「松中信彦」とは?

関連ニュース

「モバプロ2 レジェンド」,元福岡ソフトバンクホークスの松中信彦氏とのコラボが開催決定 - 05月18日(金)19:22 

モバプロ2レジェンドモバプロ2レジェンド配信元モブキャスト配信日2018/05/18<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>『モバプロ2レジェンド』、元福岡ソフトバンクホークス松中信彦選…
カテゴリー:

元木大介、チャンスに強い男健在 中学生投手相手に快音 - 05月07日(月)06:00 

 6日にテレビ朝日系で放送された『ビートたけしのスポーツ大将2時間SP』の「野球対決」で、元巨人の元木大介が、現役時代、バット1本で切り抜けてきたチャンスに強い男の面目躍如の活躍を見せた。 【写真】5月6日放送「野球対決」参加者  「野球対決」は、中学生ピッチャーが、トーマス・オマリー(元阪神・ヤクルト)、古田敦也(元ヤクルト)、桧山進次郎(元阪神)、仁志敏久(元巨人)、松中信彦(元ソフトバンク)ら9人の元プロ野球強打者“レジェンドナイン”と対戦。9人を連続してアウトにできるか、という勝負。  マウンドに上ったのは、鹿児島No.1ピッチャーの呼び声高い中学3年生・乗田元気くん。古田、仁志、オマリーら7人を連続して抑え、迎えた8人目。バッターボックスに立った元木は、見事レフト前ヒットを放ち、存在感をきっちりとアピールした。  元木は『スポーツ大将』2度目の参戦で、前回は2月4日放送の「野球対決」に、松田宣浩(ソフトバンク)、西川遥輝(日本ハム)の現役選手2人と参戦。中学生最強ピッチャーを相手に今一つだった現役2人に対して、きっちりとプロの意地を見せつけ“くせ者”ぶりを発揮した。  今回もレジェンドナインの“窮地”を救い、次世代アスリートキラーとなってしまった感のある元木。本人は「この番組に出るときは本気ですよ。真剣にやらないと、子どもたちのためにもならないし、テレビ的にも面...more
カテゴリー:

元木大介が語る勝利の法則とは? 「まあ、結果が全てですよ」 - 05月07日(月)06:00 

5月6日に放送された「ビートたけしのスポーツ大将 2時間SP」(テレビ朝日系)の野球対決では、中学生最強ピッチャーが登場。トーマス・オマリー(元阪神・ヤクルト)、古田敦也(元ヤクルト)、桧山進次郎(元阪神)、仁志敏久(元巨人)、松中信彦(元ソフトバンク)といった9人の元プロ野球強打者“レジェンドナイン”と対戦した。 【写真を見る】元木はレフト前ヒットを放ち、“くせ者”ぶりを発揮!/(C)テレビ朝日 2度目の参戦となった元木大介は、前回2月4日放送の3時間SPで、松田宣浩選手(ソフトバンク)、西川遥輝選手(日本ハム)の現役選手2人と参戦し、中学生最強ピッチャーを相手にきっちりとプロの意地を見せつけ、“くせ者”ぶりを発揮。 今回は、鹿児島No.1ピッチャーの呼び声高い中学3年生・乗田元気君が古田、仁志、オマリーら7人を連続して抑えた後の8人目として登場し、見事レフト前ヒットを放った。 今や「スポーツ大将」の次世代アスリートキラーとなってしまった感のある元木は、なぜ確実に“仕事”をしてくれるのか? チャンスに強い男、何かをやってくれる“くせ者”元木が明かす勝利の秘密とは? ■ 元木大介コメント「まあ、結果が全てですよ」 この番組に出るときは本気ですよ。真剣にやらないと、子供たちのためにもならないし、テレビ的にも面白くないですから。前回は松田が全く頼りなかったから(笑)。今回は先輩方、後輩...more
カテゴリー:

「松中信彦」の画像

もっと見る

「松中信彦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる