「松坂桃李」とは?

関連ニュース

吉高由里子主演「ユリゴコロ」、人気漫画家・亜月亮がコミカライズ!8月22日に発売 - 08月20日(日)12:00 

 吉高由里子が約5年ぶりに映画主演を務め、松山ケンイチ、松坂桃李と共演する「ユリゴコロ」が、人気漫画家・亜月亮氏によってコミカライズされることがわかった。上下巻の2部作で、8月22日に発売される。  2012年に大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートを果たした沼田まほかる氏の同名ミステリー小説を、「心が叫びたがってるんだ。」「近キョリ恋愛」などの熊澤尚人監督のメガホンで実写化。余命わずかな男の書斎で、一冊のノートが発見された。そこにつづられていたのは、殺人者の告白文だった。殺人という行為を心のよりどころとして生きていた主人公・美紗子(吉高)、そして彼女を取り巻く人々の壮絶な運命を、過去と現代を交錯させながら描く。  「Wピンチ!!」「無重力少年」「都市伝説」など知られ、24年のキャリアを誇る亜月氏が、三条陸氏原作「ラビダビスター!」に続く2度目のコミカライズ。「自分の好きなジャンルだからか、原作小説を読みながら自然にエピソードごとの情景や登場人物のイメージが次々と浮かんできて、楽しいお仕事でした。小説の読者の皆さんのイメージとずれてなければいいのですが……」と振り返り、「原作小説のエピソードを全て描くと漫画としては長くなりすぎる気がしたので、少し登場人物を削ってギュッ! と内容を圧縮させていただきました。代わりに主要人物の心情等はなるべく原作の流れに忠実に描くよう心がけたつもりです...more
カテゴリー:

葵わかな、次期朝ドラ『わろてんか』撮影3ヵ月で変化を告白 - 08月20日(日)11:45 

 女優の葵わかなが17日、自身のブログを更新。ヒロインを務める2017年度下半期に放送されるNHK連続テレビ小説『わろてんか』の劇中衣装でのオフショットを披露し、ファンからは「てんちゃんになってきたね」「撮影頑張ってください」「スタートが着々と近づいて来てるね!」といった反響が相次いでいる。【関連】「葵わかな」フォトギャラリー 10月2日放送スタートの『わろてんか』は明治後期から第二次世界大戦の大阪を舞台に、老舗薬問屋のお嬢様で、笑い上戸の藤岡てん(葵)の笑いをふりまく人生を描く。 17日の更新で「てんちゃんを演じるようになって3ヶ月くらいたちますが、色々なキャラクターと出会い、色々なシーンを経て、初めの頃のてんちゃんからは少し変わってきているような気がしています」と近況を語った葵は、池のほとりで笑顔を浮かべる姿や、劇中衣装のままピースサインを作り微笑むオフショットを公開。 放送まで2ヵ月を切った中で「ドキドキしながら、でも、自信を持って観て欲しいって言えるように一生懸命やります」と意気込みを示した。 このブログに対して、コメント欄では「自分を見失わず逃げず気を抜いて頑張ってね」「放送たのしみに待ってます」「早く、わかなちゃんの姿を拝見したい」など、放送を心待ちにするファンからの声が多数寄せられている。引用:https://ameblo.jp/aoiwakana/ ■関連記事N...more
カテゴリー:

【直虎】高橋一生、嫌われ政次と「同化していた」一年を振り返る - 08月18日(金)08:00 

 NHKで放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は後半戦に入り、今川氏は井伊家の取り潰しにかかり、家臣として登用した豪商・瀬戸方久(ムロツヨシ)には裏切られ…、最大の危機が井伊家を襲っている。主人公・井伊直虎(柴咲コウ)と筆頭家老の小野政次(高橋一生)の策により、毎回、なんとか窮地を脱してきたが、20日放送の第33回では、これまで“今川の犬”として振る舞い、井伊からは毛嫌いされてきた政次の真意が問われることに。すでにクランクアップしている高橋が「嫌われ政次を演じた一年」を振り返った。 【写真】ずっと不憫で切なかった政次の足跡  クランクアップの翌日に行われた取材で高橋は「無事にクランクアップしました。今回は1年間まるまる携わったので、以前も同じくらいの長さで大河ドラマに出演したことはありましたが、その時とはまた違った感慨深さがありました。昨夜はお風呂入りながら、『終わったんだよな』と、さみしさがこみ上げてきてしまいました。政次のことを考えながらお風呂に入っていました」と、思い入れたっぷり。  というのも、撮影をしながら「俳優をやっていてよかった」と思える瞬間を何度も味わえたのだという。「政次を演じる時間が長かったこともあると思いますが、政次と寄り添って歩くことができたな、と思えます。政次と自分を切り離して、客観視することができなかった。役にど...more
カテゴリー:

「彼女がその名を知らない鳥たち」トロント映画祭出品決定!本ポスターも公開 - 08月16日(水)08:00 

蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊が顔をそろえた「彼女がその名を知らない鳥たち」が、9月7日からカナダで開幕する第42回トロント国際映画祭のコンテンポラリー・ワールド・シネマ部門に出品される...
カテゴリー:

「彼女がその名を知らない鳥たち」トロント映画祭出品決定!本ポスターも公開 - 08月16日(水)08:00 

 蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊が顔をそろえた「彼女がその名を知らない鳥たち」が、9月7日からカナダで開幕する第42回トロント国際映画祭のコンテンポラリー・ワールド・シネマ部門に出品されることがわかった。本映画祭がワールドプレミアとなる。合わせて、「あなたはこれを愛と呼べるか」という鮮烈なキャッチコピーが踊る本ポスターも公開された。  「凶悪」「孤狼の血」の白石和彌監督が、吉高由里子主演作「ユリゴコロ」(9月23日公開)の原作を手がけた沼田まほかる氏の人気小説を映画化。金も地位もない15歳上の男・陣治(阿部)と同棲中の十和子(蒼井)は、8年前に別れた恋人・黒崎(竹野内)のことが忘れられず、黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島(松坂)と関係を持ってしまう。ある日、黒崎が行方不明であることを告げられた十和子は、事件に陣治が関係しているのではないかという疑いを抱く。  本作が出品されるコンテンポラリー・ワールド・シネマ部門は、「世界的な視野と注目すべきストーリー性を持つ作品」をセレクションするもの。過去には、河瀬直美監督の「あん」、染谷将太と前田敦子の共演作「さよなら歌舞伎町」などが出品された部門となる。今回の発表を受け、蒼井は「選んでいただけて、うれしいです。あの不快な登場人物たちが紡ぐ愛の物語が、どのように受け止められるのか、とても興味深いです。人でなしか、ろくでなししか出...more
カテゴリー:

吉高由里子主演「ユリゴコロ」、人気漫画家・亜月亮がコミカライズ!8月22日に発売 - 08月20日(日)12:00 

吉高由里子が約5年ぶりに映画主演を務め、松山ケンイチ、松坂桃李と共演する「ユリゴコロ」が、人気漫画家・亜月亮氏によってコミカライズされることがわかった。上下巻の2部作で、8月22日に発売される。...
カテゴリー:

葵わかな、「わろてんか」劇中衣装でピースショット - 08月18日(金)11:30 

10月2日からスタートするNHK後期連続テレビ小説「わろてんか」でヒロイン藤岡てん役に抜擢された女優の葵わかなが17日、オフィシャルブログを更新。 同日発表された主題歌「明日はどこから」への想いや“てんちゃん”の変化、劇中衣装を着たオフショットなどを公開した。 同ドラマは、明治から昭和初期の大阪を舞台に、主人公・藤岡てん(葵)が小さな寄席の経営を夫婦で始め、日本で初めて「笑い」をビジネスにした女性と言われるまでになる姿を描く。 吉本興業の創業者・吉本せいをモデルにしている。大阪を“笑いの都”に変えていく天真爛漫な藤岡てんの17歳から50歳前後までを葵が演じる。その他、藤岡てんの夫役に松坂桃李、父親役に遠藤憲一、母親役に鈴木保奈美、祖母役に竹下景子を起用することも発表されている。 「主題歌」と題して更新されたブログでは、「わろてんかの主題歌を松たか子さんが歌われる事が発表されましたね! 『明日はどこから』という曲です」と改めて報告。 主題歌発表前に行われたタイトルバックの撮影時で初めて聞いたという葵は「とても素敵な曲なのです^_^私は、てんちゃん目線で描かれている曲なのでは…と感じたりしてます笑」と、本作のために作られたオリジナルソングを紹介した。 「てんちゃんは、『笑い』のもつ力を信じて、その大切さを人生をかけて伝えようとする人で、だから、いつでも心の真ん中には『笑い』...more
カテゴリー:

松たか子、朝ドラ『わろてんか』主題歌に決定 - 08月17日(木)15:04 

 歌手で女優の松たか子が、10月2日からスタートする平成29度後期のNHK朝の連続テレビ小説第97作目『わろてんか』(月~土 前8:00 総合ほか)の主題歌として「明日はどこから」を歌うことが決まった。17日に同局より発表された。松がNHKドラマへ楽曲提供をするのは初めてとなる。 【写真】『わろてんか』でヒロインを演じる葵わかな ■朝の連続テレビ小説 過去5年間の主題歌一覧 17年度上期『ひよっこ』 桑田佳祐「若い広場」 16年度下期『べっぴんさん』 Mr.Children「ヒカリノアトリエ」 16年度上期『とと姉ちゃん』 宇多田ヒカル「花束を君に」 15年度下期『あさが来た』 AKB48「365日の紙飛行機」 15年度上期『まれ』 「希空(まれそら)」 14年度下期『マッサン』 中島みゆき「麦の唄」 14年度上期『花子とアン』 絢香「にじいろ」 13年度下期『ごちそうさん』 ゆず「雨のち晴レルヤ」 【関連記事】 今秋朝ドラ『わろてんか』追加キャスト発表 てん幼少期は『大河』で話題の新井美羽 (17年06月16日) 松坂桃李、『わろてんか』撮入「新しい気持ちで“朝ドラ”が始まった」 (17年05月25日) 葵わかな、朝ドラ『わろてんか』クランクイン「嬉し楽しソワソワって感じ?」 (17年05月23日) 『わろてんか』キャスト陣コメント 松坂桃李「葵さんを一生懸命支える」 ...more
カテゴリー:

蒼井優&阿部サダヲ主演『彼女がその名を知らない鳥たち』、トロント国際映画祭に出品 - 08月16日(水)08:00 

 ミステリー作家・沼田まほかる原作の映画『彼女がその名を知らない鳥たち』が、9月にカナダで開催される第42回トロント国際映画祭ワールドシネマ部門に出品されることが決定。さらにポスタービジュアルが解禁された。キャスト陣からのコメントも到着し、阿部サダヲとダブル主演を務める蒼井優は「あの不快な登場人物たちが紡ぐ愛の物語が、どのように受け止められるのか、とても興味深いです」と映画祭出品への思いを語っている。【関連】『彼女がその名を知らない鳥たち』フォトギャラリー 本作は、ありきたりなラブストーリーに夢を見られなくなった大人の女性たちに向けて「究極の愛とは何か」と突きつける、本格的な大人のラブストーリー。メガホンを取るのは、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』を手がけた白石和彌。クレーマーで自分勝手な女・十和子(蒼井)や、不潔で下劣、そのうえ十和子に異様な執着を見せる男・陣治(阿部サダヲ)ら“全員共感度0”と称される登場人物たちが物語を織り成す。 解禁されたポスタービジュアルでは、十和子を抱きかかえる陣治に重なるように「あなたはこれを愛と呼べるか」という象徴的なキャッチコピーが綴られているほか、十和子の昔の恋人であり、自身の出世や保身のためなら女を道具に使うことも厭わない黒崎(竹野内豊)や、一見誠実そうな風貌ながらとにかく薄っぺらな水島(松坂桃李)の姿も映し出されている。 トロント国際映画祭出...more
カテゴリー:

間宮祥太朗、胸割りタトゥー姿解禁! 初主演作『全員死刑』公開日決定 - 08月13日(日)09:00 

 俳優・間宮祥太朗の初主演映画『全員死刑』の公開日が決定し、さらに最新スチールが解禁となった。本邦初公開となるのは、背中から胸に掛けてパックリと割れた見事なタトゥー姿の間宮。憂いを帯びた表情には色気とヤバさが漂い、本作の狂気性が露わになった一枚となっている。また、リアルなタトゥーを書き入れるメイキング写真も解禁となった。【関連】映画『全員死刑』場面写真 フォトギャラリー 2004年に福岡・大牟田で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件「大牟田4人殺害事件」。本作は、自らの殺人を武勇伝として語り、現在も死刑囚として投獄中の次男が記した手記をモチーフに、わずか3日間のあまりにも無謀で狂気じみた衝撃の物語を描く。 主演の次男・タカノリ役には『帝一の國』(17)や『トリガール』(17)など数々の話題作に出演中の人気若手俳優・間宮が務める。長男・サトシ役には『ケンとカズ』(16)で 2016年スポニチグランプリ新人賞を受賞した毎熊克哉、その父に六平直政、母に入絵加奈子、タカノリの彼女役に清水葉月と新旧実力派俳優が並ぶ。監督は、『孤高の遠吠』(15)で本物のヤンキー を出演させるという驚きの手法で映画界を揺るがせた弱冠26歳の小林勇貴が務める。 家族想いの主人公タカノリ(間宮)は、借金を抱えた組長の父・テツジ(六平)とヒステリックな母・ナオミ(入絵)、愛する彼女・カオリ(清...more
カテゴリー:

もっと見る

「松坂桃李」の画像

もっと見る

「松坂桃李」の動画

Wikipedia

松坂 桃李(まつざか とおり、1988年10月17日 - )は、日本俳優、モデル。利き手は左。

神奈川県茅ヶ崎市出身。トップコート所属。

略歴

2008年、友達に誘われて応募した「チャレンジFBモデル2008オーディション」にてグランプリを受賞し、雑誌FINEBOYS専属モデルで芸能活動を開始。同時にトップコートの養成所「Artist★Artist」へ第8期生として入校する。

2009年に、「スーパー戦隊シリーズ」第33作侍戦隊シンケンジャーの志葉丈瑠 / シンケンレッド役で俳優デビュー。同時にテレビドラマ初主演を飾る。また、同作の劇場版にて映画初出演・初主演となる。

2010年4月から2011年3月まで、心ゆさぶれ!先輩ROCK YOUにレギュラー出演、バラエティ番組のレギュラー初出演を果たした。

2011年公開の映画アントキノイノ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる