「松尾芭蕉」とは?

関連ニュース

もはや崖か壁... 都内イチの急斜面「のぞき坂」に行ってみた - 07月15日(土)11:00 

東京都内には、あたかも車が落ちていくように見えるスポットが存在する。それが雑司ヶ谷から神田川方面に伸びる「のぞき坂」だ。単なる坂の1つではあるのだが、その傾斜の急さと長さは都内有数な上に、下から眺めると壁の様に見えるという一見の価値がある場所だ。 アニメの舞台にもなった高台になっている豊島区高田周辺は、南を流れる神田川に向けて急傾斜が形成されているため、急な坂がいくつも存在する。その代表格とも言える「のぞき坂」は、明治通りと目白通りが交差する千登世橋(ちとせばし)からほど近い場所に存在する坂で、豊島区の公式サイトの解説によると、「東京で最も急な坂」とも言われているという。どれくらい急かと言うと、上からは車が落ちていくかのように、下からは壁のように見えるのだ。 千登世橋の方から明治通りに下りるルートを使うと大回りになるためか、「のぞき坂」を通るのはタクシーがメインだった。恐らく慣れてはいるのだろうが、坂での急加速を防ぐためブレーキをかけながら下りているのが印象的だった。馬力が弱い車だと上り下りの際には苦労しそうだ。記者も実際に上り下りで1往復歩いてみたところ、「雨と雪の日は絶対に避けたい道」という感想を持った。傾斜があまりにも急なため、しっかりと歩いていないと転んだりする可能性があるからだ。舗装されている分、登山とは比べるべくもなく楽ではあるが、日常の一部の坂としてはかなり急なも...more
カテゴリー:

【石川県山中温泉・吉祥やまなか】1泊3食!当館の温泉ソムリエがお薦めする癒しのプチ湯治旅。温泉指南書付き・芭蕉が愛したまろやかな湯でリフレッシュ - 07月13日(木)20:49 

[株式会社H.P.D.コーポレーション] 吉祥やまなか(石川県加賀市 総支配人:村井博)では、2017年9月末まで湯治宿泊プランを販売しております。 開湯1300年の山中温泉は、松尾芭蕉が旅の途中に9日間逗留し「山中や菊はたおらじ湯の匂」と名湯ぶりを...
カテゴリー:

<松尾芭蕉>旅装束まとい峠越えツアー企画 - 07月15日(土)06:05 

松尾芭蕉が「おくのほそ道」で歩いた山刀伐(なたぎり)峠(山形県最上町・尾花沢市)を芭蕉そっくりの旅装束で越えませんか−。尾花沢市宮沢地区の住民でつくる実行委員会は、8月6日開催の「芭蕉路山刀伐峠越え体
カテゴリー:

「松尾芭蕉」の画像

もっと見る

「松尾芭蕉」の動画

Wikipedia

  • 伊賀市公式ホームページ
  • 江東区芭蕉記念館(江東区地域振興会HP内)
  • 芭蕉と伊賀
  • 芭蕉DB
  • 松尾芭蕉の総合年譜と遺書
  • 山寺芭蕉記念館
  • みちのく古寺巡礼 四寺廻廊

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる