「松たか子」とは?

関連ニュース

【芸能】中村獅童のがん発覚で囁かれる歌舞伎界の「怨念」 - 05月23日(火)20:13 

歌舞伎俳優の中村獅童が、初期の肺腺がんであることが5月18日に分かった。定期検診で発見され、今後は手術のため入院するという。 出演を予定していた博多座『六月博多座大歌舞伎』、歌舞伎座『七月大歌舞伎』は休演する。 歌舞伎界では現在、市川海老蔵の妻でタレントの小林麻央ががんの闘病中だ。 また、獅童の父である故・小川三喜雄は胃がんで亡くなり、叔父の故・萬屋錦之介も喉頭がんで亡くなっているだけに、 もはや血筋を超えた何か怨念のようなものが、わざわいをもたらしているのではないかと噂されている。 「獅童は20...
»続きを読む
カテゴリー:

岸谷五朗『フエルサ ブルータ』をPR「衝撃の演出をパクった」と告白 - 05月18日(木)08:00 

岸谷五朗(52)、吉沢亮(23)、松井愛莉(20)、大谷亮平(36)が、アルゼンチンのエンターテインメント集団「フエルサ ブルータ」最新作『Panasonic presents WA ! - Wonder Japan Experience』のアンバサダーに就任し、16日、都内で行われた製作発表に参加した。(左から、大谷亮平、松井愛莉、岸谷五朗、吉沢亮)■日本にインスパイアされた「フエルサ ブルータ」最新作「フエルサ ブルータ」は、ニューヨークで約10年のロングラン公演など、世界30カ国60都市以上で500万人以上の観客を魅了した、セリフのない体験型エンターテインメント。2014年の初来日公演はしらべぇでもレポートしている。今回の公演は、日本にインスパイアされて企画された最新作で、東京を初公開の場所に選んだ。タイトルの「WA!」には、「和風」「調和」「平和」「輪」「驚きの『WA!』」と、複数の意味が込められた。パフォーマーが空中を駆け、壁を突き破り、頭上からプールが迫ってくるなど、観客を圧倒してきた従来の演出のほかに、世界初公開となるバージョンも制作。また、今回のキャストには、傳川光留、祝陽平、小石川茉莉愛、桑名帆乃美ら、オーディションなどで選ばれた日本人が多く参加していることも話題となっている。(ブエノスアイレスでのリハーサルにて キャストとミュージシャン/Photo by Kei...more
カテゴリー:

「カルテット」で主役を翻弄した吉岡里帆 目が笑っていない笑顔は鏡で自主練! - 05月13日(土)06:00 

カルテットを結成した男女4人の思いが複雑に絡み合う大人のラブストーリー「カルテット」(TBS系)。松たか子らカルテットの4人が演奏する店「ノクターン」に勤める来杉有朱を演じた吉岡里帆が助演女優賞に輝いた。吉岡演じる有朱は、目の奥は笑っていないというミステリアスな雰囲気でカルテットの4人を翻弄。今回の役でこれまでのイメージを一新した吉岡に受賞の感想を聞いた。 【写真を見る】この笑顔が「怖い」と騒然!/(C)TBS ――最優秀助演女優賞おめでとうございます。受賞のお気持ちをお聞かせください。 本当に光栄です。主役の方が輝くため、自分が作品の中にどう溶け込むことができるかを常に考えていますが、今回、こんなふうに光を当ててもらえたことに驚きと、感慨深いものがあります。頑張ってきて良かったと思いますし、嫌われるような役にも関わらず、皆さんが投票してくださったこと、作品を楽しかったと思ってくださったこと、本当に感無量です。ありがとうございます。 ――有朱の「かわいい顔の裏に潜む狂気」には、誰しもがヒヤヒヤしていたと思います。 有朱は家が貧乏なのがコンプレックスで、何とかしてお金を稼がなきゃいけないという焦りがある子。でも、本当はもっと素直でいい子に憧れているんです。カルテットの4人に対しての態度も、4人のあり方とか、仲間というものに憧れがあるからなんですよね。自分が誰かよりも劣っていても、みん...more
カテゴリー:

渡辺直美TBS連ドラ初主演! 家事・育児・仕事をこなすパワフルな母親に - 05月12日(金)06:00 

TBS系では、7月より新ドラマ「カンナさーん!」(毎週火曜夜10:00-10:54)の放送が決定! さらに、GP(ゴールデン・プライム)帯の連続ドラマでは初主演となる渡辺直美が主人公・カンナを演じることも発表された。 1月期の火曜ドラマ「カルテット」で松たか子が“主演女優賞”に選出! 本作は、2001年から2007年に、漫画雑誌「YOU」(集英社)に連載された深谷かほるによる同名漫画が原作で、自由奔放ないわゆる“ダメ夫”としゅうとめ、理不尽な会社の上司などに振り回されながらも、大胆で前向きなキャラクターである主人公・カンナがハッピーに生きる姿を描く。 コメディアンとしての渡辺の人気は言わずもがなだが、この「カンナさーん!」での、女優・渡辺はまさにハマリ役。本人も、原作漫画の表紙を見て「私のことを書いているのかな!?」と思ったというほど、ぴったりの容姿だ。 カンナの職業はファッションデザイナーということで、若い女性層のファッションアイコンとしても活躍する渡辺に通じる部分があり、劇中衣装には渡辺本人の意見が取り入れられる。 雇われファッションデザイナーとして働きながら、子育てや家事に奮闘するカンナのリアルなオシャレにも注目が集まる。 ■ 渡辺直美コメント ――火曜ドラマ主演について。 まさか「逃げ恥」の火曜ドラマ枠で主演をやらせていただくなんて、最初はうそだと思いました(笑)。 ガッキ...more
カテゴリー:

吉岡里歩ってクラスで3番目にかわいくて体は1番エロいタイプだよな 最高! - 05月07日(日)20:39 

わずか1年で脇役から本格派女優に急出世した吉岡里帆(24)。純朴なつぶらな瞳と、清楚なおかっぱ黒髪ヘアに目を細めるオヤジ世代が続出中だ! 「今、各局プロデューサーが口をそろえて『一緒に仕事をしたい』と名前をあげる女優が吉岡です。今年の冬ドラマ『カルテット』(TBS系)では、 芸能界でも屈指の演技派と言われる松たか子(39)、満島ひかり(31)を相手に互角の演技を見せ喝采を浴びました。目が笑っていない 元地下アイドル役という難しい役を演じきったばかりか、最終回では『人生チョロかったー』と高笑いする怪演ぶ...
»続きを読む
カテゴリー:

【音楽】「スターダスト☆レビュー」 小田和正ら豪華ゲスト迎え35周年7時間ライブ - 05月21日(日)05:01 

「スターダスト☆レビュー」豪華ゲスト迎え35周年7時間ライブ 2017年5月21日4時0分 スポーツ報知  デビュー35周年を迎えた4人組グループ「スターダスト☆レビュー」が20日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで35周年記念SPライブを行った。  4人を祝福しようと、小田和正、KAN、岸谷香、スキマスイッチ、杉山清貴、鈴木雅之、馬場俊英、松たか子、森高千里、矢井田瞳、渡辺美里の11組が参加。約7時間に及ぶステージを展開し、1万9000人を熱狂させた。  スタレビの「愛の歌」で幕開け。ボーカルの根本要(...
»続きを読む
カテゴリー:

「カルテット」監督がみぞみぞした瞬間&名シーンとは - 05月14日(日)06:00 

カルテットを結成した男女4人の思いが複雑に絡み合う大人のラブストーリー「カルテット」(TBS系)が、第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞の監督賞に選出された。人の不完全さを描いた坂元裕二脚本の会話劇の魅力を見事に表現した土井裕泰、金子文紀、坪井敏雄の3人を代表して、土井に受賞の感想を聞いた。 【写真を見る】土井裕泰監督が好きなシーンはここ/(C)TBS ――「カルテット」は、主演の松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生の4人の俳優がとても魅力的でしたが、今回の作品において気を付けたことやこだわりなどはありました? とにかく、今回これだけ力のある俳優さんたちがそろったので、ぼくが最初に意図したことに彼らをあてはめていくというより、この台本を受け取った俳優さんたちが演じていくことで生まれていくその瞬間を形にして積み上げていくことが今回は一番大事な作業だと思って演出していました。現場に入って、「さあやってみましょう!」と言う瞬間が本当に楽しく、“みぞみぞ”する、そういうドラマでしたね。 ――坂元裕二さんの脚本の印象はいかがでしたか? 心に刺さるせりふが散りばめられ、思いもよらぬ展開にわくわくする、テレビドラマの楽しさに満ちた素晴らしい脚本でした。序盤にさりげなく書かれていたせりふが、実は最後までに見ると、とても大きな意味を持った言葉になり、意外な展開につながっていく。オリジナルのド...more
カテゴリー:

17年4月期ドラマ満足度、アクション冴える『CRISIS』が序盤トップ - 05月12日(金)08:10 

 5月に入り、17年4月期の民放及びNHK放送のドラマが概ねスタートを切った。ネットニュースやSNSでは、ドラマに関する話題で日々賑わっているが、視聴者が感じている作品の真の「満足度」はいかがなものだろうか? そこで、オリコンの週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』では、毎週各話の放送後に実施している自社のドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の結果から、現時点(5月2日放送終了分まで)の累積平均を作品ごとに算出しランキング化。結果、小栗旬主演の【CRISIS公安機動捜査隊特捜班】(関西テレビ・フジテレビ系)が、100Pt満点中87.8Ptを獲得し、現時点で4月期ドラマ満足度1位となった。 【一覧表】4月期「ドラマ満足度」TOP10(5/2現在) ◆スタッフ・キャストががっぷり四つに組んだ、圧巻の観応え  「オリコンドラマバリュー」は、同社グループの調査システム「オリコン・モニターリサーチ」の登録者から毎週、全国690名の視聴者を対象に、各ドラマの「期待度」「満足度」について、「作品」「主演」「主演以外」「セリフ」「映像」「音楽」「美術」「ストーリー展開」を10点満点で調査し、その結果を過去1年間のデータに照らして偏差値化したもの。「視聴量」「主演」「主演以外」「内容」という4項目に加え、Twitterのツイート量を加えた「話題性」の5項目を各1~20Ptとし...more
カテゴリー:

「カルテット」で主演女優賞受賞の松たか子『から揚げはカリカリな食感が大事!』 - 05月11日(木)06:00 

冬の軽井沢を舞台に、“秘密”を持つ音楽家4人の日々を描いた「カルテット」(TBS系)が、「第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」で作品賞、主演女優賞、助演女優賞、脚本賞、監督賞、ドラマソング賞の6冠を獲得。 【写真を見る】第8話の衝撃展開には「何が起きても受け止めるしかない(笑)」/撮影=大石隼土 主演女優賞に輝いた松たか子は、「すごい! 本当にありがとうございます」と満面の笑みを浮かべた。そんな松が演じていたのは、ネガティブ思考のバイオリニスト・巻(早乙女)真紀。「先の読めない展開」で、視聴者と同様、坂元裕二脚本に“振り回された”松たか子にドラマを振り返ってもらった。 ――主演女優賞おめでとうございます。謎が多い巻真紀を演じるにあたり、意識していたことをお聞かせください。 ありがとうございます。最初は楽器をやりながらお芝居をするのは大変だと思っていました。でも、撮影が始まると、向き合う登場人物がわりと少ないドラマだったのと、設定や展開がどんどん変わっていくので、それを楽しめるようになっていたんですよね。後半になると、みんな何が起きても腹をくくるまでのスピードが速くなっていたので、それは私も受け止めるしかなくて(笑)。だから、お芝居をする上で、気を付けていたことは、本当に申し訳ないぐらい、なかったんです(笑)。それは、監督だったり、カルテットのメンバーだったりがさりげなく気付か...more
カテゴリー:

【芸能】吉岡里帆 人気急上昇!「ポスト綾瀬はるか」と噂される魅力とは? - 05月07日(日)20:32 

わずか1年で脇役から本格派女優に急出世した吉岡里帆(24)。純朴なつぶらな瞳と、清楚なおかっぱ黒髪ヘアに目を細めるオヤジ世代が続出中だ! 「今、各局プロデューサーが口をそろえて『一緒に仕事をしたい』と名前をあげる女優が吉岡です。今年の冬ドラマ『カルテット』(TBS系)では、 芸能界でも屈指の演技派と言われる松たか子(39)、満島ひかり(31)を相手に互角の演技を見せ喝采を浴びました。目が笑っていない 元地下アイドル役という難しい役を演じきったばかりか、最終回では『人生チョロかったー』と高笑いする怪演ぶり...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「松たか子」の画像

もっと見る

「松たか子」の動画

Wikipedia

松 たか子(まつ たかこ、1977年6月10日 ‐ )は、日本の女優、歌手。本名・佐橋 隆子(さはし たかこ)。旧姓・藤間(ふじま)。日本舞踊松本流名取、初代 松本 幸華(しょだい まつもと こうか)の名も持つ。東京都出身。日本アカデミー賞最優秀主演女優賞や読売演劇大賞・最優秀女優賞等を受賞。

家族 来歴

九代目松本幸四郎(当時は六代目市川染五郎)と藤間紀子の末子として...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる