「松尾芭蕉」とは?

関連ニュース

秋から冬にかけて降る雨「時雨」って、もちろん読めますよね? - 11月08日(水)06:15 

■バンド名にもなっているから、もはや常識?「時雨」って、読めますよね? 知っている言葉でも、漢字で書かれると読めないもの、あるいは、簡単な漢字で書かれているのに読めないもの、けっこうありますよね。 これまでの「意外と読めない」シリーズでは、「間髪をいれず」、「偶々」、「態々」、「祝言」、「健か」、「湯湯婆」、「不束」、「長閑」、「挙って」、「詳らか」といった、読めそうなのに読めない漢字を出題してきましたが、今回はこちらの漢字です! 「時雨」って、読める? ……おや? 今回はみなさん、自信があるのでは? もしかして、音楽が好きだったりしますか……?   ■こんなに正解者が!もはや常識!? CanCam世代の女子に読み方を聞いてみた結果がコチラ!     なんとなんと、8割以上の人が正解!! 常識クイズのレベルですね! いやー、みなさん、回答が凛としていました。 じゃあ、さっそく正解にうつりましょう!   ■答えは…コチラ! 正解はコチラです! 「しぐれ」でした! 楽勝でしたか? ちなみに……時雨って、いつごろに降る雨のことだかわかりますか? これにも答えられないと、意味がありませんよ! 「秋の末から冬の初めにかけて、ぱらぱらと通り雨のように降る雨」(『デジタル大辞泉』より引用)ということで、ちょうどこれからの季節に降るのが時雨なんですね...more
カテゴリー:

歌枕「籬が島」の赤い橋リニューアル 「観光の目玉に」 - 11月08日(水)06:05 

塩釜市の塩釜港に浮かぶ名勝「籬(まがき)が島」に架かる橋の修繕工事が完了しリニューアルされた。島は和歌に詠まれた歌枕の地。江戸時代に松尾芭蕉が訪れ、2014年に国の名勝「おくのほそ道の風景地」に指定さ
カテゴリー:

「松尾芭蕉」の画像

もっと見る

「松尾芭蕉」の動画

Wikipedia

松尾 芭蕉(まつお ばしょう、寛永21年(1644年) - 元禄7年10月12日(1694年11月28日)佐藤編(2011)、p.248-249、松尾芭蕉関係年表)は、江戸時代前期の俳諧師。現在の三重県伊賀市出身。幼名は金作佐藤編(2011)、p.30-34、芭蕉の生涯 伊賀上野時代(寛永寛文期)。通称は甚七郎、甚四郎。名は忠右衛門宗房。俳号としては初め実名宗房を、次いで桃青、芭蕉(はせを)と改めた。北村季吟門下。

俳諧連句)の芸術的完成者であり東明雅芭蕉の連句(岩波新書蕉風と呼ばれる芸術性の極めて高い句風東聖子 蕉風俳諧における〈季語 ・季題〉の研究(明治書院、2003年)、ISBN 4-625-44300-8-山本健吉文学賞(第4回)受賞を確立し、後世では俳聖佐藤編(2011)、p.247、あとがきとして世界的にも知られる、日本史上最高の俳諧師の一人である。芭蕉自身は発句(俳句)より俳諧(連句)を好んだ。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる