「松井玲奈」とは?

関連ニュース

【テレビ】清水富美加主演ドラマ「笑う招き猫」放送開始も視聴者から苦情なし / MBSテレビ - 03月24日(金)19:45 

 MBSテレビの春の改編発表が24日、大阪市内で行われた。宗教団体「幸福の科学」の活動に専念する清水富美加(22)が主演するTBS系深夜ドラマ「笑う招き猫」(MBSは毎週日曜深夜0時50分、TBSは毎週火曜深夜1時28分)は既に放送がスタートしているが、同局は視聴者からの苦情などはないと説明した。  同ドラマはMBSが制作。同局の編成担当者は「視聴者から『なんで出すんだ!』という声はないです。出家されただけで罪を犯したわけではない」とした。  ドラマは清水と松井玲奈がダブル主演し、売れない女...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ドラマ版には好意的な声も!『笑う招き猫』は胸アツな感動作 - 03月24日(金)17:58 

清水富美加と松井玲奈がW主演した青春ストーリー『笑う招き猫』(4月29日公開)。キャストに関しての騒動ばかりが先行して報じられているが、ドラマ・映画とも通常運行。第16回小説すばる新人賞を受賞した山本幸久の同名小説を『荒川アンダー ザ ブリ...続きを読む
in English
カテゴリー:

廣瀬智紀、人気メンズファッションブランドとタイアップ決定 - 03月22日(水)12:00 

「弱虫ペダル」「私のホストちゃん」などの人気舞台や、日本テレビ系ドラマ「男水!」の出演、主演映画「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」では主題歌も担当するなど、マルチな才能を発揮している注目俳優・廣瀬智紀と、原宿に本店を持つメンズファッションブランドの「JACKROSE/Luv maison」とのタイアップが決定した。 廣瀬智紀が歌う主題歌「candy lights」のジャケットはおしゃれなカンジ 3月25日(土)配布のブランド最新カタログへのモデル出演や店頭プレゼントイベントなどが始動する。 JACKROSE/Luv maisonは、THE ROLLING STONESとのコラボ商品をはじめ、数々のアーティストコラボを手掛けるメンズファッションブランド。 ■プレゼントイベント 第1弾は3月22日(水)昼0時よりJACKROSEのWEBサイトにて、廣瀬紀着用商品を買った客を対象にJACKROSEのWEB限定プロマイドがプレゼント。 第2弾は3月25日(土)より、JACKROSE 船橋ららぽーとTOKYO-BAY店にて店内商品購入客を対象に、TOKYO-BAY店限定プロマイド2種類の内、1枚がプレゼントされる。 第3弾は4月22日(土)より、詳細は後日発表される。 【関連記事】 ・廣瀬智紀が松井玲奈×新川優愛W主演映画「めがみさま」に出演決定 ・廣瀬智紀、主演映画の主題歌MVフルver...more
in English
カテゴリー:

さんま連ドラ初プロデュース「Jimmy」に佐藤浩市、池脇千鶴、生瀬勝久ら実力派参戦! - 03月21日(火)06:00 

 明石家さんまが初めて連続ドラマを企画・プロデュースし、中尾明慶と小出恵介が主演する「Jimmy アホみたいなホンマの話」の全キャストが発表され、佐藤浩市、池脇千鶴、生瀬勝久、手塚理美、温水洋一ら実力派俳優の出演が明らかになった。  本作は、今夏に全世界190カ国で全9話一挙配信が決まったNetflixオリジナルドラマ。1980年代の大阪を舞台に、子どもの頃から何をやっても大失敗ばかりの駆け出し芸人・ジミー大西と、当時人気絶頂だった明石家さんまの15年に渡る交流を、嘘のようで本当に起こった爆笑エピソードの数々を交えて描く。中尾はジミー、小出はさんまを演じている。  発表されたキャストの役どころは、さんまや多くのタレントと数々の名番組をつくり上げたテレビ局プロデューサー・三宅恵介役を佐藤、さんまと「男女7人夏物語」で共演し後に結婚する女優・大竹しのぶを池脇が演じる。また、生瀬が、野球部に所属していた大西を吉本興業に入れるために尽力した高校教師役、手塚が定食屋のおかみさん役、大西が運び込まれる病院の医師役を温水が扮する。  オファーを受けた佐藤は「さんまさんが企画プロデュースと聞き及び駆け付けたら、今回はこれでと封筒を渡されたので、無礼者!!と投げ返しました」と嘘か真かわからないユニークなコメントを寄せている。  また、すでに発表済みの尾上寛之、六角慎司、宇野祥平、中村靖日、八...more
in English
カテゴリー:

清水富美加&松井玲奈がつかみ合いの大ゲンカ!?映画「笑う招き猫」予告完成 - 03月20日(月)16:00 

 清水富美加と松井玲奈が共演し、山本幸久氏による小説すばる新人賞受賞作を映画化した「笑う招き猫」の予告編が、このほど完成した。若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」の高城ヒトミ(清水)と本田アカコ(松井)が、つかみ合いのケンカを繰り広げる模様を収めている。 ・【動画】「笑う招き猫」予告  清水と松井が漫才コンビ役に初挑戦。お笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも固く結ばれた女の友情を糧に夢を追いかける青春物語を紡ぐ。「荒川アンダー ザ ブリッジ」「大人ドロップ」の飯塚健が監督・脚本を務め、映画公開に先駆けた全4話のテレビドラマが放送されている。  コンビ結成5年目のヒトミとアカコは、小劇場の片隅で常連客に向け漫才を披露する日々を送っていた。ある日、ネタ合わせをする河川敷で自転車窃盗犯を捕まえたことから、2人の冴えない運命は回り始める。バラエティ番組初出演、大学時代の旧友との再会もありつつ、売れる兆しが見えてきた矢先、ある事件が原因で糸が切れた凧のように不安定になってしまう。  映像では、降りしきる雨の中に躍り出たヒトミが「私はお嬢様じゃないからさ、暢気に夢語ってるだけじゃ生きていけないんだよ」と不満を露わに。対するアカコは、「わかるはずないか、ヒトミには」「だって知らないじゃん。人がいなくなるってことが本当はどういうことか」ときつい一言を浴びせかけ、言い合いはやがてつかみ合いに発展す...more
in English
カテゴリー:

ドラマ版には好意的な声も!『笑う招き猫』は胸アツな感動作 - 03月24日(金)17:58 

清水富美加と松井玲奈がW主演した青春ストーリー『笑う招き猫』(4月29日公開)。キャストに関しての騒動ばかりが先行して報じられているが、ドラマ・映画とも通常運行。 【写真を見る】清水富美加が女漫才師に!/[c]山本幸久/集英社・「笑う招き猫」製作委員会 第16回小説すばる新人賞を受賞した山本幸久の同名小説を『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』(12)や『大人ドロップ』(14)の飯塚健監督が映画化した本作。結成5年目の売れない女性漫才コンビ“アカコとヒトミ”を主人公に、彼女たちがお笑いの世界で奮闘し、挫折を味わいながら夢を追う姿を描く青春ストーリーだ。 劇中で清水富美加が演じるのはOLをやめて漫才師に転身したヒトミ。松井玲奈演じる相方のアカコが繰り出すトリッキーなボケに対し、つっこむ姿は、口調や間から抜群の説得力を感じられ、どこからどう見ても漫才師。またアカコと時には全力でぶつかり合いながらもひたむきに人気漫才師を目指す様には、“夢追い人”の本気度が充満。見ているこちらも胸が熱くなるほど感動的だ。 映画の公開に先駆けて、3月19日からは全4話のテレビドラマシリーズの放映もスタート。初回の放送後にはSNS上にドラマの感想の投稿も多く見られ、「ドラマ面白かった。久しぶりに青春映画を見た感じ」「二人がネタ考えるシーンが好き」といったドラマへの高評価や、久しぶりにテレビに登場し...more
in English
カテゴリー:

清宮幸太郎「理想の選手は、松井秀喜さんと王貞治さんです」 - 03月24日(金)07:00 

 春の選抜高校野球にいよいよ真打ち登場だ。高校・大学野球の選手向けフリーマガジン「サムライベースボール」の編集長である古内義明氏が、清宮幸太郎が追い求める理想についてレポートする。  * * *  早実の清宮幸太郎が甲子園に帰って来る。高校1年の夏、日本中が注目した怪物。最上級生となった清宮がどんな成長を遂げるのか。第89回を数えるセンバツの最大の注目点と言っても過言ではない。  3月10日に行われた抽選会。大会5日目(23日)の第2試合で、「早実対明徳義塾」の対戦が決まると、会場はどよめきに包まれた。明徳義塾のイメージを聞かれた清宮は、「やっぱり松井さんのやつ(甲子園での5打席連続敬遠)じゃないですかね」と話した。1999年生まれの清宮だが、1992年夏の甲子園で、当時の星陵の4番だった松井秀喜氏が5打席連続敬遠する姿は、映像で見たことがあるという。  一方、明徳義塾の指揮官は、歴代5位の通算48勝を挙げた百戦錬磨の馬淵史郎監督。「清宮君の大会みたいな感じで盛り上がっていますから」と意識し、「(全打席敬遠は)ない。松井に怒られる。終盤の1点リードだったり、状況によって(敬遠策は)やる」。選抜初優勝を目指す知将は、清宮封じに力を込めていた。  かつて松井秀喜氏に、「5打席連続敬遠」に関して水を向けたことがある。 「漫画『ドカベン』が好きで、山田太郎と同じ5打席連続敬遠と同じ体験をす...more
in English
カテゴリー:

主演・野田洋次郎のドラマ「100万円の女たち」5人の美女キャストが発表!-コメント全文掲載 - 03月21日(火)15:46 

「100万円の女たち」出演キャスト。(左上から)福島リラ、松井玲奈、我妻三輪子、武田玲奈、新木優子 4月13日(木)よりテレビ東京にて毎週木曜深夜1時~1時30分放送の、原作・青野春秋×主演・野田洋次郎の実写ドラマ「100万円の女たち」。このたび、野田演じる道間を取り巻く謎の美女5人のキャストが発表となっ...
in English
カテゴリー:

清水富美加&松井玲奈がつかみ合いの大ゲンカ!?映画「笑う招き猫」予告完成 - 03月20日(月)16:00 

清水富美加と松井玲奈が共演し、山本幸久氏による小説すばる新人賞受賞作を映画化した「笑う招き猫」の予告編が、このほど完成した。若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」の高城ヒトミ(清水)と本田アカコ(松井...
in English
カテゴリー:

福島リラ×松井玲奈×我妻三輪子×武田玲奈×新木優子!RAD野田初主演ドラマに美女参戦 - 03月20日(月)10:00 

 人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎が初主演するドラマ「100万円の女たち」で、謎の美女5人に扮する女優陣が明らかになった。家の中では常に全裸の白川美波を福島リラ、無類の読書好きである塚本ひとみを松井玲奈、無口な女・小林佑希を我妻三輪子、陰のある女子高校生・鈴村みどりを武田玲奈、大物感漂う開菜々果を新木優子が演じる。  青野春秋氏による同名コミックを、Netflixとテレビ東京が連続ドラマ化。売れない小説家・道間慎(野田)が、ひょんなことから家賃として100万円を支払う謎の美女5人と同棲することになり、大きな“うねり”に飲み込まれていく。美女たちは何者なのか、目的は何なのか、回を重ねるごとに徐々に謎が解けていく、サスペンスフルな物語を紡ぐ。  福島は“家では裸で過ごす女性”という設定に対し「『ん?』と戸惑いました」としながらも、「原作マンガを読み進めるにつれ、そんなことは全く気にならなくなるほど、その奇妙独特な世界に引き込まれ、白川美波という女性に惹かれてしまいました。不思議です。撮影終了後には、服を着ていることの方が恥ずかしい、とかなっていた」とコメントを寄せる。松井は「演じる塚本ひとみは、私と同じ位置にほくろがあり、他にもたくさんシンパシーを感じる部分があります」と明かしている。  さらに我妻は、「誰だってこの物語にでてくる誰かに当てはまる瞬間があるはずです...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「松井玲奈」の画像

もっと見る

「松井玲奈」の動画

Wikipedia

松井 玲奈(まつい れな、1991年7月27日 - )は、日本タレント女優、元アイドルで、女性アイドルグループSKE48乃木坂46の元メンバーである。兵庫県生まれ、愛知県豊橋市出身。Grick所属。

略歴

デビュー前

  • 小学校1年生の頃までは明るい性格だったが、小学校2年生の頃に転校した際、転校先の学校でませている子が多く派閥などがあり、それに衝撃を受けて内気な性格になり、クラスでも目立たないような存在になった。また、両親からの門限が早く自分の家で遊ぶことが多くなった。兄の影響もあり、アニメ少年漫画ゲームなどの二次元の世界にのめり込んでいた。中学生時代にAKB48ミュージックステーションで「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる