた?現代にも忍者はいる?? - 02月22日(木)08:00 

2月22日は忍者の日である。日本忍者協議会が、忍者を活用した地域創生、地域連帯および地域経済の活性化を目的に制定した。今回はこの忍者の日にちなみ、手裏剣の真実、現代に忍者はいるのかなどを日本忍者協議会に聞いてみた。 ■忍者といえば手裏剣だけど…… 忍者の武器といえば、真っ先に手裏剣をイメージする人も多いのではないか。しかしこの手裏剣、博物館などの実物を見ると、とても重そうな印象を受ける。忍者は本当に手裏剣を使っていたのだろうか? 「一般的に、忍者の主要武器と言えば手裏剣ですよね。本当に忍者はこの手裏剣を使っていたのかというと、実は使っていなかったのではないかという説もあり、真相ははっきりしません。ただ、使っていたとしても、重量を考えると、数個程度しか持ち歩けなかったというのが実情でしょう」(日本忍者協議会) 映画やアニメでは、連続でいくつもの手裏剣を敵に投げているが、現実はどうも違うようだ。 「手裏剣自体が小さいので、急所に当たらない限り、致命傷になりません。さらに手裏剣が威力を発揮できる距離は6~7メートル以内だと言われています」(日本忍者協議会) これが手裏剣の現実……。攻撃力が高い武器のイメージが崩れ落ちる。だが、日本忍者協議会によると、「手裏剣にトリカブトなどの毒を塗って使ったとも伝えられています」とのこと。毒を矢尻に塗った弓矢は知っていたが、毒を塗った手裏剣と...more
カテゴリー:

「松尾芭蕉」の画像

もっと見る

「松尾芭蕉」の動画

Wikipedia

松尾 芭蕉(まつお ばしょう、寛永21年(1644年) - 元禄7年10月12日(1694年11月28日)佐藤編(2011)、p.248-249、松尾芭蕉関係年表)は、江戸時代前期の俳諧師。現在の三重県伊賀市出身。幼名は金作佐藤編(2011)、p.30-34、芭蕉の生涯 伊賀上野時代(寛永寛文期)。通称は甚七郎、甚四郎。名は忠右衛門宗房。俳号としては初め実名宗房を、次いで桃青、芭蕉(はせを)と改めた。北村季吟門下。

俳諧連句)の芸術的完成者であり東明雅芭蕉の連句(岩波新書蕉風と呼ばれる芸術性の極めて高い句風東聖子 蕉風俳諧における〈季語 ・季題〉の研究(明治書院、2003年)、ISBN 4-625-44300-8-山本健吉文学賞(第4回)受賞を確立し、後世では俳聖佐藤編(2011)、p.247、あとがきとして世界的にも知られる、日本史上最高の俳諧師の一人である。芭蕉自身は発句(俳句)より俳諧(連句)を好んだ。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる