「松尾芭蕉」とは?

「松尾芭蕉」の画像

もっと見る

「松尾芭蕉」の動画

Wikipedia

松尾 芭蕉(まつお ばしょう、寛永21年(1644年) - 元禄7年10月12日(1694年11月28日)佐藤編(2011)、p.248-249、松尾芭蕉関係年表)は、江戸時代前期の俳諧師。現在の三重県伊賀市出身。幼名は金作佐藤編(2011)、p.30-34、芭蕉の生涯 伊賀上野時代(寛永寛文期)。通称は甚七郎、甚四郎。名は忠右衛門宗房。俳号としては初め実名宗房を、次いで桃青、芭蕉(はせを)と改めた。北村季吟門下。

俳諧連句)の芸術的完成者であり東明雅芭蕉の連句(岩波新書蕉風と呼ばれる芸術性の極めて高い句風東聖子 蕉風俳諧における〈季語 ・季題〉の研究(明治書院、2003年)、ISBN 4-625-44300-8-山本健吉文学賞(第4回)受賞を確立し、後世では俳聖佐藤編(2011)、p.247、あとがきとして世界的にも知られる、日本史上最高の俳諧師の一人である。芭蕉自身は発句(俳句)より俳諧(連句)を好んだ。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる