「松坂桃李」とは?

関連ニュース

人殺しの私を、愛してくれる人…吉高由里子主演『ユリゴコロ』映像解禁 - 04月30日(日)16:00 

 吉高由里子主演の映画『ユリゴコロ』のティザービジュアルと特報映像が解禁となった。ビジュアルでは吉高が手を顎に置き、はかない表情を浮かべる。特報映像で描かれるのは、「人殺しが、人から愛されてもいいのだろうか。」というショッキングな冒頭から始まり、とある一家で見つかったノートに記された、断片的な記憶が映し出されていく。唯一発せられるセリフ「あなたの優しさには、容赦がありませんでした」という言葉が本作の本質をついているかのような演出を施している。【関連】「吉高由里子」フォトギャラリー 本作は沼田まほかるの同名小説が原作。生まれながらに“人間の死”を心の拠り所とし、殺人という行為から逃れられない中、愛という感情を知ったことで苦悩する女・美紗子(吉高)の壮絶な人生を描く。 脚本・監督を務めるのは、『君に届け』(10)、『近キョリ恋愛』(14)の大ヒットが記憶に新しい熊澤尚人。青春時代の機微を丁寧に、且つエンターテイメントに描き、数々のヒット作を世に生み出してきた名手が、センセーショナルなミステリーを舞台に、これまでの作品とは異なる衝撃作で新境地を切り開く。 とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そこに綴られていたのは、ある殺人者の手記だった。これは事実か、創作か。いったい誰が、何のために書いたのか。ショッキングなミステリーを入り口に置きながら、物語は一転、壮絶な愛の物語...more
in English
カテゴリー:

吉高由里子主演作『ユリゴコロ』特報映像が解禁! - 04月28日(金)21:00 

2012年に大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートを果たした沼田まほかるのベストセラー原作の映画『ユリゴコロ』が9月23日(土)より公開となる。このたび、本作のティザービジュアルと特報映像が解禁された。 映画『ユリゴコロ』は主演に吉高由里子を迎え、『君に届け』『近キョリ恋愛』を手掛けた熊澤尚人が監督を担当、これまでの作品とは一線を画す美しき衝撃作に挑む。 さらに先日、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶に加え木村多江、そして松山ケンイチと、人気・実力を兼ね備えた豪華俳優陣の出演が発表された。 ある一家で見つかる、殺人者の告白文が綴られた一冊のノート。そこに記された悲しき殺人者の記憶。一家の過去に、いったい何があったのか。吉高演じる美紗子を中心に、過去と現在が交錯しながら登場人物たちは愛と宿命の渦に翻弄されていく。 “ノートに秘められた謎”と”いのちの拠りどころ”を追い求めた先に突きつけられる、驚愕の真実とはーー。 ティザービジュアルには主演・吉高の快活なイメージを覆す、大罪を背負い、宿命に囚われたキャラクターの美しくも儚い表情を浮かべた姿が。「人殺しの私を、愛してくれる人がいた。」というコピーからは、異常なシチュエーションでの愛の物語を想起させる。 そして、“いのちの拠りどころ”である“ユリゴコロ”が、主人公・美紗子をはじめとする登場人物たちにもたらす運命とは。 また、...more
in English
カテゴリー:

不快度100%の映画『彼女がその名を知らない鳥たち』特報&ポスタービジュアルが解禁 - 04月28日(金)13:46 

(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会 10月28日より全国公開を迎える映画『彼女がその名を知らない鳥たち』から、特報およびポスタービジュアルが到着。W主演を務める蒼井優と阿部サダヲに加え、松坂桃李、竹野内豊という確かな実力を誇る豪華俳優陣が織りなす、全員最低なのにまぎれもない愛...
in English
カテゴリー:

殺人者吉高由里子の狂気が見え隠れ「ユリゴコロ」特報&ティザービジュアル - 04月28日(金)10:00 

 吉高由里子が「僕等がいた 前篇・後篇」以来5年ぶりに映画主演を務める「ユリゴコロ」の特報とティザービジュアルが完成した。「人殺しが、人から愛されてもいいのだろうか」というナレーションで始まる特報では、初の殺人者役に挑戦する吉高が自身の快活なイメージを一新する迫真の演技を見せている。 ・【動画】「ユリゴコロ」特報  「君に届け」「近キョリ恋愛」などを手がけた熊澤尚人監督がメガホンをとる本作は、2012年に大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートを果たした沼田まほかる氏の同名ミステリー小説を実写化。余命わずかな男の書斎で、“ユリゴコロ”と書かれたノートが発見された。そこにつづられていたのは、悲しき殺人者の告白文。殺人という行為を心のよりどころとして生きていた美紗子(吉高)、そして彼女を取り巻く人々の壮絶な運命を、過去と未来を交錯させて描く。  ティザービジュアルは、美しくも儚げな表情を浮かべる美紗子の姿を切りとったもの。殺人という大罪を背負い、宿命に囚われた美紗子の複雑な内面を体現した吉高の表現力が光っている。また「人殺しの私を、愛してくれる人がいた。」というコピーが、異常なシチュエーションで愛の物語が紡がれていくことを示唆している。  特報は、16年9月~10月に撮影が行われた“過去パート”で構成されている。“ユリゴコロ”に記されていた断片的な情景が連続し、物語のキーを握る男性・...more
in English
カテゴリー:

蒼井優、阿部サダヲら登場人物が全員最低 『彼女がその名を知らない鳥たち』特報 - 04月28日(金)05:00 

 女優の蒼井優、俳優の阿部サダヲがW主演する映画『彼女がその名を知らない鳥たち』(10月28日公開)の特報が28日、解禁された。蒼井、阿部をはじめ、共演の松坂桃李、竹野内豊ら登場人物たちの卑しく最低な一面がまざまざと映し出される。 【動画】『彼女がその名を知らない鳥たち』特報  同作は、沼田まほかる氏のミステリー小説を『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督が映画化。8年前に別れた黒崎を忘れられない、クレーマー気質で自分勝手な十和子(蒼井)は、15歳年上の男・陣治と同棲中。地位もお金もない陣治を嫌悪していたが、黒崎が失踪したと聞いて…。  解禁された特報は、仕事もせず飲食店に入りびたり電話で無茶な難癖をつけ続ける嫌な女・十和子(蒼井)、その十和子に毛嫌いされ、ぞんざいに扱われても執拗に付きまとう下劣な男・陣治(阿部)、家庭があるにも関わらず誠実を装い十和子との不倫を愉しむゲスな男・水島(松坂)、他の女との結婚話を隠して自らの保身のために十和子を利用していたクズな男・黒崎(竹野内)らの姿が収められている。  登場人物は全員最低、共感度0%、不快度100%。限りなく不愉快なのに、「でもこれは、まぎれもない愛の物語」の言葉でムードが一転し、十和子の柔らかな視線と、男たちの十和子を呼ぶ声の先には、観る者の恋愛観が変わる結末を暗示させている。 【関連記事】 蒼井優、“最低”な...more
in English
カテゴリー:

登場人物が全員最低な映画『彼女がその名を知らない鳥たち』特報解禁 - 04月28日(金)21:43 

蒼井優と阿部サダヲがW主演をつとめ、松坂桃李、竹野内豊も出演し織りなす、全員最低なのにまぎれもない愛の物語である『彼女がその名を知らない鳥たち』。
in English
カテゴリー:

登場人物が全員最低な映画『彼女がその名を知らない鳥たち』特報解禁 - 04月28日(金)20:29 

蒼井優と阿部サダヲがW主演をつとめ、松坂桃李、竹野内豊も出演し織りなす、全員最低なのにまぎれもない愛の物語である『彼女がその名を知らない鳥たち』。この映画の特報とポスタービジュアルが解禁となった。 本作はラブストーリーに夢を見られなくなった大人の女性たちに「究極の愛とは何か」と突きつけ、読者を虜にした沼田まほかるによる20万部を超える同名人気ミステリー小説を原作に、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督がメガホンをとった大人のラブストーリー。 解禁となった特報は、仕事もせず飲食店に入り浸り、電話で無茶な難癖をつけ続ける嫌な女・十和子(蒼井優)を筆頭に、十和子に毛嫌いされ、ぞんざいに扱われても執拗に付きまとう下劣な男・陣治(阿部サダヲ)、家庭があるにも関わらず誠実を装い十和子との不倫を愉しむゲスな男・水島(松坂桃李)、ほかの女との結婚話を隠して自らの保身のために十和子を利用していたクズな男・黒崎(竹野内豊)と、登場人物たちの卑しく最低な一面がまざまざと映し出され「全員、最低。」というテロップとナレーションが流れるというもの。 当然、限りなく不愉快のはずなのに、次の瞬間、澄み切った音楽とともに「でもこれは、まぎれもない愛の物語。」と続き、ムードが一転する映像に仕上がっている。 『彼女がその名を知らない鳥たち』は10月28日より新宿バルト9ほかにて全国公開となる。 【関連...more
in English
カテゴリー:

イメージ覆す吉高由里子の姿 5年ぶり主演映画『ユリゴコロ』特報解禁 - 04月28日(金)10:00 

 女優の吉高由里子が5年ぶりに主演する映画『ユリゴコロ』(9月23日公開)のティザービジュアル&特報映像が28日、解禁された。吉高の快活なイメージを覆す、大罪を背負い、宿命に囚われたキャラクターの美しくもはかない表情を浮かべた姿がお披露目された。 【動画】映画『ユリゴコロ』特報映像  原作は、沼田まほかる氏の同名小説。『君に届け』(10年)、『近キョリ恋愛』(14年)の熊澤尚人監督がメガホンをとり、吉高のほか、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、木村多江、松山ケンイチが出演する。  ある一家で見つかった、殺人者の告白文がつづられた一冊のノート。そこに記された悲しき殺人者の記憶。一家の過去に、いったい何があったのか。吉高演じる美紗子を中心に、過去と現在が交錯しながら登場人物たちは愛と宿命の渦に翻弄されていく。“ノートに秘められた謎”と“いのちの拠りどころ”を追い求めた先に突きつけられる、驚愕の真実とは。  特報映像は、ノートに記された断片的な記憶が映し出されていく。美紗子(吉高)と洋介(松山)との出会い。無表情で何かを振り下ろす美紗子。「あなたの優しさには、容赦がありませんでした」という映像内で唯一、発せられるせりふとともに涙する2人が収められている。  今回公開された映像は、昨年9~10月に撮影が行なわれた“過去パート”のみで構成されている。ノートに秘められた一家の...more
in English
カテゴリー:

全員最低『彼女がその名を知らない鳥たち』ビジュアル&映像解禁 - 04月28日(金)05:00 

 蒼井優×阿部サダヲがW主演する映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の特報映像とポスタービジュアルが解禁となった。映像では登場人物の卑しい一面をまざまざと映し出す。そしてビジュアルでは、冷たく薄暗い影と暖かみを感じる灯りが相交わるなか、鋭くも交わらない4人の視線が印象的なデザインとなっている。【関連】「松坂桃李」フォトギャラリー 本作は沼田まほかるの20万部を超える人気ミステリー小説の映画化。15歳年下の十和子(蒼井)に異様な執着を見せる陣治(阿部)、2人の関係を軸に登場人物“全員最低”な愛の物語を描く。  公開された映像では、仕事もせず飲食店に入りびたり電話で無茶な難癖をつけ続ける嫌な女・十和子、その十和子に毛嫌いされ、ぞんざいに扱われても執拗に付きまとう下劣な男・陣治、家庭があるにも関わらず誠実を装い十和子との不倫を愉しむゲスな男・水島(松坂)、他の女との結婚話を隠して自らの保身のために十和子を利用していたクズな男・黒崎(竹野内)、それぞれが最低で、共感度0%、不快度100%の繋がりを描く。だが、それでも「でもこれは、まぎれもない愛の物語。」というナレーションの後、十和子の柔らかな視線と、男たちの十和子を呼ぶ声が映し出され、本作が“愛”を描く物語であることを気づかされる。 観る者の「恋愛観が変わる」ほどの結末が待ち受けることが暗示されている…映画『彼女がその名を知らない鳥たち』...more
in English
カテゴリー:

蒼井優×阿部サダヲW主演作、最低男女の愛の形突きつけるポスター&特報完成 - 04月28日(金)05:00 

 蒼井優と阿部サダヲが主演を務める、白石和彌監督作「彼女がその名を知らない鳥たち」の特報とポスタービジュアルが完成した。“最低最悪な男女”の愛の形を赤裸々に描き、見る者に新たな恋愛観を突きつける内容に仕上がっている。 ・【動画】「彼女がその名を知らない鳥たち」特報  真梨幸子氏、湊かなえ氏と並び、後味の悪いミステリー“イヤミス”作品を数多く生み出してきた沼田まほかる氏の人気ミステリー小説を実写映画化。金も地位もない15歳上の男・陣治(阿部)と同棲中の十和子(蒼井)は、8年前に別れた恋人・黒崎(竹野内)のことが忘れられず、黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島(松坂桃李)と関係を持ってしまう。そんなある日、黒崎が行方不明であることを知らされた十和子は、事件に陣治が関係しているのではないかという疑いを抱き、その危険が水島にまで及ぶのではとおびえ始める。  特報は、クレーマー気質の十和子が飲食店に入り浸り、電話の相手に難癖をつける場面から幕が上がる。十和子に執拗につきまとう陣治、誠実な男を装い不倫を楽しむ水島、他の女性との結婚話が進んでいることを隠し、保身のために十和子を利用する黒崎が登場し、4人のドロドロとした恋愛模様がつづられる。後半には「でもこれは、まぎれもない愛の物語」という言葉とともに、物憂げな表情の十和子と、彼女の名を優しく呼ぶ3人の男たちの姿が映し出される。  「彼女が...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「松坂桃李」の画像

もっと見る

「松坂桃李」の動画

Wikipedia

松坂 桃李(まつざか とおり、1988年10月17日 - )は、日本俳優、モデル。利き手は左。

神奈川県茅ヶ崎市出身。トップコート所属。

略歴

2008年、友達に誘われて応募した「チャレンジFBモデル2008オーディション」にてグランプリを受賞し、雑誌FINEBOYS専属モデルで芸能活動を開始。同時にトップコートの養成所「Artist★Artist」へ第8期生として入校する。

2009年に、「スーパー戦隊シリーズ」第33作侍戦隊シンケンジャーの志葉丈瑠 / シンケンレッド役で俳優デビュー。同時にテレビドラマ初主演を飾る。また、同作の劇場版にて映画初出演・初主演となる。

2010年4月から2011年3月まで、心ゆさぶれ!先輩ROCK YOUにレギュラー出演、バラエティ番組のレギュラー初出演を果たした。

2011年公開の映画アントキノイノ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる